SCP-XXX-JP 非モテぶっ殺チョコレート

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██の冷蔵収容ロッカーに収容されます。SCP-XXX-JPは実験におけるDクラス職員による場合を除き、摂食は禁止されています。万一SCP-XXX-JPの販売を確認した際には早急に回収し、カバーストーリー"異物混入"を流布してください。

説明: SCP-XXX-JPは異常性を有するチョコレートです。見た目はハート型の形状であり、"HAPPY VALENTINE"の刻印が施されています。サイズは2種類存在し、10㎝×10㎝の幅と2㎝程の厚みを有したものと、3㎝×3㎝の幅と1㎝程の厚みのものとありますが、成分に差はありません。また、成分に異常性は見られないものの、腐敗の兆候は一切見せていないことが確認されています。2つの内大きい方は紙製の箱に収納されており、小さい方はアルミ製の包装紙で包まれています。いずれの包装も異常性は見られません。SCP-XXX-JPを█g摂食をした人物は全身が爆発します。この摂食による爆発は非常に大規模なものにも関わらず、SCP-XXX-JPを摂食した人物の肉体以外は衣服を含めた全て一切の損傷が発生しません。例外として、女性が意中の男性に対しSCP-XXX-JPを渡された場合はSCP-XXX-JPによって摂食者が爆発することはありません。また、SCP-XXX-JP以外の贈り物を受け取っていた場合においても、SCP-XXX-JPによって摂食者が爆発することはありません。
SCP-XXX-JPは20██年2月14日にサイト-81██内に2名の職員が爆死したことによって存在が判明しました。また、サイト外においても37名の一般人の被害者が確認されています。SCP-XXX-JPはサイト-81██近辺の██町内にて2人組の女性の人型実体(以下SCP-XXX-JP-A、Bとする)が販売していました。調査によればSCP-XXX-JP-A、Bの両名は2月10日より屋台にてSCP-XXX-JPを販売していたことが判明しています。しかしながら、SCP-XXX-JPを購入した人物はいずれも異性に贈る以外の目的に用いようとはせず、2月14日になるまでは一切贈ろうとも思わなかったと証言しており、摂食等にも至らなかったことが判明しています。それらが原因で2月14日当日までは異常性が判明しなかったものと思われます。摂食前のSCP-XXX-JPは財団エージェントによって全て回収され購入した人物に対し記憶措置を施しています。また、SCP-XXX-JP-A、Bが経営していた店舗周辺を監視し以降のSCP-XXX-JPの購入は阻止されました。

以下はSCP-XXX-JP-A、B両名に対するインタビューログになります。

対象: SCP-XXX-JP-A、B

インタビュアー: エージェント大林

<録音開始>

エージェント大林: それではインタビューを開始致します。

SCP-XXX-JP-A・B: よろしくお願いしまーす!

エージェント大林: まず、あなた方はどういった団体なのでしょうか?

SCP-XXX-JP-A: 私たち、追夜ガールズって言いまーす!

エージェント大林: ほう……今年初めてここで販売し始めたのでしょうか?

SCP-XXX-JP-A: そうなんです!私たち、普段は色んなお仕事してるんですけど、チョコレートの販売は今回が初めてで!

エージェント大林: そうでしたか。それでここで売られているチョコレートなのですが……実は問題があるのですが……

SCP-XXX-JP-B: ああ、食べた人が爆発するって奴ですよね?

エージェント大林: ……ご存知なんですね?

SCP-XXX-JP-A: もちろん!そうなるように作りましたから!

エージェント大林: 何故そのようなことを……?

SCP-XXX-JP-B: だって、ほら!モ~テない男って、リア充爆発しろとかってうるさいじゃないですか!だからお前らが爆発しろって思って!

エージェント大林: そっ……えっ……!?

SCP-XXX-JP-B: 大体モ~テないくせにチョコ欲しがるのもキモイですよね!固めたドブでも食べてろって思いません?

エージェント大林: そのようなことは思いませんが。

SCP-XXX-JP-A: わっ!おじさん優しいー!

エージェント大林: おじっ……いえ、ただそのチョコレートだけでは限界はあると思うのですが。

SCP-XXX-JP-B: そうなんですよ……他の所でチョコレート買っちゃったらうちで買わないじゃないですか~なのでそういうチョコをもらってる人は爆発させられないんですよね……

SCP-XXX-JP-A: あっ!でも本命チョコをもらってる人は爆発しないのはもちろんですからね!

SCP-XXX-JP-B: やっぱり他の所のチョコに紛れ込ませたり細工したりしないと無理ですよね~。

エージェント大林: それでもチョコレートを1つももらっていない人は爆発させられないと思うのですが。

SCP-XXX-JP-A: えっ!?チョコを1つももらえない人っているんですか!?[笑いを堪えている]

SCP-XXX-JP-B: ええっ……都市伝説かと思ってましたけど![笑いを堪えている]

SCP-XXX-JP-A: えっ、こっちの小さい方のチョコももらえないってことですよね!?

SCP-XXX-JP-B: 義理チョコ用に小さいのも用意したんですけどねぇ~それももらえないって……

SCP-XXX-JP-A: どんだけ嫌われてるんですか?

SCP-XXX-JP-B: いやいや!きっと認識すらされてないって!

SCP-XXX-JP-A: でもおじさんなんでそんなこと知って……あっ!おじさんもしかして!

SCP-XXX-JP-B: ……ド、ドンマイ![笑い出す]

エージェント大林: ……インタビューを終了します。

<録音終了>

その後、財団はSCP-XXX-JP-A、Bの確保に乗り出しましたが、捕えようとした瞬間に屋台ごと消失しました。現在もSCP-XXX-JP-A、Bの所在は判明していません。

補遺1: SCP-XXX-JPによるサイト-81██内における被害が一般人に対して明らかに少ないため調査を行ったところ、サイト-81██内の男性職員全員に対し、SCP-XXX-JPを受け取った人は約7%、SCP-XXX-JP以外の贈り物を受け取った人は約11%、チョコレートそのものを受け取っていない人は約82%であることが判明しており、SCP-XXX-JPを受け取った職員も█名は摂食に至っておらず、、残りは全て好意を寄せられた上で渡され摂食していました。以上のことから、特筆すべき要因はないものと思われます。

補遺2: 20██年から翌年以降SCP-XXX-JP-A、BがSCP-XXX-JPを販売する姿は目撃されておらず、新たなSCP-XXX-JP個体も発見されていません。財団は現在もSCP-XXX-JP-A、Bに関して調査中です。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The ange_lica's portal does not exist.


エラー: ange_licaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6428124 ( 11 May 2020 13:43 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License