kamanisi_8601-2--d080

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: SafeNeutralized

特別収容プロトコル:SCP-XXXX-JPの半径50m以内に民間人が侵入するのを防ぐ為、
SCP-XXXX-JP付近の土地・道路を財団のフロント企業私有地として隔離し、
警備員を最低3名配置してください。
また、毎月1日にはレベル3セキュリティクリアランスの職員を常駐させてください。
この職員はSCP-XXXX-JP-2の出現が確認され15分が経過次第SCP-XXXX-JP-2に
事情聴取をし、Aクラス記憶処理を行い解放してください。

説明: SCP-XXXX-JPは静岡県██市内の海岸に生えている松の防風林です。
20██年の大型台風の影響で付近の防風林はSCP-XXXX-JPを除き倒れました。
おそらくこの時からSCP-XXXX-JPに異常性が確認されるようになりました。
この松をSCP-XXXX-JP-1とします。
SCP-XXXX-JPは毎月1日、日本国内で極度の精神的苦痛を感じている者をランダムに1人選び、
SCP-XXXX-JPの付近に瞬間的に移動させます。
この人物をSCP-XXXX-JP-2とします。
SCP-XXXX-JP-2は一般的には混乱しながらもSCP-XXXX-JP-1に向かい歩き出し、
SCP-XXXX-JP-1の前で膝をつき泣き出します。
この時SCP-XXXX-JP-2付近のみにごく小規模な嵐が発生
SCP-XXXX-JP-1はこの雨風からSCP-XXXX-JP-2を守るように枝を伸ばし
SCP-XXXX-JP-2を包み込みます。
この際SCP-XXXX-JP-1にはいかなる物理的攻撃も効かなくなります。
この後5分後にSCP-XXXX-JP-1の枝は元の位置に戻り嵐も消滅します。
この時SCP-XXXX-JP-2も解放されますが、
精神的な苦痛は一切無くなっていることがわかっています。

SCP-XXXX-JP-2-1へのインタビュー記録
[閲覧不可][データ破損]
インタビューきrおきうgあetuらnでうまsennnnnnnn
hjcjhcwbsjgwbanatawadddaijyoubudesuuka

sabisii………さbいsい……さびしい…寂しかった
でもぼくよりかなしんでるひとたくさんいる
でもみんなさよならする時楽しそう
あなたは?あなたはどっち?

[データ復旧不可能]

補遺: SCP-XXXX-JPは20██/10/█に異常性を失いました
理由としてSCP-XXXX-JP-2-████が出現し、一般的な行動の後にSCP-XXXX-JP-2-████とともに雷に打たれ
消失しました。
この焼け跡からタイムカプセルと思われる箱が見つかりました。

回収されたタイムカプセル

・卒業証書 19██年の物
・将来の”誰か“に宛てた手紙
損傷が激しく一部しか読めないが読める部分を抜粋

この手紙を読んでいるのはだれなので[損傷]
僕はこの手紙をカプセルに入れて埋めたら[編集済み]しようと思います。
この海で……僕[損傷]
さようなら願わくば[損傷]

後の捜査でこの海で1人の少年が[編集済み]していたことがわかりました。
ご冥福をお祈りします。

あなたは?

ERROR

The kamanisi_8601's portal does not exist.


エラー: kamanisi_8601のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6459219 ( 19 May 2020 00:32 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License