マトリョーシカ

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

3CDFC853-CC38-4455-90F1-0C25E87A45BF.jpeg

遠隔操作のクレーンによって分離されたSCP-XXXX-JP、手前から順にSCP-XXXX-JP-1、2、3、4、5とする。

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-8135に位置する横6m奥行き6m高さ2mの収容コンテナにプラスチック製の台に乗せて通常のガラスケースに入れて収容されます。SCP-XXXX-JP収容コンテナの内壁は霊的実体遮断素材を用います。霊的実体遮断素材はクラスA霊的実体1は通過できませんが、クラスB霊的実体2の遮断は行われない為現在技術部門が改良を試みています。

SCP-XXXX-JP付近にクラスA霊的実体が出現した際は消失まで職員は収容コンテナへのアクセスを行いません。SCP-XXXX-JPを用いた実験中にクラスB霊的実体が発生した場合、それらの発言は全て記録されます。

説明: SCP-XXXX-JPは最大五つまで分解可能なマトリョーシカ人形です、外見に一般的な物と差異はありません。SCP-XXXX-JPは外側の物から順にSCP-XXXX-JP-1,2,3,4,5と指定されています。SCP-XXXX-JPに物理的接触を行った人物は消失し、その際30%程の確率でクラスB霊的実体が発生します。消失した職員については後述します。発生するクラスB霊的実体はいずれも財団職員の服装規定に準じた服装3をしていますが色は白黒で、身体は白いもやの様になっています。発生したクラスB霊的実体は時折言葉を話しますが、こちらからの言葉は理解出来ない素振りを見せます。

SCP-XXXX-JPに触れた人物は消失し、数分後にSCP-XXXX-JP付近に出現します。消失した人物の証言では、消失後別の場所に転移し、帰還を考えると帰還可能です。転移した世界(以降SCP-XXXX-JP-a~eと呼称)はSCP-XXXX-JP-1~5でそれぞれ異なりますが、いずれも財団の収容コンテナに似た場所です。SCP-XXXX-JP-a~eには全身が黒色のマネキンに酷似した人型実体が存在しており、人型実体はこちらへの干渉を試みますが、人型実体はこちらの言葉を理解していない素振りを見せます。人型実体の使用言語は日本語です。

SCP-XXXX-JP収容コンテナ内には周期的にクラスA霊的実体が出現します。出現周期は1週間であり、これはSCP-XXXX-JPの定期実験の3日後ですが、定期実験を中止した週もクラスA霊的実体が発生した事から、実験とクラスA霊的実体の出現には因果関係が無いと結論付けられました。クラスA霊的実体は収容コンテナ内で「左手に右手を重ね動かす」「右腕を上げ右手を頬に当てる」等の動作を行います。クラスA霊的実体との対話は数度試みられましたが、意味を成さない手話の様な動作を行う以上の反応は見られませんでした。

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

ERROR

The rin rin's portal does not exist.


エラー: rin rinのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6498310 ( 28 May 2020 06:58 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License