SCP-xxx-JP おばあちゃんのおこづかい

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-xxx-JP

オブジェクトクラス: Keter 脅威レベル:青

特別収容プロトコル: 現在SCP-xxx-JPの収容は不可能です。サイト-81██に配属している映像解析班ゐ-9(“助け舟”)はSCP-xxx-JPが出現したことが確認できた際には出現場所近辺のサイト管理官に伝達し日本語が堪能かつ趣味を持たないエージェントもしくは研究員を動員させてイベントSCP-xxx-JP-Aを発生させてください。発見できなかった場合はSNSなどで当該オブジェクトによるものだと考えられる投稿を探し出してください。もしもその情報が真実だとされている場合はカバーストーリー「よくある虚偽の内容」を流布してください。またその際写真が投稿されている場合は投稿者の位置を特定しクラスA記憶処理を施してください。

説明: SCP-xxx-JPは身長150cm前後の日本人の老婆の姿をした人型オブジェクトです。不定期に日本国内のスーパーや百貨店などの商業施設に日本標準時土曜日午後15時から午後17時までの間に一度から三度にわたってSCP-xxx-JP行動範囲内のスーパーや百貨店などの商業施設に何もない空間から突然出没します。現在SCP-xxx-JPの行動範囲は日本・アメリカ・中国・フランス・エジプトなどの計二十二ヵ国だと推測されています。

SCP-xxx-JPは常に異常性のない██████社のシルバーカーといくつかのエコバックと異常性が確認されているSCP-xxx-JP-1を所持しています。SCP-xxx-JP-1は朱色の生地に麻の葉模様の刺繍がなされた巾着袋です。SCP-xxx-JP-1からは外見上の容積よりも明らかに大きな物体を取り出すことができます。その原理は未だ解明されていません。またSCP-xxx-JP-1から取り出すことが可能なものはイベントSCP-xxx-JP-AにてSCP-xxx-JP-aとされる人物の趣味に関連するもの、長く接触しているものまたは現在SCP-xxx-JP-aに必要であるである当該オブジェクトが認識したものであると判明しています。

発見経緯: 20██/██/██にエージェント██の友人がSNS上に「おばあさん助けたらフェラーリくれた」という内容とともにフェラーリ███ ████の画像を投稿しました。この投稿を発見したエージェント██が友人に話を聞きSCP-xxx-JPの存在が確認されました。なおこの投稿は手の込んだ虚偽の内容とされているためカバーストーリーの流布は必要ありません。

実験記録-xxx-JP-I(日付20██ /██ /██)

**対象: ** エージェント██(趣味は読書 ジャンルは問わない)

実施方法: エージェント██とSCP-xxx-JPを接触させてイベントSCP-xxx-JP-Aを発動させる

結果: SCP-xxx-JPが手渡した物品は小説██████の初版本でした。エージェント██は小説██████の作者の熱心な愛好家であり小説██████の初版本は愛好家の中でも幻とされているほど希少なものでした。

分析: SCP-xxx-JPは相手の過去を瞬時に知ることができるもしくはSCP-xxx-JP-1から取り出せる物品が相手の趣味に依存している可能性があります。

実験記録-xxx-JP-lll(日付20██/██/██)

対象: D14533(児童連続殺害で無期懲役を受けている)

実施方法: D14533とSCP-xxx-JPを接触させてイベントSCP-xxx-JP-Aを発生させる

結果: SCP-xxx-JPが手渡す際に「あたしは人の趣味にとやかく言うつもりはないんだけどねえ。だけど[データ削除済み]はいけないよ」と言われました。その後D14533が手渡された物品は銀製のナイフです。加えて「あんたが好きだったのはこれだろう?」と聞かれてD14533は戸惑いの表情を見せました。その後D14533のインタビューでその銀製のナイフはD14533の父親が生前集めていたコレクションの一つであるということと、それがきっかけでD14533はナイフが好きになったということ、その銀製のナイフは数年前に紛失していたことが判明しました。

分析: SCP-xxx-JPは手渡す物品に一定の制限を設けているようです。そして当事者が紛失したと認識しているものを取り出すこともできるようです。

事案記録-xxx-JP: 20██/██/██にSCP-xxx-JPがエジプト███で現地考古学者█████████・███氏と接触しSCP-xxx-JP-Aが発動しました。その際にSCP-xxx-JPが手渡したのは高さ136m底辺215mの四角錐型のピラミッドでした。ピラミッドが出現したことで半径15km以内の周辺地域で大規模な砂塵嵐が発生し負傷者████人が発生しました。カバーストーリー「突然の小型隕石襲来」を流布し現場にいた全員にクラスA記憶処理を施しました。現在出現したピラミッドはエジプト支部サイト-███に保管されています。ピラミッドは█████████・███氏の研究対象であったカフラー王のピラミッドと酷似しており内部構造の差異が見られたことからSCP-xxx-JP-1内で█████████・███氏の記憶内の情報をもとに製作したのではないかという結論に至りました。実状は現在も不明です。
またこの件を受けて再度調査したところアメリカや中国などでもSCP-xxx-JPが出現していることが判明しました。このことにより不定期だと考えられていたSCP-xxx-JP出現イベントには規則性があることが明らかになりました。 - ██博士

補遺1:空間異常解析班タウ-0(”ジョウントオブザーバー”)の知見: SCP-xxx-JPが出現・消失する際この宇宙のいかなる場所でも計測できない異常な数値のエネルギーが検知されました。この事実からSCP-xxx-JPは平時は異空間内にいるものと推測されます。SCP-xxx-JPの存在する空間座標を特定する試みが進行中です。


ERROR

The hideman-and-north's portal does not exist.


エラー: hideman-and-northのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6432073 ( 13 May 2020 11:35 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License