SCP-2359-JP 夜伽話

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-2359-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2359-JPは周囲150mに渡って隔壁が設置され、機動部隊て‐6("星見る人々")が周囲の巡回警備と監視カメラを用いたSCP-2359-JP内部の監視を行います。SCP-2359-JP内部への侵入および探索はレベル2以上のクリアランスを有する職員一名以上の許可が必要です。SCP-2359-JPに一般人が接近した場合は、カバーストーリー「撤去工事」を用いて退去させてください。内部に侵入した人物に対してはクラスA記憶処理を行い、速やかに解放してください。

説明: SCP-2359-JPは島根県松江市に存在する葬儀場(以下、SCP-2359-JP-1と呼称)を中心とする半径100mの内部領域です。SCP-2359-JPを外部から視認することはできず、内部から外部を観察した場合も外部の景色を認識することができませんでした。SCP-2359-JP内部は常に夜で天気は快晴であり、時間が停止しているものとみられています。しかし、内部の物体についてはSCP-2359-JP-1を除いて、移動等の干渉が可能です。
SCP-2359-JP-1はSCP-2359-JPの中心に存在しており、SCP-2359-JPの発生原因と考えられています。SCP-2359-JP-1の入り口には「██会館」という看板が掛けられており、非異常性の建材で建築されているにもかかわらず、今に至るまで内部へ侵入する試みは成功していません。

経緯: SCP-2359-JPは2020/04/23、SNS上にて「常にきれいな星空が見える場所」として写真付きで投稿されていたところをエージェントに発見されました。その後、エージェントが調査を行った際にSCP-2359-JP内部の時間が停止していること、SCP-2359-JP-1が破壊耐性を有していることが確認され、収容されました。

補遺1: SCP-2359-JP内部の観察記録により、SCP-2359-JP内部から観察できる天体がわずかに移動していることが確認されました。この事から、SCP-2359-JP内部の時間は停止しているのではなく、時間の流れが外部と比べて非常に遅くなっている事が予想されています。現在の推定では、SCP-2359-JP内部に太陽が昇るのは、財団時間で2066/09/11の午前6時頃とされています。

補遺2: 2066/09/11の午前6時頃、SCP-2359-JP内部に太陽が出現すると同時にSCP-2359-JPを覆う壁が突如消失し、SCP-2359-JP-1内部から10名ほどの一般人(以下、SCP-2359-JP-A群と呼称)が出現しました。SCP-2359-JP-A群はその後機動部隊により保護され各種検査が行われましたが、主要な異常は確認されませんでした。これに伴い、現在SCP-2359-JPに関する報告書の再編が検討されています。

注記:当報告書は2066/09/12以前に記録された旧版の報告書のアーカイブです。最新版の報告書はこちらより閲覧が可能です。

ERROR

The tokoyo's portal does not exist.


エラー: tokoyoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6559206 ( 03 Aug 2020 04:09 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License