SCP-2976-JP 「As a hole」

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2976-JP

オブジェクトクラス: Safe

The%20Hole.png

SNS上に投稿されたSCP-2976-JPの写真

特別収容プロトコル: SCP-2976-JPはエリア-81JHの排水機能を施した低脅威度物品収容ロッカーに保管されます。SCP-2976-JPの分泌液は異常性有機汚染物質処理プロトコルに従って廃棄してください。

説明: SCP-2976-JPは縦25cm、直径10cm、重量240gの一般的にオナホールと呼称されるアダルトグッズです。SCP-2976-JPは異常な耐久性から分解不可能です。非破壊検査によって通常のオナホールと異なり内部に部品が存在せず、挿入穴に設置された小型ポータルと筒状の部品のみによって構成され内部は空洞だと判明しています。SCP-2976-JPの底面にはGoI-1844(“AKI玩具”)の商標、モンゴロイド系人種の推定30代の男性1の顔写真、『篠田しのだ 豊成とよなり(原文ママ)』という名前が刻印されています。

挿入穴に設置された小型ポータルは成人男性と見られる実体(以下SCP-2976-JP-1)の体内210カ所の内からランダムに接続しています。口腔や肛門以外の通常性行為において陰茎が挿入されない箇所がポータルに選ばれた場合、挿入された物体が挿入できる大きさまで拡張されます。SCP-2976-JP-1が挿入の際に負った外傷は10分以内に完治し、消化中の食物や睡眠時の脳波が確認されないことから、SCP-2976-JP-1は食事や睡眠が不要な人型実体だと予測されています。また、SCP-2976-JP-1の体液は軽度の催淫効果を持つグリセリンを主成分とした液体に置換され常に内組織から液体を分泌しています。

収容経緯: SCP-2976-JPは2021年6月14日にSCP-2976-JPの内部を撮影した画像を含めた4枚の画像を投稿しつつ「知人から送られてきたオナホだけど軽すぎるし、中に何も入ってないのに感触(最大限ぼかした言い方)が本物すぎる。これどういう原理?(原文ママ)」というSNS上の書き込みが財団の興味を引き、発見されました。その後、投稿者と購入者にクラスA記憶処理が行われ、カバーストーリー「ジョークグッズ」の流布が行なわれました。投稿者と購入者、SCP-2976-JPを購入した大手通販サイト██████でアダルトグッズを売買していた株式会社█████及び流通経路に対して入念な調査が行われました。しかし、GoI-1844(“AKI玩具”)を含めた要注意団体との関連は発見されず、何者かが███社の商品管理システムに不明な手段で干渉し異常物品を混入して流通させたと予測されています。

実験記録SCP-2976-JP: SCP-2976-JP-1の現状を調査する為、SCP-2976-JP-1の体内を観察する実験が行われました。SCP-2976-JPの異常性から大腸カメラを用いると寸断されると予測された為、財団製超小型カプセル内腔鏡が用いられた。

実験趣旨: カプセル内腔鏡をSCP-2976-JP-1の肛門から消化器を経由し口腔へ移動させ、SCP-2976-JP-1の現状を把握する。
_
実験日程: 2021年7月10日、10:00~12:00
_
《10:00》: 実験開始。SCP-2976-JPの肛門接続時に挿入穴のポータルからカプセル内腔鏡を挿入する。
_
《10:03》: カプセル内腔鏡が結腸に到達。腸内に消化中の物体は確認できない。
_
《10:08》: カプセル内腔鏡が小腸に到達。腸内から微量のアミノ酸とブドウ糖が検出される。
_
《10:19》: カプセル内腔鏡が胃に到達。SCP-2976-JP-1の胃液がグリセリンを主成分とした液体に置換されているのにも関わらず未知のタンパク質を消化している事が確認された。
_
《10:18》: カプセル内腔鏡が食道に到達。カプセル内腔鏡が障害を検知する。SCP-2976-JP-1の食道内にヒト(Homo sapiens)の陰茎と形状が一致しない推定30cm程度の外性器が確認される。外性器は水色と表面の鋭い突起が特徴的であり、SCP-████-JPが持つ外性器の特徴と部分的に一致する。SCP-2976-JPを用いて自慰を行っていると推測される。外性器は30分間に渡って精液と見られる赤褐色の液体を分泌し続けていた。
_
《10:52》: 外性器が消失し、カプセル内腔鏡が口腔に到達する。SCP-2976-JP-1の口腔は人骨製と思わしき開口器で固定され、重度の性的興奮に起因する絶え間ない絶叫と何者かに対する謝罪の言葉3が確認された。搭載された通信機能による実験担当職員との会話が試みられたが、意思疎通は不可能だと判断された。
_
《11:53》: カプセル内腔鏡がSCP-2976-JP-1の体外の風景を撮影する。SCP-2976-JP-1はSK-BIOと思わしき巨大な肉組織の中に全裸の状態で拘束されている。映像から頭部に[データ削除済]が挿入されており、全身の30%程度が肉組織と融合していた。
_
《11:58》: SK-BIOの触手状組織がカプセル内腔鏡を知覚し、対象を捕獲する。カプセル内腔鏡は触手状組織から推定1.2tの圧力が掛けられ破損。
_
《11:59》: 通信途絶。映像終了。

補遺1: SCP-2976-JP映像記録から判明した容姿と身体的特徴を元にSCP-2976-JP-1の身元調査が実施され、篠田氏の現住所と判明した秋田県横手市のマンション「メゾンパーク████」の202号室に機動部隊う-11(“貞操帯”)が派遣されました。機動部隊到着時、同氏の部屋は到着時、部屋には同氏が既に出払ったような痕跡がありました。事後捜査から篠田氏が何者かに連れ去られた痕跡が発見され、現場に残されたPCから篠田氏はGoI-1844(“AKI玩具”)の構成員と断定されました。篠田氏を連れ去った何者かが同氏をSCP-2976-JPに加工したと予測され、逃走した誘拐犯の行方を調査しています。以下は部屋で発見された関連物品のリストです。

・篠田氏がGoI-1844(“AKI玩具”)に向けて書いたと思われるSCP-2976-JPの開発報告書4
_
・裁断された状態の幼児向け絵本5
_
霊銀製の奇跡論的加工済み手錠6
_
・篠田氏がGoI-1844(“AKI玩具”)にサンプルとして渡す予定だったと見られる無力化済みSCP-2976-JP10個7

補遺2: SCP-2955-JP関連でGoI-093(“PAMWAC”)の掲示板を監視していたWebクローラがSCP-2976-JPに関する情報を発見しました。一連の書き込みがSCP-2976-JPの発見以前に行われた事に留意してください。篠田氏を誘拐した人物はGoI-093(“PAMWAC”)構成員と推定され、現在に至るまで身元の特定に至っていません。

害悪加工師、遂に捕まってしまうwww ウォッチスレ Part48 【無断転載は犯罪です】

54:774のヲタクさん ████/██/██(█) ██:██:██:██ ID:???


連続嫁誘拐加工事件の犯人がコイツってマ?
レミリアがエルマってから1年も経ってねぇのに
まぁでもAKI野郎絡みで納得…推し絵師も絡まれて加工されたからパム民も注意しろよ

55: へるぺす ████/██/██(█) ██:██:██:██ ID:???


何せ掟破りのエルマをやった上に大規模事案の後処理だからな 自信ニキも出払ってる内に済ませちゃいましょ

今からお仕置きが楽しみでしゃーないわ 嫁子や老害達が出張してくる前にさっさと屑を処分しようぜ

56: 憂国の兵士 ████/██/██(█) ██:██:██:██ ID:???


さてさてパム板崩壊騒動ぶりの醜態とパムワカーの嫁愛を踏み躙った屑の落とし前どう付ける
まさか110番してえっしぴにぶん投げて自分はトンズラして終わりとか言う訳ないよな?

57: へるぺす ████/██/██(█) ██:██:██:██ ID:???


自縛霊化とか悪夢懸濁とか案貰ったけど ここは安価執行に従って便器加工ってことで

肉々マンの肉壁牢獄だったら軽く2000年は持つし 魂ごと隷される苦痛にはもってこい

58: らいてう◆skdDSA4 ████/██/██(█) ██:██:██:██ ID:???


当該掲示板での自治行為及び無断断罪は禁止されています。
管理者権限に基づき、このスレッドを削除カテゴリに移行しました。




scp jp safe 異次元 ポータル 道具 エルマ外教 液体 pamwac aki商事 性的



ページ情報

執筆者: Hoojiro_san
文字数: 6732
リビジョン数: 173
批評コメント: 3

最終更新: 19 Feb 2022 02:15
最終コメント: 16 Feb 2022 04:40 by Hoojiro_san

    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Hoojiro_san's portal does not exist.


エラー: Hoojiro_sanのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6543543 ( 01 Aug 2020 05:32 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License