祭りだ、祭りだ

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:財団がSCP-XXX-JPと指定される区域への入場は区域管理者の許可が無い限り禁止されています。現状禁止されています。指定区域管理部隊は指定区域の上空への一般飛行機器及び航空機の侵入を防ぎ、一般メディアによる情報の流出を防いでください。万が一情報の流出が発生した場合、カバーストーリー“新たな街建設“を実行してください。

説明:SCP-XXX-JPは山梨県███市の山間部に位置する直径30㎞の区域です。区域内部は未整理の林間地帯とされています。平坦な土地であるものの人が居住している記録はこれまでに確認されていません。映像機器ではこの場所の異常性は確認されませんが、区域内を目視で視認した場合のみSCP-XXX-JPの異常性が確認されています。この異常性をSCP-XXX-JPーAと指定します。

SCP-XXX-JPーAはSCP-XXX-JPの内部は目視で確認した場合、███市に類似しているようにみえます。区域内部は半舗装道路が通っており、両側には小規模商店街の形成した家屋郡が道路に沿い成していることが確認されています。家屋の多くは照明がついており、公園や広場に点在する簡易ステージを繋ぐように点灯された提灯が掛けられています。SCP-XXX-JPーAは天候・時間帯に左右されず、常時10月21日1時3分~5時23分の間の環境を維持していると推測されています。

SCP-XXX-JPーA内部は、知性・行動能力を持つ人型実体(SCP-XXX-JPーAー1と指定)が存在しています。SCP-XXX-JPーAー1の存在は現状完全に把握できず、約200~500体程と推測されています。SCP-XXX-JPーAー1は主に30~60代とされる中高年と老年の男女の姿をしていますが、現在に至ってもこれらの人物の特定は困難とされています。SCP-XXX-JPーAー1の容姿は朱と白で構成している法被を着用しています。SCP-XXX-JPーAー1との意志疎通は、映像機器による方法を除き会話することが可能です。

補遺: SCP-XXX-JPーA内部に立てられた立て札には録音機器並びに後日無人探査機によって解析されました。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Fuki's portal does not exist.


エラー: Fukiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6546777 ( 02 Jul 2020 10:48 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License