深い深い雪の中で貴方と骨になるまで生きていたい

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png
snow-83786_640.jpg

SCP-XXXX-JP-A,Bが発見された明檜山の麓[更新版]

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JP-A,Bはそれぞれ個別に防音機能付きの中規模異常物品収容室に収容してください。

説明: SCP-XXXX-JPは相浦 正雄氏の死体を指すSCP-XXXX-JP-Aと沢渡 智恵氏の死体を指すSCP-XXXX-JP-Bから構成されます。SCP-XXXX-JP-A,Bは腐敗や破壊に対して極めて高い耐性を有しますが、互いに直接接触している時のみ、この耐性は消失します。現在SCP-XXXX-JP-A,Bは腐敗が大きく進行しており、オブジェクト保護の観点から別々に収容されています。

SCP-XXXX-JP-Aは、SCP-XXXX-JP-Bと直接接触していない状態が不定な期間続くと、その付近に不明な男性の声を発生させます。この声はほとんど嗚咽といっていいものであり、担当職員の何割かは「泣いている」と評価しました。現在まで、この声が意味のある言葉を発した事例は確認されていません。また、この状態はSCP-XXXX-JP-AがSCP-XXXX-JP-Bと直接接触することによって終了します。SCP-XXXX-JP-Bに関しても、SCP-XXXX-JP-Aと接触していない状態が続くと、声が女性のものであるという点を除けば同様の事象を発生させます。

補遺: SCP-XXXX-JP-A,Bは、1967年に明檜山の麓で雪崩が発生した際に発見されました。雪崩発生以前から周辺地域では「山の中から男女の泣き声がする」という噂があり、これは前述の異常性によるものと思われます。

調査により、2体の死体の身元、即ち死体が相浦 正雄氏と沢渡 智恵氏であることが突き止められました。両名は明檜山付近の翌頼村に居住していましたが、1948年に同時に行方不明となりました。失踪当時、相浦氏は19歳、沢渡氏は18歳でした。当時、翌頼村に居住していた人物に対するインタビュー及び翌頼村に残存していた資料から、両名は何らかの手段で明檜山の麓付近で情死12したと推測されています。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The YaKUYaMoSiO's portal does not exist.


エラー: YaKUYaMoSiOのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6421715 ( 09 May 2020 14:59 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License