Migueludeom-7--6b48

ユダもこの状況を目視していた。彼は銃をリロードした後で、女の額に照準を合わせた。髪をくくった、顔に傷跡が多く見られる。その片目は眼帯で覆われた隻眼だった。まるで己が海賊船の船長にでもなっているかのように。他のSPC構成員のように、間の抜けた振る舞いはしなかった。その点が、彼女の最も恐ろしい点だった。愚かに私の武器で、争う事もなく死に倒れるような部類などではなかった。残り5隻の船舶は、全て彼女の指揮下で動いていた。

ユダもこの状況を目視していた。彼は銃をリロードした後で、女の額に照準を合わせた。髪をくくった、顔に傷跡が多く見られる。その片目は眼帯で覆われた隻眼だった。まるで己が海賊船の船長にでもなっているかのように。他のSPC構成員のように、間の抜けた振る舞いはしなかった。その点が、彼女の最も恐ろしい点だった。愚かに自分の武器に死のうとか戦わずして倒れる部類などではなかった。残り5隻の船舶は、全て彼女の指揮下で動いていた。

「すまない。こちらからの支援は不可能になった」 ユダは一旦息を整えたが、毎瞬のように鋭い苦痛に苛まれた。「増援を、要請する」

「そんなんせんでもええ」舞波がすぐに言い返す。「ウチ一人だけでも大丈夫やからな!」

そして舞波は通信を切り、すぐさま再度深く潜水していく。

しかしながら、僅かにでも進むことはできなかった。舞波は今一度水面から打ち上がったが、あの拳模様の弾頭が飛んで来たために、回避しようと身を捩った。そうしていたうちにバランス崩し、舞波は水面へバシャリと落下した。そこへ四方から攻撃が集中してくる。水面に無数にめりこむ弾丸と、文字通り拳の弾が上げる黒煙が視界を遮った。舞波は歯を食いしばりながら後ろに身を抜くくらいしか出来なかった。彼女は川辺に座礁した船舶の残骸に身を隠し、体力を温存した。

敵はどっと近づいていた。 その数が突然増え始めたかのように。

「……なんてことだ」

「すまない。こちらからの支援は不可能になった」 ユダは一旦息を整えたが、毎瞬のように鋭い苦痛に苛まれた。「支援を、要請すべー」

「そんなんせんでもええ」舞波がすぐに言い返す。「ウチ一人だけでも大丈夫やからな!」

そして舞波は通信を切り、すぐさま再度深く潜水していく。

しかしながら、僅かにでも進むことはできなかった。舞波は今一度水面から打ち上がったが、あの拳模様の弾頭が飛んで来たために、回避しようと身を捩った。そうしていたうちにバランス崩し、舞波は水面へバシャリと落下した。そこへ四方から攻撃が集中してくる。水面に無数にめりこむ弾丸と、拳(文字通り)の饗宴が視界を遮った。舞波は歯を食いしばりながら後ろに身を抜くくらいしか出来なかった。彼女は川辺に座礁した船舶の残骸に身を隠し、体力を温存した。

敵はどっと近づいていた。 その数が突然増え始めたかのように。

「……まずいな」

「成功したな」

「成功しましたね」

~ チャジェヨンとガディックはお互いに尊敬語を使います

悽惨な程に大破したトラックからは煙が立ち上り、炎上する音が聞こえた。チェヨンは速度を緩め、ハンドルを切った。横転したトラックの車体はさながら、戦場で倒れ伏した兵士の亡骸のようだった。それ以外に目立った様子はない。今のところは。

悽惨な程に大破したトラックからは煙が立ち上り、炎上する音が聞こえた。ジェヨンは速度を緩め、ハンドルを切った。横転したトラックの車体はさながら、戦場で倒れ伏した兵士の亡骸のようだった。それ以外の敵は目立った様子はない。今のところは。

~ チャ·ジェヨンがチェヨンと記入されることが多くありますが、全体的に確認お願いします。

これは確かに、車が墜落た際に、中に積んでいたものが破損したのだろう。チェヨンは眉間に皺を寄せながら、サブマシンガンを引っつかんだ。内部に乗っていた運転手と構成員がどうなったのかは判別できなかった。どのような推測も、彼の頭の中には僅かにも浮かびはしなかった。まるでそれは意識そのものが拒絶でもしているかのように。

カディクが先に打って出る。射撃姿勢を取ったまま足を運ぶ彼の後から、根拠のない恐怖感が身を捩った。カディクは保安隊出身だった。自然での実験中、このような事態──空間が歪み現実性の崩壊が発生した際の対処経験は、相対的に多いはずだった。チェヨンは唾を飲んだ。根拠がそういった経験に拠るものだとしたなら、恐怖感、それ自体が緊張する理由だったと言える。

これは確かに、車が墜落た際に、中に積んでいたものが破損したのだろう。ジェヨンは眉間に皺を寄せながら、サブマシンガンを引っつかんだ。内部に乗っていた運転手と構成員がどうなったのかは判別できなかった。どのような推測も、彼の頭の中には僅かにも浮かびはしなかった。まるでそれは意識そのものが拒絶でもしているかのように。

カディクが先に打って出る。射撃姿勢を取ったまま足を運ぶ彼の後から、根拠のない恐怖感が感じられた。カディクは保安隊出身だった。自然に実験中、このような事態──空間が歪み現実性の崩壊が発生した際の対処経験は、相対的に多いはずだった。ジェヨンは唾を飲んだ。彼の恐怖感の根拠がそういった経験に拠るものだとしたなら、恐怖感、それ自体が緊張する理由だったと言える。

「どうなってます?」

「まだ目視で分かる物なはいな」カディクがかなり低いトーンで答えた。「おそらく、空間変質爆弾が爆発したんだろう。先ほどの衝突で安全装置とスクラントン現実錨がズレたのかもな」

「……構成員共は?」

「どうなってますか」

「まだ目視で分かる物なはないんですね」カディクがかなり低いトーンで答えた。「おそらく、空間変質爆弾が爆発したんでしょうね。先ほどの衝突で安全装置とスクラントン現実錨がズレたのかもしれません」

「……構成員共は?」

~ 申し上げたようにチャ·ジェヨンとガーディックは敬語を使います。 再演はもっと格式ある投稿、ガディックは少しライトな話し方というのが違いですが。

「いいや」 彼は僅かに焦らすようにもったいぶらせ続けた。「……むしろいっそ死んでくれたなら楽だったのにな」

「はい?」

「こんな仕打ちを食らったんなら、こいつらは死んだ方がまだマシだっただろうってことだよ」

先へと進んだカディクがしばらく後方を見回した。

「そして私もこんな姿は見たくはなかった」

「いいえ」 彼は僅かに焦らすように言葉を続けた。「……むしろいっそ死んでくれたなら楽だったのにな」

「はい?」

「こんな仕打ちを食らったんなら、こいつらは死んだ方がまだマシだっただろうってことなんです」

先へと進んだカディクがしばらく後方を見回した。

「そして私もこんな姿は見たくはありませんでした」

~ 「……むしろいっそ死んでくれたなら楽だったのにな」は原文でも独り言のように出て、尊敬語に直していませんでした。

爆発が起こり、その風は周囲の物を粉塵にして巻き上げた。

爆発が起こり、その願いは粉々になった。

~ 風(바람)と願い(바람)が発音が同じなので韓国語での不祥事ですね。

チェヨンは横へ転がりながら、カディクが焦燥の表情のまま身体を捩っているのを目視した。攻撃こそ彼らに向けて浴びせられてはいなかったが、チェヨンは側の車線へ飛来する他の爆弾を見た。それは奇妙なことだった。

しかしながら、爆発は今一度彼らが立っていた場所で引き起こされた。

ジェヨンは横へ転がりながら、カディクが慌てた表情のまま身体を捩っているのを目視した。攻撃は彼らに向けられていなかった。ジェヨンは隣の車線に飛んでいく別の爆弾を見た。奇妙なことが起こっていた。

しかしながら、爆発は今一度彼らが立っていた場所で引き起こされた。

体がふわりと浮かび上がったと思えば、そのまま床に落下し突き刺さった。チェヨンは顔をしかめ、朦朧とした視聴覚で状況を知ろうと努めた。頭が混乱していた。カディクの姿が見えなかった。

開けた場所に入ってからは、瞬く間に指ではじき出されるかのような感覚と共に視力が回復した。チェヨンは素早く身を起こす。それからは弾き飛ばされた小銃を拾い、そのまま射撃姿勢を取った。遠方ではカディクが交戦していた。チェヨンはそのの方向へと近付いていく。彼を助けなければならなかったからだ。何が起きているかをまともに理解することなどできなかったが、敵方がその先にいることは間違いない。

体がふわりと浮かび上がったと思えば、そのまま床に落下し突き刺さった。ジェヨンは顔をしかめ、朦朧とした視聴覚で状況を知ろうと努めた。頭が混乱していた。カディクの姿が見えなかった。

開けた場所に入ってからは、瞬く間に飛び出す感覚と共に視力が回復した。ジェヨンは素早く身を起こす。それからは弾き飛ばされた小銃を拾い、そのまま射撃姿勢を取った。遠方ではカディクが交戦していた。ジェヨンはそのの方向へと近付いていく。彼を助けなければならなかった。何が起きているかをまともに理解することなどできなかったが、敵方がその先にいることは間違いない。

そして、彼らはそこにいた。

最初、チェヨンは目を僅かに向けて後ろに退ぎ、次いでチェヨンは銃口を持ち上げた。しかし指は、引き金を引けという脳からの命令を受理しなかった。全身の神経が鋭く逆立っていた。視野に入って来たそれの存在は、人間の美的感覚を真っ向から、徹底的に狂わせるものだったからだ。

そして、それはそこにいた。

最初、ジェヨンは目を僅かに向けて後ろに退ぎ、次いでジェヨンは銃口を持ち上げた。しかし指は、引き金を引けという脳からの命令を受理しなかった。全身の神経が鋭く逆立っていた。視野に入って来たそれのその外見は、人間の美意識の徹底した反対者であったから。

「これってどういうことなんですか!」

「言ったろ。死んだ方がまだマシだと」 カディクはあちらこちらへと身を躱しながら、銃を打ち続けた。しかし弾丸はそいつの身に一切触れはしなかった。まさしく空間が歪曲しているかのように。

「……解決法はあるんでしょう?」

そいつがつぶやく言葉は、遠くから鳴り響くラジオ放送のように感じられた。

カディクは首を振る。

「……今の私達の武装では歯が立たない」

彼の声は震えていた。それが意味することはただ一つだった。非常に長い、消耗戦を強いられることになる、それしかないということ。

「……ここで足止めしておくしかないということですね」

「これってどういうことなんですか!」

「言ったじゃないですか。死んだ方がまだマシだと」 カディクはあちらこちらへと身を躱しながら、銃を打ち続けた。しかし弾丸はそいつの身に一切触れはしなかった。まさしく空間が歪曲しているかのように。

「……解決法ははありますか?」

そいつがつぶやく言葉は、遠くから鳴り響くラジオ放送のように感じられた。

カディクは首を振る。

「……今の私達の武装では無理です」

彼の声は震えていた。それが意味することはただ一つだった。非常に長い、消耗戦を強いられることになる、それしかないということ。

「……ここであいつの足を摑まえておくしかないですね」

エージェント・斑座は運転席近くに備えられたボタンに手を伸ばした。右方からトラックが今一度迫り来ていた。完全に横へと追いやろうとする計画のようだったが、いつしか彼らの車は中央線のすぐ側にまで押し寄せていた。すぐ側で車が猛スピードで過ぎ去っていく音が聞こえる。薄気味悪い風音だった。

まだだ。

もうすぐUターンが可能な区間に出るだろう。エージェント・斑座は覚悟して、アクセルをさらに踏んだ。気付けば彼らの他の車両は、そこから右折してCOEXへと向かうつもりであることが窺えた。

エージェント・斑座は運転席近くに備えられたボタンに手を伸ばした。右方からトラックが今一度迫り来ていた。完全に横へと追いやろうとする計画のようだった。いつしか彼らの車は中央線のすぐ側にまで押し寄せていた。すぐ側で車が猛スピードで過ぎ去っていく音が聞こえる。薄気味悪い風音だった。

まだだ。

もうすぐUターンが可能な区間に出るだろう。エージェント・斑座は覚悟して、アクセルをさらに踏んだ。いつの間にか彼らの前に来た他の車両は、そこから右折してCOEXへと向かうつもりであることが窺えた。

そして、エージェント・斑座は運転席近くのボタンを押した。その直後、一瞬にしてシリンダー内部で巨大な爆発が引き起こされ、車が加速しだす。エージェント・斑座はくぐもった声を上げつつハンドルをしっかりと握った。それを左に切ると車両は左へと曲がった。

右側に向けて突進したトラックがよろけながら中央線を越えて左側車線へと進入した。ちょうど右折を試みた他のトラックも、やはり彼らの車が迫り、衝突すると共にまともな舵取りができなくなっていた。2台は競り合うように走り始めた。今まで彼らを集中的に庇っていたトラックとは違い控え目な動きなところから、おそらく何かを守りたいのだということは明らかだった。

そして、エージェント・斑座は運転席近くのボタンを押した。その直後、一瞬にしてシリンダー内部で巨大な爆発が引き起こされ、車が加速しだす。エージェント・斑座はくぐもった声を上げつつハンドルをしっかりと握った。それを左に切ると車両は左へと曲がった。

右側に向けて突進したトラックがよろけながら中央線を越えて左側歩道へと進入した。ちょうど右折を試みた他のトラックも、やはり彼らの車が迫り、衝突すると共にまともな舵取りができなくなっていた。2台は競り合うように走り始めた。今まで彼らを集中的に庇っていたトラックとは違い控え目な動きなところから、おそらく何かを守りたいのだということは明らかだった。

「もう一度いくぞ!」のジョンウォンの声だった。「兄さん、それをやるんだ!」

「もう一度いくぞ!」のジョンウォンの声だった。「兄貴、それをやるんだ!」

~ ジョンウォンの性格上、こんな「アニキ」の名前を呼ぶのはどうかなと思いますね

斑座は聞き返さず、その言葉通りした。燃料はますます底をついていく。加速システムを長く作動させ続けることはできなかった。時間を手間を取るほど、防ぐ機会も遠ざかるのだ。

彼女がハンドルを切ると車が急激に左側に向かって突進していった。トラックはそれを躱さず、直に受け止めるつもりでいるようだ。

SPCの誤りだった。

車同士が衝突し合うその瞬間、裂けるような轟音が起きる。エージェント・斑座は口を開けながらも、現在起きていることを正確に把握しようと試みた。次いで、車全体を覆い隠した魔法陣はいつしか衝突面へと移動し、激しく回転していた。トラックの助手席のドアが切り裂かれ、中に乗っていた者の慌てふためくその顔が明らかにされた。斑座は窓を開け、拳銃でそれに向かって数発撃った。トラックのフロントガラスにひびが入る様がリアルタイムで確認出来た。彼女はしばし距離を置き、再度弾丸をお見舞いする。助手席に座った男の断末魔が耳を劈く。

斑座は聞き返さず、その言葉通りした。燃料はますます底をついていく。加速システムを長く作動させ続けることはできなかった。時間を手間を取るほど、防ぐ機会も遠ざかるのだ。

彼女がハンドルを切ると車が急激に左側に向かって突進していった。トラックはそれを躱さず、直に受け止めるつもりでいるようだ。

SPCの誤りだった。

車同士が衝突し合うその瞬間、裂けるような轟音が起きる。エージェント・斑座は口を開けながらも、現在起きていることを正確に把握しようと試みた。次いで、車全体を覆い隠した魔法陣はいつしか衝突面へと移動し、激しく回転していた。トラックの助手席のドアが切り裂かれ、中に乗っていた者の慌てふためくその顔が明らかにされた。斑座は窓を開け、拳銃でそれに向かって数発撃った。トラックのフロントガラスにひびが入る様がリアルタイムで確認出来た。彼女はしばし距離を置き、再度運転台を折って車に突っ込んだ。助手席に座った男の断末魔が耳を劈く。

「だめだ、術式を維持しつづけられない」ジョンホンがくたびれたような声で口を割った。「あちらがどう出るかも分からない。反奇跡論防御紋様を使えば、あの時のようにはいかなくなる。早く処理しないとだよ」

「術式を維持しつづけられません」ジョンホンがくたびれたような声で口を割った。「あちらがどう出るかも分からないことです。反奇跡論防防御術を使えば、その時は方法がありません。早く処理しないとです」

~ 私は双子と斑座の間には相互的に敬語が使われると思って、たいてい敬語で使いました。 ジョンウォンは、 少し不良に使うかもしれませんが

「あいつ飛ぼうとしたから!」ジョンウォンが割り込んでくる。

トラックが方向を変えてくる。エージェント・斑座は今一度ハンドルを大きく回した。

「あいつ逃げとした!」ジョンウォンが割り込んでくる。

トラックが方角を変えていた。エージェント・斑座は今一度ハンドルを大きく回した。

~ 飛ぼうが韓国でのように逃げるという言葉を荒々しく呼ぶ単語なのかよく分からなくて一応直しました。

もうすぐで横転するかと思わせるようにひょろひょろとしていた。車両左側の窓はすっかり破壊されていた。その衝撃はあまりにも強く、斑座真利奈は我に返るやいなや後ろを眺めた。シートベルトさえもしていない2人であるが故に、さらに傷害を被ったことがあった。

もうすぐで横転するかと思わせるようにひょろひょろとしていた。車両左側の窓はすっかり破壊されていた。その衝撃はあまりにも強く、斑座真利奈は我に返るやいなや後ろを眺めた。シートベルトさえもしていない2人であるが故に、さらに傷害を被ったかも知れない。


A

「そのままサイトに行くことのどこが咎められることだって言うんですか!」

「そのままサイトに行くことのどこが咎められることだって言うんですか?」

「力にねじ伏せられて転がされたくないというのなら、それも喜んで良いだろう」キム・スドン部隊長が返す。 「その方がよっぽどマシだと感じるようになる前にな」

「言葉がそうだと言うもんだ」

「あんまりこき使われたくなかったら喜ぶのがいいだろう」キム・スドン部隊長が返す。 「その方がよっぽどマシだと感じるようになる前にな」

「言葉がそうだと言うもんです」

カディクは声を上げるジェヨンを見て、微笑ましく思った。

カディクは弱音を発するジェヨンを見て、微笑ましく思った。

舞波は明るい表情のまま彼に駆け寄っていく。2人はすぐさまひそひそ声で話し始める。エージェント・斑座も眠りこけてた身を起こし、二人へと近寄った。巨大な水族館内に木霊する彼らの声には希望と喜びでいっぱいだった。

舞波は明るい表情のまま彼に駆け寄っていく。2人はすぐさまひそひそ声で話し始める。エージェント・斑座も眠りこけてた身を起こし、二人へと近寄った。巨大な水族館内に木霊する彼らの声には明るさと嬉しさでいっぱいだった。

不機嫌気味な声が聞こえ、打撃音がその直後に響いた。舞波はちらっとそちらの方を眺めていた。ジョンホンが小言を言いながら、彼の弟の手をはたいていた。

「我々はよくやり遂げた」 キム・スドンが彼らの行為を無視してつつ、話を続けた。「我らはここを防衛し、ここにいるサメ達を殴撃の脅威から守り抜いた。祝杯を挙げるのも結構だろう、少数精鋭の不断の努力の賜物なのだからな」

不機嫌気味な声が聞こえ、打撃音がその直後に響いた。舞波はちらっとそちらの方を眺めていた。ジョンホンが小言を言いながら、彼の弟から手をはなしていた。

「我々はよくやり遂げた」 キム・スドンが彼らの行為を無視してつつ、話を続けた。「我らはここを防衛し、ここにいるサメ達を殴撃の脅威から守り抜いた。祝杯を挙げるのも結構だろう、少人数でこの程度をやり遂げたのは大変なことだからな」

「我々はここで少し休息を取り、霧津に位置するサイト-64Kへと向かう予定だ。先に光陽クァンヤンに行った別動のさ-21隊員からの報告では、連中は霧津に入ってから光陽クァンヤンへ打って出たと説明している。連中の本拠地は霧津にあるようだ。故に我らが向かい、その行く末を見届けなければならないというわけだ」

「我々はここで少し休息を取り、霧津に位置するサイト-64Kへと向かう予定だ。先に 光陽に行った別動のさ-21隊員からの報告では、連中は霧津に入ってから 光陽へ打って出たと説明している。連中の本拠地は霧津にあるようだ。故に我らが向かい、けりをつけなければならないということだ」

「ウチ、韓国支部に通うわ。めっちゃ働いた後に水族館ツアーに行けるんやもん!」

「私がこれだから財団に通うのよ。 いっぱい働いてからだされるアクアリウムツアーなんて」

~ これ、ジョンウォンの台詞でした。 原文には皮肉が入っていました。 僕が翻訳したのも、 そういうニュアンスがない感じですが··· 混乱をおかけして申し訳ございません。

舞波は、彼らが動く方向に付いて行きながら、トンネルの壁をなぞる。水槽は思ったほど冷たくはなく、その向こうでの水の動きが感じ取れれた。揺らめく波が大きくなる。それは、懐かしき鼓動だった。ついそ感じることができたあの海の嬌声だった。生を表象した動きだった。

舞波は、彼らが動く方向に付いて行きながら、トンネルの壁をなぞる。水槽は思ったほど冷たくはなく、その向こうでの水の動きが感じ取れれた。揺らめく波が大きくなる。それは、懐かしき鼓動だった。ついそ感じることができたあの海の喊声だった。生を表象した動きだった。

こんな事しとる場合やない。 舞波は、撃たれ弱くなった心を引き締めた。どっちみち、少しだけ過ごせば、またサイトに帰ることができるんやから。

こんな事しとる場合やない。 舞波は、弱くなった心を引き締めた。どっちみち、少しだけ過ごせば、またサイトに帰ることができるんやから。

非常口のノブに手を掛け、開いたのが早いか遅いかのところだった。

その存在が非常口の扉を開けていた…

舞波は、床へとたたき落とされた。

舞波は、底へとたたき落とされた。

ERROR

The Migueludeom's portal does not exist.


エラー: Migueludeomのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6405122 ( 08 Dec 2020 00:35 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License