What Is Love?/愛とはなんぞや? 翻訳下書き

現在このページは批評中です。


rating: 0+x

“EVELYN!”
エヴリン!

Her head jerked up, the tentacle in her hands twitched of its own accord, and an inky substance squirted across the nearby wall, where it immediately burned a hole in the wood paneling. Evelyn Navon glared at the tiny Asian man who had interrupted her. Two of her hands pinned the tentacle back to the table, while a third raised her protective goggles from her eyes, to better project the force of her glare. “God damn it Clarence! How many times have I told you to knock? I am in the middle of a very delicate experiment.”
彼女はさっと顔を上げた。手の中の触手がひとりでに痙攣する。真っ黒な物質が近くの壁に向かって噴出し、即座に羽目板を燃やして穴を開けた。エヴリン・ナヴォンは、実験の邪魔をした小柄なアジア人の男を睨みつける。彼女の手のうちの2つは触手をテーブルに固定する。その間に3つ目の手で実験用ゴーグルを上げ、怒りを孕んだ眼差しをより鮮烈に彼に向けた。「いい加減になさいクラレンス! 何度ノックしろと言ったらわかるのかしら? 私はとてもデリケートな実験の真っ最中なのよ」

Clarence Prometheus didn’t pay a whit of attention to her glare, or the anger in her words. Instead, he inspected the paneling where it was melted, a smile on his face. “Ach lass, it looks like you’ve finally got the mixture right!” The thick Scottish burr that emanated from the tiny wrinkled Asian features was generally a shock to anyone who hadn’t met Dr. Prometheus before. Many an intern had dug into his past, in hopes of explaining it, but these people were rarely heard from again. The good doctor liked his secrets. “And I knocked. Repeatedly. Then I opened the door. Slowly. Called your name, musta been a half a dozen times. You were lost in your own little world, aye?” He eyed her carefully, prepared for an explosion. She was his best scientist, and his most erratic.
クラレンス・プロメテウスは、彼女の眼差しや言葉に込められた怒りを気にする素振りは一切ない。代わりに彼は微笑みを浮かべながら溶解した羽目板を観察した。「なんと、素晴らしい、ついに溶解液の分泌に成功したようだね!」小皺の目立つアジア人の顔立ちから発せられる酷いスコットランド訛りは、大抵プロメテウス博士に初めて会った人々に対して衝撃を与えた。多くの研修医が彼が話してくれることを期待して過去を掘り下げようとしたが、そんな人間たちの話を再び聞くことはまずなかった。優秀な博士は秘密が好きだったのだ。「僕はノックしたさ。何度もね。それからゆっくりとドアを開けたんだ。そのあと貴女の名前を呼んだ。6回は繰り返したかな。貴女は目の前に広がる小さな世界に没頭していただろう?」彼女を注意深く観察し、爆発に備えていた。彼女は彼にとって最高の科学者であり、また最も不安定な存在でもある。

Evelyn carefully pinned the writhing tentacle to the table with strong metal clamps, and even more carefully lowered a glass sphere over the end with the acid squirter. She took a moment to make sure that it was still comfortably attached to the complicated machine that kept it alive, and then turned her full attention to her technical superior. Mentally, the term made her snort. She was far more intelligent than he was; just because it was his company didn’t make him superior in anything but name. “I may be a little distracted. But if you want the Eight of Spades rolled out in time for the new year, I have to be focused.”
エヴリンは蠢く触手を頑丈な金属クランプでテーブルに慎重に固定し、ガラス球を酸の噴出装置と共に更に注意深く落としていった。実験体を生きた状態に保つ複雑な装置が正確に取り付けられていることを確認したのち、技術的な上司に対して強く意識を向ける。その言葉は彼女を苛立たせた。彼女は彼よりも遥かに多くの知識を有する人間であったのだ。ここは彼の会社ではあったが、社名を掲げているという点以外で彼が勝っているものはなかった。「少し取り乱したかもしれないわね。でも、スペードのエイトを新年までに間に合わせたいのでしょう。集中しなきゃいけないわ」

“A little focused, aye. A wee bit even. But I’ve never seen you so deep in your work.” He absently touched the tablet in his hand, and his eyes roved over numbers he had already memorized. “In the past month, you’ve finished the Ace of Hearts, the Two of Clubs, and all four Fives, with hardly a break in between. And you’re not spending any time with the children after you breed them, like normal. I think the Fives are going to have some definite Oedipus complexes. And,” as he laid one finger aside of his nose, and tapped it lightly, “don’t think I haven’t noticed you’ve been all fired up since ye got that wee message from the Hand. Something happened at that meet up, didn’t it?”
「ちょっとの集中は必要だろうさ。ほんの少しは、ね。だけど、貴女がこんなに仕事に没頭しているのを見たのは初めてだよ」彼は持っていたタブレットにぼんやりと手を触れた。視線は既に暗記済みの数字の羅列の中を彷徨っている。「この1ヶ月間のうち、矢継ぎ早にハートのエース、クラブのツー、そして4つすべてのファイブを終了したよね。そんでもって、通常通りに繁殖させたあとの子供たちと過ごす時間を持てていない。僕はファイブはある種限定的なエディプスコンプレックスを患っているんじゃないかと思ってる。それと」彼は鼻の脇に指を1本置いて、軽く叩いている。「蛇の手からのメッセージを受け取ったあとに貴女の気が昂っていたこと、僕が気づかないとでも思った? 会議で何かが起こった、そうだろう?」

Without thinking about it, Dr. Navon's eyes drifted to a box very carefully secured on a shelf above her desk. A couple of her eyes teared up, and were quickly wiped away by a slim tendril designed for such delicate work. “I’m sorry, Doctor- Clarence. It’s very… personal.”
ナヴォン博士の視線は、デスクに置かれた棚の中に厳重に保管された箱の方へと無意識のうちに彷徨っていた。彼女に存在するうちのいくつかの瞳は涙を湛えたが、繊細な仕事のために設計された細い蔓によってすぐにぬぐい取られた。「ごめんなさい、ドクター  クラレンス。それはとても……個人的なことなの」

“But hasn’t all your work for me been personal?” He hopped up on one of her empty medical carts, his tiny legs kicked as he got himself comfortable. “I might even exposit, that’s one of the reasons you came to work for me in the first place, innit?  Because I could offer you resources you couldn’t get anywhere else.”
「でもさ、そもそも貴女が僕のためにやっている研究は全部個人的なものじゃなかった?」彼は彼女の空の医療カートに飛び乗り、子供のように小さな脚をばたつかせて座っている。「それが僕の下で働くようになった第1の理由だとさえ言えるだろ? 僕なら、他では手に入らないような情報を貴女に提供できたから」

“They were so stupid.” She hissed, as a forked tongue flickered between her lips, her eyes locked in the far distant past. “I could have worked miracles with what they chose to contain. I could’ve saved my children, fixed them.” Her hands gripped the metal table in front of her, and bent the edge without conscious thought.
「彼らはとても愚かだったわ」彼女はヘビの威嚇の音を立てる。二股に分かれた舌が唇の間を揺らめいている。瞳は遠い過去を見つめていた。「私なら、彼らが収容という道を選んだものたちに奇跡を起こすことができたかもしれないの。子供たちを救うことができたかもしれないし、直すこともできたかもしれない」彼女の手は目の前の金属製のテーブルを握り、無自覚に縁を曲げた。

The wee Scot egged her on; he wanted her to keep talking, wanted to hear the full story. “Given them a life better than the box your husband thought they deserved. It musta hurt, losing two children to your Foundation, in the same day.”
小柄なスコットランド人は彼女を煽り立てる。話を続けてほしかった。物語の全容を聞きたがっていたのだ。「貴女のご主人が相応だと考えていた“箱”に監禁するよりもマシな人生を、貴女は彼らに与えてあげられた筈だ。財団なんかのために2人の子供を同じ日に失ったのは、辛いことだったろう」

“We tried to stop them.” She repeated it to herself, by now so deep in thought that her boss was little more than another voice in her head. “We tried to stop them. We both rose through the ranks. Sought power we’d avoided before. He tried, damn it! He loved those kids, just like I did.”
「私たちは彼らを止めようとしたわ」彼女はその言葉を自分自身に向けて繰り返した。今では深い物思いに沈んでおり、上司の存在は頭の片隅に響く音声に過ぎないものとなっていた。「私たちは止めようとした。共に実力で出世したわ。以前までは避けていたような力をも手に入れようとした。彼はあんなにも努力をしていたのに! ……子供たちを愛していたの。私と同じようにね」

“But trying isn’t enough.” The impish little inventor smiled to himself, but his tone sounded contrite and caring.
「でも、努力だけじゃ十分とは言えない」悪戯で小さな発明家はひとりほくそ笑んでいたが、彼の声色には自責の念と思いやりとが含まれていた。

“No. I told him that. If we couldn’t free our kids, even with the power of an Overseer? Then the system didn’t work. It couldn’t work! And then, to add insult to injury, my sweet beautiful James…” She sobbed and her entire body quivered, in memory of her anger.
「いいえ。私は彼に言ったわ。監督官の力を持ってしてさえ、子供たちを解放することができなかったとしたら? その時システムは機能しなかった。できなかったのよ! それに輪をかけて最悪の事態に陥った。私の可愛い、才智に溢れていたジェームズ1すら……」憤怒の記憶の中、彼女は嗚咽し、全身が震えた。

“So what did you do?” He whispered, and hoped against hope that maybe, this time, she’d tell him why she ran to him in the first place.
「それじゃあ、貴女は何をしたのさ?」彼は囁いた。もしかしたら今回こそ、彼女が1番最初に自分の下に身を寄せた理由を話してくれるかもしれないと儚い望みを抱いていた。

“I experimented.” Her voice was raw with emotion, as she started into that distant time, the memories fresh before her eyes.  “I was a nurse, back in the days, before this all started. Worked closely with my husband. When we went from being mercenaries to federally funded, I kept on in that vein. Medicine, with a specialty in bizarre humanoid mutations. Got into biology. DNA splicing. Thanks to things we’d discovered along the way, our knowledge was light years ahead of the time. And when you have things that can literally glue flesh together, or combine man with machine, you don’t actually need much extra.” She paused, not because of anything her boss had done, but just to let the old memories flood her mind.
「実験をしていたのよ」彼女の声は感情を剥き出しにしている。遠い昔の記憶が、鮮明に目の前に蘇っていた。「私は看護師だった。ずっと昔、すべてが始まる前までは。夫とは親しく働いていたわ。傭兵から連邦政府の資金援助を受けるようになった時も、私はその役職を続けていた。医療と、奇妙な突然変異型ヒューマノイドを専門としてね。そして生物学の領域にも踏み込んだ。DNAを繋ぎ合わせるようなものよ。その実験の最中に発見したもののお陰で、私たちの知識はその当時の遥か先を行くものにまで成長した。文字通り肉体同士を接着した時や、人間と機械とを融合させた時には、必要最低限のもので成功させることができたわ」話を区切る。上司から促されたからではない。ただ古い記憶が彼女の心の中に溢れ返ったからだ。

“So I fiddled. Mixed a little of this, a little of that. Built something, to show them what I could do, to prove that I could fix my children, make James himself again, make little Thomas normal, make Sarah…” She screamed suddenly, a raw, emotional sound, her head raised to the heavens. A second mouth opened, and a third, each of them adding tone and tenor to her scream, which caused the bottles on their shelves to shake, and the severed tentacle twitched in sympathy. She spoke again, all three mouths burbling up with words. “I showed them. It was beautiful, my first artificial baby. Used a disposable to conceive it, which was a mistake I’d never make again. I showed the Council my beautiful baby boy and they, they called me a monster.  Said I was perverting their noble goal.  That the Foundation existed to contain monsters, not create them. I… May have gotten a little mad. Called them all a bunch of sanctimonious pricks. They tried to order me to kill my child, tried to get Adam to rein me in. Like my husband could control me.”
「私は調整を続けた。ある物とある物を少しずつ混ぜ合わせるの。そうして“なにか”を作り続けたわ。私の技術を示すため、子供たちを直せることを証明するために。ジェームズ彼自身をもう1度取り戻して、幼いトーマス2を歳相応にして、そしてサラ3を……」彼女は突然叫び声をあげた。感情を剥き出しに、天を振り仰いだ。第2、第3の口が開く。それぞれの口が彼女の悲鳴に抑揚と低音とを加える。棚の上の瓶が振動し、切断された触手が共鳴し痙攣した。彼女は再び言葉を口にする。3つの口すべてが言葉を溢れさせていた。「私は彼らに示した。それはとっても素敵な、私が初めて完成させた人造の赤ちゃん。使い捨てのものを使って提案してしまったのは、2度としないような過ちだったけれど。評議会に可愛い男の子を見て欲しかったのに、彼らは、彼らは私を怪物と呼んだのよ。我々の崇高な目的から逸脱していると言った。財団は怪物を収容するために存在しているのであり、作るためにある組織ではないのだと。私は……淑女としては相応しくなかったかもしれないわね。ここにいる人間は全員、聖人ぶった馬鹿な連中ばかりだと口をついていた。彼らは私に子供を殺せと命令し、アダムに私を制御させようとした。夫が私をコントロールできると思いこんでいるようだったわ」

She took a deep breath, steadied herself, her non primary mouths faded back in to look like just another wrinkle in her skin. Her body inflated slightly, but noticeably, each time she breathed, like a set of bagpipes. “So I turned loose that first, unnamed, created child of mine. Right there in the council chamber, I told him to kill them all. The look on Six’s face as my little darling popped his head off like a daisy, that was bliss. I didn’t stick around to enjoy it. I ran, hard and fast. Adam, poor dear, stepped in my way, his pretty little guns drawn. I knew he wouldn’t fire. Didn’t stop one of the bodyguards from winging me as I left that life behind me.“
彼女は深く呼吸をし、自身の興奮を抑え込む。使う必要のない複数の口は閉じられ、肌の皺の中に馴染んで目立たなくなっていった。体はわずかに膨張している。彼女が呼吸するたびに、まるでバグパイプように伸縮した。「だからその1番最初の、まだ名前のない私の子供を解き放ったの。評議会の議場で、私は子供に彼らを皆殺しにするように言った。シックスの顔を見た私の可愛い子供は、もう大人になったみたいな手捌きで、彼の頭を吹き飛ばした。それはあの子にとって至福の出来事だったようね。私は愉悦のためにここにいるわけではなかった。議場から逃げ出したわ。懸命に、とにかく速く。アダムは、……可哀想な人。私の前に立ち塞がった。あんなにちっぽけな銃を抜いてね。引き金を引くつもりがないことはわかっていたけれど。私が過去の信頼を置き去りにしていた最中にも、ボディーガードの1人が私を尾行するのを止めなかった」

“And you came to me, named your first project after the son you hoped to fix.” Prometheus said. “I always wondered.” His eyes searched her face, a little overawed by the information he’d received. “Why me?”
「そのあと、僕のところにやってきた。最初のプロジェクトの名前を、貴女が直したいと思っていた息子の名前にちなんでつけたんだよね」プロメテウスは言った。「いつも不思議に思っていたんだけど」彼の瞳は彼女の顔を探っていた。受け取った情報に少し気圧される。「どうして僕なのさ?」

“You were the only one who made sense.” She said with a shrug. “The guys behind the Wondertainment brand are a bunch of looney tunes, and MCD would have tried to sell my babies to the highest bidder. You, well, even then I knew you were different. Not driven by a desire to sell, but just by the sheer joy of creation. And look at what I’ve created!” She took another deep breath, and stretched… and kept on stretching; her body unfolded, and rose out of itself like one of these firework snakes.
「私の理想と合致していたのが、貴方だけだったからよ」彼女は肩をすくめて言った。「ワンダーテインメントブランドを支持するような連中は決まって狂人ばかりだわ。MCDは私の赤ちゃんを最高入札者に売り捌こうとするでしょうし。貴方は、そうね、貴方は他とは違うことがわかったのよ。金銭への執着なんかじゃない、純粋な創造の喜びにだけ突き動かされている人なんだって。きっと、私の作ったものも受け入れてくださるって!」彼女はまた深く息を吸い込み、体を引き伸ばし……引き伸ばし続けた。体は広がり、蛇玉の燃えかすように彼女自身の内側から隆起し続けている。

“I couldn’t give my babies any adjustments that I wouldn’t take myself!” Three sets of great wings popped loose with a sound like thunder. A great, cavernous maw opened in her belly, lined with sharp little teeth. A thick, lewd tongue licked those slimy lips. “My natural children taken from me, I would become a monster myself, and mother to monsters!” Limbs of every shape and nature lashed out, and struggled with each other as she roared the words.
「自分の体ですら耐えられないような実験を、赤ちゃんに行うわけにはいかなかったわ!」3対の巨大で強靭な翼が、雷のような音を立てて展開した。巨大で、どこまでも空洞の広がる口が腹部に開き、その中には鋭く小さな歯が並んでいる。厚く卑猥な舌がぬらぬらと唇を舐めていた。「私の産んだ子供たちを奪おうとするのなら、私は自身を怪物とし、怪物の母となるでしょう!」 様々な形や種類を持つ手足たちが攻撃的に蠢いている。彼女が言葉を唸らせると、互いに苦悶しもがいていた。

The littlest titan couldn’t help but applaud at her awe inspiring form. “Oh, but you are beautiful in your rage, my Evelyn, my Echidna!” He hopped to his feet to dance a little jig. “Best decision of my life, to take you in.”
1番小さな巨人は、彼女の畏敬の念を掻き立てるような姿に称賛を送らずにはいられなかった。「ああ、だが貴女は怒りの中でも美しい。僕のエヴリン、僕のエキドナ!」彼の足は飛び跳ね、浮き立つようにジグを踊った。「貴女を受け入れたことは、人生で最高の決断だったね」

She paused, looked down at him, and began to shrink back into herself. “You don’t regret it, do you, my love?” One dainty human hand reached out of the mass of tentacles, hooks, scales and spikes to take his hand. She might not always show him affection, but it was always there, under the snark.  “They came after you, because of me. They damn near ruined you, because you had kept me safe.”
ふと彼女は立ち止まり、彼を見下ろした。体が縮み始める。「後悔はしていないのでしょうけれど、貴方は、本当に私が煩わしくはないのかしら?」大量の触手、鉤、鱗、棘が蠢く中から、可憐なヒトの手が1本伸びて彼の手を取った。彼女はいつも彼に愛情を示しているわけではないかもしれないが、皮肉な台詞の中には確かに愛が込められていた。「私を捕らえるために、彼らは貴方までをも標的にした。私を匿ったせいで、破滅の寸前まで追い込まれてしまったわ」

“I’d do it again in a heartbeat!” He grasped her hand, and gazed up at her terrible form with nothing but love, and admiration. The woman–thing had his heart… in a small jar on her desk. It looked so much better there, and she had given him a new one. “You have always been the best thing that ever happened to me. Without you, I would be a lonely man, not to mention broke. With you, I am fulfilled, and I have an army to help me!” His free hand reached out to stroke a hide like grey leather, and he smiled. “And now I’ve broken you out of your shell, maybe you will tell me what’s really troubling you?”
「とんでもない!」彼は彼女の手を握り、その恐ろしい姿を純粋な愛と称賛の感情で見上げた。その女性は、彼の心臓を手にしている……デスクの上の小さな瓶の中に仕舞われていた。その方が断然良い現状を保てるように思われたし、彼女は彼に新しい心臓を贈っていたのだ。「貴女は僕の人生の中で最高の存在なんだ。貴女がいなければ、僕は独りぼっちになっていただろうし、一文無しになるのだって時間の問題だろう。貴女がいてくれれば、僕は満たされる。貴女という存在は、僕にとって軍隊を持つような心強い手助けになるんだ!」彼は空いた手を灰色のなめし革のような皮膚を撫でるために手を伸ばし、微笑んだ。「そして今ここで、僕は貴女の殻を破ったんだ。貴女が負った酷い心の傷を、僕に教えてはくれないかい?」

“Oh. Oh Clarence.” She sobbed, as she deflated once more into the shape of a woman. Her limbs embraced him, tendrils and regular looking arms both, and drew him up to her. She held on to him tight, as if he were a favorite teddy bear. She sobbed into his shoulder, and cried for the first time since her family reunion. “My daughter. My poor, sweet, innocent Claire. She’s.” Her voice hitched, unable to let it out.
「ああ、ああ、クラレンス」彼女は涙を流した。再び女性の形に縮んでいった。手足  蔓と、通常の腕のように見えるものたち  は彼を抱き締め、引き寄せた。彼女はまるで彼がお気に入りのテディベアであるかのように、しっかりと抱きかかえていた。肩の上ですすり泣く。家族の再会以来、初めて見せた涙だった。「私の娘。私の可哀想な、愛しい、罪の無いクレア。彼女はとっくに……」声は詰まり、吐き出すことはできなかった。

“Shh, shh, it’s okay my dear.” His own stubby arms wrapped tight around her, as he comforted her as best he could. “You knew she was getting old, even with the body transplant. She lived a long, full life, one made happier because of what you could do for her.” One hand stroked her hair, calming her.
「よしよし、泣かないで、大丈夫だから、な」ずんぐりした腕が彼女をしっかりと包み込んだ。彼は全身で彼女を慰めた。「体を移植してからも、彼女が歳を取っているのは知っていたはずだろう。彼女は長く、充実した人生を送ったんだ。貴女が彼女のためにできることがあったからこそ、ずっと幸せな人生を送れたんだよ」手が彼女の髪を撫で、落ち着かせた。

“A parent shouldn’t have to outlive their child, again.” She sobbed.
「親は子供より長生きするべきではないのよ」彼女は咽び泣いた。

“But you have so many more. You know she wouldn’t want you to be sad. She’d just want you to strike a blow in her name.” He gave her cheek a loving stroke, and kissed her lips.
「でも、貴女には他にも沢山の子供がいる。彼女は貴女に悲しんでほしくないんだ。彼女の名の下に、戦い続けてほしいだけなんだろう」彼は彼女の頬を愛おしげに撫で、唇を重ねた。

“You’re right. You’re right.” Reformed now, into a shape that, for the most part, had only two arms, and two legs. Her body and mind once more in alignment, now that she had vented her rage. “You always know the right words to say, don’t you?” She kissed him back, softly, and lovingly.
「そうね。貴方の言う通りかもしれない」彼女は今、2本の腕と2本の足だけに縮小された姿に立ち直っていた。怒りを爆発させた心と体は、再び平然としたものとなる。「貴方はいつも私が欲しい言葉をくれるわね?」彼女は彼に優しく愛情を込めて口づけを返した。

“Course I do. That’s why I’m the boss.” He gave her a cheeky grin, as she let him down to the floor. One hand rested on her hip, and he couldn’t help but leer up at her.
「そりゃそうさ。だから僕がボスなんだ」彼女が床に降ろすと、彼は生意気な笑みを浮かべた。衝動のままに彼女の腰に手を回し、瞳を細めて見上げた。

She snorted, as she gazed fondly down at the little man. “You’re a cheeky little bugger. Whatever could be on your mind?” Her own eyes lit from within with her love for this man.
彼女はその小さな男を愛情を込めた視線で見下ろしながら鼻を鳴らした。「生意気で嫌な坊やね。一体何を考えているのかしら?」彼女の瞳は、この男への愛によって内側から輝いていた。

“Let’s go make some monsters, m’dear.”
「怪物を作ろう、僕の愛しい人」

ERROR

The luzbrilliant's portal does not exist.


エラー: luzbrilliantのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6451996 ( 18 May 2020 01:51 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License