SCP-2657-JP-無終没入処(改稿)

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2657-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-2657-JPの収容は不可能です。SCP-2657-JPの出現が確認された場合、機動部隊い-25("町火消")を派遣して、SCP-2657-JPの確保を形式上のみ行ってください。適切なカバーストーリーを流布し、民間人の接近を阻止してください。

説明: SCP-2657-JPは火災1が鎮火された後に出現する異常な能力を保持する人型実体です。SCP-2657-JPは肉体の大幅な損傷2と外見上体表の99%以上を第Ⅲ度熱傷に該当する炭化性熱傷を負っているにも関わらず身体能力は破壊耐性を除いて平均的な日本人男性のものと変わりません。SCP-2657-JPを確保しようとする試みはSCP-2657-JPの消失という形で失敗しますが、SCP-2657-JPの消失により出現頻度を抑える事が可能なため推奨されます。

SCP-2657-JP-AはSCP-2657-JPが常に左手に保持する長さ20m程度の消防用ホースとノズルです。破壊耐性を保持する以外にSCP-2657-JP-Aから水源等の供給が無いにも関わらず毎分2000L程度の水を噴射する事が可能です。噴射される水は後述のSCP-2657-JPによる異常性発露の試み以外では一般的な水との違いは存在しません。

SCP-2657-JPは周囲に表面が赤い物品(以下対象と表記)を視認した際に、SCP-2657-JP-Aを使用し対象に水を接触させる事で異常性に暴露させる事を試みます。異常性に暴露した対象は表面の赤色を構成する物質を異常なプロセスで喪失します3が、SCP-2657-JPの視界から対象が外れた場合は対象に発生した全ての異常性は復元されます。

補遺: 20██年 ██月██日に██県 ███市で発生した火災でSCP-2657-JPが出現しました4。SCP-2657-JPは近くの対象をすべて無視して火災現場から300m程度離れた█████アパート放火事件5鎮魂碑の材質である赤色花崗岩を対象と見なし異常性の暴露を試みたが、機動部隊が到着し確保を試みるまで30分間対象が消失しなかった事は特筆すべき点です。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Hoojiro_san's portal does not exist.


エラー: Hoojiro_sanのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6543543 ( 01 Aug 2020 05:32 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License