影あるものへ

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP-1及びSCP-XXX-JP-2は、サイト8123の標準収容ロッカーに収容されています。ロッカー内には、影ができる他の物体を入れないでください。実験を行う際はレベル4以上の職員1名から許可を取り、光を反射する物質がない屋内で行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは、████nmの波長をもつ光です。この光は専用の機器にでのみ観測することが可能です。SCP-XXX-JPは、発光体に照射されるとその発光体が発する光の中にSCP-XXX-JP及び異常性が伝播します。もとから████nmの波長の光を発する発光体に照射した場合、SCP-XXX-JPの異常性のみが伝播します。

SCP-XXX-JPを含む光に照射された物体は、その影の寸法・形状に変形します。この際、苦痛及び破壊は起こりません。また、照射を終了すると変形は進行も後退も起こらないことから、この変形は不可逆性であると考えられます。

発見当初、懐中電灯がこの異常性を有していたため、懐中電灯がSCP-XXX-JPであると考えられていましたが、詳しく調査したところ一般的な懐中電灯に使われていない波長の光が観測され、実験によりこの光がSCP-XXX-JPであると結論づけられ、懐中電灯をSCP-XXX-JP-1とナンバリングしました。なお、SCP-XXX-JP-1は実験の過程で異常性を消失しています。

また、SCP-XXX-JPに関する実験をこれまで計4回行いました。

また、回収記録は以下の通りです。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The CAT EYES's portal does not exist.


エラー: CAT EYESのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6568589 ( 20 Jun 2020 11:11 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License