記憶

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png

「お姉ちゃん~」

妹が呼んでいる。
普通に呼び捨てである。
昔は『お姉ちゃん大好き♪』だったのに──いや、そんな現実はなかったか。
こんな私に優しくない現実は嫌だ、と布団を頭からかぶりベッドに引きこもる。

「こら寝直すな、さっさと起きろ。遅刻するよ?」

容赦なく、げしげしと私に蹴りをいれてくる。
うぅ、と唸りながら渋々と布団から顔をだすと、仏頂面の妹がこちらを覗いていた。
私の妹は今年から有名な私立高校に入学した。
いつまでも不健康である私の背丈はとっくに追いこし、高校の華麗な制服もその華奢な肢体によく似合っている。
月光に照らせば煌めく黒髪。
陶器のごとく白い肌。
硝子玉のような、無慈悲な瞳。
この世界に舞い降りた天使のごとく美しい私の妹を、神に祈るかのように私は両手を合わせて拝んだ。

「何、まだ寝惚けているの?」

眉間に皺を寄せて、目を逸らした。

「ほら、さっさと着替えてよ、まったくお姉ちゃんは愚図なんだから…」

早朝から心を抉っていく、私の妹。

「朝ごはん作ったからさ。私はもう食べたから、学校に行くね?」

そう言いながら、教科書やらノートやらが詰めこまれた学生鞄を、肩に担ぐ。
どうやら、忘れ物をとりにきたついでに私を起こしてくれたらしい。
そのまま出口に行こうとする妹を、私は引き留める。

「ちょっと待って、途中まで一緒に行こうよ。お姉ちゃん、すぐに支度するからさ」

もたもたと上体を起こして言うと、妹は嫌そうな顔をした。

「高校にもなって、姉と一緒に登校とか嫌だし。それにお姉ちゃんを待っていると私が遅刻するんだけど」

「一緒でいいじゃん~、私みたいに駄目人間になろうよ~」

私は気持ち悪い怪物みたいに、姉の華奢な腰を掴むと、そのままベッドに引きずりこもうとする。
体温が低い妹に、私の寝起きでだぶついた熱が移っていく。
満足するまで抱きしめていると、妹は『もが、もが』と必死に抵抗した。

「ちょっ、制服に皺ができるでしょ……」

諦めたように溜息をつくと、妹は私は間近で見据えてきた。

「いつまでそうしているの?」

刃のような鋭い声と視線が、私の深い心の部分を貫いてくる。

「落ちこんで、哀しいのが、お姉ちゃんだけじゃないんだよ?」

私の顔を鷲掴みにして、遠ざけると。
妹は起きあがり、ベッドの上に腰かける。
そして、乱れた髪を指先でかきあげ。

「あれから何年たったと思うの?」

独り言のように。

「前向きに、笑って生きようよ。それしか、できないんだから。じゃないと──」

その言葉の続きを、妹は言わなかった。
何もかも振り払うかのように立ち上がると、そっと私の勉強机に歩み寄る。
そこに置かれた赤く光っている宝石が埋め込まれたペンダントを、そっと拾いあげて胸にそえる。
途方に暮れたような妹の後ろ姿に、私はかける言葉がなかった。
私は緩慢にベッドから起きあがり、室内を見渡す。
何十年も住み慣れた私の部屋。
並ぶ、私と妹の勉強机。
置かれたベッド。
棚に飾られたぬいぐるみたち。
自分で作ったパソコンは、昔は大量に置かれていたけど、今はもう残っていない。
私のベッドの枕元には、写真立てがある。
その写真には、まだ若かりし頃だった私と──そんな私に抱きしめられ、少し嫌そうな顔をしながらもピースサインをしている、小さな妹が写っていた。
私たちの周りには不自然な空白があった。
そこには、私たちを支えてくれた、優しい人達が写っていたことを、私は覚えている──忘れはしない、ずっと。
私と、小さな妹を優しく包みこむようにして立っていた、あの人達を。
あの日──世界が、終末を向かえた日。
思い出だけを残し、世界を守るため犠牲となった。

「分かってる」

空白が目立つ写真に、手を添え、誰にともなく呟いた。

「分かってるよ…」

この哀しみに、折り合いをつけて。
笑って前を向いて歩かなければ。
申し訳がない。
妹が口にするのをやめた言葉を、私は察している。
じゃないと。
あの人たちの犠牲が無駄になってしまう。
肩が震える。
涙が流れてくる。
その涙を優しく拭ってくれる人達は、もういないのだ。


基督教において、終末とはその名のとおりすべての終わり──ではない。何もかもが破滅して、死に絶えて、世界が閉じて虚無しか残らない、というわけではないのだ。
その後に待っているのは何不自由ない平和な新世界であり、無限に続く幸福と楽しさが溢れた千年王国。
終末とは、新しく世界をつくり直すための通過儀礼である。
破壊のあとに創造あり。
地獄のあとの天国。
絶望のあとの希望。
夜が明け朝となる──。
そんな前向きで夢に溢れた終末論は、何も基督教だけではない。北欧の神話でも、最終決戦によって世界が灼き尽くされた後に幸せな新世界が築かれる、と謳われている。
他の神話でも、終わりは次の始まりの手順でしかない。
楽園をつくり直すために、旧き世界は壊される。
時代が変わり、何もかもが切り替わり、黄昏の夜明けがくる。
新しい朝が、くるのだ。
終末のあとには──平和な日々がやってくるのだ。


あの日から8年。
この世界で私は、もう25歳となる。
高校も卒業して、大学に進み、就職もできずにうだうだしている。
ごく普通の人間。
ごく普通で平和な毎日を過ごしている。

あの子がなれなかった『大人』になってしまったのだ。

私の友達だった子はもういないけど。

あの人がそうしたように。


もう、行かなくちゃ。

/*
    None CSS with Left Beef
    [2019 Wikidot Theme]
    Created by stormbreath.
*/
 
/* LINKS */
a {
    color: #0645AD;
}
 
a.newpage {
    color: #CC2200;
}
 
 a:visited {
     color: #0B0080;
}
 
#side-bar a {
     color: black
}
 
#side-bar a:visited {
     color: black;
}
 
/* REMAKE THE HEADER */
h1, #page-title {
    color: black;
}
 
#page-title {
    border-color: black;
}
 
div#container-wrap {
    background: url(none);
}
 
div#extra-div-1 {
    height: 22px;
    width: 100%;
    top: 140px;
    position: absolute;
    background: black;
}
 
#header {
    background-image: url(http://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/theme%3Aminimal/minimal.svg);
    background-size: 6rem;
}
@media (max-width: 580px) and (min-width: 480px) {
    #header {
        background-position: 0.5em 4.5em;
        background-size: 66px 66px;
    }
}
 
@media (max-width: 479px) {
    #header {
        background-position: 0 5.5em;
        background-size: 55px 55px;
    }
}
 
#header h1 a {
    color: transparent;
    text-shadow: none;
}
 
#header h1 a::before {
    content: "相貌失認";
    color: black;
}
 
#header h2 span {
    color: transparent;
    text-shadow: none;
}
#header h2 span::before {
    content: "Prosopagnosia";
    color: black;
}
 
/* SIDE-BAR */
#side-bar .side-block {
    background-color: white !important;
    border-color: transparent;
    border-radius: 0px;
    box-shadow: none;
}
 
#side-bar .heading {
    color: black;
    border-bottom: solid 1px black;
}
 
@media (max-width: 767px) {   
    #side-bar {
         background-color: white;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
         background: none;
    }
}
 
#side-bar .collapsible-block-folded {
    background-image: url(http://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/theme%3Aminimal/expand.png);
}
 
#side-bar .collapsible-block-unfolded-link {
    border-bottom: solid 1px black;
}
#side-bar .collapsible-block-unfolded-link .collapsible-block-link,
#side-bar .collapsible-block-unfolded-link .collapsible-block-link:hover {
    color: black;
}
 
#side-bar img,
iframe.scpnet-interwiki-frame {
    filter: grayscale(100%) saturate(0%);
    -webkit-filter: grayscale(100%) saturate(0%);
}
 
/* TOP-BAR */
#top-bar ul li ul {
    border: solid 1px black;
}
#top-bar ul li.sfhover ul li a,
#top-bar ul li:hover ul li a {
    border-top: 1px solid white;
}
 
#top-bar ul li.sfhover a,
#top-bar ul li:hover a {
    background: white;
    color: black;
}
#top-bar ul li ul a, #top-bar a:hover {
    color: black;
}
#top-bar ul li.sfhover a:hover,
#top-bar ul li:hover a:hover {
    background: black;
    color: white; /* top bar hover background color */
}
 
/* RATING MODULE */
.page-rate-widget-box .rate-points {
    background-color: black !important;
    border: solid 1px black;
    text-transform: capitalize;
}
 
.page-rate-widget-box .rateup,
.page-rate-widget-box .ratedown {
    background-color: black;
    border-top: solid 1px black;
    border-bottom: solid 1px black;
}
 
.page-rate-widget-box .rateup a,
.page-rate-widget-box .ratedown a {
    background: transparent;
    color: white;
}
 
.page-rate-widget-box .rateup a:hover,
.page-rate-widget-box .ratedown a:hover {
    background: white;
    color: black;
}
 
.page-rate-widget-box .cancel {
    background-color: black;
    border: solid 1px black;
}
 
.page-rate-widget-box .cancel a {
    color: white;
}
 
.page-rate-widget-box .cancel a:hover {
    background: white;
    color: black;
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button {
    background-color: black;
    border: 1px solid black;
    border-radius: 5px !important;
    box-shadow: 1px 1px 3px rgba(0,0,0,.5);
}
 
.rate-box-with-credit-button .page-rate-widget-box .cancel a:hover {
    border-radius: 0;
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button .creditButton p a {
    border-left-color: transparent;
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button .fa-info:hover {
     color: black;
     background-color: white;
}
 
#page-content .modalbox {
    box-shadow: 0 2px 6px rgba(102, 102, 102, .5);
}
 
.close-credits,
.credit-back {
    filter: hue-rotate(260deg);
}
 
/* PAGE ELEMENTS */
blockquote,
div.blockquote,
#toc,
.code {
     background-color: white;
}
 
.scp-image-block {
    border: solid 1px black;
    box-shadow: none;
}
.scp-image-block .scp-image-caption {
    background-color: white !important;
    border-top: solid 1px black !important;
    color: black;
}
 
/* RECOLOR THE SEARCH BAR */
#search-top-box-input {
    border-color: black;
    color: black !important;
    background-color: white;
}
 
#search-top-box-input:hover,
#search-top-box-input:focus {
    background-color: white;
    border-color: black;
}
 
#search-top-box-form input[type=submit] {
    border: solid 1px black;
    color: black;
    background-color: white;
    background: white;
}
 
#search-top-box-form input[type=submit]:hover,
#search-top-box-form input[type=submit]:focus {
    border: solid 1px black;
    background-color: white;
    background: white;
    color: black;
}
 
/* LOGIN STUFF */
#login-status {
    color: black;
    filter: grayscale(100%) saturate(0%);
    -webkit-filter: grayscale(100%) saturate(0%);
}
 
#login-status a {
    color: black;
}
 
#login-status ul a {
    color: black;
}
 
#account-topbutton {
     background: #ccc;
     color: black;
}
 
/* HOVER THINGIES */
.hovertip {
     background: white !important;
}
 
/* FOOTER  */
#footer {
    background: black;
    color: white;
}
 
/* TABS */
.yui-navset .yui-nav,
.yui-navset .yui-navset-top .yui-nav {
    border-color: transparent; /* color between tab list and content */
}
 
.yui-navset .yui-nav a,
.yui-navset .yui-navset-top .yui-nav a {
    background: white; /* tab background */
    border-color: white;
    color: black;
    transition: 0.125s;
}
 
.yui-navset .yui-nav a em {
    background: white;
    box-shadow: 0px 1px 2px rgba(0,0,0,0.7);
    border-color: white;
}
 
.yui-navset .yui-nav .selected a,
.yui-navset .yui-nav .selected a:focus,
.yui-navset .yui-nav .selected a:hover {
    background: white; /* selected tab background */
    color: black;
}
 
.yui-navset .yui-nav a:hover,
.yui-navset .yui-nav a:focus {
    background: white;
}
 
.yui-navset .yui-nav .selected a,
.yui-navset .yui-nav .selected a em {
    border-color: transparent;
    box-shadow: 0px 1px 2px 0.5px rgba(0,0,0,0.5);
    background: white;
}
 
.yui-navset .yui-content {
    background: transparent; /* content background color */
}
 
.yui-navset .yui-content,
.yui-navset .yui-navset-top .yui-content {
    border-color: transparent; /* content border */
    border-top-color: transparent; /* different border color */
}
 
.yui-navset-left .yui-content {
    border-left-color: #b7a9a9; /* different border color */
}

ERROR

The Fuki's portal does not exist.


エラー: Fukiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6546777 ( 02 Jul 2020 10:48 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License