Hoojiro_san-27--4ab5
評価: 0+x
blank.png

Ambrose Board

当店にて食事をしたお客様の意見を此処に残してOKです。
掲示板は開店以来一度も消去していませんので記録が代わりにも。


★★☆☆☆

編集長に未だ状況が掴めない地下東京の実地取材を命じられた時は流石に途方に暮れたよ。探京家から噂話として聞いた料理店が時空間異常吹き荒れる地下に存在し続けていることは非常に幸運だったと感じている。
ただ味自体は平凡としか形容しがたい。地上では目に掛かれない奇妙な食材の目白押しだが、味自体は地上で嗜むことが出来る料理ばかりだ。エジプトで以前嗜んだヘネケトの方がよっぽど印象深いものだ。編集長の納得の行く原稿にどうやって話を膨らませるか、悪魔のステーキを肴に脱出用の魔酒を呷って思案中さ。


~ karkaroff

★★★★☆

東京駅の地下には関東大震災の影響で生じた時空の歪みが存在し、中には摩訶不思議で珍妙な料理を出す食事処が佇んでいる噂を聞いた時は流石に眉唾物だと思っていた。暁星屋百貨店の料理人として未知の食材に興味を惹かれたが、まさかジョオジ・ウエルズ翁空想科学技術製タイム・マシンの試験運転で偶然訪れることになるとはね。今は奇天烈な食材達を店に入荷できないか相談中なんだ。同じ席で食事を味わえないと嘆いていた細君魂を吹き込む大願が成就した祝いにご馳走してあげたいのさ。

~ Pygmalion


★★★★★

同業者から地下で営業中でも立ち寄れるレストランの話を聞いてトートと立ち寄ったけど凄く美味しいね。特に紅鮪髄のカルパッチョは宝石箱のように眩く美しさと未体験の旨味に私の好奇心も非常に惹かれた。単なる奇跡論の触媒と思ってたけど、これほど美味なら近々ヴァルハラで開催予定の酒宴で出すツマミとして酒好きの神々も気に入ってくれそうだ。仕入れに訪れた築地冷凍鮪鉱脈に住む半魚人もミイラの干物に興味を持って新しい商機を見つけたし、こんな手土産ならトートも喜んでくれるだろう。


~ Hermes

☆☆☆☆☆

お父さんを食い殺したこの店を僕は絶対に許さない。
東京駅の奴らがニクデンシャの生産に関して取引をしたいと呼びだされ、店のルールを意図的に破らせられた父さんを含む大人達は空中に現れたに食い尽くされた。そんな顛末を生き残りから聞いている。大事な宝物を奪われた者から忠告する、コイツはレストランなんかじゃない。食事を餌に客を貪り喰う化物だ。いつ消されるか分からない意見だが、読んだ人は地下で生きて行く心構えとして胸に刻んで欲しい。


~ タナ


ERROR

The Hoojiro_san's portal does not exist.


エラー: Hoojiro_sanのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6543543 ( 01 Aug 2020 05:32 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License