SCP-XXXX-JP - 世界で最も充実したクジラ(新人コン参加作品)

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはその行動を、背びれに付けられた衛星発信機により監視されます。またAIS1により捕鯨船は監視され、特にSCP-XXXX-JPに接近する船舶に対しては機動部隊-ぬ-2("担当飼育員")により捕鯨の妨害工作が為されます。

説明: SCP-XXXX-JPの外見は、子供のナガスクジラ類のものと概ね一致しています。観測により、シロナガスクジラ(Balaenoptera musculus)とナガスクジラ(Balaenoptera physalus)の交雑種であると推察されています。体長は現在17 mであり、若い個体です。

SCP-XXXX-JPは常に、52Hzの周波数2で鳴きます。

SCP-XXXX-JPが一定のリズム及び間隔で鳴いたとき(一般に”クジラの歌”と称されるコミュニケーションを目的とした鳴き声に一部一致しています)、周囲にナガスクジラ科3(Balaenopteridae)の死骸があった場合、クラスB霊的実体(以下、SCP-XXXX-JP-1と表記)を発生させます。

SCP-XXXX-JP-1は死骸が生存していた時の姿をしており、SCP-XXXX-JPに追従します。SCP-XXXX-JP-1は後述の特殊状態以外で周囲に影響を及ぼさず、財団の有する霊体観測装置を使用しない限り観測もされません。

SCP-XXXX-JPは19██年に民間の海洋研究所によって発見され、その後も民間の船舶などにより観測されました。財団がこの特異な鳴き声の鯨について調査を行ったところ異常性が確認され、SCP-XXXX-JPとして指定されました。

SCP-XXXX-JP-1は、SCP-XXXX-JPに対して敵意を持った個体に対してのみ攻撃性を発露します。この時SCP-XXXX-JP-1は一時的に観測可能となり、周囲に影響を与えるようになります。この異常性は第1次SCP-XXXX-JP収容作戦時に、SCP-XXXX-JPを昏睡状態にさせるために接近した船舶に対し、SCP-XXXX-JP-1が攻撃をしたことにより発覚しました。

SCP-XXXX-JP-1の数は現在4█頭になっており、収容は困難なものになっています。攻撃の意思を見せなければ影響を周囲に与えない異常性であること、また収容時にSCP-XXXX-JP-1の攻撃によりサイトが被害を受ける可能性があること等を受け、現在SCP-XXXX-JPは監視されるに留まっています。

現在、プロトコル・アンチホエーリングが実施されています。捕鯨に対する反対運動を活発化させ、SCP-XXXX-JPが捕鯨業者等により攻撃されSCP-XXXX-JP-1による被害が出ないようにするものです。



    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The renerd's portal does not exist.


エラー: renerdのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6442226 ( 15 May 2020 14:27 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License