no images-2--aee8

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euculid

特別収容プロトコル: [SCP-XXX-JPはエリアー[規制済み]の人型収容室に全身麻酔を投与した上で収容し、周囲は武装警備員によって警備されています。万が一SCP-XXX-JPが収容違反を起こした場合、機動部隊によって制圧されます。]

説明: [SCP-XXX-JPは17歳の日本人男性です。SCP-XXX-JPは財団に対して敵対的です。SCP-XXX-JPは全身の表面から幻覚作用のある未知の気体及び電磁波を発生させます。この現象は特にSCP-XXX-JPがストレスを感じている際に顕著であり、半径3〜5km圏内にその影響を及ぼします。これらに暴露した生物(以後、SCP-XXX-JP-1とする)は本人の意志に関わらずSCP-XXX-JPの命令に逆らえなくなります。SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JPが睡眠するとその影響から開放されます。影響下から開放されたSCP-XXX-JP-1は支配下にあった時の記憶を保持しており、SCP-XXX-JPに対する強い敵愾心及び無力感を感じます。
また、SCP-XXX-JPは高度な読心術を会得しており、交渉及びインタビューは今の時点で成功していません。]

補遺: [SCP-XXX-JPは東京都■■■■区■■■■にある繁華街で暴力事件を起こしていたところを収容されました。その後の財団によるSCP-XXX-JPの身元調査により、以下のことが判明しました。
SCP-XXX-JPは収容の7年前までは両親と生活していた。SCP-XXX-JPの父親は自身の妻及びSCP-XXX-JPに日常的に暴力をしており、近隣住民からの目撃情報もあったが警察に通報するものはいなかった。2013年■■月■■日にSCP-XXX-JPに殺害された。
SCP-XXX-JPの祖父は京都府京都市にて食人カルトの教祖として■■■■人の信者及びその財産を支配していた。この団体には後にSCP-XXX-JPの父親となる長男も時期教祖として加入していたが、集会中に父親を殺害、その後に失踪した。
SCP-XXX-JPの曽祖父の一族は地域一帯に影響力を持つ旧家であった。曽祖父はその投手であったが、曽祖父の隠し子だったSCP-XXX-JPの祖父は母親の指示の下使用人として曽祖父宅に潜伏し、実父を毒殺した。その後遺言により曽祖父の遺産を受け取ったSCP-XXX-JPの祖父は母親を殺害し、京都に向かった。
これらの情報を提供した人物は皆「どんな目に逢おうと彼らの命令には逆らえなかった」「彼らといると自分が惨めに感じた」などと証言した。
これらの事実から、SCP-XXX-JPの特性は遺伝的なものではないかということが示唆されます。]


ERROR

The no images's portal does not exist.


エラー: no imagesのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6392442 ( 04 Jun 2020 03:51 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License