代名刺

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-81██の低危険物収容ロッカーに保管してください。異常性のあるオブジェクト調査に関する使用に限り、フィールドエージェントによるSCP-XXXX-JPの使用が許可されています。使用のための申請は補遺-2を参照してください。また、レベル2以上のセキュリティクリアランスを持つ職員は、SCP-XXXX-JPを用いてSCP-XXXX-JP管理研究員との「外部からの訪問の演習」が許可されています。詳細は補遺-3を参照してください。

説明: SCP-XXXX-JPは横幅91mm、縦幅55mm、厚さ0.3mmの白紙のリュクス紙です。SCP-XXXX-JPは馬の革の焦げ茶色の名刺入れ(SCP-XXX-JP-1)に20枚収納されています。SCP-XXXX-JP-1の蓋を閉じた際、未知の方法で中のSCP-XXXX-JPが20枚に保たれます。

SCP-XXXX-JPは、18歳以上の人間が名刺として他人に手渡そうとした際にその異常性を発揮します。SCP-XXXX-JPを渡されていると認識した人物は、SCP-XXXX-JPを渡そうとした人物(SCP-XXXX-JP-A)を、面識の有無に関わらず初対面の人物だと認識し、元の人物とSCP-XXXX-JP-Aは別人である、という認識災害が発生します。SCP-XXXX-JP-Aの名前を表現する際は全て人代名詞で表現されます。この認識災害はSCP-XXXX-JP-Aを見る、声を聞くことで、第三者にも発生します。

以下のどちらかの条件を満たすと、SCP-XXXX-JP-Aの認識災害と、使用したSCP-XXXX-JPの異常性が消失することが確認されています。
・SCP-XXXX-JP-Aが認識災害を受けている全ての人物の知覚から外れる。
・SCP-XXXX-JP-Aが発生してから8時間が経過する。

SCP-XXXX-JP-Aの認識災害が消失すると、SCP-XXXX-JP-Aの顔と名前に関する記憶のみが消失します。SCP-XXXX-JPを使用した人物が誰であったかを記憶のみで推察する試みは全て失敗しています。

以下はSCP-XXXX-JPを用いた実験の文書記録の一部です。

補遺:


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The coronaflare's portal does not exist.


エラー: coronaflareのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6516146 ( 31 May 2020 14:37 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License