トム少佐/Major Tom

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x

1

In the rolling hills of Nebraska, among barbed wire and thistle, the approaching moon watches a young boy on horseback wander through irrigation ditches flooded with water from rusting iron pipes and sweeping swathes of prairie grass. His young brother- unaccustomed to horseback riding and insecure of the dark that surrounds them, the cows, everything unilluminated by his brother’s headlamp- finds himself clutching the back of the older’s shirt silently, not willing to admit defeat but willing to admit the obvious:
ネブラスカの丘陵地帯。有刺鉄線とアザミの花の中で馬の背に乗っている若い少年が、水で錆びついた鉄パイプと一面に列を成した大草原の灌漑用水路の中を彷徨っている光景を大きく近づいた月が傍観していた。次男は乗馬に不慣れで、牛と、兄のヘッドランプに照らされていない周囲を取り囲む暗闇すべてを不安に感じ、兄のシャツを静かに掴んでいた。敗北を認めるつもりはないが、それが明白なことは認めても構わなかった。

“We’re lost.” The words squeak out in a prepubescent squeal. He’s dark haired, with light olive skin- he is no outdoorsmen by any stretch- and is clearly focused on the dreary situation, intelligent eyes flickering in LED light and cloudy moon glow.
「僕たち、迷子になっちゃったんだ」声は思春期を迎える前の甲高い音で響く。暗い髪色に映える明るいオリーブの肌  その点で彼がアウトドア好きと他人から間違われることはなかったし  彼は憂鬱とした雰囲気に支配されていた。LEDライトの光と薄月の輝きが、知性の宿る瞳に揺らめいている。

The older is clearly more used to the saddle. He grips the reigns tightly, moves quickly. A good decision maker, but not an inherent problem solver, the red headed boy in cowboy boots and a farmer’s tan presses forward in a random, unchosen direction. The property is new to him in many ways, large and all encompassing in all he has ever desired in his short life, but he’s young, a child of the prairie, and prone to mistakes. He stays silent. Stubbornness runs in the family.
長男が鞍に慣れているのは明白だ。手綱をしっかりと掴み、素早く動く。優れた意思決定者ではあるが本質的な問題解決能力に欠けた、カウボーイブーツを履いた日焼け痕の残る赤毛の青年は、無作為に前方に進み続ける。この場所は彼にとって様々な意味で新しいもので、短い生涯でこれまで望んできたすべてを網羅した広大な土地だった。しかし彼は若く、大草原に生きる子供であり、とかく過ちを犯しがちだ。彼は黙っている。頑固さは家族に遺伝していた。

“We are lost, aren’t we?”
「迷子なんだろ?」

“No, I know exactly where we are.”
「違う。ちゃんと帰り道を進んでる」

“No you don’t.”
「そんなの嘘だ」

“Yes I do.”
「本当さ」

The younger directs his gaze towards the grass. It’s a long way down. He knows he could make it if he fell, but isn’t about to try falling off a horse. Despite his aversion, he clutches his older brother a little tighter, trusting in his confidence.
次男は草地の方向をじっと見つめている。長い下り坂。彼は身を投げ出せばそれを引き起こすことができると知っているが、馬から落ちようとはしない。自身の反抗心に抗い兄に少しだけ強くしがみつき、その確信を信じていた。

They stay silent in his manner for a while, the older directing the horse over hills and through trees. It’s not until the moon is full over their heads and the crickets are in full song that the younger breaks from his usual contemplative trance to speak.
しばらくの間、兄のやり方に黙っている。長男は馬を丘や木々のあちこちに向ける。月が彼らの頭上に満ちていて、コオロギは声を張り上げて鳴いている。次男は会話をするために、これまでの瞑想的で夢現とした感覚を断ち切った。

“Do you think mom had her baby yet?” Although this was the most interesting event taking place in the duo’s plain, in-elaborate lives, there are mixed feelings in the younger’s voice. A sister. The three of them- the youngest left with Jamie, the ranch owner, at the farmhouse- were overall neutral to this announcement. ①Three was enough. Three was a lot. Three was having to share a room and waking up with someone crawling on you and playing with your stuff. Four, however, was another story, as they had discussed in late night conversations over the past nine months. Four, and you’re halfway to your own soccer team. And a girl, too.
「もう母さんは妹を産んだのかな?」これは、2人の複雑で平凡な生活の中で起こっているうち、1番に興味深い出来事だった。次男の声にはさまざまな感情が入り混じっている。妹。彼ら3人は  三男は牧場の主人であるジェイミーの家に置いてきた  この発表に対して全体的に中立だった。①3人で十分だ。多くすらあった。3人は部屋を共有している。誰かが目覚めれば寝床からのろのろと這い出て、おもちゃで遊ぶだろう。しかし、4人目。過去9ヶ月間の深夜の会話で議論し合った4人目については、別問題だった。 4人になるということ。それは自らサッカーチームを作ろうとしている途中のようなものだ。それがたとえ少女であろうとも。

To prepare for a sister, the three pooled their knowledge of what girls liked. Dolls. Pink things. The oldest had a girl in his class that liked guns, so they added that to the list, just to be safe. They had mutually decided that dolls and pink things were not something they were into, but guns were pretty cool, so maybe it wouldn’t be so bad, after all. They debated whether the new baby would be allowed in their fort, which yielded that it was too soon to see where loyalties lie and the vote would have to be postponed to a later date. They considered, briefly, where the baby would sleep, to which they decided that it would be in their parent’s bedroom for now, or it would just sleep with the youngest in his bed. As it neared that date, and their parents became more excited about the new arrival, the three shrank away to some extent, experiencing a strange form of melancholy that occurred with the prospect of sharing their lives with a complete stranger.
妹に準備するために、3人は女の子が好きなものに関する知識を集めた。人形。ピンク色のもの。長男の同級生に銃が好きな少女がいたので、念のためにそれもリストに追加した。人形とピンク色のものについては、彼らは関わらないものだとお互いに決めていたが、銃に関してはとても格好良く思われた。どの道3人にとって話し合いはそれほど悪いことではなかったのかもしれない。彼らは新しくできる妹が自分たちの砦に入ることを許可されるのかという点について議論したが、忠誠心があるのかどうかを知るには早すぎると判断し、投票は後日に延期しなければならなかった。代わりに妹が眠る場所を手短に考えた。今のところの選択肢は親の寝室で眠るか、三男のベッドで眠るかだ。その日に近づき、両親は新しい命の誕生にいよいよ感情を抑えきれずにいた。3人は多少尻込みし、完全に見知らぬ人間と人生を分かち合う見通しを立てたことにより起きた奇妙な憂鬱の形を経験する。

And now the night was here.
そして今、夜の帳が下りた。

Their mother had arranged for the three of them to spend the night at Jamie’s ranch, which the older frequently worked at. The younger- not accustomed to the outdoors and less accustomed to farm work he knew would follow- was less excited at this proposal, but decided to tag along with his brother to heard the cows in on horseback as an alternative to playing Monopoly with Jamie and the youngest. Although the dark haired boy was unfamiliar with manual labor, he would rather work than die of boredom.
母親は3人がジェイミーの牧場で夜を過ごすよう手配した。長男はそこでよく働いていた。次男は  田舎にも野良仕事にも不慣れで、付き従わなければならないことを知っていたため  この提案にはあまり乗り気ではなかったが、ジェイミーと三男と共にモノポリーをする代わりに、馬で牛を追い立てる仕事があるのを聞き、共に付き添うことに決めた。暗い髪色の少年は肉体労働には不慣れだったが、退屈で死ぬよりかはマシだと思っていた。

And here they were, lost, at night. It was an understatement to call the current middle child bitter.
そして彼らはここにいる。夜道に迷っていた。現状の次男の感情を“苦々しい”とばかり一様に呼ぶのはあまり相応しくない。

“I don’t know.” Scoffed the oldest. “What did mom tell you?”
「知ったことじゃない」長男は嘲るように言った。 「じゃあ、母さんはお前に何を伝えたのさ?」

“Ten.” He replied. “Do you know what time it is?”
「電話番号」彼は答えた。「今は何時?」

“How the hell would I know that?”
「んなことわかるかよ」

The middle child shrugged. Usually, the older knew things like that, like how to tell the time with the sun. The horse trekked over another hill, out of the small grove of trees they had traversed.
次男は肩をすくめた。事実として、長男はそれを知っていた。太陽が照る方向を見て時間を知ることができたのだ。馬は横断していた小さな木立から離れて、別の丘の上を旅していく。

Suddenly, the older pulled back on the reigns, and the horse stopped abruptly.
不意に長男が手綱を引く。馬も共に静止した。

“Jack.” Mumbled the older. “Look at this.”
「ジャック」長男はぼそりと呟いた。「見ろ」

The younger boy sat up tall, gripping onto his brother for support, and peered over the older’s left shoulder.
次男は高い場所に座り、援助を得て手綱を握ることで兄の左肩から覗きこんだ。

Moonlight poured over the expanse in front of them, mixing with the sickening artificial light strapped to his older brother’s forehead. Grazing in the dark, grass swishing softly on their ankles, stood the herd of cows they had been sent out to herd in. They stood, head to tail, in a singular ring that stretched out of the beam of the headlamp into indistinct dark shapes spreading over half a mile; silent, strange, a herd of 65 in a pristine circular line. No crickets chirped. No frogs sang.
月光が彼らの目の前に溢れだし、兄の額に結びつけられた不快な人工光と混ざりあった。暗闇の中の牧草は、彼らの足首をそっと撫でていく。降り立つ牛の群れが放たれた音を聞いた。群れは頭から尾の先まで、ヘッドランプの光線から半マイルに渡って広がる不明瞭な形の奇妙な暗い輪の中に立っていた。静かで、不可思議な、自然が作り上げた65個の輪状線を見た。コオロギは鳴かない。カエルは歌わなかった。

Jack takes in breath, and many miles away in a back country hospital, Claire breathes for the first time, too.
ジャックは息を呑んだ。時刻を同じにして、数百マイル離れた郊外の病院でクレアは初めて呼吸をしたのだ。


2

It takes the wound a moment to bleed.
傷口から、瞬く間に血が流れ出す。

There’s a moment, as Jack Bright looks out onto the front lawn from behind the dining room table, that everything remains in suspense. Mikell on the pavement, ladder on the roof still. TJ moves his head towards the outside and the world works in slow motion in response to the sound of bone cracking on cement. The body settles. The sun shines.
ジャック・ブライトがダイニングルームのテーブルの後ろから正面の芝生を見渡す瞬間がある。舗道の上にマイケルが。梯子はまだ屋根の上に。TJは外に駆け出す。世界はセメントが砕けた音に呼応してスローモーションで動いていた。体が横たわる。太陽が輝いている。

Mikell on the pavement.
舗道の上に、兄が。

Jack jumps up, but TJ is already on the porch, calling for him halfway outside, old wooden door closing with a thwack. Mikell is still, sleeping, the blood starts coming and fills in the little rivets in the pavement, covers the little rocks and stones like water in a stream with the sun glinting and the summer heat and TJ’s red hair shimmering, freckles shining, Mikell on the pavement. The old screen door slams and TJ grabs Mikell’s arm and screams.
ジャックは飛び起きたが、TJはすでに玄関にいた。彼を外へと呼びつける半ばに古い木製のドアをぴしゃりと閉じる。マイケルはまだ、眠っている。流れはじめた鮮血が、舗道にはめこまれた小さな釘の窪みを満たす。小粒の岩や小石を覆う煌めく水流のように、TJの赤毛が揺らめき、そばかすが際立って見えた。マイケルは舗道に。古い網戸を乱暴に閉め、TJがマイケルの腕と呻き声を掴んだ。

It takes the wound a moment to bleed.
傷口から、瞬く間に血が流れ出す。

There’s a moment, as Jack Bright, 17, looks out onto the front lawn in front of him, that everything remains in suspense. Mikell on the pavement, ladder on the roof still. TJ moves his head towards the grass, recoiling in pain and confusion.
17歳のジャック・ブライトが彼の目の前の庭の芝生を見渡す瞬間がある。すべてがサスペンスのまま静止している。マイケルは舗道の上に、梯子はまだ屋根の上に。TJは芝生に向かって歩みを進める。痛みと混乱に萎縮していた。

The early spring sun beats down on the pavement, and strikes the dark blood matting itself in orange hair and soft brown freckles.
早春の日差しは舗道に降り注ぎ、オレンジの髪と薄茶色のそばかすに滲んだ黒ずんだ血の絨毯にも平等に射し込んでいる。

②Mikell coming around, face an expression of grogginess, then confusion, then alarm. TJ’s blood makes the grass sticky, staggering, falling into the grass. The clouds drift by in a slow, cotton ball haze through a sea of pristine blue, and youngest bright son lays still, still, still as the world as he feels his brother’s pain.
マイケルはそばに駆け寄り、困惑を顔に浮かべ、混乱し、動揺していた。TJの血が芝生をべたつかせ、よろめいて、地面へと注ぎこんだ。雲はゆっくりと流れ、海本来の青の中に揺らぐ綿玉は霞み、最も若い聡明brightな息子は横たわっており、まだ、まだ。兄の痛みを感じながら世界の中にいる。


3

“This phone number has been disconnected.” Standing in the hospital phone booth, Jack fumbles in his pocket for the crumpled piece of paper, glanced around to see if anyone was watching, and punched in the code.
「この電話番号は切断されています」病院の電話ボックスに立ったジャックはポケットの中から皺くちゃになった紙を取り出し、周りを見回して誰もいないかどうかを確認したあと、コードを打ち込んだ。

“Please hang up and try again.”
「電話を切ってもう一度お試しください」

4 – 5 – 3 - 3- 8 – 4 - 7 - 4 – 4 – 4 – 5 – 1 - 0
4 – 5 – 3 - 3- 8 – 4 - 7 - 4 – 4 – 4 – 5 – 1 - 0

The prerecorded telephone message cuts off into the long, undisturbed electronic beep of a phone left off the hook. Jack counted the seconds and looked around again- a car pulls up to the front door, and he watches as a mother and her new baby get in, father in tow. The heat of the day fogs up the scratched plastic of the tiny booth, creeps up under his shirt, makes him sweat. Mikell usually did this. The fear of somehow messing up wells up inside him. Jack checks his father’s ballpoint pen cursive, yes, it really does say 128 seconds. Has it been that long yet? Maybe he should try agai-
録音されたメッセージは長い間切断され、フックから外れたままの受話器から平坦な電子音が響く。ジャックは秒数を数え、再び周囲を見回す  車が玄関の前に停車した。生まれたばかりの赤ん坊を抱いた母親が乗りこむのを父親が手助けしている光景を見ていた。その日の暑さは狭い空間を取り囲む傷だらけのプラスチックを曇らせるものだった。熱気はシャツの下にも立ちこめて、酷く汗をかいた。マイケルはいつもこうだった。全部を台無しにしてしまいたいという漠然とした恐怖が彼の中にこみ上げてくる。ジャックはボールペンで書かれた父親の筆記体を確認する。そうだ。確かに128秒と書いてある。まだそんなに時間が経っていないのか?多分、もう1度やれば  

“Please recite your connection code.” It’s the same woman that told him to try again. The grey Toyota minivan drives up the faded rural hospital parking lot and disappears over the hill.
「接続コードを暗唱してください」彼に話しかけたのは先程と同じ女性の声だった。灰色のトヨタのミニバンは色褪せた田舎の病院の駐車場を駆け上がり、丘の上に消えていった。

“Um, yeah, uh- Travis, Elder, Forty-two, sixty-six-oh-eight, Secretary. Red case condition.”
「えっと、その、ええと  トラヴィス、長老、40-2、60-6-0-8、秘書。レッド・ケース」

There’s a moment that Jack Bright holds his breath, waiting for confirmation, knowing that there wouldn’t be one. To his delight, the phone-off-the-hook beeping doesn’t continue. He checks his father’s cursive again, under the title Call in case of emergency. The corn in the neighboring field rustles softly in the hot, stagnant wind.
ジャック・ブライトが固唾を飲んで承認を待つ瞬間があった。返答はないものだとわかっていたが。諦めきれずにいたのは、受話器からの電子音が鳴り止まなかったからだ。父の筆記をもう1度確認すると、緊急時の連絡先と書かれていた。隣の畑のトウモロコシが、暑く淀んだ風にさらさらと揺れている。

“Operation, please give your request and connection type.”
「オペレーション、要件と接続タイプを教えてください」

“A-Adam Bright, level 4, family connection, emergency code six-ten-oh-five? It’s Jack.”
「ア、アダム・ブライト、レベル4、家族の接続、緊急コード6-10-0-5?ジャックだよ」

“Oh, kid, um-“ It’s a woman’s voice, which doesn’t come as a surprise—Jack has never spoken to his father at work, only ever a spiraling array of female assistants. He had suspicions about this, as all three of the brothers did; theydidn’t have the heart to tell Claire, at six, that their father was most likely not returning home to his only four children. “-Look, he’s busy. Can I take a message?”
「あら、お子さんね、ええ  」聞こえてきたのは女性の声だったが、驚くことはなかった  ジャックは1度たりとも仕事中の父と電話で話したことはない。いつだって、多様にいる女性アシスタントが出るばかりだったのだ。このことはジャックに猜疑心を抱かせたし、3人の兄弟全員が不信に思っていたことでもあった。父親が4人の子供たちを気にかけてという理由で家に帰ることはまずないという事実を、まだ6歳のクレアに話す勇気はなかった。「  ほら、お父さんは忙しいのよ。私が伝言を聞いてもいい?」

“Yeah, um. Tell him that TJ’s in the hospital-“ The phone starts crackling wildly, and Jack squeezes shut his eyes in desperation as he hears the sounds of the line being crossed with fuzziness.
「わかった、いいよ。TJが入院していることを伝え  」電話が激しく雑音を発した。ジャックはきつく目を閉じ、不明瞭に混線する通信回線の音をやけになって聞いていた。

“Ja-“ The line drops back into the sound of the phone off the hook, and he knows this time that it won’t pick back up. The man in the booth slams the phone back into the cradle and takes a moment to wipe the gathering sweat from the nape of his neck before pulling out the second quarter, the one that he’d taken from Claire’s piggy bank 45 minutes ago for this exact purpose, and sticking it into the iron slot. Dad hadn’t paid the bill for the landline; at this point they didn’t complain, just improvised. Most of Jack and Mikell’s time when their parents were away was spent like this: improvising.
「ジャ  」受話器から音が流れて回線が落ちた。再度鳴ることはないと彼は知っている。電話ボックスの中の少年は受話器を受け台に叩きつけた。時間をとって首筋の汗を拭いてから、45分前にクレアの貯金箱から取り出した25セントを鉄製の投入口に差し込んだ。父親は固定電話の請求を払っていなかった。この時点でも彼らは文句を言わず、ただ行き当たりばったりで過ごしていた。両親が留守中の時間のほとんどを、ジャックとマイケルはあとのことを考えないようにして時間を潰していたのだ。

Jack dutifully punches in the 10 digit phone number and selects the correct connection code for the black void his parents dissipated into so often. Mom didn’t always pick up, either, but what his Evelyn Bright lost in correspondence she made up for in afterthought; the hospital bill would be miraculously paid, maybe, or there would be a hastily written letter pushed into Mikell’s hand while getting gas. An afterthought was better than nothing.
ジャックは10桁の電話番号を忠実に打ちこんだ。両親が頻繁に赴く概要が闇に包まれた仕事場に繋げるため、正しい接続コードを選択する。母親はいつも電話に出るわけではなかったが、エヴリン・ブライトが出られなかった場合、後日に埋め合わせがあった。病院の治療代が奇跡的に支払われたり、仕事の合間を縫って走り書いたのだろう手紙がガソリンを入れている最中のマイケルの手の中に押しこまれていたりするはずだ。それがたとえ後手に回った行動だったしても、何もしないよりかはずっと良かった。

“Operation, please give your request and connection type.”
「オペレーション、要件と接続タイプを教えてください」

“Evelyn Bright, level 4, family connection, emergency code five-oh-oh-seven.”
「エヴリン・ブライト、レベル4、家族の接続、緊急コード5-0-0-7」

“Hold please.”
「少々お待ち下さい」

Jack opened his mouth to reply before realizing that there was nothing to reply to. Birds chirp and sing in distant trees, contradicting his own mounting anxiety.
ジャックは返事をするために口を開いたあとで、台詞が何も出てこないことに気づいた。遠くの木々の中で鳥がさえずり、歌っている。彼自身の不安の高まりと矛盾している穏やかさだった。

His parents told them that they would be gone for about two weeks on business.
両親は、仕事で2週間ほど留守にすると子供たちに言い残していた。

Two weeks passed, then three.
2週間はとうに過ぎ、既に3週間が経過していた。

Months passed. Halloween and Christmas passed. Mikell started paying their bills with the money he earned at work, wherever that was. Keep the government from finding out they’d been alone for nearly eight months now. Mikell was skilled at calling their work because he did it each Wednesday night at the phone booth at the rickety gas station two blocks away. Mikell rode his bike back every Wednesday night as Jack and TJ started putting Claire to bed. Mikell walked in the door every Wednesday night saying no, they didn’t pick up, not this time, and Mikell would then take his father’s revolver from on top of the fridge and check that there was a bullet in each chamber, click, click, click, click, click, click, spin it in a circle like a child’s toy with his finger on the trigger, Jack sits in the living room and thinks that one Wednesday night he’ll just shoot it right in the kitchen, just right into the tile or at the window or into the roof of his mouth, the click of playing with death to the tune of crickets chirping in the soybean fields outside—
月日が流れた。ハロウィンとクリスマスが過ぎた。マイケルは自分の仕事で稼いだ給料で請求を払い始めていた。両親のいない家で8ヶ月近くも暮らしていることを政府に知られないようにした。マイケルは電話を繋げるのが上手い。毎週水曜日の夜、2ブロック先の寂れたガソリンスタンドの電話ボックスで、両親の仕事先に電話をしていたからだ。水曜日の夜、ジャックとTJがクレアを寝かしつけた頃にマイケルは自転車に乗って帰ってきた。マイケルは「2人とも電話に出なかった、今回は駄目だ」と言った後に水曜日の夜に部屋に足を踏み入れる。マイケルはその後、冷蔵庫の上から父親のリボルバーを取り、薬室に弾丸があることを確認する。カチッ、カチッ、カチッ、カチッ、カチッ、カチッ。引き金に指をかけて、子供のおもちゃのように回転させていた。ジャックはある水曜日の夜にリビングルームに座る。キッチンや床のタイルや窓、彼自身の口蓋目がけて弾を撃ちこむことを思い浮かべた。銃で戯れる死の音とコオロギの鳴き声とが一体となり、外に広がる大豆畑に響いていた  

“I’m sorry, can I take a message?” It’s the man on the other end again. Jack jerks back from his thoughts.
「ごめんなさいね、伝言を聞いてもいい?」また相手からだ。ジャックは思考から引き戻された。

“Yeah! Yeah. Um, just tell her-” Jack fell back on the story that he and Mikell had discussed. “-that TJ fell off the roof while helping Mikell shingle, and got hurt. We’re at the hospital right now, they’re saying he’ll be okay but he needs stitches and they’re keeping him overnight. Mikell’s up with him right now, and Claire’s here with us just to be safe.”
「勿論!いいよ。えっと、母さんに伝えて  」ジャックはマイケルと話し合った作り話を伝えた。「  マイケルの手伝いをして屋根を拭いてたとき、TJが落っこちて怪我をしたんだ。今病院に居るんだけど、命に別状はないって。でも傷口を縫う必要があって、一晩入院しなきゃならないんだ。今はマイケルがTJのそばについてるし、クレアも念のために一緒にいるから」

There was more that Jack wanted to tell his mother. Maybe something about wanting her to come home, or at least speak to them at all. About everything that’s been going on at home. About Claire or Mikell. Anything. Just to hear her voice at all.
ジャックが母親に話したいことはまだまだあった。家に帰ってきて欲しいこと、相談したいこともある。今起きていることや、クレアやマイケルのこと。何でもいい。母親の声が聞きたかった。

But Jack kept his mouth shut when the secretary asked him if there was anything else, then thanked her and said goodbye and put the phone back on the hook and the paper back in his pocket and his heart back in his chest and walked through the dusty revolving door back inside.
ジャックは秘書に他に何かあるかと聞かれたが、口をつぐんだまま彼女に礼を言って別れを告げ、電話をフックにかけた。紙をポケットに戻して、胸の痛みを心の中に閉じこめる。埃が舞う回転ドアを通って帰っていった。


4

“…Jack.”
「…ジャック」

“Mmm.”
「…ぅん…」

“Jack.”
「ジャック」

Jack comes around slowly from his place in the stiff wooden hospital chair to the sound of crickets outside and a six year old child tugging at his dirty Walmart t-shirt.
ジャックは硬い木製の病院の椅子で外のコオロギの鳴き声を聞きながら、彼の薄汚れたウォルマートのTシャツを引っ張っている6歳の子供に向けてゆっくりと意識を浮上させた。

“Claire…” Jack rubbed the heel of his hand into his eye, sleepily looking at the digital clock at TJ’s bedside. 3:46 AM. “…Shit. What is it?”
「クレア…」ジャックは目を擦り、TJの枕元のデジタル時計を寝ぼけ眼で見た。午前3:46。「…はぁ。どうした?」

“I gotta pee.”
「おしっこ」

Jack groaned.
ジャックは呻いた。

“Why can’t you ask Mikell to take you?”
「マイケルに言えばいいだろう?」

“He’s not here.”
「いないの」

“…What? He’s…” Jack squinted through the darkened hospital room towards the folded out couch, where Claire had insisted Mikell sleep next to her. Empty.
「…何?あいつは…」ジャックは暗い病院の部屋の中で、折り畳み式のソファに向けて目を凝らした。クレアは、マイケルが彼女の隣で眠っていたと言っている。ソファは空だった。

“…Okay. Just, lets…um… come on.”
「…わかった。まったく、ほら…ぅぅん…こっちだ 」

Jack heaved himself to his feet and held out a hand, feeling tiny fingers curl around his own.
ジャックが立ち上がって手を差しだすと、小さな指が自分の手に回るのを感じた。

“Be quiet, okay? We don’t wanna wake up TJ, yeah?” Jack cast his gaze over at the figure sleeping on the bed, at the faint glow of orange curls against the filtered country moonlight. Purple-blue black eyes swollen and closed, his youngest brother was still sleeping, recovering from the tight, black stiches sewed in his forehead.
「静かに、いいね?TJを起こさないようにな」ジャックは、月明かりに反射した彼のオレンジ色の癖毛が心地よい光に微かに照らされながらベッドで眠っている姿にじっと目をやった。三男は痣のある腫れた目を閉じたまま、額に縫われた黒い傷跡を療養している。

“Yeah.”
「うん」

“Hey! Cut that out. You’re too old for that.”
「こら、よせ。お前はもう指を咥える歳じゃないだろう」

Claire removed her thumb from her mouth as Jack led her down the empty hallway to the bathroom. Although Jack had had his moments with Claire, she really was closest to TJ, then to Mikell, then to him. That was what it was like having multiple siblings. You knew where you were on the totem pole of love, and Jack, as the cynical middle child who made and sold questionable alcohol out of the back of the garage, did his best not to be a engraved as a role model in any way, shape, or form. Mikell did fatherly things like shingle roofs and load guns and work late nights at a job. Jack made sure that the amount of cash he got didn’t become suspicious to the bank. Mikell hunted deer to save on groceries and skinned them on the back porch and cooked them and sold the horns and pelts to the farm store down the road to make money and froze the rest of the meat so they wouldn’t starve and showed them how to cook a meal and trapped rabbits and squirrels and chopped fire wood with an axe like fucking Paul Bunion and earned a what he suspected was a hard, honest living, like being left alone at 21 years old to care for three siblings was what he was born to do.
ジャックが誰もいない廊下を通りトイレに連れて行く間、クレアは親指を口から離した。ジャックにはクレアと共に過ごす時間があったけれども、1番に懐かれていたのはTJだ。そして次がマイケル、最後がジャックだった。それは、複数のきょうだいがいる時の必然だった。自分が愛のトーテムポールのどこに位置しているのかを知っていた。ジャックは、ガレージの裏で怪しげな酒を醸造し売り捌いている皮肉屋の次男坊として、どんな形であれ、模範となる存在として刻まれないよう力を尽くしていた。マイケルは屋根を拭く、銃の装填する、深夜の労働に出向くなど、父親らしいことをしている。ジャックは手に入れた現金の額が銀行に怪しまれないように細工をした。マイケルは食料品の節約のためにシカを狩って、裏口で皮を剥いで調理し、角と皮を道を下った先にある農場に売って金を作った。余った肉は凍らせて家族が餓死しないよう保存し、きょうだいに食事の作り方を教えた。ウサギやリスを罠にかけたり、ポール・バニヤンのように薪割りをした。まともに暮らしていけるよう、酷く熱心に働いた。21歳の身、たったひとりで3人きょうだいの面倒を見ることが、まるで彼の生まれつきの使命であるかのように。

Jack shoplifted and gambled gently and ate a worm for $2 just last week.
先週、ジャックは万引きとギャンブルをした。虫を食べて2ドルを儲けた。

He liked to think it was an equal trade off, even when he felt worthless in comparison- they about broke even on legally and illegally obtained cash when the two of them sat down to pool their earnings at the end of the week. They had a system: Mikell would take the cash and tell him that he really looked like he did well this week at his explicitly legal minimum wage job, and he would say yeah, he did, and then pass Mikell a flask of the leftovers under the table. If Jack got caught in front of TJ or Claire, Mikell would make a show of condemning such hideous underage acts and Jack would act in mock horror of what he had done, and then would continue to brew and gamble anyway, because it had become a surprisingly stable form of income in recent months, especially when the electricity was cut off mid-December and they scrambled to pay in a week-long scare. Promote good citizenship, live off bad citizenship. The Bright way.
彼はそれが対等な取引だと考えるのが好きだった。兄と比較したとき、自分がつまらない人間だと感じたとしても  週の終わりに2人が収入を出しあうために共に座した時、合法のものでも非合法のものでも、手に入れた金額はほぼ均衡を保っていた。彼らにはシステムがあった。マイケルは現金を受け取り、「見るからに合法的で最低賃金の仕事で今週もよくやっている」と彼に言うだろうし、彼は「うん、頑張ったよ」と応じるだろう。そして、テーブルの下に残っている残り物の酒瓶をマイケルに渡す。ジャックがTJやクレアの前で捕まったそのときには、マイケルはそのような忌まわしい未成年者の犯罪行為を糾弾するショーを開催するだろうし、ジャックはそれに怯えるフリをする。そのあと、何もなかったかのようにまた密造酒を醸造しギャンブルを続けていくのだ。なぜそうするのか。12月中旬に電力が切断され、1週間にわたる恐怖の中で大慌てに支払いに取りかかったときには特に、ここ数か月の中で驚くほど安定した収入の形になったからだ。良き市民としてありつつも、汚れた収入に縋って生きていく。それがブライトの歩む道だった。

Halfway down the hall back to the room, in the haze of fluorescent lights and cracked wallpaper, Claire stopped walking. It caught Jack by surprise, making him lurch back and stumble.
部屋に戻る廊下の途中、蛍光灯とひび割れた壁紙が霞んでいる中、クレアは歩くのをやめた。ジャックは不意を突かれ、つまずいてよろめいた。

“Hey, come on.”
「どうした、おいで」

Claire stood, thumb in mouth, staring down the hallway. Let go of his hand. Tears welled in her eyes.
クレアは親指を口に咥えて立ち、廊下を見つめていた。兄の手を放す。彼女の目には涙が溢れていた。

“No.”
「いや」

Jack sighed. Oh, he was not doing this at 3AM.
ジャックはため息をついた。ああ、午前3時にこんなことをしている暇はないのに。

“Well, where are we gonna go then?”
「なあ、こんなところで立ち止まらないでくれって」

“No.”
「いや」

Jack knelt down to her level.
ジャックは妹の視線に合わせて膝をついた。

“Claire, come on. What’s wrong? Hey.” Jack reached out to take her hand, seeing she was crying harder now. His little sister reached out to his forearms.
「クレア、どうしたんだ。何が嫌なんだ?なあ」ジャックは彼女が更に激しく泣き出すのを見て、手を取ろうと腕を伸ばした。小さな妹は、兄の腕に手を差し出した。

“Don’t hurt.”
「けがしないで」

“What?”
「何?」

“Don’t leave. No. I don’t want you to get hurt.”
「どこにもいかないで。だめなの。けがしちゃう」

“What, you think I’m gonna leave?”
「待てよ、僕がどこかに行っちゃうって思ってるのか?」

“You will.”
「そうよ」

“Claire, I’m not gonna leave.”
「クレア、僕はどこにも行かないよ」

“Promise you won’t get sick.”
「びょうきにならないって、やくそくして」

“What do you mean?”
「どういうことだ?」

“Promise.”
「やくそくよ」

Jack sighed.
ジャックはため息をついた。

“Look. Look at me.” Jack raised her chin with a finger, so her line of sight matched his own. “I’m okay. See? I’m gonna be fine. I’m fine. Yeah?”
「見ろ。よーく僕を見るんだ」ジャックが指で彼女の顎を上げると、その瞳は兄の視線と交差した。「僕は大丈夫だ。わかるだろ?この通りずっと元気。大丈夫だ。な?」

“Promise.”
「やくそくして」

“Okay. I promise.”
「わかったよ。約束だ」

Claire seemed satisfied.
クレアは満足したようだった。

Jack took her by the hand again and led her back to the darkened room, praying she would fall back asleep. When she did- with Jack laying next to her on the couch – he slipped out of the room, closed the door behind him, and made his way down to the sidewalk outside.
ジャックは再び妹の手を取り、彼女が深い眠りに落ちることを祈りながら暗い部屋に連れ戻した。無事妹が瞳を閉じると  ジャックはソファで眠る彼女の隣から起き上がり  部屋をそっと抜け出してドアを閉め、外に向かって歩きだした。

Jack’s eyes widened at the sight of Mikell.
ジャックはマイケルの姿を捉え、目を見開く。

“Dude. Mom is going to kill you.”
「おい。ママにドヤされるぞ」

“Not if she doesn’t find out.” His older brother exhaled smoke from the cigarette in his hand. “Isn’t that right?”
「バレなきゃいい」長男はゆっくりと煙草の煙を吐き出す。「そうだろ?」

“Oh.” Don’t tell mom. “Yeah. Yeah, it’s just…”
「ん」ママには内緒のことだ。「ああ。そうだな、お前は…」

Mikell raised an eyebrow. Don’t talk to me about it. Jack relinquished, swallowed, and went to stand next to him, his brother raising the cheap Camel back to his lips. They stood in silence for a minute, looking off at the darkened fields of beans and corn, the singular farmhouse in the distance. The stars shone and the crickets sang. Smoke drifted from his older brother’s mouth as he breathed.
マイケルは眉を吊り上げた。その話はやめろとでも言いたげに。ジャックは堪えて口を閉じ、隣に立つ。兄は安物のキャメルを唇で咥えた。2人は1分ほど黙って立っていた。闇に包まれた豆やトウモロコシの畑に目をやると、遠くには農家の家が見える。星が輝き、コオロギが鳴いている。息を吐く兄の口からは煙が漂っていた。

“Some guys came to TJ’s room earlier.”
「ついさっき、TJの部屋に入って来た奴らがいた」

Jack looked at him. Mikell exhaled.
ジャックは兄を見る。マイケルは煙を吐き出した。

“They were asking questions. About what happened.”
「奴らは質問してきたよ。何が起こったかをな」

“Really? You think they saw?”
「本当か?見られたのか?」

“Depends. Probably to some extent. If we keep our story straight, we’ll be fine, just don’t tell anyone.”
「一概には言えないさ。多分、ある程度は見られたか。俺らの作り話を貫いておけば大丈夫だろう。誰にも言うな」

“What do you think they’ll do to him? Like the X-files or something?”
「奴らは何をしようとしてるんだ?Xファイルの真似事か何かか?」

Mikell smiled.
マイケルは微笑んだ。

“You know where mom and dad work?”
「お前は母さんと父さんがどこで働いているか知ってるか?」

“Yeah. The government.” Jack looked forward again, examining the shadows on the pavement. “I don’t know. They said they couldn’t tell me.”
「ああ。政府だろ?」ジャックは再び前を向き、車道に落ちる影を見つめる。「…そうだ、知らないよ。何も言えないって言ってた」

“Yeah, they can’t tell you.”
「そうだ。お前には何も言えない」

Jack jerked his head back to look at Mikell.
ジャックは首を傾げてマイケルを見た。

“Wait, do you know something about them?”
「待てよ、何か知ってるのか?」

“I work there too.” Mikell smiled and looked at him. “I’m not going anywhere though, don’t worry. But anyway. People like TJ…You know.
「俺も同じ場所で働いてるんだ」マイケルは微笑んで弟を見た。「俺はどこにも行かない。とにかく、心配するな。TJと同じような連中がいる…お前ならわかるだろ

“No, actually, I don’t think I know.” Jack’s blood rushed with anger and anxiety.
「何を、そんなこと、知らなかった」ジャックの血は怒りと不安で沸き立つようだった。

“Oh…” Mikell looked up at the stars, contemplating. “Look. You know what they say about, ‘If a tree falls in the forest, and no one is around to hear it, does it make a sound?’”
「ふむ…」マイケルは思考を巡らせながら星空を見上げる。「そうだな。『森の中で木が倒れたとして、誰もそれを聞く者がいなければ、果たして音がしたと言えるのか?』お前はこの意味がわかるな?」

“Yeah.”
「うん」

“Okay. Well, here’s how I see it: there have always been people like TJ. You read about them in the old world texts or whatever, like, witches and warlocks and shit. Back in those days, when stuff like this happened, you know, people didn’t really know how to describe them, and they just passed it off and the person went to live in the woods and nothing bad happened. Like yeah, people cared, but it was magic, or someone pissed off Jesus or something. You follow?”
「よし。まあ、俺が思うにだ。TJのような人間は昔からいたんだ。魔女や魔術師みたいなでたらめな連中のことは、中世の物語やらなんやらで読んだだろう。昔はこういうことが起きたときには何と表現していいのかわからず、人はただそれを見過ごして森の中で暮らしていて、何も悪いことは起きなかった。勿論当時の人間も薄々気づいちゃいたんだろうが、それは魔法か、誰かがイエスをムカつかせたか何かの理由で片付けられた。ここまでついてこれたか?」

“I guess.”
「何となく」

“Yeah. Well, now that we’re no longer living in the dark ages, people are smart. When someone like TJs born, there’s no casting them off to live in the woods. It’s systematic removal. I’m talking CIA and FBI caliber. So when shit like this happens, where I fell from the roof and TJ was clearly the one to take the injury from the fall, people start watching. It’s no longer the fact that god didn’t will me to take those injuries or some shit like that. These people see that, and they see something larger, someone that really is a witch or a warlock, and they start watching. And they keep watching. And they watch and watch, and if they see something that indicates that something deeper is going on, then they get taken. No more problems. Situation is safe, the people are safe, and the people will continue to be safe through this happening over and over again. That’s the idea. So, like, if it happens, and there’s no one around to see it, then it’s fine. But I think they might be keeping an eye on him.”
「いい子だ。まあ、今はもう暗黒時代ではないから、人は賢いんだ。TJのような人間が生まれたとき、森の中で暮らすために見捨てるようなことはできない。それは組織的な排除だ。俺は今CIAやFBIレベルの話をしている。クソみたいな出来事…俺が屋根から落ちたときに、怪我をしたのは確かにTJだった。それに皆が注目しはじめる。今となっては、神が俺に怪我をさせなかったとか、そんな文言じゃ誤魔化せない。人々はそれを見て、もっと大きな何かを見ている。魔女や魔術師のような、そういうものを見ているんだ。そして見続ける。監視し続ける。深刻な何かが起こっていることを示す証拠を発見したら、彼らは連れて行かれる。これ以上の問題はない。状況は安全で、人々は安全で、何度も何度もこんなことが起きても、人々は安全であり続ける。それが叡智だ。だから、つまりだ。異変が起こって、それを見る人間が周りに誰もいなかったのなら、大丈夫だ。まだ見張りを続けている輩はいるかもしれないがな」

“Where do they go?”
「お前らは、一体どこに向かっているんだ」

Mikell shrugged.
マイケルは肩をすくめた。

“But anyway. The way I see it, it’s like…” He waved his cigarette. “You know. TJ has always been special.”
「まあ、とにかくだ。俺が見る限りでは、そいつはまるで…」彼は煙草を振った。「お前もわかるだろう。TJはいつも特別な存在だった」

“Wait, what?”
「待てよ、何を言ってるんだ?」

“You haven’t noticed that? Like, when he was younger. He could always do shit when he wanted to. Like when you were nine and fell off your bike, you remember that?”
「気づいていなかったのか?あいつがまだ若い頃だ。いつだって好きなときに能力を使うことができた。お前が9歳の頃だ。自転車から落ちたのを覚えてるか?」

“Yeah, what about it?”
「ああ。それがどうした?」

“He healed you.”
「あいつがお前を治したんだ」

“No he didn’t. I got lucky. I fell on the grass.”
「違う。あの時はラッキーだったんだ。僕は芝生の上に落ちた」

“And he was bleeding.”
「その横で、何もしていないTJが血を流していた」

Jack opened his mouth to respond, then shut it again. Shit.
ジャックは言い返そうと口を開いたが、何も出てこなかった。畜生。

“Look, like…” Mikell exhaled more smoke. “…I think it’s different now, though. Like back then, he wanted to take that for you. He was eight, he felt empathy for you. He healed you. But this time, I think he was trying to help me, and something happened and he accidentally took it. I don’t think he wanted to feel my pain, I think he was trying to make sure I wasn’t dead, you know? And that’s when it happened.”
「そうだな…」マイケルは更に煙を吐いた。「…今は違うと思うけどな。あの頃、あいつはお前のために痛みを受け止めようとしていた。まだ8歳で、お前に強く感情移入していたんだ。お前を治してくれていた。だが今回は、俺を助けようとして…何かが起きて、偶然受け取ってしまったんだと思う。俺の痛みを知りたかったんじゃなくて、生きていることを確認しようとしていた、そうだろ?そしてそのとき、あれが起きたんだ」

“So he’s changing.”
「TJは、変わってきてる」

Mikell shrugged.
マイケルはまた肩をすくめた。

“Puberty. What can I say, he was always a late bloomer.”
「思春期なんだよ。何と言っていいか、あいつはいつも遅咲きなんだ」

“What about Claire?”
「クレアはどうなんだ?」

“What about her?”
「クレアがどうした?」

“Is she special too?”
「あいつも特別なものを持っているのか?」

“I don’t know. I think TJs the most obvious, we’re gonna have to work to keep that covered up. Claire…If you watch her, Jack. She’s…I don’t know. She knows shit.”
「どうだろうな。TJが1番わかりやすいと思うが。俺たちはそれを隠蔽するように動かなきゃならない。クレアは…よく言動を見てみろよ、ジャック。あいつのことは…正確にはわからない。だが、何でも知ってるんだ」

Jack laughed.
ジャックは嗤った。

“You’re fucking crazy. Listen to yourself, Mikell, she’s seven, she likes fucking polly pockets and cabbage patch girls or whatever shit. What the fuck does she know?”
「気が狂ってる。よく聞けよ、マイケル。まだ7歳だ。ポリーポケットやらキャベツ畑人形やらが好きな女の子だ。あいつが何を知ってるって言うんだ?」

“The future.”
「未来だ」

Jack wheezed.
ジャックは声を抑えられないでいる。

“I’m dead fucking serious, Jack. Look, okay, I was shaky on it too, but last fucking week, last fucking week she was coloring, and she gave me a picture of me on the roof.”
「大真面目に言ってるんだ、ジャック。いいか、聞け、俺も手探りだったが、…先週。先週だぞ。あいつは絵に色をつけていて…屋根の上にいる俺が描かれた絵をくれた」

Jack stopped laughing.
ジャックは嗤うのをやめた。

“Significant events, Jack. I don’t think she knows what they are, but she sees them.” Mikell dropped the cigarette onto the pavement and put it out with the heel of his boot. “Look. Don’t tell anyone what I just told you about, okay? This is between you and me. We keep TJ safe, we keep Claire safe, we make sure nothing happens.”
「これは重要な出来事だ、ジャック。自覚はないとは思うが、あいつは未来を視ている」マイケルは煙草を舗道に落とし、ブーツの踵でそれを踏み消した。「いいか。今話したことは誰にも言うな。これは俺とお前の問題だ。TJを守り、クレアを守る。何も起こらないようにするんだ」


6

TJ is a pale, freckled child with red hair- their father's- and a frame that stands wiry in worn hand-me-downs. Often onlookers comment on his striking resemblance to Mikell, but to Jack, his youngest and oldest brothers look and are, in essence, entirely different people. TJ lacks Mikell's broad shoulders and tanned shoulders and arms, his sunburnt neck, his iron resolve and firm competence. TJ wavers in the path of decisions; Mikell thrives in it. TJ is soft spoken and feminine in nature; Mikell is accustomed to confidence, a short-haired cowboy with adventurous resolve.
TJは青白い肌にそばかすがちりばめられた子供で、その赤毛は父親譲りのものだった  そして、細い体格におさがりの服を纏っている。しばしば見物人は彼がマイケルに驚くほど似ていると話をするが、ジャックにとって三男と長男の兄弟は、本質的にはまったくの別人のように見えていた。TJには、マイケルのような広い背中や日焼けした肩と腕、日差しで擦りむいた首筋、鉄のような決意と揺るぎない力量が欠如している。TJは決断を迷うが、マイケルはその道で成功を収める。TJは柔らかい口調で女性的な性格だが、マイケルは他人からの信頼を請け負うことに慣れきった、大胆な決意を抱く短髪のカウボーイだった。

His older brother has always moved as a subtle and direct force of nature one might even call clean, careful, swift, (lethal)— but such thoughts do not occur to him then.
長男は常に繊細かつ大胆に、自然の力の中で動いてきた。それらは潔白、慎重、迅速、(あるいは致命的)と呼ぶのかもしれないが  そのような考えが彼に起こることはない。

So when addressing the conflict of TJ's acquired tendencies, Jack and Mikell first make sure he's asleep in the other room, and then speak over the dining room table. His older brother drinks a cheap beer from a can, and after a moment, Jack moves to the fridge and gets one for himself, too- he is not yet of age, but such things are a formality in the battered barns and sun-bleached houses of small Midwestern farm towns. It's disgusting, but he drinks it anyway. The alcohol fills a widening pit of frustration in his stomach. It calms his nerves.
TJの後天的な能力について話しあうとき、ジャックとマイケルはまず彼が別の部屋で寝ていることを確認してから、ダイニングルームのテーブル越しに向きあった。兄は安い缶ビールを飲み、しばらくするとジャックも冷蔵庫から自分の分を取ってきた。彼はまだ未成年であったが、中西部の小さな農場の町に建つ古びた納屋や色褪せた家々の中では、年齢など形式的なものだった。不愉快だが、とにかくそれを飲む。アルコールは胃の中に広がる欲求不満の穴を埋めてくれる。神経を落ち着かせた。

③(it calmed his father's nerves, too, in a time before TJ and Claire were born, when it was just the two brothers and their mother and the smell of heavy alcohol and charms from AA meetings, but they understand to this day that they are not to discuss this time)
(それはTJとクレアが生まれる前のことだ。2人の兄弟と母親、そして強いアルコールの匂いと断酒会の誘惑があった頃の父親の神経を落ち着かせてくれてもいたが、それらについて今は話さないことを彼らは理解していた)

They reach a decision, or at least, a heated compromise. Jack finishes his beer and Mikell takes another from the fridge not because he wants another, but to give him something to do to keep himself from throttling some god damn sense into his younger sibling. Jack goes to bed. Mikell plays with the revolver in the kitchen, even though it is not Wednesday, and the next week- with TJ recovered enough to return to school- Jack outfits him in long sleeves, long pants, and thin gloves, and sends him off with one instruction: touch no one.
彼らは決定か、少なくとも、白熱した上で折衷案に着地する。ジャックはビールを飲み干す。マイケルは冷蔵庫から別の酒を取りだすが、それは彼が潰れてしまいたいからではない。彼のきょうだいたちについて忌々しく感じる感覚を絞め殺すための行為だった。ジャックはベッドに潜りこむ。水曜日でないにも関わらず、マイケルはキッチンでリボルバーを弄り回していた。そして次の週  TJは学校に登校するのに十分回復した  ジャックは長袖のシャツ、長ズボン、薄い手袋を身につけさせ、1つの指示を出して彼を送り出す。誰にも触れるなと。


7

In late April, Mikell says he’s receiving a promotion. When TJ and Claire are in bed, his elder brother opens a locked steel box on the kitchen table and shows Jack two faded leather holsters with a revolver in each.
4月下旬、マイケルは昇進したらしい。TJとクレアがベッドの中で眠りについたあと、兄は台所のテーブルの上の鍵のかかったスチール製の箱を開け、ジャックにリボルバーが入った色褪せた革製のホルスターを2つ見せた。

In words that he did not yet know, Jack knew this object was special. It felt radiant, powerful, unearthly before him. He studied it closely. These revolvers were much different then their father’s on top of the fridge—no, these were old, old guns, weathered down with sweat of generations. The yellow glow of the dining room light above them turns the handles a sickly iridescent off-white, the barrels, a diseased grey-green, engraved with tendrils and elaborate vines of faded gold. The belt is an old, brown leather that is somehow miraculously still bound together, but to Jack, the weighted feeling of unease is only in the silver objects the belt holds. Mikell picks them up and Jack is surprised, like he wasn’t expecting the movement to be physically possible. They fit so well in his brother’s calloused hands that he can feel the hairs stand up on the back of his neck.
上手く言い表すことはできなかったが、ジャックはこの物体が特別なものであることを知っていた。それは彼の目の前で輝きを放ち、力強く、神秘的なもののように感じられる。よく観察する。冷蔵庫の上に置かれていた父親の銃とはまったく違っていて  そう、それらは古びていた。古い銃だ。何世代にもわたる使用者の汗で風化していた。ダイニングルームの照明の黄色の光が銃把を病的な虹色が反射する灰白色に変える。銃身は奇妙な灰緑色で、色褪せた金の蔓が精巧に彫られていた。ベルトは古い茶色のなめし皮でできている。奇跡的にどうにか結びつけられているような形だ。だがジャックにとって、不安の比重はベルトが包む銀色の物体の中にのみ傾いていた。マイケルがそれらを手に取った姿を見てジャックは驚いた。まるでその動きが物理的に可能であるとは思ってもみなかったかのように。銃は硬い皮膚が覆う兄の手にとても馴染んでいて、首の後ろの毛が逆立つことすら感じた。

“That’s not pearl.” Jack sputtered out. “The handles.”
「そいつは真珠じゃないな」ジャックは捲し立てた。「その持ち手は」

They remain off-white even when lifted into Mikell’s hands, shining not by nature, but by polish. When Mikell killed deer, he would boil out the marrow into a stew, then throw the rest out; all sorts of parts in the pot. Femurs sitting on the kitchen counter to be used. Skulls he let TJ hold.
マイケルの手の上でも灰白色は消えず、自然の輝きではない、研磨されたかのような輝きを湛えていた。マイケルはシカを殺したとき、骨髄を煮出してシチューにし、残りを捨てている。キッチンのカウンターの上に置かれた大腿骨は使うまで放置された。彼は頭蓋骨をTJに持たせていた。

To a Jack in the future, in a different life, anomalous is a bone-stained word on iron breath. It’s a word that’s laced with gold.
未来のジャックにとって、または別の人生では、異常とは鉄の息吹に晒された穢れた骨のような言葉だ。また、金が織り込まれたような言葉なのだ。


8

In late May, Mikell leaves for work and does not return in two days as previously promised.
5月の下旬。マイケルは仕事に出かけたが、前もって約束した2日後には帰ってこなかった。

④Jack spends more time sleeping then he ever has before. Being a man of science, but not without an imagination- left as a residue from his childhood of books and roleplaying games with his brothers on hazy Midwest summer nights, not needed but only sometimes unwelcome- Jack dreams more than he ever has before.He dreams of his mother and father, of trees that fall in the forest and are never heard. Of Star Trek reruns on TV. Cows standing in a circle, tail to muzzle, some sort of unholy shrine. Sometimes he dreams that Claire is in there with them, in the center, sitting on the ugly rug from their living room with her dolls in the middle of the soft prairie grass. No getting her there, cowboy- he dreams of rabid animals, too, and all to often imagines the herd, all 67 of them, twitching and lurching through the grass in a sickly, uneven sort of rhythm, rotating the circle in a slow, even, mesmerized pace. Round and round, the circle gets smaller, and Jack feels the need, from his spot on the hill, to rush in with some kind of paternal duty, but is frozen to the spot.
ジャックは今までにないほど眠る時間が増えた。科学の徒でありながら、想像力が欠けているわけではない彼は  朧げな中西部の夏の夜、本を読み、兄弟たちとロールプレイングゲームをしていた幼少期の記憶は残骸として残された。必要とされているわけではなく、ときには歓迎されないだけで  今まで以上にを見ていた。彼は母親と父親の夢を見た。木は森の中に倒れて、誰もその音を聞くことはない。テレビではスタートレックの再放送があった。牛が尾から鼻先を繋いで輪になった、何らかの不浄な聖地の夢。また時々、クレアが牛の群れに囲まれる夢を見る。輪の中央、リビングルームの汚い敷物の上に人形と一緒に座って、柔らかい草原の真ん中にいるのだ。彼女をそこに連れて行くことはないが、カウボーイは  彼は狂犬病に罹った動物の夢をも見た。67頭の動物の群れが、不自然なほどの不均等なリズムで、草むらの中で引き攣り動き回り、ゆっくりとしたペースで円を回転させている姿を想像することがよくあった。その足並みに魅了されている。ぐるぐると回っているうちに、その輪はどんどん小さくなっていき、ジャックは父としての義務のようなものを感じて丘の上から駆けつけようとするが、体はその場で凍りついてしまう。

Sorry, cowboy. Close but no cigar.
惜しいな、カウボーイ。もう少しだったのに。

Jack wakes up, always, in the same hazy, nauseous way he tends to do these days, with a guilty weight settled right under his ribcage and his vessel aching, breathing shallow. He sits at the kitchen table with a restless energy that breeds anger in his chest like some small animal gnawing at his sternum and he’ll find himself grinding his teeth in an old nervous habit. After about an hour of dazed, drunken silence, Jack will wander to the garage and continue his illegal moonshine activities with shaking hands that make the condenser wobble when he touches it; so much work for so little gain. Frustration it isn’t faster, but brewing is a slow burn kind of business. It pays the bills.
ジャックはいつものようにぼんやりとした吐き気の中で目を覚ました。胸郭の奥に罪悪感の重みを感じ、血管が痛む。呼吸が浅い。彼はよく眠れていない体力のまま台所のテーブルに座り、小動物が胸骨を齧るかのように、胸の中で怒りを増殖させる。歯軋りをしていることに気がついた。昔からの悪癖だった。約1時間後。茫然とし、酩酊の中の沈黙のあと、ジャックはガレージに向かって歩みを進める。震える手でぐらついたコンデンサーを稼働させ、非合法な活動を月明かりの中で続けた。彼が手をつけたのは、ごく僅かな利益にそぐわない非常に大量の仕事だった。欲求不満が解消されるようなものではなかったが、醸造は熟すまでに時間のかかる仕事だった。それは生活費と足り得たのだ。

“You okay, buddy?” Asks the potbellied redneck he usually sells to. Two gallons for forty dollars; he pays in cash, as he usually does. Jack sits hunched on the garage steps feeling like he’s conducting electricity. He’s not one for small talk. “Coming down with something?”
「大丈夫かよ、相棒?」彼がいつも酒を売っている太鼓腹で田舎者の男がそう尋ねた。2ガロンで40ドル。いつものように現金で支払う。ジャックはガレージの階段に背中を丸めて座る。体に電流が流れたような心地がした。世間話は苦手だった。「調子悪ぃのか?」

Jack nods, and puts on a weary smile. “Mm. Something like that, yeah.” His chest squeezes with irrational rage; he doesn’t want to speak, but feels like he has to allude to things being alright, at least to some extent. Not like the redneck would call child services anyway. He hopes he doesn’t look like he feels, but judging by the scruff on his face that he’s been too tired to shave away and the weight he’s lost, it’s a stretch. “Probably the weather.”
ジャックは頷き、疲れた笑みを浮かべた。「うん、そんなところだ」彼の胸は理不尽な怒りで締めつけられる。話しかけて欲しくはなかったが、少なくともある程度は大丈夫だということを仄かしておかなければならないと感じていた。どちらにせよ、あの田舎者が児童相談所に連絡するようなことはないだろうが。彼は自分が感じていることが相手に悟られないことを願っているが、酷い疲れで剃り残しがある顔のひげと失った体重から判断するには、やはり無理があった。「多分天気のせいだよ」

“Your brother back yet?” The jugs go in a compartment under the redneck’s floor mats, not that the police would care anyway if they found it.
「お前の兄ちゃんはまだ帰って来ねぇのかい?」瓶は田舎者の家の床に敷かれたマットの下にある部屋に隠してある。たとえ見つけたとしても、警察は気にも留めないだろう。

“Nah.” Jack scrambles to find something to say; this has been the first human interaction outside of Claire and TJ he’s had in two weeks. “Business trip.”
「いや…」ジャックは何か言うべき台詞を見つけようと必死になっていた。クレアとTJ以外の人間関係はこの2週間で初めてだった。「出張なんだ」

Business trip. Not entirely false, he reasoned.
出張。完全に間違っているわけではないと彼は考えた。

And Mikell does come home.
マイケルは帰って来た。

Mikell comes home in the rain in mid June. He pulls in late at night as Jack sits at the dining room table with his hands around a beer, half asleep. He's pale and weary-eyed in the field it will be days before you sleep and the holster is around his waist still powerful, radiant, you are the right hand of god and will kill for him; he mumbles a tired and half-hearted hello the first time is always the hardest, darling and collapses in bed, and Jack pays him no heed other than that he is home.
マイケルは6月中旬の雨の中、家に帰って来た。ジャックがダイニングテーブルに座り、ビールを片手に半分眠りに落ちている間、夜遅くに車を停めた。顔は青白く疲れきった目をしていた。あなたが戦場で眠れるようになるまでには、きっと何日もかかるでしょうね。ホルスターは腰の周りでまだ力に満ちていて、輝きを放っているわ。あなたは神の右手であり、主のために殺しをするでしょう。彼は疲れて投げやりに挨拶を済ました。最初というものはいつだって1番に難しいものよ、ダーリン。そしてベッドに崩れ落ちる。ジャックは、彼が家にいること以外には何の注意も払わない。

Mikell sleeps. He sleeps until the next afternoon. He sleeps with the guns loaded next to him, where he can see them reflecting light in a sleepy haze.
マイケルは眠った。次の日の午後まで眠っていた。彼は銃を装填したまま眠る。眠気の靄の中で、光を反射する銃を見ていた。

It will be a thousand years before you rest; it is the way of this place.
あなたが憩うのは1000年は先の話になるでしょう。それがこの場所のやり方だから。


9

Mikell has worked at the same ranch since he was 16 years old and had been riding a horse as long as he could remember. Jack himself could never quite understand what his older brother could possibly find entertaining about herding cows on horseback all day, but what made up for it was the competitions Mikell did for fun.
マイケルは16歳のときから同じ牧場で働いていて、覚えている限りずっと馬に乗っていた。ジャックは兄が一日中馬に乗って牛の世話をすることの面白さを決して理解することはできなかったが、それを補って余りあるものとして、マイケルが楽しみのために参加した競技会があった。

His older brother always got excited about the working cow horse runs. Jamie, the owner of the ranch and prime proprietor of Mikell’s apparent aptitude for the industry, was always happy to allow he and Chestnut to enter and ride in aimless circles in a sandy enclosure while fellow hillbillies looked on and cheered. Jack would lean up against the metal fencing with John Deere ads strung up along it and watch Mikell and his horse kick up sand in tight circles under florescent lighting and country music with a smile on his face and an odd sort of contentment that comes with seeing your sibling do something stupid. Even if Jack was no cowboy himself- preferred the likes of Star Trek reruns to baying cattle- he could tell Mikell was good by watching how his father swelled with pride, how the judges talked about him over the speakers, how Jamie praised him.
競技用の牛馬の走りに兄はいつも魅せられていた。牧場の所有者であり、マイケルの勤勉さから培われた才能を見抜いていたジェイミーは、仲間のヒルビリーたちが声援を送る中、彼と栗毛の馬が砂地の囲いの中に入って無作為に円を描くように走ることをいつも喜んで許してくれていた。ジャックはジョン・ディアの広告が吊るされた金属製のフェンスに寄りかかっている。照明とカントリーミュージックが花開く空間で、マイケルと彼の馬が狭い円の中で砂を蹴り上げていくのを、きょうだいが馬鹿げたことをするのを見ているときのような妙な満足感と笑顔とで眺めていた。たとえジャック自身がカウボーイではなく  牛の唸り声よりもスタートレックの再放送の方が好きだったとしても  父親が兄を誇りに思い、審査員がスピーカー越しに兄のことを話し、ジェイミーが兄を褒めているのを見て、マイケルという人間が優れていることがわかるのだった。

Mikell was good. Mikell was always good at being a ranch hand.
マイケルは優秀だった。マイケルはいつだって牧場の住人として優れた人物で在り続けた。

When Mikell was 16, Jamie taught him delicate art of bull riding, and encouraged him to enter in his first rodeo.
マイケルが16歳のとき、ジェイミーは彼に牛乗りの繊細な芸術を教え、最初のロデオに取り組むことを認めた。

Now Jack had never regarded his older brother’s job and subsequent hobbies to be too entertaining, but quickly realized that he had a deep, burning passion for watching his older brother get thrown off large animals at high speeds in front of a crowd while wearing ridiculous clothing, and decided to always be in attendance. After all, Jack had never seen a stupider sport than riding a bull for eight seconds.
今までジャックは、兄の仕事やその後に付随した趣味を愉快に思うことはなかった。だが、兄が滑稽な服を着て群衆の前で巨大な動物から一瞬で投げ落とされるのを見るその瞬間、内に深く燃えるような激情が湧き上がるだろうことにすぐに気がつき、常に立ち会うことに決めた。結局のところ、ジャックは雄牛に8秒間跨がり続けることよりも愚かなスポーツを見ることはなかったが。

The only thing was that Mikell was good.
ただ唯一、マイケルは優れていた。

This was infuriating to Jack, who came with the specific little-brother goal of watching the person who he constantly bickered with get thrown off something. No, Mikell was good, too good. Jack would watch with anticipation in a small sports arena a couple hours away from home as his brother grabbed either side of the chute with difficulty, fastened his helmet, and awaited the buzzer with hand on rope reins, only to hold on for the full eight seconds with frightening ease. Rider after rider would be thrown off violently before and after him, but no, Mikell never fell, and Jack would bathe once again in the burning feeling of inadequacy that came with having an older sibling that succeeded in something at all.
それはジャックにとって腹立たしいことだった。普段から絶えず言い争いをしている兄が何らかの存在に屈する姿を見るために、血の繋がった弟としてそこにやってきていた。しかし、マイケルは優秀だった。あまりにもでき過ぎていた。ジャックは家から数時間ほど離れた場所にある小さな競技場にいた。兄が苦労してシュートの両側を掴み、ヘルメットを固定し、ロープの手綱に手をかけてブザーが鳴る瞬間を待ち構えている姿を胸を膨らませて見ていた。しかし、彼は8秒の間、こちらが恐ろしくなるほどに容易に耐えてみせた。前後にいる選手が次から次へと激しく突き落とされていく中、マイケルは一度も落ちることはなかった。ジャックは、何事かを成功させた年上のきょうだいがいることの焼けつくような不甲斐なさに、再び浸ることになったのだった。

When Mikell was 19, Claire tagged along with Jack and his father for the first time to see Mikell ride at a Rodeo. When it was time for him to go, Mikell threw one fringe-adorned leg over the side of the chute and waited for the handlers to allow him on. This bull had been particularly violent, and it was clear that Mikell was nervous, watching the previous rider not only get thrown off in the first three seconds but get stepped on repeatedly as the animal continued to buck.
マイケルが19歳の折、初めてクレアはジャックと父親について行き、兄がロデオに参加する姿を見ていた。ついに彼の番が来ると、マイケルは縁に飾りのついた片足をシュートの側面に置き、ハンドラーが許可を出すのを待った。この雄牛は特に凶暴で、前の選手が最初の3秒で投げ飛ばされただけでなく、牛が後退していく中で何度も踏まれている。その光景を目の当たりにしたマイケルが緊張するのは無理のないことだった。

The handlers on horses drove the bull back into the chute to the crying jeer of the crowd, and Claire tugged on Jack’s pants sharply.
馬に乗ったハンドラーたちは、群衆の悲鳴混じりの野次が飛ぶ中、雄牛をシュートに追いこんだ。そのとき、クレアはジャックのズボンを強く引っ張った。

“What?” Jack had to raise his voice over the clamor of the competition, the buzz of excitement and anxiety that made Mikell grip the metal chute tighter then he had before.
「どうした?」ジャックは大会の騒音の中で声を張り上げる必要があった。場の喧騒、興奮と不安の混じる熱気は、マイケルにそれまで以上に金属製のシュートをきつく握らせた。

“He shouldn’t go in.” Claire yelled. “Don’t let him go in!”
「はいっちゃだめ」クレアは叫んだ。「マイケルをはいらせちゃだめ!」

“What?”
「なんだって?」

The handlers gave the signal, and he watched his brother climb in the tight chute completely, hands on either side, steadying himself, locking the dented helmet and mouthguard. The announcer started reading off his name and number, to which his father cheered next to them. Claire looked at him, eyes wide in panic, then turned sharply and put her hands on the fence surrounding the arena. The buzzer went off, the timer started, and chute opened, sending Mikell and wild animal into the ring.
ハンドラーが合図をすると、彼は兄が狭いシュートの中に完全に入り、両手を添え、自身を固定し、へこみのあるヘルメットとマウスガードを身につけている姿を見た。アナウンサーが彼の名前と番号を読み上げ始めると、父親が隣で歓声を上げた。クレアはパニックで目を見開き彼を見る。それから鋭く向きを変え、競技場を囲むフェンスに手をかけた。ブザーが鳴り、タイマーが始まり、シュートが開き、マイケルと野獣とをリングへと送り込んだ。

But the bull didn’t buck.
だが、雄牛が暴れることはなかった。

Mikell looked confused at one second on the timer, still holding tight to the rope as he had when the bull charged inward. The bull didn’t buck. The bull stood, still, in the middle or the arena, despite knocking the sides of chute with anger a few moments prior. Two seconds. Three seconds. The audience is in shock. The ref looks to the announcer.
タイマーが計測を始める直前、マイケルは混乱した様子で雄牛が内側に突進する状況と同じようにロープにしっかりと掴まっていた。雄牛は暴れなかった。数秒前には怒りのままにシュートの側面に突進していたにも関わらず、雄牛はただ、競技場の中央に佇んでいた。2秒。3秒。観客は静まり返った。審判はアナウンサーを見ている。

At four seconds, the bull starts to move again, and Mikell continues to brace for the first impact that never comes. The bull is walking. The bull is walking back towards the chute. Mikell looks dumbfounded. Five seconds. Six seconds. At this point, even if the bull was to start bucking, Jack figures that Mikell could hold on for the last two seconds and still make the round, if this even counted. The bull finishes walking back to the chute of it’s own accord and huffs loudly.
4秒後、雄牛は再び動き出した。マイケルは決して来ることのない最初の衝撃に備えて準備を続ける。雄牛は歩いている。雄牛はシュートに引き返しだした。マイケルは唖然としているようだった。5秒。6秒。この時点で、たとえ雄牛が暴れだしたとしても、ジャックはマイケルが最後の2秒を持ち堪え、まだ成功を収めるだろうと考えていた。雄牛は自らの意思でシュートに戻って行き、息を荒げている。

Seven seconds. The crowd is silent. The bull faces the chute, and it’s very clear now that Mikell is expecting to die, to be thrown in the air in the most violent buck in the history of all Rodeos.
7秒。観客は静まり返っている。雄牛はシュートに突進した。マイケルは非常に明確に死を直感した。全てのロデオの歴史の中で、最も暴力的な突進だった。彼の体は空中に投げだされるだろう。

When it hits eight seconds, the buzzer goes off. The crowd acts like it isn’t over; remains silent, entranced. When the chute opens again, the handlers don’t need to do anything; the bull walks in on it’s own accord, the chute cl Mikell, a little stunned, stumbles off, pushes himself back over the side of the chute, and lands on his feet, just as blood trickles down Claire’s face from her nose.
8秒を指したとき、ブザーが鳴る。観客はまだ試合が終わっていないかのような様子だった。沈黙したまま、魅了されたままだった。シュートが再び開いても、ハンドラーは何もする必要はなかった。雄牛は自らの意思で中に入り、シュートは閉じられた。マイケルは少し茫然として、よろけて、シュートの側面から自分自身を押し戻した。血がクレアの鼻から肌を滴り落ちるのと同じくして、彼は難を逃れたのだった。

(he would have died had i not changed it)
(私が未来を変えなければ、彼は死んでいたわ)

Jack thinks of this now. Jack thinks of this as the crickets chirp and pierce through his angry haze that clouds his thoughts and mind. Jack thinks of this and Claire wanders in and asks if she can sleep with him, she had a nightmare. Jack thinks of this as he lies awake with her there, thinking of trees falling in the forest and wishing there was more he could do.
ジャックはこの出来事を思いだしていた。ジャックは、コオロギの鳴き声が彼の思考と心を曇らせる怒りの靄を貫いたときに、その出来事を思いだした。ジャックが思案するときに限ってクレアは不安定になり、兄と一緒に眠りたいと言った。彼女は悪夢を視ていた。ジャックは彼女の横に眠ることなく横たわり、森の中に倒れる木のことを考えた。自分にできることがもっとあることを願い、物思いに沈んでいる。


10

Jack will learn, in another life, the importance of not letting one's guard down.
ジャックは別の人生で、気を許さないことの重要性を学ぶだろう。

There is be endless safety videos in his future. There is even a future ahead of him where he, too, will be an enforcer; he will reprimand violations of human imperfection in a place that must by all lengths strive to remain industrial, clean, separated. He will learn to place a wall between people and things that only look like them. He will even learn- long into his future- to control himself, to be disciplined, and to fine-tune his sense of situational empathy. He will pick his battles and save what may be saved and move on, and some will call him heartless, clinical, stubborn, and others will call him Director.
彼の未来には、無数の予防線がある。彼が直面する未来でさえ、同じように彼は執行者となるだろう。工業的で、清潔で、分離された状態を維持するためにあらゆる手段を尽くして努力しなければならない場所で、人間の不完全性に対する違反を叱責するだろう。人と、人にしか見えないものとの間に壁を設けることを学ぶだろう。彼は  将来に渡って  自分自身をコントロールし、規律を守り、状況に応じて共感の感覚を微調整することを学ぶことになるだろう。彼は戦いを選び、救われるかもしれないものを救い、前に進んでいく。ある人は彼を冷酷で、冷静で、不屈な男だと呼び、またある人は管理者と呼ぶだろう。

But Jack is a child, and he can not see the consequences of these things. He cannot act fast enough. He does not yet have the eye to anticipate; to see where incidents happen. He is not dutiful to security, containment, protection because he does not need to be.
だがジャックは子供で、これらの重要性を直視することができなかった。彼は十分に迅速に行動することができなかったのだ。彼はまだ先見の明を持ち合わせておらず、事件が起こることを予測できない。彼は確保、収容、保護という理念に忠実ではない。だって、その必要がなかったから。

And so when TJ runs over and hugs Mikell, Jack does not stop him. He does not stop him when Mikell's fingers touch TJ's bare neck. And had he known that Mikell was unusually tired because he had been treated recently for a still-healing gunshot wound that had shot through his shoulder and sent him to a Foundation hospital for two weeks, he may have acted differently, although it is not likely; carelessness is not an easily avoided trait.
TJがマイケルに駆け寄って抱きしめたとき、ジャックがそれを止めることはなかった。マイケルの指がTJの首筋に触れたときも、ジャックは止めなかった。マイケルは肩を撃ち抜かれ、いまだに治らない銃創の治療を最近財団の医療施設にて受けており、正気の心持ちではなかったことを彼が把握していたならば、可能性は低いが、違った行動をとっていたかもしれない。不注意は簡単に避けられる特性ではない。

And when TJ's breath hitches sharply, and he falls into Mikell's arms as dead weight, Mikell makes a decision in the sharp, quick way that he does, that he will not let his youngest brother suffer. Some would consider what he does to be barbaric, and would scream and fight with him as he wordlessly loads their 14-year-old sibling into the back of the car as Jack does.
TJの息が鋭く引き攣り、マイケルの腕の中に死体のように倒れ込んだとき、マイケルは末の弟を苦しませまいと鋭く素早い決断を下した。一部の人間は彼が野蛮であると考えるだろう。ジャックがするように、言葉無く14歳のきょうだいを車の後部座席に積みこむ。彼と共に悲鳴を上げて戦うことになるだろう。

Others would consider it a necessary evil, as Mikell drives away and does not return for another several weeks, saying to him, do not let them take her, Jack, there's hope for her yet.
これは必要悪だと考える人間もいるだろう。マイケルは数週間前に戻ってきて、彼に言った。奴らにクレアを渡してはいけない。ジャック、まだあいつには希望があるんだ。


11

Summer day fades into hot, burning summer day. Jack’s body aches in an endless haze. Claire plays outside with the neighboring children and he sits at the dining room table and feels cold and fuzzy, distant; his thoughts are a single, tired string, fraying, searing in the summer heat but cold against his skin. In the mornings, as he rouses himself from deep, dreamless sleep, Jack’s body is heavy. Claire needs to eat. Jack doesn’t, or feels like he doesn’t. There’s no appetite. The heat sickens him in a way he has not experienced before.
熱に溶けてしまうような、燃えるように暑い夏の日だった。ジャックの体は果てしなく揺らめく陽炎の中で蝕まれていた。クレアは近所の子供たちと外で遊んでいる。ダイニングルームのテーブルに座ると、冷たくてぼんやりした心地になって、声が遠くにいるように感じた。彼の思考は一本の弛んだ糸になっている。夏の暑さで焼け焦げて、擦り切れているが、彼の肌に反して冷えきっていた。朝、夢を見ることのない深い眠りの底から這い上がったジャックの体は鉛のようだった。クレアには食事が必要だ。だがジャックには必要ない。あるいはしなくても良いように感じている。食欲がなかった。暑さは、今まで経験したことのない速度で彼を蝕んだ。

On stormy days, the water is hot, comes down in sheets that darken the sky, flood down the cracked road into old cement gutters. Droplets strike the pavement and Jack stumbles outside for the first time in weeks- blinking, body aching and dragging- sitting on the damp, sun-bleached porch just as birds chatter nearby.
荒れ模様の日。水は熱を帯び、暗雲が空を覆い尽くし、ひび割れた道路から古いセメントの側溝に浸水する。水滴が舗道に落ちた。ジャックは数週間ぶりにふらついた足取りで外に出た  目を瞬かせ、痛む体を引きずり  近くで鳥がけたたましく鳴く声を聞きながら、日に焼けて湿った玄関に座っていた。

The door creaks open- old, rusting springs that his father promised he would fix.
ドアが軋んだ音を立てて開いた  バネは古く、錆び付いている。いつか父親が修理をすると約束していたものだった。

“Jack?”
「ジャック?」

Light filters out onto the porch and onto the back of his neck. Jack focuses his eyes on the afternoon rain pelting the sparse grass of the front lawn. He aimlessly wonders about the date- wasn’t paying attention. Days and weeks slip together in a sort of disjointed, hazy way. Late June, maybe. Something like that.
光が玄関から首の後ろに差しこむ。ジャックは目の前のまばらな芝生に叩きつける午後の雨を見つめていた。当てもなく日付のことを考える  思考は散漫としていた。何日か、何週間かがあっという間に過ぎ去って、支離滅裂になって、ぼんやりとしていた。今はきっと6月下旬だろう、多分。ずっとそんな様子だった。

“Jack, can I play with Sydney and Gabby?” Claire hangs to the door handle, red raincoat over tiny frame, rubber boots that were handed down through three Bright boys before they reached her coming up to her knees. Jack looks out wearily past the broken-down porch and the patchy front lawn to the girls splashing in mud puddles across the street.
「ジャック、シドニーとギャビーといっしょにあそんできてもいい?」クレアはドアの取っ手にぶら下がり、小さな体の上に赤いレインコートを被っていた。3人のブライトの兄から貰ったおさがりのゴムのブーツは、彼女の膝までの大きさがあった。ジャックは、錆びついた玄関とまばらな芝生の通りの向こう側の淀んだ水たまりの上で飛沫を散らしている女の子たちを見て、うんざりとした心地で外を眺めていた。

“Mmm-hm, just stay where I can see you.”
「ああ…あんまり遠くに行かないようにな」

“I will.”
「わかったわ」

Jack rubs his eyes as his little sister races across the street, greeted by cries of joy. June already- had been a month since graduation. He should be thinking about college.
ジャックは妹が通りを走って渡ったあと、友人の喜びの声に迎えられたのを聞いて、目を擦った。既に6月  卒業してから1ヶ月が経過していた。彼は大学のことを考える必要があったはずだ。

But he can’t.
だが、彼にはできなかった。

A long ways away, in another life, a short, fat man would sprawl in a battered armchair at the training center he ran and would tell Jack all he knew about the births and birthings in a serious, lucid tone, a rarity preserved for close friends. Jack would tend the old brick fireplace and open some liquor and they would drink and the blond haired veteran would tell him about the myths in the field, stories of cattle dying and dogs being nailed on trees. The storms and violent winds. Cars flipped and people gone. Hume readings fading in, out, spatial anomalies. Kant counters breaking, phones not working. Guns jamming.
遠く離れた別の人生では、トレーニングセンターのボロボロの肘掛け椅子に経営者である背の低い太った男が腰かけている。彼はジャックに向けて、誕生や出産について知っていることすべてを、珍しく酔った調子で、かつ真剣で明晰な口調で話していた。親しい友人のための言葉だった。ジャックは古いレンガ造りの暖炉の手入れをして酒を開けた。2人は酒を煽る。金髪の熟練した博士は、牧草地に根付く神話や、牛が死んだ一連の物語や、犬が木に釘で打ち付けられたりする話をしてくれた。嵐と、激しく吹きつける風。車がひっくり返り、人はいなくなった。ヒューム値は濃くなったり薄くなったりする。空間的な異常。カント計測機は壊れており、電話は使えない。銃は弾詰まりを起こしていた。

The child would be born within 5 miles, and when it would breathe- said the old rumors spread around GOC task forces- all the strange happenings would stop, and so no one would notice it; only lasted the mother’s labor. The universe preparing for a new god. The star of Bethlehem.
赤子が5マイルより内側に生まれ、それが呼吸をはじめるとき  古い噂はGOCの任務部隊により拡散され  すべての奇妙な現象は停止させられるため、誰もそれに気づくことはない。残るのは母親の出産の苦しみだけだ。宇宙は新しい神のために準備をしている。ベツレヘムの星が輝いた。

Stranger things have happened, said the man with the rifle. No way to test it; would make sense if it was true, I suppose. The way they come and they way they leave, all these kids, not just the greens, the legends are the same. Always a little strange, ‘post to get worse with the power and significance, all that kind of shit. I knew guys that used to peel out if they saw the cattle run, you know.
奇妙なことが起きた、とライフルを持った男は言った。それを確かめる方法は無いが、もし本当なら筋が通っていると思う。彼らがやって来ては去っていく様は、タイプグリーンに限らず、すべての子供たちにとって伝説も同じだ。いつも少し奇妙で、『力と意義を振りかざして物事を悪化させる』という、そんなクソみたいなものだった。彼らが牛が走っているのを見たとすれば、きっとなりふり構わず走り出すだろう。

Do you believe it, was Jack’s question. Something he knew the answer to.
信じられるかどうか。それはジャックの問題だった。彼はあるひとつの答えを知っていた。

The man sighed, readjusted slightly. Jack, science loathes coincidence. Ask any shithead on the street and they’ll say they’ve seen something strange at some point in their life. For the sake of standing on solid ground- no, I don’t think I do.
男はため息をつき、僅かに姿勢を正した。ジャック、科学は偶然の一致を嫌う。街中の馬鹿に聞いても、奇妙なものを見たことがあると言うだろう。地に足を着けるために  いや、俺はそうは思わないがな。

Jack on the rainy steps, pale and weak, decided he was too tired to think about it right now. Leaned his head so it rested on the splintering wood railing. Watched Claire splash in puddles with her friends under a sheet of rain.
雨に濡れた階段に座るジャックは、顔色は青ざめて衰弱していた。彼は今重い疲労に思考を侵食され、それについて考える余裕はなかった。木製の手すりの上に休むように彼の頭を寄りかけた。雨が打ちつける中、クレアが友人と共に水飛沫をあげるのを見た。

Jack on the rainy steps was born with his umbilical chord wrapped around his throat in a tight death grip. They thought he was dead; didn’t cry for minutes as they worked to loosen it off.
雨に濡れた階段に座るジャックは、臍の緒が喉にきつく巻きつけられた状態で生まれ落ちた。彼らは次男が死んでしまったものだと思った。絡まりを緩めるために術を施している数分の間、産声を上げることはなかったから。

When Jack on the rainy steps was four, he caught pneumonia that landed him in the hospital for a month. They thought he would die.
雨に濡れた階段に座るジャックが4歳のとき、彼は肺炎にかかり、1ヶ月間病院に入院した。彼らはジャックは死んでしまうだろうと思った。

When Jack on the rainy steps was eight, he ran into the street to chase a raccoon and was hit by a car; the impact sent him skidding on the ground, bleeding from his chest.
雨に濡れた階段に座るジャックが8歳のとき、彼はアライグマを追いかけるために通りに飛び出し、車に撥ねられた。衝撃で地面に投げ出され、胸から出血していた。

When Jack on the rainy steps was eleven, the top of their snow fort caved in on top of him.
雨に濡れた階段に座るジャックが11歳のとき、家族で作った雪の砦が、彼の上に崩れ落ちてきた。

Jack on the rainy steps, at 19, couldn’t understand why he couldn’t do anything right. Why TJ and their parents were gone; why there was no reason for him to really be here at all. He feels listless; he wants to hurt something. He doesn’t know where to let the anger go. He wants to know why he feels this way, why he can’t pull himself together long enough to be an adult for Claire. Why he can’t just be like he was a year ago: happy and content and not barley functioning and exhausted.
雨に濡れた階段に座るジャックは、19歳になった。なぜ自分が正しいことができないのか、理解できなかった。なぜTJと両親がいなくなったのだ。なぜ彼がここにいていい理由がないんだ。彼は無気力だった。何かを傷つけてしまいたいと思っている。怒りをどこにぶつければいいのかわからない。どうしてこのように感じているのか、知りたかった。クレアを守るのに十分な大人に自分自身を成長させられなかったのはどうしてなのか。どうして彼は1年前の自分のようにはなり得ないのか。昔は機能不全でもなく疲労に蝕まれてもおらず、幸せに甘んじていたはずだった。

Jack on the rainy steps doesn’t want to die, but doesn’t want to live. Jack on the rainy steps wants to fall asleep and not wake up anymore.
雨に濡れた階段に座るジャックは、死にたいとは思わないが生きたいとも思えなかった。雨に濡れた階段に座るジャックは深い眠りに落ちて、もう2度と目が醒めなければいいのにと思った。


12

When the agents came like Jack knew he would- the tree falling in the forest agents with their bulletproof vests under stiff button up shirts- Jack crosses the house to the kitchen, reaches up on top of the refrigerator, and loops his fingers on the old iron revolver that clacks quietly in his hands, a dangerous weight. Jack has never been a terribly good shot, but his father had had him and Mikell shoot enough dead-eyed plastic deer that he was decent. The shiny dress shoes fitted with concealed steel-toes make the old wood of the front porch creak, and Jack has a sharp moment of panic like an electric shock at his holding a gun. What did he expect to do? Shoot them? A person in a stark black suit wasn’t a pheasant or a squirrel-
エージェントが来ることをジャックは知っていて  森の中で木が倒れるようなエージェントたちは、堅苦しくボタンを留めたシャツの下に防弾チョッキを着ていた  ジャックはキッチンを横切り、背伸びをして冷蔵庫の上を探った。そうして、古い鉄製のリボルバーを見つけた。音が鳴らないようそっと指をかける。それは危険な重さを秘めていた。ジャックは決して良い銃の腕を持ってはいなかったが、父親はジャックとマイケルに人工で造られた濁った目をしたシカを十分に撃たせていたので、銃の扱いはまずまずだった。鉄で爪先を覆ったよく磨かれた革靴が玄関の古木を軋ませ、ジャックは銃を持つ手に感電したような鋭いパニックに陥る。一体何をしようとした?撃つのか?真っ黒なスーツを着た人間は、キジでもリスでもないんだぞ  

“Jack! Someone’s at the door!”
「ジャック!しらないひとたちがドアのまえにいるわ!」

⑤Jack whipped around to meet the tree in the forest about to fall, playing with her dolls.Her eyes widen when she sees the gun, and Jack fumbles silently-
ジャックは身を翻し、森に倒れた木と彼女の遊んでいた人形に直面した。彼女の目は銃を捉えて見開かれ、ジャックは口籠もる  

“Go. Room.” There’s a sense of urgency in his voice that he hopes carries. “Now. Hurry, Clarie.”
「部屋に戻れ」彼の声には切迫した響きが含まれていた。「今すぐにだ。急いでくれ、クレア」

Claire abandons her dolls and bolts down the hall to their shared bedroom just as the knock comes on the door with knuckles that have been broken, healed, broken again. Jack’s chest compresses tight again for a moment and he remembers tree in the forest, if a tree falls in the forest and no one’s around to hear it, tree in the forest, tree in the forest, they’re here for her and his chest swells as the constant anger he’s felt burning inside him for a little over four months now suddenly blazes into hot fury.
クレアは人形を投げ捨て、彼らの共有の寝室に向かう廊下を駆け抜けた。その時丁度ドアはノックされた。銃を待つ手は握り締められ、開かれ、そして再び強く握り締めた。ジャックの胸は、一瞬のうちに再びきつく締めつけられた。彼は森の中の木を覚えている。木が森の中で倒れたとして、誰もその音を聞く人がいなかったとしたら。木は森の中にあった。木は森の中にあったのだ。彼らは妹のためにここに来たのだ。彼の胸は腫れ上がっていた。内に秘めた燃えるような怒りは4ヶ月以上続いていた。たった今、突然に炎のように怒りが噴出したのだ。

He swallows, palms starting to sweat a little.
息を呑む。手のひらに汗が滲むのを感じた。

And when they took his little sister away, that hot Midwestern afternoon, her shrieks rang and echoed down the empty street and resonated in stagnant air and the buzz of lazy insects. Jack did not shoot. He did not shoot because they took her from her room, because there had been four of them, not two, and because he was foolish and sick and lost and didn't know what to do when they immediately grabbed him and threw him to the floor and knocked him out. He didn't know what to do when he woke up alone and wandered around the house in a daze looking, looking, looking as bats roosted in nearby barns and herding dogs barked in the distance.
彼らが妹を連れ去った日は、中西部の暑い午後だった。彼女の叫び声は誰もいない街路に響き渡り、淀んだ空気に反響し、怠惰な虫の声が辺りを満たした。ジャックは撃たなかった。妹が部屋から連れ出されようとしていたからだ。敵が2人ではなく4人だったからだ。彼は愚かで病んでいて、ひとりきりだったからだ。連中に即座に胸ぐらを掴み取られ、床へと叩き付けられ気を失ったとき、どうしたらいいかわからなかったのだ。ひとりで目が覚めてからも、何をしたらいいのかわからなかった。家の中をあてもなく彷徨いながら、外を眺めていた。近くの納屋をねぐらにしているコウモリや、遠くで吠えている犬の群れを、ただぼんやりと眺めていただけだった。

He didn't know what to do and didn't know where to go. He felt frustrated and furious but empty and dull and sick with anxiety. He wandered out of his house and down streets with the hurried pace of someone looking for something they know they've lost. He ran until the street lights ran out and he hit gravel roads and long, endless fields of corn and beans, obscuring his vision into the clear, cloudless night sky and the lightning bugs that blinked among them.
彼は何をすればいいのかわからず、どこに行けばいいのかもわからなかった。失望と怒りを感じてはいたが、それらは空虚でくすんでいて、不安定で酷く気を病んだ。家を出た。彼らが失ったことを知っている何かを探しているような、そんな急ぎ足で通りを下りていった。街灯の明かりがなくなるまで走った。砂利道や、トウモロコシや豆が長く果てしなく実る畑に飛びこんだ。雲ひとつない夜空と明滅する蛍は、ぼんやりとした彼の視界を明瞭にする。

And eventually, he turned around, because what else could he do? Where else could he go, to find the person he needed to protect? He walked until the sun came up and it hit his neck in a hot, humid haze of morning, and kept walking, walking. Sweating in the morning sun. He walked past his brother's horse grazing in Jamie's pasture. He walked into his neighborhood with the kids playing basketball down the street. He wandered back in with a pained sort of desperation settled tight in his chest, but his body felt heavy and his spine felt tight.
最後に、彼は振り向いた。他に何ができるのか?他にどこに行けば、守るべき人を見つけられるのだろうか?太陽が昇っていた。歩みを進める彼の首筋を焼く。蒸し暑く霧がかった朝。ただ歩いた。歩き続けた。朝日に汗を滲ませながら。ジェイミーの牧草地で草を食んでいる兄の馬の前を通り過ぎた。子供たちがバスケットボールをしている近所の通りを歩いていった。絶望の痛みめいたものが胸の中に沈澱した状態で彷徨い、戻ってきた。体は重く、背骨が圧迫されるようだった。

So Jack Bright slept, and slept alone.
ジャック・ブライトは眠った。ひとりきりで、泥のように。


Dream Sequence:
夢の連続

From bed, Jack finds the strength to move.
ベッドの中で、ジャックは起き上がる気力を取り戻した。

He is shaking with anticipation but never has he even thought of doing this before, no, all thoughts are driven, pointed, he is sure, not Mikell, not his mother, not TJ, no, nothing and no one could stop him- the hallway to the bathroom is a dark green mile that he walks briskly. ⑥Someone has pulled the trap door out from under him and there is nothing below but hate and disgust.
彼は期待に心を揺らしていたが、実はこれまでこんなことをしようと思ったことは一度もなかった。違うのだ。すべての思考は追い詰められ、指し示され、彼は確信していた。マイケルでも、母親でも、TJでも、不可能だ。誰も彼を止めることはできないであろうことを  浴室へと続く暗緑色の廊下を、軽やかな足取りで歩いていた。誰かが彼の下から落とし戸を引っ張り出した。そこには憎しみと嫌悪感しかなかった。

Claire is (not anymore shes not here anymore) sleeping in the bedroom next to his own, and when he locks the bathroom door someone drives down the rickety concrete outside and he sees the headlights continue into nothing from the tiny bathroom window, hyperaware. Jack refuses to see himself in the mirror- he has not moved far from bed in weeks- and instead opens it to the tiny metal shelves and scans quickly, like a man dying for water, like a man craving. His mother’s medication sits gathering dust. Mikell’s toothbrush. His father’s razor.
クレアは(最早ここにはいない。彼女はもういないのだ)ジャックの部屋の隣の寝室で寝ている。浴室の鍵をかけたとき、外のガタついたコンクリートの地面の上を車が横切った。車のヘッドライトが小さなバスルームの窓から消えていくのを、食い入るように見ていた。ジャックは鏡に映る自分の姿を直視するのを拒んだ  数週間の間、ベッドから動いていなかったから  代わりに鏡を開いて小さな金属製の棚を素早く見渡した。水を求めて死にそうな人間のように、渇望している人間のように。母親の薬が埃をかぶって置いてある。マイケルの歯ブラシ。父親の剃刀。

Some strange, distant part of him doesn’t take apart the razor for the blades because he cannot bring himself to break something of his father’s, but the blades are still sharp- Jack has accidentally cut himself with less. There’s a moment, as Jack holds it in his hands, that he wonders what his mother would say. It is not factored in. Jack knows what she thinks of him.
奇妙なことと言えば、彼の意識の奥底で、剃刀の刃を分解するという選択肢はなかった。父親の持ち物である刃物を壊すような行為に良心が咎めたというのが理由だが、それでも十分に刃は鋭かった  ジャックは誤って自分自身を切ってしまったことがあった。ジャックが手の中にそれを握ったとき、母親が自分に何を言うだろうと疑問に思う瞬間がある。それが要因ではないが。ジャックは母親が息子のことをどう思っているかを知っている。

Damage:

1度目に、切りつける。

Pain screams down his arm and leaves him stunned, drunkenly happy, high off fumes. There’s buzzing in his body and screaming in his mind that tells him to strike again and he complies, dazed and ruptured, riding the feeling that feeling gives him. His breathing starts to slow. Relaxation. His mind is spiraling down like a dying plane from the sky.
痛みは腕の中で叫び声をあげ、彼を愕然とさせた。幸福感に酩酊し、気分は高揚している。体中がざわめいていた。心の中では叫び声が響き、それが再び自身を攻撃するように促した。彼はそれに応じる。茫然と破裂。その激情が与える感覚にただ乗りかかっていた。呼吸がゆっくりになってくる。弛緩。彼の心は、空から螺旋に舞い落ちてくる死にゆく飛行機のように渦を巻いていた。

Damage!

2度目。赤色が滴り落ちた。

Jack’s knees are week, the world is spinning. He strikes a third time, barley able to see his skin through the nine even scores of ragged, bleeding flesh, and the craving leaves his body like a soul. It stings and burns like nothing he’s ever felt in his life, exploding and shrieking, his breath comes in a calm, even rhythm. There are black spots in his vision. He rinses off the razor and red fluid he forgot he had runs in streams down his arm and dribbles into the sink. Jack is okay. Jack is calm. Tranquility comes over him as the hate starts to leave his body with his consciousness.
ジャックは崩れ落ちた。世界はぐるぐると回っている。彼は3回自身を傷つけた。腕に走るぐずぐずの9本の傷跡の間から、辛うじて肌を見ることができた。血を溢し続ける肉。渇望が魂のように彼の体を離れていく。それは人生で感じたことのないような感傷と紅潮だった。破裂し、金切声を上げる。呼吸は穏やかで均整のとれたリズムに変わる。視界には黒い斑点がある。剃刀をゆすぐ。表面張力の効果で忘れていた赤い液体が、彼の腕をつたい、シンクに滴り落ちる。ジャックに問題はない。ジャックは落ち着いていた。憎しみが体の意識から離れ始めたとき、平穏が彼を支配した。

Ethereality:

浮遊感

Jack is awake.
ジャックは目を覚ました。

Crickets sing out in the summer air that rustles the soybeans outside in the grey heat of early morning. He’s thin enough now that Mikell is able to scoop him up from the bathroom floor and out of the puddle of red fluid staining his shirt. Jack feels like all the energy he had is gone from his body, and lets his older brother carry him-slumping into his chest in the most direct form of human interaction he’s experienced in weeks. Another car drives by outside, a farmer headed to the fields. When he’s laid down on the beaten couch, Jack almost wishes Mikell would keep holding him, for just a while longer; human touch has become a rare commodity. Gauze and bandages pull against half-clotted blood, swollen red cuts and bruised skin sting with rubbing alcohol. He feels sick, lightheaded, but satisfied. Mikell squeezes the cloth wrapping his arm gently, letting it soak up the access fluid. All the hate is gone from his body. He deserved that. He deserved that. He deserves more, is too weak to deliver. His brother presses an ice pack to the wounds, lays his arm at an incline on Jack’s chest. The popcorn ceiling is a color in the early morning light that Jack hasn’t noticed before. There are blankets pulled over his pale body, up to his chin, and feels a warm hand on his forehead. It’s shaking with fury in the moment it lingers there. He has made Mikell angry in the past, but not like this, not furious into silence. Jack feels no remorse, lays there in a silence of his own. Cold, feverish, distant. Floating. The scum of the earth.
早朝の灰色の暑さの中、生い茂る大豆の葉がさわさわと擦れる夏の空気の中でコオロギが鳴いている。ジャックは今、酷く痩せていた。それはマイケルが彼を浴槽の底から抱き上げ、シャツを汚す赤い液体の水溜まりから引き剥がすことを容易にする。ジャックは自分の体からすべてのエネルギーが抜け出たような気がした。兄にもたれかかり、その胸の中にすっぽりと収まった。それはここ数週間で経験した中で最も間近な、人とのふれあいの形だった。外を車が通り過ぎ、畑に向かう農夫の姿が見えた。弾力のないソファに横たわったジャックは、マイケルがもう少しだけでも自分を抱きしめていてくれればいいのにと思いそうになる。家族の体温を感じる行為は、今や希少な出来事と化していた。半分凝固し始めている血液をガーゼと包帯で覆い、赤く腫れ上がった切り傷と痣のできた皮膚にアルコールを擦り付ける。気分は最悪で、意識はぼやけている。だが、心は満ち足りていた。マイケルは腕に巻かれた布をそっと絞り、余分な体液を浸みこませる。憎しみはすべて彼の体から消えていた。彼が罰を受けることは明白だ。自業自得だった。だが報いを受けるには、それを請け負うにはあまりにも脆弱だったのだ。兄は傷口に氷嚢を押しつけ、ジャックの胸に腕を曲げて寝かせる。凹凸のある天井は早朝の光に照らされて、ジャックが今まで気づかなかった色を見せた。青白い体の上には毛布が被せられ、顎まで覆い隠していた。額に温かな手が乗せられているのを感じる。手のひらは怒りに震えていた。過去にもマイケルを怒らせたことはあったが、今回のように沈黙が続くことはなかった。ジャックは何の後悔も感じず、静寂の中で横たわっている。冷たく、熱に浮かされた距離。地球の残骸が漂っている。

Suddenly, Mikell has a bulky cell phone that he’s never seen before in one hand and is running his fingers through his hair with the other, sillueted in dawn light flooding through the kitchen windows, reading “Travis, Elder, Forty-two, sixty-six-oh-eight”. He vaguely remembers TJ and Claire, but there are no feelings, no connection in this moment in time. Briefly thinks of mom and dad, and wished they were here in an odd, offhand sort of way, as he’s wished for the past ten months. Dreamlike, condensation beads on the windows as the humidity rises. Mikell is pacing and talking on the phone, then redialing, redialing again, reading off numbers and letters and words. The old radio turned on low sings a song his father liked. Jack feels strange, but content with the pain searing in his arm. Claire left a polly pocket on the floor near the rocking chair. He’s so tired, angry. Across the street, the sound of the dogs TJ likes to play with waking for breakfast. He wants to fall asleep and not wake up. In a distant, far off place, Mikell exhales in relief, “Mom”.
突然マイケルは今までジャックが見たこともない大きな携帯電話を片手に持ち、もう片方の手のひらで髪を掻き上げた。キッチンの窓から溢れ出る、夜明けの光の中で読み上げる。「トラヴィス、長老、40-2、60-6-0-8」彼はTJとクレアのことをぼんやりと覚えてはいたが、そこに感情はなく、この瞬間、何の繋がりも感じなかった。代わりに母親と父親の記憶が瞬いた。両親がここに居てくれたらいいのにと、何気なく思った。過去10か月間願い続けた、ささやかな望みだった。夢を見ているようだった。湿度が上がると、窓には結露の雫が浮かぶ。マイケルは部屋を歩き回りながら電話口に話していた。何度もかけ直して、繋がらず。それでもまたかけ直して、数字と文字と言葉とを読み上げている。微かに振動する古めかしいラジオが、父親が好きだった歌を歌っている。ジャックは違和感を覚えながらも、焼けつくような腕の痛みに満足していた。クレアはロッキングチェアのそばにポーリー・ポケットを散らかしたままにしていた。彼は疲れ切っていて、怒りを宿していた。通りの向こう側では、TJが遊ぶのが好きだった犬たちが朝食の時間に目を覚ます音が聞こえる。彼はもう目覚めることのない、深い眠りに落ちてしまいたいと思っていた。遠く離れた場所で、マイケルは安堵の息を吐いた。「母さん


13

Jack is awakened by the kind of deep, rolling thunder that accompanies Midwestern summer storms, the kind that leaches humidity through the windows and coats the streets in a thick, sickening heat. The clock reads 2:24 PM and the world outside is cast in a deep black hue, the shadow of thick grey clouds forming a solid, rolling wall in the sky, like water rushing over a dam. There is no rain pounding on the window, and Jack becomes deeply, innately aware upon this realization of what this means; from where he lays still in his bed, the middle brother bright feels the wind whistling through the cornfields, hears the lack of hearing children at play and sound of the TV turned to the weather channel in the other room, senses the fundamental disturbance that comes with the testing of the old great plain. No dogs bark. No cars rattle down the cracked suburban asphalt. There is only the thudding of his heart in his bandaged arm and the sound of the clouds approaching.
ジャックは深い眠りから目覚めた。中西部の夏の嵐の日にもたらされる、唸るような雷が轟いていた。それは窓から湿気を運びこみ、分厚く不快な暑さが通りを満たしている。時計は午後2時24分を指し示す。外の世界は深い闇の色相に包まれていた。厚い灰色の雲の影が、ダムから水を放流するかのように、空に波打つ壁を形成している。窓を叩きつける雨は見えなかった。ジャックはそれが何を意味するかを生来の感覚で深刻に認識するようになる。彼はまだ自分のベッドで横たわっていた。ブライト家の次男はトウモロコシ畑をひゅうと吹き抜ける風を感じた。遊び盛りの子供たちの声が聞こえる。別の部屋では、天気予報にチャンネルを合わせたテレビが音を漏らしている。古代の大平原により試練を課され、根源的な不安を感じていた。犬は吠えない。郊外のひび割れたアスファルトの下で、車がガタガタと音を立てることもない。包帯を巻いた腕の中では、心臓の鼓動だけが振動する。近づいてくる雲の音が聴こえていた。

Mikell is at his bedside, absentmindedly picking under his fingernails with his pocket knife. He sees the ember glow of a lit cigarette hanging from his mouth.
マイケルはベッドのそばに座っていた。爪の内側をポケットナイフであてもなく削っている。火のついた煙草が口端に咥えられ、残り火が瞬いているのを見た。

"I told you." Mikell growls under his breath, and the past two days hit Jack like a truck. "I told you to keep her safe. I told you."
「言ったはずだ」マイケルは息を唸らせ、この2日間のことをトラックの衝突のようにジャックにぶつけた。「言ったはずだ。妹を守れと。俺はお前に言ったはずだ」

The room falls into silence, and Jack grips the sheets tighter. He grimaces for a moment, and looks at the ceiling. Mikell knew where she was. He must have known.
部屋は静寂に包まれ、ジャックはシーツを強く握りしめた。一瞬表情を歪め、天井を見上げた。マイケルは彼女の居場所を知っていた。知っていたに違いないのだ。

But Jack has failed profoundly in many ways in the past six months. So instead, Jack looks back at him and says,
ジャックはこの半年間、様々な点で大いに失敗を繰り返してきた。だから代わりに、ジャックは彼の元に振り返ってこう言うしかなかった。

“Don’t smoke in the house.”
「家の中で吸うなよ」

Mikell looks at him, takes a long, slow inhale, removes the cigarette, and exhales the smoke pointedly into the air.
マイケルは弟を見た。ゆっくりと長い時間をかけて吸いこみ、煙草を唇から離すと、当てつけるように煙を空気中へと吐き出した。

“Asshole.” Jack croaks. He feels like a grey scale; weak, sick, hurting, empty and strange, but no longer floating. Mikell takes another drag on his cigarette and leans forward, elbows on knees.
「クソ野郎」ジャックは噛み殺すように言った。モノクロに見えていた。脆弱で、病んでいて、傷ついて、空っぽで奇妙だが、もはや漂ってはいなかった。マイケルはタバコをもう一本引き抜いた。前屈みになり、膝に肘をついている。

“You were really out this morning.”
「今朝、お前は本当に死にかけていたんだ」

Jack squeezes his eyes shut. He had been hoping they wouldn’t talk about this, especially not with Mikell. His older brother removes the cigarette and exhales smoke thoughtfully, looking at the floor. Jack holds his breath. He doesn’t want to talk about it. He isn’t sure that Mikell wants to talk about it, either, in the solemn way that his father wouldn’t. Wind rustles the soybeans behind their house and disrupts the neighbor’s wind chimes. It’s a cold wind in a stark heat.
ジャックは目をきつく閉じる。特にマイケルには、この話はしないでほしいと思っていた。兄は煙草を取り出し、床を見つめ考えこんだ様子で煙を吐き出す。ジャックは息を止める。そのことを話したくないのだ。彼は、マイケルが父が取らないような厳粛な態度でそのことについて話したいと思っているのかどうかすらわからないでいた。風が家の裏の大豆をさらさらと鳴らし、隣家の扉に飾られた風鈴の音色を乱す。酷暑の中での冷たい風だった。

“Sit up.”
「起きろ」

Jack complies, surprised at the searing pain his arm makes when he puts pressure on it. It didn’t feel real when he did it; it felt real now.
ジャックは従うが、腕への圧力が激しい痛みを引き起こしたことに驚いた。彼が切りつけたときに、痛覚を現実的に感じることはなかったのだ。たった今、やっとのことで痛烈に感じていた。

Where’s TJ?
TJはどこにいったんだ?

Mikell transfers his cigarette from his right hand to between the middle and index finger on his left, and slaps him.
マイケルは右手に持った煙草を左手の中指と人差し指の間に移し、弟の頬を叩いた。

Jack reels back out of surprise, then immediately throws off the blankets and bolts up to meet his brother eye-to-eye, world swimming gently as he does so— he's a bit out of breath and off balance, but after a moment of wavering, his eyes bring Mikell into focus, and he feels his own breath boiling hot in his throat with rage,
ジャックは驚き混乱したが、その後すぐに毛布を跳ね除けて、真っ直ぐに兄を睨みつけた。そうすると世界が穏やかに浮かんで  彼は少しの息切れを起こし、バランスを崩す。一瞬ふらついたあと、瞳は再びマイケルを映した。怒りで喉の中に空気が熱く沸騰しているように感じ、衝動的に言葉を発した。

“Hey! What’s your fucking problem?!”
「ふざけんな!何が言いたいんだよ!?」

“You’re my fucking problem.” Mikell takes a drag from the cigarette. “What the fuck do you think you’re doing? You think I have the time for your melodramatic shit?” Smoke comes out of his mouth hot as his words. Some ash falls into the carpet.
「お前が俺の中で1番に厄介な問題だってことだ」マイケルが煙草を吸う。「一体何を考えているんだ?かまってちゃんのメロドラマに付き合ってる暇があるとでも思ってんのか?」 口からは煙が吐き出される。彼の言葉と同じくらい熱い。灰がカーペットに落ちる。

“I don’t know, maybe if you were ever here you’d have the time for it.” Jack feels the familiar heat of frustration rising in his chest. Mikell laughs and shakes his head, smiles, and takes another drag on his cigarette.
「わからないよ。けど、もしお前が家にいてくれたら、時間を稼げたかもしれないだろ」ジャックは彼の胸の中に苛立ちの熱を感じていた。マイケルは嘲笑い、首を振る。微笑みを浮かべ、煙草にまた火をつけた。

“Look, Jack, I love you just as much as the next guy.” Mikell starts, voice deep and sarcastic, scraping the edges of his tenor register. “But our sister's gone now, too, and you know, that might be a problem, you know? Say, did you consider that, huh? Did you even try when they came to take her? Did you even care?"
「聞けよ、ジャック。俺は隣人を愛するようにお前のことを愛しているんだぜ」マイケルは話し始める。声色は低く皮肉めいていて、テノールの音域の一番低いところで弦を爪弾いたような声だった。「だが、妹ももういない。それが問題になるかもしれないってのを考えたことがあるか?大体な、お前はをちゃんとものを考えて行動しているのか?なあ?妹が連れて行かれそうになったとき、何か抗ったのか?せめて一矢報いようとする意思を見せたか?」

"Don't you try to tell me I don't care about them!" Jack screams, anger boiling over. Mikell's face contorts into a look of humor and surprise.
「何もできなかったなんて言わないでくれよ!」ジャックの怒りは沸騰し、叫んだ。マイケルの表情は滑稽と衝撃の感情で歪んでいた。

"Well, I mean, you sure don't act like you care. You don't really act like you care about anything, actually, so maybe if you really don't-"
「そうだな、何もできなかったようには見えないな。できない演技をしているわけでもない。つまりお前にゃ荷が重すぎたと  

“-You don't fucking understand"
「お前は何も、何もわかっちゃいない
  —」

“Oh, fuck, I don’t understand you. That’s right. No one understands you.” Mikell pushed him back, getting ash on his shirt. “Poor you. You know, I think it’s always been about you, you know that?!”
「ああ、そうだよ。わからねぇよ。その通りだ。誰もお前をわかってくれはしねぇよ」マイケルは彼を押し返す。シャツに燃えかすを散らした。「可哀想にな。俺はいつだってお前のことを考えてたんだ。まあ、お前にとっちゃどうでもいいことだろうがな!?」

“All about me?” Jack guffawed, blood boiling. "You know, I think that's pretty funny that you say that, you know, since you've been gone all this time and I've been trying to handle both of them at once. I don't know, just a thought here; maybe if you cared you would actually be here at all."
「僕のことを考えてた?」ジャックは笑い出した。血液は沸騰していた。「とんだお笑い種だな。お前がいなくなってからずっと僕は、たった1人で弟と妹を守ろうと努力してきたんだ。事実かどうかは知らないけどさ、ふと思ったよ。もしお前が僕を気にかけてくれてんなら、家にいてくれてもいいはずだったろう」

Mikell laughed. “Oh, shit! I forgot I was actually doing something. You might want to try that."
マイケルは嗤った。「はは、その通りだな!俺はどうやらやるべきことを忘れちまってるみたいだ。思い出させてくれよ」

“You know what? That’s fine. Fuck you.” Jack grabbed his backpack and threw open the dresser. “Fuck you. You wanna play that shit? Fine.”
「もういい、十分わかったよ。畜生」ジャックはリュックをひったくり、箪笥を開けた。「おいおい、お外に遊びにでも行くつもりか?随分と元気なこって」

“What do you think you’re doing?”
「一体何がしたい?」

“What does it look like I’m doing?” Jack threw some clothes on and extras in the pack and pulled on a pair of discarded worn sneakers. Thunder boomed in the distance. Mikell laughed again.
「何をしているように見える?」ジャックは服を予備の分までリュックに放りこみ、捨てられて擦り切れたスニーカーを履いた。遠くで雷が鳴り響いている。マイケルはまた嗤った。

“You’re fucking stupid. You’re a fucking stupid, impulsive little brat, you know that?”
「お前は救いようのない馬鹿だな。馬鹿で軽はずみなクソガキだ。自分が何をしてるのかわかってるのか?」

Jack grabbed the bag and swiftly walked to the kitchen, throwing open cabinet doors. Granola bars, water bottle.
ジャックはバッグを掴むと、キャビネットの扉を開けてキッチンへと振り払うように歩いて行く。グラノーラバーと水筒を手に取った。

“Oh, shit! He’s running away!” Mikell snarled, leaning on the counter, exhaling cigarette smoke into open air. “Better call the fucking police, folks, he’s a walking menace. Look at that. He’ll fuck you up just as soon as he stops fucking himself up.” Cabinets slam shut. Jack’s breathing comes in hot, ragged breaths, and Mikell continues in a slow, angry drawl. “That’s right folks, man of the hour. Look at this melodramatic little shit. Spineless fuck, that’s what he is.”
「マジか、逃げだしたかよ!」マイケルはカウンターにもたれかかり、煙を吐きながら怒鳴った。「警察を呼んだ方がいいな、奴は歩く危険人物だ。見ろよ。ご自分を虐めるのに飽きればすぐにこっちに牙を剥いてくる」キャビネットを叩きつけるように閉めた。ジャックの息は熱く、荒い呼吸を繰り返している。マイケルは怒りを孕んだゆっくりと不明瞭な口調で続けた。「まったく、これからは一躍時の人だな。見ろよ、このメロドラマ気取りのお子様をよ。腰抜けってのはこいつのためにある言葉だ」

Before he can stop himself, Jack whips around and throws a punch directly at his older brother’s face; Mikell catches his clumsy throw by the wrist and twists sharply, sending him slamming onto the ground.
彼が止める前にジャックは素早く動き、兄の顔に直接拳を突き付けた。マイケルは素人の一撃を手首を掴むことで静止し、強く捻り上げ、地面へと叩きつけた。

“Oh, fuck, folks, he’s fighting! We got ourselves a fighter! Damn!” Jack closes his eyes sharply and lets his back take the impact of hitting the kitchen floor. Mikell is on his feet now, cigarette discarded, hand still around Jack’s wrist; Jack grabs his arm with his other hand and pulls sharply. Mikell crashes to the ground just as the tornado sirens start, taking off in shrill, sweeping tones that roll over the prairie like a flood. Jack spots something he hadn’t before, on the table a few feet away, above his head- a heavy looking grocery bag. The smaller of the oldest bright brothers wiggles free from his brother’s grip just as Mikell has time to reorient himself and grab his ankle; Jack awkwardly hits his arm with his other boot, thankful for the first time in his life that they’re steel toed, and makes a go for the blunt object, not really knowing what to do with it-
「おお怖い怖い、まさか戦う意志を見せるとはな!俺も自分の手を汚さなきゃならなくなっちまった!」ジャックは強く目を閉じ、キッチンの床に叩きつけられた衝撃を背中に受けた。マイケルは煙草を捨て、ジャックの手首に手を回したままで今は立ち上がっている。ジャックはもう片方の手で兄の腕を不意に掴み、思いきり引っ張った。マイケルは竜巻の警報音が鳴りはじめると同時に地面に衝突し、けたたましい音が響く。その音はまるで大草原を洪水が転がり落ちていくかのようだった。ジャックは、数フィート離れたテーブルの上に、今まで見たことのない何かを見つけた。彼の頭上に  重そうな、食料品を入れる袋があった。マイケルが体勢を立て直して足首を掴むと、ブライト家の小さな次男は兄の拘束から身を捩らせてそれを抜け出した。ジャックは慣れない様子で兄の腕をブーツで殴りつける。爪先が鋼でできていたことを生まれて初めて感謝した。鈍器で打ちのめそうと振りかざすが、その後どうすればいいのかわからないでいた  

But the bag is heavy in his hand. Heavy and clunky- it’s a metal box inside, labeled with a thousand numbers and codes and “IN TRANSIT” stamped on the front, but before he can slide the lock and yank it open he hears the click of a gun, and turns to see his older brother standing, no longer smiling and laughing with rage. Still, calm. Both hands on one revolver, his older brother backs him up until Jack’s back is pressed against the wall of the kitchen. Jack realizes with stunning clarity that he has crossed a line, and decides with the same stunning clarity to cross it further, driven with rage and the thin electric wire shooting pain into his thoughts and driving his body to self destruction.
袋は彼が持つには重すぎた。重くて不恰好で  金属製の箱の中に入っていて、1000桁の番号とコードが書かれたラベルが貼られていた。前面には「輸送用」と刻印されている。彼が鍵を開ける前に、銃のカチリと鳴る音を聞いた。振り向くと、兄が立っているのが見えた。怒りによる微笑みも嘲笑も、その顔から消えていた。まだ、平静でいられる。両手でリボルバーを握りしめる。兄は、ジャックの背中がキッチンの壁にぶつかるまで追いこんだ。ジャックは一線を越えてしまった事実を驚くほど明確に悟り、さらにそれを越えていくしかないのだということを、同じように決意していた。怒りに駆り立てられる。細い電線が彼の思考に痛みを撃ち込み、自己破壊へと向かう。

“Put it down.” Mikell growls. His fingers are steady on the gun; it’s pointed, direct, confident. There’s a moment of silence as sirens sweep back up into a pitching howl.
「下ろせ」マイケルは低く唸った。指は銃の引き金にかけられている。固定され、真っ直ぐで、自信に溢れていた。沈黙の瞬間があった。一瞬を警報が払い除け、遠吠えのように響く。

“What, this?” Jack swings the lock box up; something metallic clatters inside. “What are you gonna do? Shoot me? You seemed pretty obsessed with me living a few minutes ago.”
「これは、何だ?」ジャックが鍵のかかった箱を振った。金属製の何かが内部でカタコトと音を立てている。「お前は何がしたい?俺を撃つか?ほんの少し前まで、俺の態度のことで頭がいっぱいだったようだが」

“Jack.” Mikell is solemn and clear. “You don’t understand.”
「ジャック」マイケルの声は真摯な色で、はっきりと響いた。「お前は解っていない」

“What did you do with TJ?” Jack demands. Clearly he has some leverage here.
「TJに何をした?」ジャックは詰問する。彼は今この場所で、明らかに何かしらの影響力を持っていた。

“Damn it, Jack, he’s fine!”
「いいか、ジャック、TJは大丈夫なんだ!」

“You took him away, didn’t you!” Jack’s ears ring; he knows what Mikell’s done. “You took him to that…that place!”
「お前がTJを連れて行った、そうなんだろ!」 ジャックは耳鳴りに襲われる。マイケルが何をしたか知っている。「お前はTJを連れて行った…あんな場所に!」

“Jack.” Mikell keeps the gun trained on him. “Put that down. Now.”
「ジャック」マイケルは銃の標準を捉え続けている。「そいつを下ろせ。今すぐにだ」

There’s a moment, as Jack Bright looks down the barrel of his brother’s gun, that he becomes aware of the weight of the box in his hands- the heavy, important feeling, the godlike divineness, the strange, prophetic kinship- all this and rage drives Jack’s thumb to the latch and the latch to the left and the top of the iron box open on welded hinges.
ジャック・ブライトが兄の銃を見下ろしている時、手に持った箱の重さに気づく瞬間があった  重量感、重要な感覚、神性、奇妙で、予言を想起させるような  このすべての体感と怒りとが、ジャックの親指を掛け金へと駆り立てた。掛け金を左に。鉄の箱の上部は溶接された蝶番となっており、開くことができた。

Mikell’s gun jams.
マイケルの銃は弾詰まりを起こしていた。

He hears it go off, and it’s in this moment that Jack no longer cares about the mud-caked ornate amulet approximately 15 centimeters in circumference made from white gold, with thirteen (13) ██k brilliant-cut diamonds surrounding a ██k oval-cut ruby in a starburst pattern presenting itself to him from inside the shoddily locked box. Mikell’s eyes widen. The silver ivory creature in his brother’s grip has never jammed and will never jam again, and Mikell, understanding the weight of this cosmic decision, does not shoot as Jack thinks he will, instead lowering the gun, one slow, creeping inch at a time, until it is level with his leg. Mikell looks at him a long, careful second- and makes a decision of his own.
彼は暴発の音を聞いたが、この瞬間、ジャックはもう気にかけてはいなかった。泥だらけの円周およそ15センチ程の、白色金で作られた、卵型にカットされた███カラットのルビーの周囲に、13個の█カラットダイアモンドがブリリアントカットで、星形に飾り付けられているそれが粗末な鍵のかけられた箱から姿を現したのだ。マイケルの瞳が見開かれた。弟が握っている銀の象牙の生き物はこれまで1度も詰まったことがないし、2度と詰まることはないだろうと思われていた。そしてマイケルは、この宇宙の決定の重さを理解した。彼が思うようにジャックを撃つようなことはなかった。銃を下ろす代わりに、ゆっくりと、1インチずつ身体を動かし、足元と同じ高さになるまで動き続けた。マイケルは長い間弟を見ていた。2度の躊躇いの後  自身の決断を下した。

It’s in this moment, and the moments that follow- when the tornado sirens shriek up into the sky and down to the ground just as Mikell orders him out onto the street and he drops the metal box onto the tile floor and takes off into the stormy world outside- that Jack knows he cannot die, and somehow becomes complete, a fully developed person, like a his brother’s guns or his sister’s cows.
それはこの瞬間、そしてその後に続く瞬間  竜巻の警報が空に向かって金切り声をあげ、他に伏せたときと同じように、マイケルは通りに出るよう彼に指示する。金属製の箱をタイルの床に落とした。嵐が巻き起こる外の世界に飛び出すとき  ジャックは自分が死を迎えることができなくなっていると知っていて、どことなく完成した、完全に成熟した人間になれたような気がした。兄の銃や、妹の牛の群れのように。


14

In another life, not far away from here, it takes the wound a moment to bleed.
ここからそう遠くない別の世界では、傷口から瞬く間に血が流れ出している。

There’s a moment as Jack Bright, level 2 researcher, looks onto the metal pole impaling his abdomen, that everything remains in suspense. Briefcase open, artifact rolling to a stop against his skin. He moves his head a little to the side as it gleams. His body settles. The florescent light shines.
レベル2の研究員であるジャック・ブライトが、腹部を貫いた金属の棒を見つめる瞬間があった。すべてがサスペンスのまま静止している。ブリーフケースが開いており、中から転げ落ちたアーティファクトが肌に触れる感覚がある。輝きを目の端に捉え、頭を少し横に動かした。彼の体は落ち着いていた。蛍光灯が瞬いている。

It takes the wound a moment to bleed.
傷口から、瞬く間に血が流れ出す。

There’s a moment, as blood wells from his snapped body and soaks through his stiff button up shirt, that Jack begs not to live in a forceful, horrid way he hasn’t before, not with all the days of summer slipping through his fingers and smearing together in an ugly heat, no, Jack Bright has never been more sure in his life that he is not wanted then he is in this moment in October of 1973. Not with the days unable to move from bed, not with the rain coming down on the concrete, not with the night with the razor or the sound of the radio on low singing an endless, melancholy song, nothing has changed, and nothing will change. Jack is still nothing. Jack is still no one.
折れ曲がった体から大量の血が流れ出て、襟元までボタンを止めたシャツを浸す瞬間があった。ジャックは、今までに経験したことのない恐ろしく終わりのない生を謳歌することがないよう、夏のすべての日々が指の間からすり抜けてしまわないよう希う。醜い暑さの中、汚れは広がっていった。いや、ジャック・ブライトは確信していたのだ。1973年10月、この瞬間まで、自分が見捨てられたことはついぞなかったということを。ベッドから動けない日があっても、コンクリートの上に降り注ぐ雨があっても、剃刀を腕に突き立てた夜があっても、ラジオが憂鬱な曲を低音で果てしなく鳴り響かせていても、何も変わりはしなかったし、これからだって何も変わらない。ジャックにはまだ何もない。ジャックはまだ何者でもない。

The amulet glimmers in the florescent light, and in a moment, with the first leaves falling from the trees outside, Jack is not Jack anymore.
首飾りが蛍光灯の光に照らされちらりと輝いた。瞬く間に外の木々から最初の葉が落ち、ジャックはもう、ジャックという存在ではなくなったのだ。


15

The Present
現在

Secure instant message log between Dr. Charles Gears, North Eastern Region Research Director, and Dr. Jack Bright, multi-site Director: Beginning Date: 12/24/16
北東部地域研究管理者であるチャールズ・ギアーズ博士と、複数のサイトの管理者であるジャック・ブライト博士との間で行われた機密のインスタント・メッセージログ。開始日: 12/24/16

Director Bright | 20:11
ブライト管理者 | 20:11
Gears
ギアーズ
Are you up
起きてるかい

Dr.Gears (Шестерни) | 20:35
ギアーズ博士 (Шестерни) | 20:35
Addressing a minor disturbance in the lab, please stand by.
研究室で起きた些細な騒動に対処しています。少々待機の時間を求めます。

Director Bright | 20:45
ブライト管理者 | 20:45
Damn it
クソったれ
My plane leaves in 15 min
私の乗る飛行機は15分後に飛び立つんだぞ
We’ll talk when I get to Omaha
オマハに着いたら話すか

Director Bright | 01:23
ブライト管理者 | 01:23
Fuck
畜生
Okay well
やっちまった
I made it but can’t catch my connecting
試してみたんだが、乗り継ぎ便に間に合わなかったよ
everythings grounded
皆閉じ籠ってやがる
snowstorm
吹雪だ
nothing like site 19 snowstorms but enough to keep everyone down
サイト19の吹雪には及ばないが、飛行機を止めるには十分なやつ
Are you there
見てるか

Dr.Gears (Шестерни) | 01:30
ギアーズ博士 (Шестерни) | 01:30
Yes.
はい。
Holding tank malfunction. Unfortunate damage
貯蔵タンクが不具合を起こしました。不幸な損傷です。

Director Bright | 01:30
ブライト管理者 | 01:30
What do you mean by unfortunate damage
不幸な損傷ってのはどういう意味だ
Youre worrying me here
厄介ごとか?

Dr.Gears (Шестерни) | 01:30
ギアーズ博士 (Шестерни) | 01:30
Major damage. I'll repair it today.
主要部分が破損しています。今日中に修理します。

Director Bright | 01:31
ブライト管理者 | 01:31
Anything out?
他には?

Dr.Gears (Шестерни) | 01:31
ギアーズ博士 (Шестерни) | 01:31
Yes. Momentarily.
そうですね。今のところ。
Unfortunate severity
不幸な事態

Director Bright | 01:31
ブライト管理者 | 01:31
Gears
ギアーズ
What do you mean by unfortunate severity
不幸な事態ってのは?

Dr.Gears (Шестерни) | 01:31
ギアーズ博士 (Шестерни) | 01:31
Moderately severe
通常の出来事です

Director Bright | 01:32
ブライト管理者 | 01:32
Shit
クソ
Well
まあ
I was hoping to be back next week and if I can catch another flight out tomorrow I might be able to make it
来週には戻りたいと思っていたんだが 明日の便に乗れば間に合うかもしれない

Dr.Gears (Шестерни) | 01:33
ギアーズ博士 (Шестерни) | 01:33
I would not be optimistic. It's a snowstorm here as well.
楽観視はできません。こちらも吹雪です。
Typical Siberian snowstorm, but the cold is also unusually severe
典型的なシベリア吹雪ですが、寒さも異常に厳しい
If you were able to fly to London and then into Moscow as planned you wouldn't be able to fly to the site until it warms slightly
予定通りにロンドンに飛んでモスクワに行けたとしても、少し暖かくなるまでサイトには飛べないでしょう
We've been having mechanical failures. Nothing with the chambers, but the outer doors are suffering some problems. The latest supply shipment was a close call
機械的故障が発生しています。格納容器に異常はありませんが、外側のドアのいくつかの問題に悩まされています。最近は補給船の出荷が逼迫している状況です

Director Bright | 01:35
ブライト管理者 | 01:35
Damn I was only gone for two months and the place is falling apart
ここにゃまだ2ヶ月しか居ないってのに、既に崩壊しかけてる
Stop typing it was a joke
入力をやめるってのは冗談だ
Still I was hoping to get back
帰りたいよ

Dr.Gears (Шестерни) | 01:37
ギアーズ博士 (Шестерни) | 01:37
You aren't required back for another two weeks
もう2週間は帰還する必要はありません
I was expecting you to spend more time at 88, personally
個人的には、88でもっと時間を消費すると想定していたのですが
Is there something you need to attend to?
何か留意する点はありますか?

Director Bright | 01:37
ブライト管理者 | 01:37
Yeah well
ああそうだな
Look
聞いてくれ
On a personal note I'm you know
個人的なことだが
winding down into an episode again
やるべきことがまた終わりに近づいてる
You know how it is
君はこれがどういうことかわかるだろ
I'd rather be in a psych ward I know if I have to be out of commission for a little bit
仕事を請け負えないよりか精神病棟に入る方がマシなんだ

Dr.Gears (Шестерни) | 01:38
ギアーズ博士 (Шестерни) | 01:38
I see.
承知しました。

Director Bright | 01:38
ブライト管理者 | 01:38
Yeah sorry
いや、すまない
That was weirdly personal
こいつは私の厄介な性でね
Shit hit the fan at site 27 and I'm fucking exhausted like holy shit you wouldn't believe
サイト27でファンに鉢合わせた 本当に疲れ果てたんだ 信じられないだろうがな
Like fuck
うんざりだよ

Dr.Gears (Шестерни) | 01:39
ギアーズ博士 (Шестерни) | 01:39
I see no problem with you seeking comfortable aid if you are feeling unwell, Jack.
体調が優れないようでしたら十分な援助を求めるのは問題ない行為であると思いますよ、ジャック。
Where are you? Omaha?
どこに居るのです?オマハですか?

Director Bright | 01:39
ブライト管理者 | 01:39
Nebraska yeah
ああ、ネブラスカだよ
Only like
手段としてだ
An ocean away
海を避けて
I could try flying up through Canada and take the Alaska route but
カナダを経由してアラスカルートで飛んでみるのもいいだろうが
If you guys are snowed in than the Barrow port won't be much better
バロー港よりも酷い大雪に覆われた場合を想定したら、それが最善だってこともないか

Dr.Gears (Шестерни) | 01:40
ギアーズ博士 (Шестерни) | 01:40
A reasonable assumption
合理的な判断を

Director Bright | 01:41
ブライト管理者 | 01:41
Hopefully it won’t be that bad and I’ll just need a few days
うまくいけばそんなに悪くはならないだろうし、数日で済むはずだ
A few days rest and I can let it blow over
数日の休息で、発作を鎮めることもできる
It’s not as bad as it used to be but sometimes I miss my meds
昔ほどじゃないがな たまに薬が恋しくなることがあるんだ

Dr.Gears (Шестерни) | 01:41
ギアーズ博士 (Шестерни) | 01:41
Again, reasonable.
繰り返します、合理的な判断を。
Nebraska
ネブラスカにいるのですね

Director Bright | 01:42
ブライト管理者 | 01:42
Charlie i fucking swear to god dont do it
チャーリー、神に誓ってやめてくれよ

Dr.Gears (Шестерни) | 01:42
ギアーズ博士 (Шестерни) | 01:42
Don't you have family there?
そこには家族がいるのでしょう?

Director Bright | 01:43
ブライト管理者 | 01:43
Fuck you did it
やめろっていっただろ
Shit
くそ
Yeah
そうだよ
I do
いるさ
I was avoiding that option
その選択肢は避けていたんだ
But my brother still lives here
兄はまだそこに住んでる
He owns our old house and a ranch
あいつは私たちの古い家と牧場を所有してる
Hometown is like an hour away
故郷にはここから1時間で着く

Dr.Gears (Шестерни) | 01:44
ギアーズ博士 (Шестерни) | 01:44
Could you stay there?
泊まることはできないのですか?
Until you can fly.
飛行機が飛べるようになるまでの間
To be perfectly honest, Jack, I would be more comfortable knowing you were staying in a Foundation connected area
すべて率直に述べますと、ジャック、私は貴方が財団の管轄下に置かれたエリアに滞在しているという事実を把握できている方が気を楽にできます
I'm wary of hotels in your situation, considering the amulet and your potential to self terminate in this state of mental health
貴方の今の状況でホテルに泊まることを警戒しているのです。首飾りと貴方がこの精神衛生の中、自己終了する可能性を考慮すると

Director Bright | 01:46
ブライト管理者 | 01:46
Omg could you imagine
おいおい、ありありと想像できるぞ
Me
私がだ
Showing up at his ranch
あいつの牧場に突然現れる
At 3 am
それも午前3時に
on christmas
クリスマス当日と来たもんだ
Youre a funny guy Charlie
お前は本当に面白い男だな、チャーリー

Dr.Gears (Шестерни) | 01:46
ギアーズ博士 (Шестерни) | 01:46
You seem hesitant.
躊躇っているようですね

Director Bright | 01:47
ブライト管理者 | 01:47
Okay so like how do I put this
どうすればいいんだよ
Mikell is one of /those/ people when it comes to mental health
精神衛生のことを言いたいなら、マイケルはその/原因/のうちのひとつさ
I dont know if hes still like that but he was when we were younger
今でもあいつがああなのかは知らないが、私たちが若い頃はそうだった
Maybe I could just not tell him but if something happens
多分あいつには話さない方がいいのかもしれないが、もし何かあったら
You know how I get Charlie
私がどうなるか知ってるだろ、チャーリー
And plus quite honestly I havent been home since I left when I was like
それにな、正直言って、家に帰ったことがないんだ 子供の頃に飛び出して以来な
Fuck
くそ
18 I think
18歳の頃だったかな
it was kinda funny actually like looking back. How I left I mean
思い出してみるとなんだか笑えてくるよ どうやって出て行ったのか
if we were adults then I think we could have handled it better but we were both young and kind of in rough patches
もっと大人だったら、うまく処理できていたんだろうな だが私たちはお互いにまだまだガキで、いわゆる人生の難局にぶち当たっていた
tl;dr: there was a lot of frustration and depression and testosterone and also some other stuff that happened
欲求不満で、鬱に悩まされて、それでもテストステロンは分泌されて 他にも色んなことが起こったよ
but familys family I guess
でもな、結局は家族だ 家族なんだよ

Dr.Gears (Шестерни) | 01:50
ギアーズ博士 (Шестерни) | 01:50
You aren't presenting any evidence not to.
貴方は行動を起こさないという証拠を提示できていません。
How far away is it?
どれほどの距離があるのですか?

Director Bright | 01:50
ブライト管理者 | 01:50
Like an hour out from here I think
ここから1時間のところにあるよ
I'll take a taxi
タクシーでも捕まえようと思う
Shit this should be fun
随分と面白くなるぜ
I only ever see him at family stuff really
ただあいつと家族として会いたいよ 本当に
Hey shit that reminds me
そうだ、こんなことを話してたら思い出したよ
How's TJ?
TJの様子はどうだ?

Dr.Gears (Шестерни) | 01:51
ギアーズ博士 (Шестерни) | 01:51
Alright.
はい。
I haven't heard anything to indicate to me otherwise, but there haven't been any tests this winter, so I would not know. That would be more Agatha's realm.
私は示されたこと以外は何も聞いていませんが、この冬は何のテストもしていないことは把握しています。それはアガサの領域となるでしょう。

Director Bright | 01:52
ブライト管理者 | 01:52
Yeah I know but shes asleep like all the other normal people on site so I can't annoy her
ああ、それはわかってるが 彼女はサイトで他の一般職員たちと同じように眠ってるだろうから 困らせることはできないだろ
Look I'm gonna loose connection when I leave the airport here in a few minutes
ああ、空港を出て数分後には通信が途切れそうだ
Thanks for helping
協力に感謝するよ

Dr.Gears (Шестерни) | 01:53
ギアーズ博士 (Шестерни) | 01:53
Yes.
ええ。

Director Bright | 01:53
ブライト管理者 | 01:53
You don't need to repair that holding tank today if you don't want to
そうだ やる気が出ないってんなら、その貯蔵タンクは今日中に修理なんてしなくてもいい
As long as the thing is moved to one thats okay and its not gonna break a second one
取り外して別のものと付け替えさえすれば、2番目が壊れることはないはずだ
Its christmas like what the hell
最悪なクリスマスだな
Take it easy
気楽に行こうぜ

Dr.Gears (Шестерни) | 01:54
ギアーズ博士 (Шестерни) | 01:54
I appreciate the sentiment, but I am not one for festivities.
有難い提案ですが、私は祝祭を過ごすのには向いていない人間です。
Although I encourage you not to strain yourself today either, especially considering your health.
今日も無理をしないことを勧めます。特に貴方の体調を考慮すると。

Director Bright | 01:54
ブライト管理者 | 01:54
Yeah
ああ
Thanks
ありがとう
Hey keep me updated on the mechanical problems
なあ、機械の問題について、私に最新の情報を知らせてくれ
And you know
わかってるだろ
Everything else
他のこと全部さ

Dr.Gears (Шестерни) | 01:54
ギアーズ博士 (Шестерни) | 01:54
As always.
いつものように。

Director Bright | 01:55
ブライト管理者 | 01:55
Yeah, as always.
ああ、いつものようにな。
Merry Christmas Charlie
メリークリスマス チャーリー

Dr.Gears (Шестерни) | 01:55
ギアーズ博士 (Шестерни) | 01:55
Ditto, Jack.
同上です、ジャック。
Come home soon.
速やかな帰宅を。


16

When Mikell had his first heart attack two days after the Christmas of 2016, it was Jack- dressed in boxers, unshaven and stumbling through a strange but familiar numb stupor- that found him collapsed on the floor of his office in a fetal position. And it was Jack, too, who started acting like himself again after a couple days of sitting on his laptop in his hospital room, bickering and snarking at him as he wished. Mikell liked it. It felt familiar.
2016年のクリスマスの2日後、マイケルは最初の心臓発作を起こした。その時のジャックは  ボクサーパンツ一丁で、ひげを剃ることもなく、ふらついていた。いつもの茫然自失の症状だ  兄が仕事場の床で胎児のような体勢で背中を丸めているのを目にしたのだった。ジャックもまた、数日後には自分らしく振る舞い始めた。兄の病室でノートパソコンの前に座り、好き勝手に口論したり、皮肉を言いあったりしていた。それは彼の望みだった。マイケルはそのやりとりが好きだった。家族の暖かさを感じていた。

O5-4 came to visit him a short while after he had his stent put in, and Jack, being a man with few barriers, bantered and bickered with her, too, as Mikell slipped in and out of a painkiller-laced sleep. It was a while before he realized, fully, that he had guards- people in nurse costumes with guns in their pant legs, people standing outside in black. Someone important is here. Mikell didn't feel important, but then again he never did- the elusiveness of his Overseer position and the protection it required was never something he quite got used to. Jack explained his snow bound situation to them in casual conversation over coffee-stained classified paperwork and his laptop with the secure connection, and Mikell himself fell asleep again (he doesn't remember ever sleeping this much in his life, and it bothers him greatly). Jack types and occasionally sends over a pointed comment about him being old and having to eat bran muffins, and Mikell sleeps and slurs back a couple swear words to let him know he's not fucking nursing home age yet, fuck off.
ステントの処置を行った直後に、O5-4が彼を訪ねてきた。ジャックは自身が障壁の少ない男であるように努めた。マイケルが鎮痛剤を打たれ眠りに落ち、また目覚めるまでの間、彼女と軽口を叩き合ったり口論をしたりしていた。しばらくして、護衛が配置されていることに気がついた  ナース服を着ながらも、脚に銃を隠し持った人間や、外の暗闇に立ち見張りを続けている人間がいる。“最重要人物”の価値とは、つまりはこういうことだった。マイケルは自分自身が重要であるとは感じたことはなく、今回も自覚することはないが  監督者という立場の難しさと、それに必要となる保護は、彼にとって決して慣れるようなものではない。ジャックはコーヒーの染みのついた機密書類と安全な接続が可能なノートパソコンを見ながら、雪に閉じこめられた状況を打ち解けた会話の中で説明し、マイケル自身もまた眠りについた(彼の人生の中で、ここまで深い眠りについた記憶はないという。それは大いに悩みの種であった)。ジャックはタイプし、時折自身が年寄りであるということと、ブラン・マフィンを食べなければならないことについての辛辣なコメントを送信していた。マイケルは眠り、また口汚く罵った。まだ老人ホームの世話になるような歳じゃねぇ、失せろ。

It feels comfortable. His brother is lively and snarky and shaven again and Mikell is pleased to note that he wears short sleeves- it wasn't that bad of an episode, not like the ones in the past that had him out for weeks and left him listless and barley functioning. Jack does not kill this body and does not hurt it. He recovers well, because he's a damn strong person as much as he is a damn asshole. It'll leave him numb, it'll leave him angry. He'll fall behind on his paperwork and live in isolation for half a week. He'll sleep and starve himself and feel nothing, but goddamn, he's no pussy when it comes to stalled neurotransmitters. He's proud of his brother; Brights don't go down without a fight.
気分が良い。弟は体調が良くいつも通り皮肉屋で、ひげはもう剃っていた。マイケルは弟が半袖を着ていることに気づいて嬉しく思った  それほど悪い出来事ではなかった。何週間も休暇をとらされて、すべてに無関心になり、辛うじて生きているような状態になった過去とは違っている。ジャックはこの体を殺すつもりも、傷つけるつもりもなかった。兄は快方に向かっている。彼はクソ野郎ではあったが、それと同じくらい、強い人間でもあったのだ。きっと麻痺が残るだろう。怒りも残るだろう。書類仕事を溜めこんでしまったので、週の半分の間は隔離生活を送ることになる。眠っていたとして、飢えていたとして、彼は何も感じることはない。だが忌々しいことに、たとえ神経伝達物質が滞っていても彼は臆病に振る舞うことはなかった。兄を誇りに思っている。ブライトの血筋は、戦わずして倒れることはない。

It's probably one of the better Christmases Mikell's had since his divorce.
マイケルが離婚して以来、久しく過ごせた穏やかなクリスマスだったのかもしれない。

But it's funny how delicate these things are.
はて、デリケートな出来事だと口を噤むのは随分とおかしなことだ。

The thing about the business is always the delicacy of it. It takes so long, so, so long to build up this narrative, to write this story. It takes pages and pages to make a site. Logs, readings, paperwork. Hundreds of people. Daily communication. Cameras and training simulators. Safety procedures and breach doors. Guns and guns and guns of all different kinds. Shift after shift of guards. Fences on fences on fences, titanium feet thick. Dormitories. People. It doesn't matter when it goes to shit. It never does.
この仕事の問題はいつだってデリケートだった。物語を組み立て、ストーリーを書くには、とても、とても長い時間がかかる。サイトをひとつ作るためにとんでもない手間と労力とがかかった。ログに、数値、事務処理。何百もの人々。日々のコミュニケーション。カメラと訓練用シミュレータ。安全手順と収容ドア。あらゆる種類の銃。警備員の配置変更後の配置の確認。塀の上のフェンス、チタン製の壁の厚さ。寮。職員たち。いつ破綻してもおかしくないのだ。だが、決して破綻させてはならない。

On New Years of 2016, Jack and Mikell do not watch the ball drop. They do not partake in celebrations. Jack is pale and trying to process, ten of his little devices showing ten different readings from one site in Siberia are screaming off the hook. They do not speak to each other. There is no need to speak; they have just transitioned from family business to industry business.
2016年の新年。ジャックとマイケルはタイムズスクェアのボールの落下を見ることはなかった。彼らは祝いの席に参加することはない。ジャックは青ざめて混乱していた。彼の持つ小さな10個のデバイスはシベリアにて10のそれぞれ違った値を示し、金切音をあげている。彼らはお互いに話すことはない。話す必要はないのだ。家族としての関係から、ビジネスにおける関係へと移行していた。

It happens so fast. There's nothing to do. You can call and type and try to get a hold of people on the inside to know what's happening, but despite all of Jack's lockdown orders and overrides and the people that Mikell knows that he's picked for this situation, it all comes down to brute force, like a broken dam. It's a painful way to loose everything. Little mistakes snowball into bigger ones. When you're on the outside, and a breach of that caliber happens, there really isn't much to do but watch the casualty count rise and the electricity go out.
それは一瞬の出来事だった。何もできることがない。電話をかけたりメッセージを送ったりして内部の人々と連絡を取り合い、何が起きているのかを知ることはできるだろう。だがジャックの閉鎖命令の発動や拒否権の行使にせよ、マイケルのような人々がこの状況のために起用されていたにせよ、結局はすべて暴力的な力に頼るしかないのだ。まるで決壊したダムのようだった。全てを失うのは苦痛だ。小さな過ちが、雪だるま式に大きくなる。もし外でその規模の収容違反に居合わせたとき、大抵は立ち尽くすしかない。できることと言えば、死傷者の数が増え続け、電力供給が止まっていくのを傍観することぐらいだ。

And then there really is nothing. Nothing at all.
ここには本当に何もなかった。何もないのだ。

At 3am on January 1st, 2017, Jack sits down and stares at the floor between his feet. He does not cry, but he trembles. Mikell knows his brother is the Director of three sites, but 19 is the largest, the one that he put his blood, sweat, and tears into, the one he spent the most time at, the one he tried to make sure was pristine and functioning on all calibers, always. During the winter season, when the population of the Site is reduced to a "Skeleton Crew" of 1,400 people instead of the usual 4,000 plus those passing through, there's about one item in containment per person.
2017年1月1日午前3時。ジャックは座りこみ、足の間の床を見つめている。彼は涙を見せることはなかったが、その体は震えていた。マイケルは弟が3つのサイトの管理者であることを知っている。その内の1つであるサイト19は最大の規模を持ち、つまりは彼が血と汗と涙を注いだものであり、最も多くの時間を費やしたものであり、初期から常にすべての機能が正常な状態で稼働していることを確認しようとしたものであったのだ。冬の季節の間、サイトの人口は通常の4000人程度から1400人の「必要最小限の人員」に減少する。1人につき1つ程度の封じ込めアイテムが割り当てられることになる。

It's funny how things fall apart like that.
そうやって崩壊していくのは、なんとも愉快な話だ。

Jack is not afraid for himself, although he should be. Because it's funny how things fall apart like that, see, breaches never work out as they should. Not breaches like this, not Tempest Nights.⑦Not the ones where the walls themselves smash open and leave the Siberian winter to form drifts over abandoned lab equipment and cold bodies. Not the ones where lone lightposts throw long shadows over people whispering and hacking off clammy limbs for bait. Not the ones where people spend months isolated 23 floors down because the rescue teams just can't clear the rubble that fast.
ジャックは自分自身を恐れてはいなかった。本当は恐れるべきであるはずなのに。物事が崩壊していくのは、なんとも愉快な話だったから。収容違反を丸く収めるというのはどだい無理な話だ。そういう問題ではない。暴風雨の夜とは違うんだ。壁が崩壊してシベリアの冬をもたらし、放棄された実験装置や心臓の停止した体の上に吹きつける風ではない。一筋の光の柱が人々の上に長い影を落とし囁き、手足を切り落として餌にするような場所でもない。救助隊が早く瓦礫を片づけられないからといって、人々が23階も下で何か月も孤立して過ごすような場所であってはならないのだ。

Never like the safety videos. Never like procedure. All the words and time and effort, all the carefully planned and submitted containment logs and carefully crafted chambers. It doesn't matter when the levee breaks. Maybe it never mattered at all.
予防線を張る行為を好きになることはこれからもないだろう。あの手順が好きになれなかった。すべての言葉と時間と労力、慎重に計画され提示された収容ログと、慎重に作られた格納容器のすべて。堤防が壊れても関係ない。恐らく、それはまったく問題ではなかった。

So six months and several disciplinary hearings later, Mikell Bright watches the containment teams at Site-17 use long, metal tongs to grasp his brother's life in their hands. It slides off easily, over his surrogate's limp neck on a medical examining table. They lift his head with a gloved hand to slide the chain over. They place it in a foam case labeled with 4 different locks and 3 different identification tags- standard procedure- and put it on a plane to a small safe-class site in Thailand, where the case itself slides perfectly into a dark little locker with its number stamped on it. It locks behind him.
半年の間に数回の懲戒聴聞会を経た。マイケル・ブライトは、サイト-17の収容チームが長い金属製のトングを使って、弟の命を掴む光景から目をそらさなかった。首飾りは診察台の上に借り物の体で横たわる弟の弱々しい首から容易に外される。手袋をはめた手で彼の頭を持ち上げ、鎖を滑らせるのだ。それぞれ違う種類の4種類の錠と、3種類の識別タグ  標準的な手順のもの  が付いたケースに入れられ、タイの小規模なsafeクラス専用のサイトへと飛行機で運ばれることとなった。ケースは問題なく運ばれ、番号が刻印された暗い小さなロッカーに入れられる。彼の後ろで鍵がかかる音がした。

Mikell does not cry, but he trembles.
マイケルは涙を見せることはなかった。だがその体は震えていた。

For the first time in Foundation history, there were no survivors. Not a single one of 1,400 people lived. ⑧Some lived to board a helicopter to another site, once the rescue teams could access the carcass of 19, and some even lived to see a Foundation hospital and give an interview of what it was like to chop off their own arm to free it from a locked door, or to be poisoned by a contagious memory, or to see containment wing G explode into tongues of flame with something roaring inside, or to not sleep for days, to live in little camps with other people and survive by lighting files on fire to keep warm, to see the face of the people who started the raid, dead on the ground, to see the carcasses of GOC tanks in predictable hallways.
財団の歴史上初めて、生存者がいなかった。1,400人のうち、生き残った人間は1人もいなかったのだ。救助隊がサイト19の残骸に辿り着くことができるようになり、ヘリコプターに乗って別のサイトに向かうまで生き延びた人間がいた。財団の病院が機能しているのを見て、鍵のかかったドアから自由になるために自分の腕を切り落としたり、伝染性の記憶に毒されることがどんな体験だったのか、インタビューで話すまで生き延びた人間もいた。あるいは、収容G棟の内部で何かが轟音を立てて多くの火の手が上がり爆発する現象を見た。また、何日も眠らないでいた。他の人々と共に小さなキャンプで暮らし、暖を取るためにファイルに火をつけて生き延びていた。強盗を働き秩序を失った人間の顔を見た。地面に横たわる人間の死骸を見た。廊下に打ち捨てられた、GOCの亡骸となった戦車を見た。

So Mikell likes to imagine that it's like sleeping, or a deep meditation. That was what it was like to be dead in the way that Jack was. He likes to imagine that his brother is INERT, as his logs put it, because he was the only survivor, because he wasn't on site at all, and that's why the blame fell on him. Was it fair? No. Was it for the best?
マイケルは、眠りにつくように想像したり、深い瞑想に落ちることが好きだった。それはジャックの死に様と似ていた。彼は過去のログにあるように、兄が病床に居たことを想像するのが好きだった。なぜなら兄は唯一の生存者であり、現場にいなかったからだ。だからこそ非難は彼に降りかかった。判断は公平だったか?違うだろう。それが最善の選択だったのか?

Maybe.
多分な。

His brother did not function well after the 4th month of the 19 fiasco. He did not do well in a humanoid containment cell, and Mikell knew this was because he was a child with olive skin and curly black hair that belonged back in Nebraska under clear skies and open cornfields. They tried to paint him as INCOMPETENT, and maybe he was, by the end; tired and frustrated as he was. And that was why Mikell had voted 'Aye' when the "formal containment of the Site-19 director" vote came up. Because after all that, it really was for the best. If they were trying to be humane, and Jack was no longer eating, no longer thriving, no longer living in a profound way that Mikell hadn't seen his brother before in all the years he'd known him— then why force him to try?
弟は、サイト19の大失態から4ヶ月が経ったあと、正常に機能しなかった。彼はヒューマノイド格納庫の中では機能できなかったのだ。マイケルは、弟がオリーブ色の肌と癖毛の黒髪の子供で、ネブラスカの澄んだ空と広大なトウモロコシ畑の下にいるのが似合っていたからだと知っていた。彼らは弟に無能の烙印を押そうとした。結局のところ、恐らくそれは当たっていた。彼は疲労と行き場のない感情を抱え過ぎていたのだろう。だからこそ、マイケルは「サイト-19管理者を正式に収容するか否か」の投票を求められたとき、「賛成」に投票したのだ。あれだけのことがあったあとにおいて、それが本当に最善の行為だと思われたからだ。もし彼らが人道的であろうとしていても、ジャックがもはや人としての食事を摂ることはなく、繁栄はなく、生きていると定義することはできないだろう。これまでの弟を知っていて尚、マイケルは彼に面会することはなかった  なぜ彼らはそのようなことを強いたのだろうか?

(Do you have any family history of depression? The doctor in the ER asked Jack Bright as his older brother lay sprawled on a gurney)
(うつ病の家族歴は?ERの医師は、ジャック・ブライトに尋ねた。兄が担架に力無く横たわっている)

So a few years later, when Mikell Bright had his second heart attack, he was alone, and not so lucky. Because karma's a bitch. Because these things build up so slowly and then crash down so quickly. Because the universe gives Brights when it needs them and takes them as it pleases.
数年後、マイケル・ブライトが2度目の心臓発作を起こしたとき、彼は孤独で、そして幸運ではなかった。宿命とは厄介なものだ。ゆっくりと積み重ねたものが、一瞬にして崩れ落ちる。宇宙は必要な時に必要なものをブライトに与え、またそれを容易に奪いもした。

And that was the story of how Jack Bright survived.
それはジャック・ブライトがどうやって生き残ったかという物語だ。

Because some people are just meant to.
そのように運命づけられた人々がいる。

Item #: SCP-963
アイテム番号:SCP-963
Object Class: Safe
オブジェクトクラス:Safe
Special Containment Procedures: SCP-963-1 is to be contained in a Safe-class containment locker. Flesh-to-artifact contact is not permitted. Further testing is not permitted.
特別収容プロトコル: SCP-963-1はSafeクラスの格納容器に収容されます。生命のある物質との接触は認められていません。さらなる試験は許可されていません。
Description: SCP-963-1 is an ornate amulet approximately 15 centimeters in circumference made from white gold, with thirteen (13) ██k brilliant-cut diamonds surrounding a ███k oval-cut ruby in a starburst pattern. It was discovered in the personal effects of ██████ ███ who had been found dead by apparent suicide, surrounded by a number of supernaturally-related books. Our Agent in the area found that 963-1 was incapable of being damaged and brought it in according to protocol XLR-8R-██.
説明: SCP-963-1は円周およそ15センチ程の、白色金で作られた首飾りです。卵型にカットされた███カラットのルビーの周囲に、13個の█カラットダイアモンドがブリリアントカットで、星形に飾り付けられています。SCP-963-1は、超自然現象について書かれた多数の本に囲まれて、自殺したと思しき██████ ███の所持品の中から発見されました。そのエリアのエージェントはSCP-963-1に傷を付けることができないことに気づき、プロトコルXLR-8R-██に基いてこれを確保しました。
Dr. Jack Bright is a possessive entity bound to SCP-963-1. Dr. Bright was bound to the amulet following its death in a Keter breach, see file B-963-4. The consciousness of the late Dr. Bright is projected onto any living anthropoid that comes into direct skin contact with SCP-963-1. It is known that memories native to it transfer from host to host. For more information regarding Dr. Bright, see archived medical file for complete psychiatric admittance history and medication lists.
ジャック・ブライト博士はSCP-963-1を所有し続ける存在です。ブライト博士はKeterクラスの収容違反で死亡した後、首飾りに囚われました(文書B-963-4を参照)。故ブライト博士の意識は、SCP-963-1に直接触れた生命ある人型の物体へと乗り移ります。根源的記憶が宿主から宿主へ乗り移るのです。ブライト博士についての詳細は、アーカイブされた医療ファイルを参照してください。精神科への入院歴や投薬リストが記載されています。

ERROR

The luzbrilliant's portal does not exist.


エラー: luzbrilliantのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6451996 ( 18 May 2020 01:51 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License