SCP-XXX-JP いずれ私のユートピア

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは現在北海道█市に位置する都市に偽装されています。現在隣接する市の住民にはカバーストーリー[汚染物質の検知による都市封鎖]を流布しています。現在当都市内に立ち入った一般人は確認されていません。当都市付近には臨時研究室が設営されおり現在財団職員、研究者が計40人配備されています。

原則として当都市内にレベル4未満のクリアランスを持つ職員立ち入る事は禁止されています。また、レベル4以上のクリアランスを持つ職員が当都市内に立ち入る際には必ず100分以内には当オブジェジェクトの特異性範囲外に退出してください。それが不可能である場合、また101分以上の滞在する可能性がある場合、緊急信号-41を当都市外に位置する特殊施設に対して発信してください。もし機材の不調、破損によりそれらの対処が不可能である場合、特殊防護服に装着されたGPS装置の電力設定をオートマチックからロングへと変更してください。

当都市範囲外には現在は使用されていない都市中心に通ずる地下鉄道線を改装した特殊輸送列車K-12線が存在しています。これを利用して当都市中心部に約12分で到着する事が可能です。通常の調査及びSCP-XXX-JP-Aの捜索を行う際にはこの施設を利用する事が義務付けられています。またSCP-XXX-JP-Aに遭遇した場合、当生命体を外部へと連れる事とまた当オブジェクトに対して暴力行為を行う事は禁止されています。以上の禁止行為を破った場合、C級記憶処理を受けたのちDクラス職員へ降格されます。

当都市内に侵入する際には原則としてαチーム(AlphaTeam)Bチーム(BravoTeam)Cチーム(CharlieTeam)の計3チームで行ってください。また、これらのチームメンバーの振り当ては下記の記録から確認できます。

SCP-XXX-JP-Aへの取材を行う際には必ずエージェントA-5をインタビューアーに選択してください。現在、当エージェント以外での取材を試みましたがSCP-XXX-JP-Aはその取材に応じませんでした。他の同行している財団職員は取材の際にエージェント日比谷玄樹の特殊防護服に取り付けられた小型マイクからの音声を必ず録音してください。またこの際、他の財団職員は取材が行われている地点から目視による確認が不可能である位置へと移動して下さい。SCP-XXX-JP-Aによる直接的な異常性の効果に対しての対処マニュアルは現在存在していない為、当生命体の異常性に対して適切な対応処置をとることは不可能です。

説明: SCP-XXX-JPは約332.1平方㎞の巨大な都市です。SCP-XXX-JPはニュータウン計画により建設が開始されており、[2017/6/3時点]に45%の建造物の建設が完了した都市です。ですが、[2017/6/6時点]に当都市内の主な電力装置であった原子力発電所から汚染物質が漏れ出したため即刻住民の移動及び建設の続行は不可能とされニュータウン計画は中止されました。それにより現在は荒廃した都市となっています。[2019/3/2時点]当都市の線量当量は0.008~0.048μSv/hを記録しており放射能による危険性はないとされています。

当都市内には推定年齢14歳の日本人の少女の見た目をした生命体が徘徊しています。この文章内ではこの生目体をSCP-XXX-JP-Aと定義します。このSCP-XXX-JP-Aは当都市内に130分以上滞在しているにも関わらず当都市による肉体的腐敗及び欠損を見られていません。この事から当生命体にはSCP-XXX-JPに対する何かしらの抗体を持っている事が示唆されています。

当都市の敷地内に約130分以上滞在すると、以下の症状が現れます。

症状例その1: 身体のいずれかの部位が部分的に壊死します。この症状が引き起こされる部位の特定は現在不可能となっている為、確定的に症状が現れる事を予防する事は不可能です。

症状例その2: 脳内部に癌腫瘍が出現し、これが急速に発達します。この癌腫瘍のステージは3と特定されており、これを事前に予防する事は不可能です。

症状例その3: 急激に脳細胞が死滅します。これによって人体に対して機能不全や記憶障害などが起こります。

以上の症状が現れた場合、それらに対する対処は不可能です。よって、以上の症状が確認された財団職員は殺害処理が義務付けられています。以上の症状が現れた財団職員に対して行われた録音記録は下記から参照できます。

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

ERROR

The Marimo55's portal does not exist.


エラー: Marimo55のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6406012 ( 04 May 2020 08:35 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License