般野の言

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


청대장! 그리운 울림이오. 내가 그 이름을 들은 것은 쇼와 16년1 중반, 한창 이상사례조사국 경성기지 습격으로 율도기지에 수감되어 있었을 무렵의 일이외다.

당시 율도에서는 수감자들과 원주민들 사이에서 봉기가 일어났었소. 조사국을 몰아내려는 나름의 시도였으나… 전투 훈련도 안 된 원주민들, 몸이 상할대로 상한 수감자들이 거대한 조사국의 군대를 어찌 당해낼 수 있었겠소? 며칠 간의 농성, 이후… 그들은 전부 궁지에 몰리고 말았다오. 그리고 한 사람, 한 사람씩 죽어나갔지. 나 역시 그곳에 있었고… 내 동료의 도움으로, 죽지는 않았으되 바다에 추락하고 말았소.

내가 의식을 찾은 건 이어초의 위에서였소. 한 사나이가 나를 보며 미소짓고 있더이다. 그는 기절한 나를 바다에서 건져 암초 위로 끌어올렸고, 내가 깨어나기를 기다리고 있었던 거요. 그는 내게 주먹밥을 주고 조선 반도로 향할 수 있는 길을 알려주었소.

그로부터 70년, 그에겐 아직도 감사하고 있소. 바다에 추락했을 때 내가 느꼈던 것은 당혹, 절망 등의 감정보다 안도가 더 컸습니다. 이제야, 동료들 곁으로 갈 수 있으리란 생각에… 허나 그의 도움에서 나는 다시금 생에 대한 집심을 일깨울 수 있었소. 만일 재회가 이루어지는 그날엔, 부디 일전의 실례를 탄하지 않길 바라오.


"青大将! いやはや懐かしき響きなり。わしがその名を耳にしたのは昭和16年2の暮れ、京城基地襲撃の廉で捕縛され、粟島基地に幽閉されていた頃に御座る。"

"青大将! いやはや懐かしき響きなり。わしがその名を耳にしたのは昭和13年3の暮れ、京城基地襲撃の廉で捕縛され、粟島基地に幽閉されていた頃に御座る。"

"当時、儂ら粟島の囚人と原住民は、調査局を島から追い出すべく蜂起を試みたので御座る。しかし多くは戦闘の心得もない烏合の衆、調査局の兵たちに追い詰められ、次々に死んで行き申した。儂も戦いの中で傷つき、海に落ちて死を待つばかりで御座った。"

"当時、儂ら粟島の囚人と原住民は、調査局を島から追い出すべく蜂起を試みたので御座る。しかし、戦闘訓練も受けていない原住民たち、体の調子も良くない収監者たちが、調査局の巨大な軍隊になぜ対抗できたのか。数日間の立てこもり、その以後… 彼らは全部窮地に追い込まれてしまった。そして、一人、一人死んでいった。 私もやはり同僚の助けで、死ななかったものの傷を負って海に墜落してしまった。"(まずはありきたりな叙述にしておきました 昔の話し方にも変えないといけないのに、時間が切迫して…(泣))

"目覚めた時は離於イオ礁の上、一人の男が横たわる儂を見下ろして微笑んで御座った。彼は気絶した儂を海から掬い上げたばかりか、握り飯を与え、朝鮮半島に向かう道を教えてくれたので御座る。"

"あれから70年、彼には未だに感謝して御座る。あの時、戸惑いや絶望もあれど、漸く仲間たちの下に行けるという安堵の心が勝って御座った……しかし、彼の助けに、儂は再び生への執心を思い起こしたので御座る。もしも再会叶った暁には、是非とも嘗ての非礼を侘びとう御座いますな。"

80年がいいと思います! その後、(許可を下されば)清大将と般野が遭遇する連作を書こうと思いますが、たぶん2020年以降になると思います!

ERROR

The Migueludeom's portal does not exist.


エラー: Migueludeomのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6405122 ( 08 Dec 2020 00:35 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License