SCP-XXXX-JP 『人工無脳(アーティフィシャルマインド)』

現在このページは批評中です。


アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-8107の低脅威度物品保管庫に収容されます。SCP-XXXX-JPの劣化を防止のため保管庫は常に摂氏18度、湿度40%を維持して下さい。月に一度、 SCP-XXXX-JP担当職員によってSCP-XXXX-JPが劣化していないかの確認が行われます。SCP-XXXX-JP-Aはカバーストーリー『過労死』を適応して回収し、サイト-8107内の人型収容セルに収容して下さい。事案XXXX-JPを受けて未収用のSCP-XXXX-JPが存在する可能性が浮上しました。未収容のSCP-XXXX-JPの確保に向けて機動部隊ろ-10("監督署") が日本国内に存在する過酷及び不当な労働環境の企業を重点的に調査します。

説明: SCP-XXXX-JPは発売元不明のCDディスクです。レーベル面には異常性の無い黒色油性ペンで『新人研修』と記載されています。SCP-XXXX-JPを音声と映像を同時に視聴したヒト(Homo sapiens)はSCP-XXXX-JP-Aに変化します。SCP-XXXX-JP-Aは本来存在する脳が不明な理由で同体積のプラスチック製の脳モデルに置換されています。本来の脳を喪失しているのにも関わらずSCP-XXXX-JPは他者からの指示を受け取り行動することが可能です、しかし想像力を必要とする指示は理解できておらず意識やクオリアが喪失していると考えられます。

発見経緯: SCP-XXXX-JPはSCP-2836-JPの"復讐イベント"の対象と選ばれた人物が上司として勤務していた██機器を調査時に「不眠不休の新人」の噂を聞いた潜入中のエージェントが10体のSCP-XXXX-JP-Aを発見、その後機動部隊が送りこまれSCP-XXXX-JPの収容に至りました。SCP-XXXX-JP-Aに関してはカバーストーリー「過労死」が問題なく適応されました。

補遺: SCP-████-JPに暴露して死亡した、知名度の高い小説家の故███ ███氏(カバーストーリー『心臓発作』を適応済)を解剖した際に大脳が死亡時84歳にも関わらず20歳程度の萎縮に収まっていた事を興味を引きました。
更なる調査の後に破棄された研究施設より要注意団体"夢見テクノロジー"の関与が疑われる文章が発見されました。

███ ███様の"老いない若々しい頭脳"を叶えるサービス案
 ・小説家を死ぬまで続けられる頭脳が欲しいとのこと。
 ・老いた脳味噌を若い脳味噌と定期的に入れ替える手段が良いかもしれない。
 ・若い脳味噌の入手先は?→██機器から文句を言わない労働力の依頼があったから組み合わせよう。
 ・使わない脳味噌ならリサイクルしてしまおう。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Hoojiro_san's portal does not exist.


エラー: Hoojiro_sanのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6543543 ( 01 Aug 2020 05:32 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License