Lizzy the Big Weird Dog 邦題案:リジーは大きくて不思議なわんちゃん
rating: 0+x

On April 23rd, 2013, a proposed revision of containment procedures involving SCP-053 and SCP-682 was submitted to site administration.

2013年4月23日、SCP-053とSCP-682の特別収容プロトコルの改訂案がサイト管理者に提出された。

Theoretical means to lower human resource cost on site were suggested by the document, focused largely on decreasing the frequency and severity of SCP-682 breach attempts by cohabitation with SCP-053. Suggested protocol relied largely on previous cross experimentation data with exposing the two anomalies to one another, which recorded a sharp decrease in agitation from SCP-682 when entities were housed together.

人材コストを下げるための理論的な手段は、この文書で提案された。主にSCP-053と一緒に収容することで、SCP-682の収容違反の頻度と被害を低下させることに焦点を当てている。
提案されたプロトコルは、2つのSCPを互いに暴露した過去の実験データに大きく依存していた。以前行われたSCP-053との実験の際、SCP-682は怒りを示さなかった。

Proposal included a detailed blueprint for a cohabitative containment unit able to accommodate SCP-053 while keeping SCP-682 adequately contained against breach attempts. Security standards proposed for the onsite facilities neighboring the containment area were engineered for minimizing potential site damage in the event of 682 breach, with the layout of the facility and its safeguards being further maximized to improve the ease of SCP-682 recapture and return to housing with SCP-053.

改定案には、SCP-682が脱走しないように適切に収容した上でさらにSCP-053を収容することができるようにするための共同収容ユニットの詳細な設計図が書かれていた。封じ込めエリアに隣接するサイトのために提案されたセキュリティ基準は、682の収容違反が発生した場合にサイトの損傷を最小限に抑えるように設計されていた。

On May 6th, 2013, proposal was passed forward from site administration to the O5 council. O5 council approved the proposal for a 24-hour trial application on May 14th, 2013, with a 5-4-4 vote.

2013年5月6日、改定案は現場管理からO5協議会へ提案された。2013年5月14日、O5協議会は24時間のトライアル申請の提案を5-4-4で可決した。

Preparations were made over the course of the following weeks for the cohabitation facility of SCP-053 and SCP-682.

SCP-053とSCP-682の共同収容ユニットを建設するために、翌週の間に準備が行われた。




June 10th, 2013

08:00 - 053-682 Cohabitation trial begins under the provision that any breach attempt on SCP-682’s part resulting in significant structural damage to containment in the following 24 hours would result in the removal of both anomalies from cohabitative containment and their return to pre-existing Special Containment Procedure.

2013年 6月10日

08:00 - 053-682の共同収容ユニットは、SCP-682側に収容違反があった場合と24時間以内に収容施設に重大な構造的損傷を与えた場合に、共同収容ユニットからアノマリーの除去と既存の特別収容プロトコルに戻るという条件の下で開始された。




"Well, I certainly never thought we'd actually get to see the day." Clef commented and leaned against a desk in the back corner of the room, smiling as he sipped his coffee. In the rare way he sometimes did, Clef was telling the truth. Perhaps it didn't suit him… or perhaps the souring face of the researcher tapping away next to him was due more to the fact that Clef’s ass was parked on the corner of their desk. Who cares.
「まさか、私たちが本当にその日を迎えるとは思ってもみなかった。」
クレフはそう呟くと部屋の奥の隅にある机にもたれかかり、コーヒーを飲みながら苦笑した。クレフにとっては本当に珍しく、真実を口にしていた。隣で彼を叩く男が自分の顔を顰めているのは、 真実を述べたことがクレフには似合わなかった……というよりも、クレフの尻が机の隅に乗せられていたことが原因だったのかもしれない。誰も気にしやしないが。

A bored beep toned from the entrance, immediately preceding the sound of a heavy lock releasing electronically. The door to the room clicked and swung open unceremoniously as a man in his late fifties pushed through.
電子ロックが解除されたことを示す重い音が鳴る前に、入り口からつまらないビープ音が鳴り響いた。部屋のドアがカチリと音を立てて開いたかと思うと、50代後半の男が強引に入ってきた。

“You're the one that was against throwing kids at the death alligator, if memory serves.” A gruff, succinct voice responded in the sort of dry tone that said it was sorely in need of its fifth cup of coffee. It seemed Kondraki had decided to join in the occasion. No particular surprise there.
「俺の記憶が正しければ、子供をワニの死骸にぶん投げんのに反対していた人じゃねぇか。」
まるで5杯目のコーヒーが必要だとでも言うような乾いた口調で、不機嫌でしゃがれた声が返ってきた。どうやらコンドラキもこの機会に参加することにしたようだ。特に驚きも無かった。

“Normal kids, yes. It's a terrible idea, but fifty three is not what you call normal.” Clef had looked up when he heard the door to the observation room open and smiled at the familiar voice that followed, greeting the man that entered with his signature Cheshire grin.
「普通の子供だったらの話だ。クソみたいな考えだが、053はお前が普通と呼ぶやつではない。」
展望室の扉が開く音にクレフは顔を上げ、その後に続いて入ってきた聞き慣れた声の男に、得意のチェシャ猫のようなにやけ顔で挨拶をする。

This was the primary observation room, of course. The one that was actually immediately adjacent to the new state-of-the-art containment chamber and equipped with a heavily reinforced one-way viewing window (for looking in on the aforementioned containment chamber). The people crammed into every workstation here, taking final notations and frantically passing off system checks, were - of course - not the only people on the site currently huddled around computers in observational rooms at the moment, wired in to the security camera feeds showing all angles of the new containment area. All eyes were watching. All of them.
もちろん、これが第一観察室だった。実際に最新鋭の収容室に隣接していて、重く強化された窓はこちら側からしか観察ができないようになっている(収容室を覗き込むための窓である)。ここではどの仕事場にも人が詰め込まれていて、決定的な記録を取り、必死にシステムチェックを通過して-もちろん-今現在、観察室でパソコンを囲んでいるのは、このサイトにいる人たちだけではなかった。防犯カメラに接続して、新しい収容室の全角度を表示した。そこにいる全ての眼が見ていた。それら全てが。

Dr. Kondraki huffed like a grizzly bear and rubbed his hand over his face.
コンドラキはグリズリーベアのようにはぁはぁと息を荒らげ、自分の顔に手をあてた。

“That's not why you're upset though.”
「それがお前が動揺している理由か。」

“Shut up.”
「黙れ。」

“You're feeling snippy today,” Clef frowned momentarily at Kondraki before passing his coworker the extra cup of coffee he had been holding onto. “For you, smartass.”
「随分と今日はキレているようで、」
クレフは同僚に自分が持っていた余分なコーヒーカップを渡す前に、一瞬、コンドラキを見て顔をしかめた。
「ほらお前の分だ、生意気野郎。」

Kondraki gave another little sigh but accepted the offering of something warm and psychoactive. The disgruntled man took a sip and then paused to look towards his shorter companion.
コンドラキは先程とは別の小さなため息をついたが、温かくて精神作用のあるものを提供してくれたことを受け入れた。不機嫌な男はカップの中身を一口飲み込むと、背の低い仲間の方を見る。

“Irish?”
「怒っているのか?」

“Don't say I never did anything for you,” Clef smiled again and watched the taller man settle in to lean against the wall next to Clef and sip his drink, remaining dour despite the mumbled thanks. The researcher sitting at the desk tsk'd again before pulling a paper from under the corner of Clef’s butt, looking it over, and passing it through a fax machine. Clef ignored them, focusing back on the subject at hand.
「お前が俺に対して何もしていないとは言わせねえからな」
クレフは再び笑い、自分より背の高い男が自分の隣の壁に寄りかかりながら落ちついて飲み物を飲む様子を見ていた。感謝の言葉をつぶやきながらも、気難しい顔は変わらない。机に座っていた研究者は、クレフの尻の下から紙を引っ張り出す前に、再びチッと舌打ちをする。書類に目を通し、ファックスを送る。クレフはそれを無視して、手元の主題に集中する。

ERROR

The tanishichan's portal does not exist.


エラー: tanishichanのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

[[div class="content"]]

  1. portal:6501177 ( 06 Jun 2020 13:54 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License