デイビッドと恋人の話

AdminBright氏tumbler
https://iamnotadamnedmonkey.tumblr.com/post/172609998366/david-mhmm-david-i-am
から

“David.”
「デイビッド」

“Mhmm?”
「うん…?」

“David!”
「デイビッド!」

“I am clearly sleeping Roger. Do you see my eyes closed?” David does not roll over. His boyfriend doesn't mind. David without his glasses is… spooky, despite the love.
「どう見ても寝てるだろ…ロジャー。目を閉じているのが見えないのか?」デイビッドは寝返りを打たないが、そのことでボーイフレンドが不愉快に感じることはない。サングラスをかけてないデイビッドは…不気味だった。愛しているにも関わらず。

“Mister Snuggles caught something.” Roger says, giving Davids arm a little shake.
「ミスタースナグルスが何かを捕まえたんだ」ロジャーはデイビッドの腕を少し揺らしながら言う。

“Well, let her eat it. She gets growly if you don't let her eat what she catches.” David rolls over, eyes closed tight, as he tries to snuggle the man mountain that love him, burying his face in that soft fluffy chest.
「ああ、食べさせてやれよ。自分で獲ったものを食べないと彼女は不機嫌になるから」デイビッドは目を閉じて寝返りを打ち、彼を愛する逞しい男にすり寄り、その柔らかな胸に顔を埋めた。

“It's wearing a hat, and swearing.”
「帽子を被って、悪態吐いてるぜ」

“Fuuuuu-” David is vertical and out of bed, damned near levitating. “Put him down Mister Snuggles, god damn it, put him, down, we do NOT eat our faerie friends…”
「ふー…」デイビッドは上体を起こしてベッドから這い出た。まだ意識は宙に浮いているような状態だ。「彼を離してやるんだ。ミスタースナグルス。あーくそ。彼を、離して、床に置け。フェアリーのお友達は食べものじゃない…」

Roger watches his naked beloved chase the long haird chupacabra around the apartment, and can't help but love his life.
ロジャーは、最愛の人が裸で長毛のチュパカブラをアパートの中で追いかけ回すのを見て、自分の人生を愛おしく思わずにはいられなかった。

(*not part of an actual story.No intention to continue. It lives only here, on tumblr.*)
(実際の物語の一部ではありませんし、続きを書くつもりもありません。tumbler上でのみの話です)

ERROR

The luzbrilliant's portal does not exist.


エラー: luzbrilliantのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6451996 ( 18 May 2020 01:51 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License