Migueludeom-6--6c65

このページの批評は終了しました。


カディク・ハソン(가딕하성): 男性。機動特務部隊である前は、基地保安隊として活動していた。 この時、変則的な個体への対応や知識を身につけた。 茶目っ気たっぷりで明るい性格で、任された仕事をきちんと処理するために最善を尽くす。 このような性格に隠れていて、はっきり表に出ないが、ある人とは深く付き合っておらず、とても率直でない時もある。

チャ·ジェヨン(차재연): 女性、171センチほどの身長。機動部隊戊号17のエース。 所属のないフィールドエージェントとしての勤務よりは部隊生活を好む方。 鋭く老練な実力の持ち主で、最初は簡単に心を開かないが親交を深めれば意外なギャップにも。

ジョンホン/ジョンウォン(유정헌/유정원): 男性、169センチほどの身長。シャム双生児兄弟。 本来は機動特務部隊丁号-07に属していたが、2018年に韓国の超常芸術特区であるソウル特別市ミョンチョン(鳴川)区に特別派遣された。 この時起きた知られざる事件で機動特務部隊「戊号17」が編成され、その部隊の最初の隊員となった。 身体的特性のため、多様な難関を経験し、多様な不利益を受けたため、自分たちの能力を立証しようとする切迫さが基底に敷かれている。 「押し出される」という感じを嫌う方。 ユ·ジョンウォンはユーモラスで口が悪く、軽い感じを与える性格だ。 しかし、典型的な外剛耐油タイプ。 ユ·ジョンホンは慎重で思慮深い性格で、慎重さを優先する。 弟のユ·ジョンウォンの暴走を制御する姿。 相対的に気が強い ユ·ジョンホンは「奇蹟師」として、彼ら2人はGOC傘下の奇蹟術学校で青少年期を過ごした。

ソン・ユダ(성유다): 男性、184センチほどの身長。本来、機動特務部隊ケホ02("モリアーティは死なない")の部隊員だった。 同部隊に所属していた妻が亡くなり(SCP-177-KOの内容です)、おのずから部隊を出て行った。 その後、第21K基地フィールドエージェントとして職務を遂行したが、戊号17の部隊長キム·スドンの推薦で現部隊に所属した。 妻が死ぬ前は雰囲気を盛り上げ冗談が上手ななど、ユ·ジョンウォンと似た明るい性格だったのか、現在は無愛想で口数が少なく、ほかの人とは仲良くない姿を見せている。 コウがマナに、もしかしたら自分たち夫婦が持てるかもしれない子供の姿を投影したりもする。

キム·スドン(김수동): 男性、185センチほどの身長。戊号17の部隊長で、戦闘の経験を積んだ老練な要員だ。 80年代と90年代に霧津と光陽(クァンヤン)、大田(テジョン)などで超常組織暴力団と血戦を繰り広げた。 謹厳な威容を誇るが、隣のおじさんのような感じを与えることもある部類。 新生部隊の戊号17の力量を最大値に引き上げる方法を講じている。 SPC対応の日韓連合作戦を推進したのが彼。

イ·ジュンソ(이준서): 男性、179センチほどの身長。戊号-17で最もミステリーなエージェント。 キム·スドン部隊長を除いては、誰も彼の前歴を知らない。 最も説得力のある仮説は、都心での戦闘に特化した戊号-17の特性を考慮すると、ごくたまに起きる都心でのコスミックホラー的存在に対応するために配属された人員だという。 しかし真実はあの向こう側にある。 知られている勤務年数はキム·スドンに次いで2位。丁重で公的な話し方をするが、たまに妙に皮肉ったりからかったりするような話し方をする。

玻璃内栄土: 男性。先天的な言語変則性があり、変則性とは、「自分の存在を知る現存の言語」を「自分がどの言語でも駆使可能な表現」まですぐに習得することである。 ムジンにあるムジン大学校に交換学生を来たが事件に巻き込まれて財団採用された。 他人と違うことを隠すのに苦労したが、財団はその必要がないため天職だと考えている。 おそらく関東首都圏生まれ、と原作者様がおっしゃっていましたが、準備中のテールを見ると「東京杉並区生まれ」という一節が出ていることから、そちらの方のようです。

ERROR

The Migueludeom's portal does not exist.


エラー: Migueludeomのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6405122 ( 08 Dec 2020 00:35 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License