親子とは 完全版

現在このページは批評中です。


rating: 0+x

とあるSCP収容計画の終わりに母を見つけた。
収容計画は思っていたより簡単だったために私と仲間1人の計2人で行っていた。
財団施設内では研究員や職員が多くいるのだか、母は目立つ服装をしていたので、一目で分かった。
白と朱色の巫女服だ。
常に閉じられた目、片方は昔事故で失ったとかだったがよく分からない。研究員と職員は目立つ服装をしている母を見ても、まったく騒がない。むしろあの人はあの服装なのだと認知しているかのよう。

「久しいな、深雪」

私の名前を呼ぶと、いつものように無表情で尋ねてきた。

「収容計画の帰りか?」

「うん、そうだよ」

私は母と話すと、いつも萎縮してしまう。
無理もない。母はとある機動部隊をまとめる部隊長であり、その強さは歴代の部隊長の中で至上の力を持っている。
部隊の隊員はその強さを認めているし、私も昔、母がいる部隊にいた時はよく母を目標にしていた。
お母さんみたいになりたかった。

「この後、用事はあるか?話がしたい」

古風な口調で、母は問いかけてくる。

「うん、いいよ。せっかくだからあそこのカフェで話そうよ」

私はそう言って母の腕を掴み、こっち、こっちとひぱった。母は時々、“これ、あまり急かすな。“とか言っていたのを私は笑っていた。


財団施設内にあるカフェ“シナモン“についた。(命名はお菓子好きの女博士がつけたとか…)
中はいくつもの円卓と椅子が並べられていて、あちこちで職員同士が話に花を咲かせている。
甘いケーキの匂いや、煎れたてのコーヒーの香ばしさが私を刺激する。

「お母さん、何か食べたいものはある。私買ってくるよ?」

「いや、不要じゃ。深雪よ、神妙に座るがよい」

腰を浮かした私を、母は座るよう止めた。
話とは何だろうと思ったが、母の吐息があるだけだ。

「深雪よ、わしはおまえが“楽しい“と思えることが出来たのであろうか?思えば、このようにごく普通の親子のように、会話をし、食し、同じ時を過ごすことができなかった」

母の表情は、微かに悲しみが混じっていた。

「すまなかった、深雪よ」

「そんな、気にしないでよ」

私はお母さんが好きだ。憧れでもあった。だから私はそれぽっちも気にしていない。

「お母さん、私嬉しかったよ。久しぶりにお母さんとこうして話し合ったりするの、望んでいたから」

「すまない、深雪」

「私はむしろ感謝しているよ。だけど…お母さん、私はお母さんに言わなければいけないことがあるの」

そうだ、言わなければならない。
言ったらこの幸せな時は終わる。
瓦解する。
それでも、言わなきゃ。

「お母さんは、5年前にもう死んでいるの….」


5年前、私の母“吉佐美“は夫である“國久“と共にあるSCPの収容作戦にでた。当時の母と夫は数々の修羅場をくぐり抜けた歴戦の戦士であり、財団上層部が選抜した特殊部隊をもわずか20分で壊滅に追い込む程の強さだ。その2人がいれば怖いものなしだと誰もがそう思った。
だが、現実は違った。
そのSCPは財団が予測していた脅威より遥かに上回った。作戦に参加した者はほとんど死に絶えた。父もその1人だという。
母は奇跡的に生き延びたものの、大量に出血したため、長くはもたず、死んだ。
私は覚えている。
痩せ衰え、片方の眼球が消失した顔。
流麗だった髪はほつれ、触れれば折れてしまいそうな腐りきった腕。
死とはこういうことか。
人はどんなに美しかろうと最後は醜くなり、一生を終える。
突然に…
荒い呼吸がだんだんと小さくなり、動かなくなった。
心臓の鼓動がなくなって、その体の体温は失っていった。
死んだ母の体を抱きつき、泣きじゃくった当時11歳の私。それを知っている。
お母さんは死んだ。
だけど…

「わしが死んだ…と?」

理解不能。
母は死んだのだ。
まぎれもない事実だ。
けど、帰り際に、当たり前のように、話しかけてきた。
私は驚くというより、呆然とした。
予測もできない事態だった。
無視することは出来ず、一緒に行動したけど。
やっぱり、お母さんだ。
偽物じゃない。
私の目の前にいる人物は。
肉を、命を、心を持った生きている人間だ。
理屈は分からない。だけど、事実だ。

「深雪よ」

母はぼやいた。まるであきれたように。

「わしが、それを気づいていないとでも…思ったか?」

「…えっ?」

「当然、わしは死者である」

母は目を開き、静かに語る。

「見た目は普通のように見えるが、この体も死体である。少しづつ腐敗しているのだ。深雪以外の周りの者はそれを感知できていない、いや感知できないだけである。深雪よ、おまえも理解したくないだけであり、認識はしているのだ。….このように」

その瞬間、どこからか取り出した錫杖のような杖を母は高鳴らせた。
金輪が高い音をたてる。

「….うっ….」

同時に私の鼻は異臭を感じた。
母が変貌している姿を瞠目した。
巫女服は破れ、ぼろぼろの布地は返り血で汚れ、美しかった面影は残ってない。
肌はところどころ崩れて血管や骨が晒している。
優麗な髪は大半抜け落ち、片方の眼窩には蛆がたかる。母の口から腐汁が零れ落ちている。

「うっ、うああっ!?」

思わず椅子から転がり落ち、私は尻餅をついた。
嫌だ。あんなの。
見たくない、あの姿。
理解したくない。
両目を手で隠し、震える私に、母は優しい声で話す。

「人は必ず死ぬ。死者は黄泉比良坂を通り、地獄や根の国という場所へ向かう。この国ではそういう理であり、仕組みである。輪廻は無い。黄泉がえりも無い。これは決まりじゃ。誰1人例外なく」

はっきりと聞こえない。

「じゃが、甘い部分もある」

母は語った。

「黄泉比良坂を通った者はそこで“ヨモツヘグリ“を食うことになっておる。食うことは完全に死者の世界の住民となる証じゃ。しかし、わしは食わなかった。食う前にわしは死者の国の王と名乗る者と交渉した。彼とわしの利害は一致し、わしの身体が完全に腐りきる前まで、という制約を付けこの世に蘇らせてくれたのだ」

母が言っていることは無茶苦茶な内容だ。
簡単に言ってしまえば、この世界のルールをねじ曲げたのだ。強引に….
異常だ。
馬鹿げている。

「どうして….」

目を恐る恐る開けると、元通りの母の姿が見えた。
否、私が理解していないだけであり、今でもあのおぞましい姿のままだろう。

「どうして、そんな….黄泉がえりなんてことを、神ですら失敗している、忌まわしいことを?お母さんはただの人間だよ。SCPのような異常な性質も持たない人だよ。そんな恐ろしいことを….?」

母がしたことはルール違反も甚だしいことだ。
日本神話に登場する伊弉諾と伊弉冉の夫婦ですら失敗しているのだ。
禁止されている行為を母は平気な顔をしてやり遂げのだ。人が許された行いではない。
私は恐ろしかった。
母と再会できた喜びが、一瞬の内に瓦解した。

「“どうしてか“と問うか、深雪よ」

怯え震える私を、母は変わらず態度で話を続ける。

「本来、わしも満足して黄泉へと逝けたのである。たとえ、病苦に苦しもうが、仲間が殺されようが、わしは財団に忠誠心を誓い、役目を果たした。この世界のため、“財団の1人として“確保・収容・保護を貫いた」

母の口癖だ。“財団の1人として“

「じゃが、わしは死んではいられなくなった。“ヨモツヘグリ“を食う前に、娘のことを思いだし、心配になった。わしは現世を覗き、見てしまった。
おまえが部隊を壊滅においあった挙げ句、逃げたし財団の役目を放棄し、忘れ、暮らしているおまえの姿を」

母の声に怒りはなかった。
だからこそ恐ろしかった。
母が大好きだった。
憧れだった。
けど、私は…

「わしは死の間際に、おまえに言い残したはずだ。
“おまえが部隊を引き継げ“と。おまえは了承した。言ったはずだ、“分かったよ、お母さん“と。だか、おまえは約束を破り、忘却した。しかし、わしはそれを責めるつもりはない。おまえが罪を犯したわけではない」

母は立ち上がり、私を見た。
奴隷のように見下すかのように。

「おまえの努力や、修行が実らぬうちに、死んでしまった、後継者としておまえに教えを与えなかった、これはわしの罪だ。逃げたおまえが悪いわけではない、異常存在に臆してしまう弱いおまえを育てる前に、この世を去った母が悪いのだ」

母は黄泉がえった。
私を再教育するために。
この世の理をぶち壊し、醜い姿で、地獄とも思える苦痛を味わいながらも、堪えながら。

「さぁ、わしと共に来い、深雪よ。教えを説いてやる」

「嫌だって言ったら?」

私は床についた尻を擦るようにして、後退りした。

「嫌だとは言わせぬ。行くぞ、遊びの時間は終わりだ」

「い、嫌だ」

手を伸ばしてくる母が恐ろしく、私は抵抗した。
椅子やら机を倒しながら、私は母から逃げようとする。

「嫌だよ!血を吐き、涙を流して“確保・収容・保護“を貫きたくない。お母さんを死なせた、悲しみしかない財団なんて嫌なの!私はもう“財団の1人“なんかじゃない!」

「思い上がるな!わしはおまえの意見を聞いていないのだ」

母が口にする言葉に、苛立ちが混じってきた。

「この世界のためだ。おまえの安楽が、幸せがこの世界の未来より価値があるのか?おまえの命は1人だけではないのだ。偉大で、祟高なものがかかっているのだ!」

死してなお、“財団の1人“である母は、私の気持ちを妄言だと思っているのだ。
何もかも違う。
倫理が、価値観が。

「甘えるでない!何故分からぬのだ。やはり甘やかして育てたのが原因か。くそ!」

涙がでてくる。
走馬灯のように昔の思い出が浮かんでくる。
優しく撫でてくれたお母さんの手。
背中を押してくれたお兄ちゃん。
優しくしてくれた先輩。
私は、私は…

「イヤ、イヤ。やり過ぎですよ。お母さん」

不意に声がした。
いつも聞いている優しい声。
私の心に安堵をくれる、お兄ちゃんの声を。


「おまえは、一体?」

母が鋭い視線を向けた先に、彼はいつのまにか立っていた。

「僕はこういうことに介入したくないのですが・・今回は別です。愛娘の意見も聞かず、自分の主張だけを分からせる、それも強引に。兄としてあなたを止めますよ」

油断なく身構え、母を見据える私のお兄ちゃん。
その手に持っているのは立派な日本刀だ。

「お兄ちゃん!」

情けないことに、涙声で、私は彼を呼ぶ。
お兄ちゃんは「よっ」と気楽に手を挙げ、てくてくと近づいてくる。

「深雪さんの周りに少し不穏な気配がしたもので、様子を見に来た訳ですが、まるでSCPそのものですね。まさか黄泉がえるとは」

「何しにきた。忌々しい“悪童“よ」

母が私の手を離し、冷え冷えとした声を兄に放った。
不恰好ながらも母から距離をとるため這い出した。
そんな私を無視して、母は錫杖に体重をかけた。

「おまえのせいで、深雪は財団の役目を放棄した。しかし、それはおまえが深雪の耳に心地よい虚言を語り、誑かした」

「僕は“悪童“ではありませんよ。あなたこそ黄泉がえりという禁忌を犯した“悪神“のようですよ」

鞘からよく研かれた刀身を取り出し、臨戦体勢に入った。

「どのような存在でも、黄泉がえりはやってはいけないんですよ。それがこの世の理であり、摂理なんですよ。限られた命の内に、全力で生きていく。あなたが説教垂れをしてはいけないんですよ」

お兄ちゃんと母の間に、すさまじい剣幕が渦巻く。
殺意や闘気と呼ぶ、意思の相克。
私は怯え、声も出せずにその状況を見守るだけだった。
何か嫌だ・・・。
うまく言葉にできないけど、嫌だ。

「死者がこの世に関わっていけないんです。財団もそう判断するはずだ。あなたを新たなSCPとして認識し、確保します」

お兄ちゃんが裂帛した呼気を放って、母の懐へと近づく。

「深雪さんは私や誰かに、誑かされた訳じゃありません。深雪さん自信が選んだです!あなたが死んだ前の深雪さんとは違うです!」

そのまま一直線に、お兄ちゃんは跳躍し、刀身を突きだす。

「・・・なめられたものだ、わしも」

瞬間だった。
金属音が響いた。

「私は部隊の部隊長として、異常存在の駆逐を多く請け負ってきた。時に、このような摂理に逆らう者の排除もおかしくない」

お兄ちゃんが持った刀は、母の錫杖によって弾かれた。
あの細さの杖で、刃を完全に止めたのだ。

「少しはっ・・・」

お兄ちゃんは目を見開き、驚きながらも、つづけさまに刀を振るった。

「話を聞いてくださいっ!」

けどその度に、母は最低限の動きで刃を防ぎ、逆に捌く。
傷ひとつ負わない。
母は、あまり体力が無いはずだ。
お兄ちゃんが縦横無尽に刀を振ったとしても、母はまるでその軌道を見きっているかのように、攻撃を避けていく。
さすがのお兄ちゃんも、この事に驚きを隠せずにはいられなくなった。

「んな・・・!」
「やはり研究職に就く者は、武道を覚えずか」

母が手を突きだす。
見事にその指先がお兄ちゃんの額辺りに直撃し、バランスを崩した。

「やはりおまえは甘い。だから深雪は役目を失ったのかもしれぬ。もうあの時まで時計の針を戻すことはできぬ」

それが“財団の1人“としての、母にとっての当たり前の価値観だ。
もうこれ以上、戦ったらいけない。
そんな気がする。

「・・・分かったよ!」

ようやく私は動いた。
何も考えず、母を抱きよせ、懇願する。

「もうやめて!」

そうだよ、最初からそう言えばよかったんだ。
馬鹿だなぁ。

「行くから!」

もう私にできることはこれしかない。
母がどう反応したのか分からない。
お兄ちゃんが何か叫んでいるけど、聞こえない。

「・・・そうか」

無意識に閉じていた両目を、開いたら。
私はどこか見覚えのある、暗くて、狭い部屋の中にいた。
自分の身体を見下ろすと、巫女服に変わっていた。
さっきまではスーツを着ていたはずだけど。
呆然とする私の正面で、母が微笑んだ。

「さぁ、始めようか。深雪よ」

私の意識はそこで、途切れた。


冷たい手のひら。
ぞっとするような感触に、夢を見ていた私は現実へと引き戻された。
暗い部屋だ。
かろうじて横になれる程度の面積しかない。
天井はさして高くはない。「部屋」とゆうより「箱」というのが正しい表現だ。
床は板張りで、壁は牢獄のように頑丈な石づくりだ。
微かな風で揺れている蝋燭の炎が私を写している。
薬品の匂い、鉄の匂い。
肌が覚えている、ここはー施設。私が所属する部隊がある。
施設サイト321だ。
この施設は一度壊滅したはずなのだか、残った建物を改築したのか。私もここを熟知しているわけではない。

「・・・あ・・い・・」

頭が酷く痛い。
ぼうっとする。
思考能力を奪われている。
酷く空虚だ。

「起きたか。抵抗されると困るのでな、おまえの意識を薬物で希薄にさせている。まぁ、話す程度の力は残してある。安心せい。」

ふと気がつくと、私の真っ正面に部隊長を座していた。手を伸ばし、私の顔や腹を触れている。
私が来ているのは巫女装束、部隊の服だ。

「身体をあらためているだけだ。ふむ、問題ないな。」

部隊長はひとしきり私を見て満足したのか、触れるのを止めた。
そして仮面のような顔をこちらに向けた。

「改めて質疑を行う」

一方的だった。

「これは我いや財団がおまえに対しての最後で最大限の譲歩だ。おまえは異常存在に臆し、身勝手な行いをとり、部隊を壊滅においやった。役目を放棄し、愚かにも出奔したのはおまえだ。本来ならおまえの命を引き換えにと思ったが、止めた」

冗談をも許さない、すれば命は無い、そんな風に感じた。
これが部隊長、これが私の母だ。
母が好きだった。
母みたくなろうとしてこの職についた。

「二度と異常存在に臆さず、人の世を守るため、“財団の1人“として命をとすことを誓うか?誓うなら私は、母はおまえの全てを赦そう。おまえを教え、導く」

私の頭ははっきりとしなかったが。
だから、人ではない今の私は口にする。

「嫌だ」

私が臆したことは事実だ。
人の世にいてはいけない存在に敗けた。
しかし、私は死にたくなかった。
いろいろな感情が込み上げてくる。
薬品で人格を失わさせ、人であることを奪った。
何の意義がある。「確保・収容・保護」を掲げる財団が母を死ぬ役目として果たし続けるなんて。
嫌だ。
臆していい。
当たり前の生活を送りたい。
皆と同じ幸せを味わいたい。

「嫌だ、私は・・・逃げる・・」

「無駄だ、娘よ」

「無駄じゃ・・・ないっ」

「役目を放棄するか」

「私は・・死にたく・・ない」

「そうか…」

母は微笑んだ。
お母さん、分かってくれたんだ。

まったく、残念だ


母が持つ小型のナイフが私の腹を突き刺した。
私の顔が凍った。
ナイフが内臓をちぎり、肉を引き裂く。
口の中が血で溢れ、吐いた。
吐き出した鮮血が母の顔を汚す。
朦朧としているなか、母は私に言った。

「おまえはよく働いた」

母はどこか虚ろな風に語った。

「これでおまえという人の生を終える。残念だ。私はおまえに期待を抱いていたが、それも私の妄想だったようだな」

最後に母はこう言った。

さよならだ、我が娘よ

その瞬間、私の体から力を抜けるのを感じた。
生きる意味を失った。死体のようになった….。


暗い部屋についた。
先ほどと変わり無い牢獄じみた部屋だ。
鉄格子の中には過剰とも言える手枷と足枷をつけられ、鎖で柱に繋がれているのは、殺した娘の兄だ。こやつにも呆れた。無能で甘い奴だったが部隊を壊滅においやった、挙げ句の果てに勝手な行動をし、娘を逃がそうとした。こやつも救えぬ…
兄はその場を動かない。
着ている服も拷問を受けられたのか無惨に破れている。

「娘は死んだ。おまえが大切にしていた者はもうこの世にはおらん」

兄は静かだ。

「もう母には人の感情というのは残っておらぬ。しかしだ、おまえが娘を逃がしたことを知った時は怒りがわきあがったわ。憎いぞ、よくもこの時まで生きているとは」

「ほんとに….」

兄は母の呪言を無視し、問いかけた。

「あなたは、妹を殺したのに何の感情を抱かないのですね。あなたに母親としての、親子としての、愛情は、贖罪はないのですか」

「もうわしは人の心を失った、だ」

「…妹はあなたのことが好きだったのですよ」

「分かっておる。じゃが、もう遅い」


これは後から聞いた話である。

「…..」

私のお兄ちゃんは、圧縮された睡眠から覚醒し、改めて身体の負傷箇所を確認する。するとどこからか飛翔してきた日本刀が枷ではめられ動けないお兄ちゃんの真横へ。

「…..!?」

大声はあげなかったものの、内心嫌でも驚いている。
さすがに、自分の頬の3ミリほどの横に刃物が突き立ったら嫌でも驚く。

「これは…私の…」

お兄ちゃんにとって見慣れた、お兄ちゃん専用の「日本刀」である。
お兄ちゃんは素早く手を伸ばして「日本刀」の柄を握る。

「誰が一体?…いや今は考えている暇はない!早く深雪さんを助けないと!」

お兄ちゃんは「日本刀」を引き抜き、かっこよく枷に繋がった鎖に斬りつけた!

「待っててください…今助けに行きます!」

そう言うと、牢獄から出て、私を探しに施設内を回った。
幸い施設は壊滅しているため警備員や職員は誰一人もいない。
おかげで警備が手薄だ。
そうしている内にお兄ちゃんは一つの扉の前に辿り着いた。

「えぇい!」

タックルで扉を破り、室内に入るお兄ちゃん。
部屋の中心には身を清めたであろう、巫女服の私がいた。
自我は曖昧なのだろう、けど、驚いたようにお兄ちゃんを見つめている。

「深雪さん!」

お兄ちゃんは私の名前を必死に呼んだ。
久しぶりのお兄ちゃんの手。

「あ….」

虚ろだった目に、理性の光が灯る。
奇跡だ。
兄弟の愛の力が、奇跡を起こしたのだ。

「おにぃ….ちゃん…..だよね….」

意識がはっきりとしてくる。
お兄ちゃんの顔を見つめると、涙が溢れてくる。
お兄ちゃんは生きていた..
そして、思い出した。

「深雪さん、もう大丈夫です。だから泣かないでください」

「お兄ちゃん、お兄ちゃん!うぅ….ふぇえぇっ…よかっ…たよ…会いたかったよ….えぇえん….」

泣いた。私はお兄ちゃんの所に蹲り、わんわん泣いた。

「大丈夫です。今度こそ深雪さんを守ります」

お兄ちゃんは優しく、私の頭を撫でて微笑んだ。
ありがとう、お兄ちゃん。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Fuki's portal does not exist.


エラー: Fukiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6546777 ( 02 Jul 2020 10:48 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License