SCP-XXX-JP 逃げた'Joke'r

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは異常現象のため、接触及びに収容は不可能です。
またSCP-XXX-JP-1も接触不可のため収容不可能です。ですが水でふやけさせる、焼却などを行い、SCP-XXX-JPを無力化してください。なので収容施設に火炎放射器、あるいは放水機を設置し、
定期的に動作確認をしてください。

説明: SCP-XXX-JPは不定期にSCP収容施設に発生する異常現象です。
SCP-XXX-JPが発生すると壁から直立したトランプのJokerのカードが出現します。色、表面裏面のデザインは
出現するたびに変わりますが全て一般的にJokerのカードと呼ばれる外見をしています。
(以下SCP-XXX-JP-1と呼称します。)
SCP-XXX-JP-1は出現後何かかを探し追い回すように跳ねて移動します。
その最中は職員などの接触もできずにすり抜けます。
移動可能かつ知能があるJokeに分類されているオブジェクトの収容場所の前まで来ると
収容する入口のドアなどをすり抜け中に入り、オブジェクトに接触し、消失します。
すると接触されたJokeオブジェクトは収容エリアの壁に接触し、すり抜けます。
その後は接触されたJokeオブジェクトはすり抜ける特性を失い、脱走を試みます。
この現象はKクラスシナリオを発生させる危険性からketerに分類されました。
新しく雇用されたDクラスにはSCP-XXX-JP-1を確認したら即刻焼却及びに放水するように指示してください。

補遺: SCP-XXX-JP-1は最初に発見された時ハートのジャックの外見で出現した前例があり、イラストは
目には涙を浮かべ、ハートは割れたイラストでした。そのSCP-XXX-JP-1は怯え、逃げるように移動し、
Dクラス職員に接触しDクラス職員の内部に入り、それ以降確認されていません。

2020/3/██ SCP-XXX-JP-1に侵入されたDクラスが手紙を残し失踪しました。

俺はオーカー川に隠れることにする。今後現れる切り札は
むしろ敵だ。俺らが死にかねない敵の切り札だ。
あいつらに俺の逃げ先がばれないようにこの書類は燃やしてしまってくれ。

                        ただのジャック


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The surou's portal does not exist.


エラー: surouのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6470871 ( 26 May 2020 04:50 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License