Mikell Bright 設定

Horizonsから
http://scp-foundation-origins.wikidot.com/character:mikell-cowboy-d-argent

Basic Info:

基本情報:

Player: Bright
プレイヤー:ブライト

Position: Field Agent
職務:フィールドエージェント

Demeanor: Bon Vivant
態度:美食家

Nature: Visionary
生き様:先見者

Description: 42 years old. Wiry. Black hair peppered with grey, usually swept back in a pony tail that reaches the middle of his back. Bright green eyes. A large, hawk like nose. Wiry, well toned body, as fit as a man in his twenties. Tends to dress simply, jeans and a chambray button up shirt, with a nice thick brown duster, durable boots, and his trademark brown cowboy hat. He always has at least one gun holstered somewhere on him, usually more.
説明: 42歳。細身。黒髪に所々白髪が混じる。大抵髪を後ろに撫で付けて背中の中央に来るぐらいの長さのポニーテールにしている。鮮やかな緑色の瞳。大きな鷲鼻。細身で、よく引き締まった身体。20代と差し支えない。シンプルな装いの傾向がある。ジーンズとシャンブレーのボタンのシャツ。質が良く厚みのあるブラウンのダスターコート。丈夫なブーツ。そして彼のトレードマークであるブラウンのカウボーイハット。いつも少なくとも1つはどこかに銃を装備している。

Stats:

統計:

Health
健康
  • Physical Health: 7
  • Mental Health: 7
  • 身体の健康:7
  • 精神衛生:7
Basic Skills
基本スキル
  • Physical Defense: 3
  • Mental Defense: 3
  • Perception: 4
  • Agility: 4
  • Strength: 2
  • Persuasion: 2
  • Intimidation:2
  • Bluff: 2
  • 物理的防御:3
  • 精神的防御:3
  • 洞察力:4
  • 敏捷性:4
  • 体力:2
  • 説得力:2
  • 威嚇:2
  • ブラフ:2
Pseudo-Specialty Skills
模倣専門スキル
  • Melee:2
  • Ranged:6
  • Survival:2
  • Sneak:3
  • Academics:1
  • 乱闘:2
  • 射程:6
  • サバイバル:2
  • スニーク:3
  • 学業:1
Specialty Skills:
専門スキル:
  • Gun Fu: 6. Mikell lives, and breaths guns. Big guns, little guns, old guns new, guns, if it has a trigger and shoots bullets, Mikell can make it sit up, beg, and shoot around corners. It's his thing, really.
  • Unflinching: 3. Mikell stays remarkably calm in the face of danger, and stands his ground when others might run.
  • With Style: 3. If there's one thing Cowboy has, it's style, chutzpah, 'It.' If he's doing things, he's doing them to be noticed… but generally in a way that makes it look like it was easy.
  • ガン・フー:6 マイケルは生活の一部として、また呼吸をするように銃を使う。大きな銃でも、小さな銃でも、古い銃でも、新しい銃でも、それがトリガーを引き弾丸を撃つ仕組みなら、マイケルはそれを作ることに関心を持ち、せがんで、コーナーショットをする。これは彼の本質だ。
  • 不屈:3 マイケルは危険に直面しても非常に落ち着いていて、他の人々が混乱に陥っている時にも揺らぐ事はない。
  • スタイル:3 1つ、カウボーイが持っているものがあるとすれば、それは流儀だ。大胆不適さ「それ」である。彼は注目されるために振る舞うが…大抵容易にこなせるかのように見せかけている。

Possessions:

所持品:

List everything your character carries on their person here. Be reasonable.
キャラクターが持ち運ぶすべてのものをここにリストアップする。これらは理に適っているものだ。

  • Pearl Handled Sixshooters.
  • Sawn off shotgun
  • Two hold out derringers, one in a boot, one up his sleeve.
  • Bowie knife
  • Handcuffs
  • Spyglass
  • Cigarettes
  • Matches
  • full flask
  • Us marshalls badge
  • 真珠の銃把の六連発銃
  • 銃身の短いショットガン
  • 2つのデリンジャー銃。1つはブーツに、もう1つは袖に隠してある。
  • ボウイナイフ
  • 手錠
  • スパイグラス
  • 煙草
  • マッチ
  • 火薬入れ
  • Usマーシャルバッジ

And everything that they keep in their room at Site 19. Anything that's not listed here will be difficult for them to get a hold of.
サイト19の部屋に保管しているもの。ここに記載されていないものは、手に入れるのは難しい。

  • Sniper rifle
  • repair kit
  • gun cleaning kit
  • miscellaneous assorted other guns
  • letters from his brothers
  • Books on guns
  • Marmeluke officers sword
  • スナイパーライフル
  • リペアキット
  • 銃器洗浄キット
  • 様々な改造銃
  • 兄弟からの書簡
  • 銃に関する書籍
  • マルメルケ将校の剣

Personal History:

履歴:

Born in 1912, to a well off jewish family in germany, Mikell was introduced to gun at the age of six, and it was love at first sight. His father was a scientist, specializing in Esoteric Containment, his mother a nurse, who fled to America shortly after the end of World War I, t seek a more stable home for their family.
1912年、ドイツの裕福なユダヤ人家庭に生まれたマイケルは、6歳の時に銃に出会い、一目惚れした。父親は難解な収容を専門とする科学者で、母親は看護師であったが、第一次世界大戦の終戦直後、家族のために安定した家庭を求めてアメリカに亡命した。

Growing up the oldest of four, Mikell was the one his parents leaned on to keep his siblings in line. He did, and he did it well, but any spare time he had went into guns. Repairing, cleaning, fixing, reading about, testing on, trying to build his own… He was given a rifle for his tenth birthday, and, for his fifteenth, his grandfather gave him a pair of pearlhandled revolvers he still uses to this day.
4人きょうだいの長男として育ち、弟妹の面倒を見ていたマイケルは両親に頼りにされていた。彼は期待に応えそれをうまくやっていたが、暇な時間は銃に没頭していた。修理したり、清掃したり、改造したり、それについての本を読んだり、試し撃ちをしたり、自分で作ってみたり…10歳の誕生日にはライフルを、15歳の誕生日には祖父から真珠の装飾がついた銃把のリボルバーをプレゼントされ、今でも愛用している。

When he turned 18, Mikell refused to follow in his parents footsteps, and, instead of going to college, joined the United States Marine Corps. Over the years, he rose through the ranks. He had little use for anything outside his job, and guns. Although he believes that he has several children in various places he's been deployed, he refuses to acknowledge them.
18歳になったとき、マイケルは彼の両親の跡を継ぐこと拒否し、大学に通う代わりにアメリカの海兵隊に入隊した。年月を重ねるにつれ、彼は階級を上げていった。彼は仕事以外ではほとんど何も使わなかったし、銃も同じだった。配属された各地に数人の子供がいることを自覚しているが、認知することを拒否している。

Mikell eagerly threw himself into the conflict of World War 2, willing to take on all comers to help defeat the evils of his native land. At the end of the conflict, he was a captain, the highest rank he ever held. During the war, Mikell and his squad found themselves repeatedly working against things that could only be described as 'supernatural.' Hard work and perseverance, and Mikells sharp shooting, generally won the day, although he still has nightmare of being trapped in the caves with those horrible things, his friends cries echoing in his head.
マイケルは第二次世界大戦の紛争に熱心に身を投じ、祖国の悪を倒すためにあらゆる参戦志願者を受け入れることを厭わなかった。紛争の終わりには、彼は大尉となり、これまでで最高の地位に就いた。戦争中、マイケルと彼の分隊は「超常現象」としか言いようのないものとの戦いを繰り返していた。勤勉さと忍耐力、そしてマイケルの鋭い射撃が勝利をもたらしたが、彼は今でも洞窟の中で恐ろしいものと共に閉じ込められた悪夢を見ており、友人の叫び声が頭の中に響いている。

After World War 2, his actions brought him to the attention of the growing Foundation. Not knowing his father was already a member of the Overseer council, Mikell jumped on the chance to serve his country, and defend it from the things he'd seen. He's older, and a little worn down, but still eager. He knows he can make a difference.
第二次世界大戦後、彼の行動は成長途中の財団の注目を集めた。父親がすでに監督評議会のメンバーであることを知らなかったマイケルは、国に仕え彼が見た異常存在から守るチャンスに飛びついた。彼は年老いて少し擦り減っているが、まだ熱心だ。自分の力を発揮できることを知っている。

Miscellaneous:

その他:

Mikells younger brother Jakob has entered the service of the Foundation as a researcher, his youngest brother Timothy is showing signs of… oddness. And his sister Claire has started running around with some bad crowds.
マイケルの弟であるジェイコブ1は研究者として財団に入った。末の弟のティモシー2は…奇妙な兆候を見せている。妹のクレアは要注意団体に入り奔走している。

ERROR

The luzbrilliant's portal does not exist.


エラー: luzbrilliantのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6451996 ( 18 May 2020 01:51 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License