SCP-XXXX-JP 最果ての鏡

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはDクラス職員による観測が常に必要で、観測内容を記録するようにしてください。観測内容に差異が生じた場合は、早急に貴戸博士へ報告してください。また完全な収容方法は確立されておらず、SCP-XXXX-JPに関しての研究は行われています。また、SCP-XXXX-JPへの接近は禁止されています。

説明: SCP-XXXX-JPは██県██市内の外気圏に存在する特殊な時空間異常です。正確な規模は不明、また内部の温度差は激しく、空気もなく、生命の存在は観測されていません。また、観測は██県██市内の特定の地点のみでしか行うことができず、其処以外の場所でSCP-XXXX-JPを観測することは不可能です。
SCP-XXXX-JPは19██年に財団傘下の観測所にて初めて観測されました。過去にSCP-XXXX-JPを観測した記録はなく、突発的に出現したものであり、常に0.001V以下の電気を放出しています。
SCP-XXXX-JPは強力な引力を持っており、高度3000m以内まで接近すれば引力圏内への侵入が可能であり、引力圏内へ侵入した場合、不可抗力の引力によってSCP-XXXX-JP内へ強制的に引きずり込まれます。引きずり込まれた物体は前例無く消失しています。

SCP-XXXX-JPの内部では、地球が24時間周期で自転する様子が観測できます。地上から肉眼で観測した場合はミニチュアの地球の様に観測できます。SCP-XXXX-JP内部は別時空間のため、内部の地球は実際のものではないと推測されましたが、貴戸博士の研究と、何度かの調査によってSCP-XXXX-JPは実際の地球の現在から10年以内に起こる特定の大災害の事象を写している事が判明しており、この近未来観測は調査した事象全てが現実になっています。

SCP-XXXX-JPはSCP-XXXX-JP内に最も接近した反射する物質に対して、更に細部までの観測を可能にするSCP-XXXX-JPへと変化させます。観測される位置を変えることはできず、何れも10年以内に起こる大災害の細部を観測することができます。

補遺1: 貴戸博士を中心とし、現在も調査が進められていますが、SCP-XXXX-JPの性質の解明には未だ至れず、未知の危険性が存在し、人類に多大な損害をもたらす可能性が高いとして、オブジェクトクラスをKeterへの変更を申請、承諾されました。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The (971)'s portal does not exist.


エラー: (971)のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6393829 ( 06 May 2020 22:13 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License