SCP-xxx-JP おいあいつは鳶じゃないか?

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-xxx-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-xxx-JPは出現と消失を繰り返すオブジェクトであるため、現在SCP-xxx-JPの収容は不可能だと考えられています。SCP-xxx-JPの出現が確認された場合、機動部隊と‐1(“鳶狩り”)がSCP-xxx-JPの捕獲を試み、SCP-xxx-JPに掠奪された物体を所有していた人物もしくはその現場を目撃した人物に対してクラスA記憶処理を施してください。またSCP-xxx-JPは油川一家1に執着していると考えられているため、SCP-xxx-JPの捕獲及び経過観察を行うために、油川一家の誰かが引っ越しを行う場合は引っ越し先で監視を行ってください。

説明: SCP-xxx-JPは体長60cm~70㎝と推測されるトンビ(Milvus migrans)の姿をしたオブジェクトです。食事・給水をとっている様子が発見できていないことから、SCP-xxx-JPは未知の手段で餌を摂取しているもしくは栄養を摂取する必要がないと推測されています。またSCP-xxx-JPが出現する際に通常のトンビには出せない速度による飛行していること、SCP-xxx-JPの身体と比較して数十倍の体積及び重量を持つ対象を鉤爪で掴んでいること並びに銃弾による外傷が見られないことなどから、SCP-xxx-JPは強靭な肉体を保有しているものと推測されています。
SCP-xxx-JPは██県██町にある元々油川一家が住んでいた家屋を中心とした半径5㎞圏内の現在油川一家が定住している家屋を中心とした半径5㎞圏内の、地上1,000m~上空100㎞間に突然出現します。そしてSCP-xxx-JPは「あげる」の同音異義語2に関連する物体(以下、対象と表記)に目がけて、時速300km前後で滑空し対象を掠奪します。その後掠奪した地点の上空50ⅿ地点で10分間程度断続的に鳴き声を上げながら旋回します。10分間何も起こらなかった場合、未知の手段で上昇気流を発生させ、上空500m地点まで上昇しSCP-xxx-JPは消失します。なおSCP-xxx-JPがどこへ空間移動したのかは現在まで捕捉できていません。またSCP-xxx-JPが出現してから消失するまでの間にSCP-xxx-JPを捕獲する試みは行われていますが、SCP-xxx-JPは財団職員が捕獲する前にその存在を察知し時速200kmで逃亡した後に消失してしまうため捕獲する試みは全て失敗に終わっています。

以下SCP-xxx-JPが奪取した対象の記録です。

日付 データ 現象 メモ
日付

データ

現象 メモ
日付

データ

現象 メモ
日付

データ

現象 メモ
日付

データ

現象 メモ
日付

データ

現象 メモ

補遺: [任意に追加されるパラグラフ]

ERROR

The hideman-and-north's portal does not exist.


エラー: hideman-and-northのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6432073 ( 13 May 2020 11:35 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License