TJ

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x
t

ソース:http://scp-wiki.wikidot.com/tj
ライセンス:‪CC BY-SA 3.0‬
タイトル:t
著作権者:thefriendlyvandal
公開年:2017

Mikell took him far, far. The world spun. TJ hurt like nothing he had ever felt before. "Can't we go home? Can't we go home?" he pleaded, but Mikell did not turn around, and after the first hour TJ knew for certain that it was not a hospital they were going to.
マイケルは彼を遠く、遠くへと連れて行った。世界はぐるぐると回っている。TJは今まで感じたことのない痛みに襲われていた。「家に帰りたいよ。ねぇ、もう帰れないの?」彼は懇願したが、マイケルが振り向くことはなかった。最初に1時間が過ぎたとき、TJは目的地が病院ではないことを確信した。

He slept. When he woke up, they were still driving. Fresh blood seeped through his sweater. Please, god, Mikell, go home, just go home.
眠っていた。目が覚めたとき、まだ車は走り続けていた。鮮血がセーターから染み出ている。おねがいだよ、かみさま、マイケル、家に帰して。おねがいだから。

His brother did not speak to him the entire car ride. Not when TJ cried, not when he screamed, not when he begged him to stop. Not when TJ knew in the back of his mind what was happening, no, not when it dawned on him that maybe his brother would never protect him in the way he thought he would, and when TJ passed out from a syringe pressed in his arm and subsequently awoke, he awoke in a place with bars on the windows, and his brother was gone.
兄は車に乗っている間、ずっと弟と話をしなかった。TJが泣いていたときも、叫んでいたときも、降ろしてと懇願していたときも。TJが心のどこかで何が起こっているのかを悟ったときも。もう無駄なのだ。彼の体に日が照ったときも、きっと兄は自分が思っているように守ってくれることはもうないのだろうと感じた。TJは腕に打ち込まれた注射器によって気絶し、その後目が覚めたとき、彼は窓に鉄格子のある場所にいた。兄はいなくなっていた。

But this, too, is a story lost to Jack. No matter how TJ may wish it wasn't.
しかしこれも、同じようにジャックにとっては失われた物語だ。どんなにTJがそうでないことを望んでいたとしても。

return
戻る

ERROR

The luzbrilliant's portal does not exist.


エラー: luzbrilliantのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6451996 ( 18 May 2020 01:51 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License