SCP-XXXX-JP 嘘と忘失

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは生物サイト-8182の低危険性生物収容ユニット内に設置された60×60×60cm規格のアクリルケース内で一般的なナメクジ科と同様の飼育方法で管理されます。

SCP-XXXX-JPの要求により、3日に一度、1時間のレベル2/XXXX-JPクリアランスを保持した職員との対話が認められます。対話を行った職員には心理カウンセリングを行うことが義務付けられています。

説明: SCP-XXXX-JPはSCP-XXXX-JP-1とSCP-XXXX-JP-2から成る、異常性を持つ全長15cm程の、目が芋虫状に発達している事を除けばナメクジに似た生物群です。総数は約300匹程と推測されます。

SCP-XXXX-JPは未知の方法で会話が可能です。SCP-XXXX-JPの中で、自身をCurtisと称する個体をSCP-XXXX-JP-1とします。SCP-XXXX-JP-1との対話記録からSCP-XXXX-JP-1は全個体が人格を共有していると考えられ、性格面等に大きな差は確認されません。SCP-XXXX-JP-2は身体的な特性はSCP-XXXX-JP-1と類似していますが、自らをSCP‐XXXX-JP-1の友と主張しています。

SCP-XXXX-JPは物理的に裁断された際、YU-056に指定された粘性の体液を分泌し、裁断された断片それぞれがSCP-XXXX-JPの一個体として再生します。SCP-XXXX-JPの高度な再生能力はYU-056の作用に由来していると思われます。また、YU-056は強い忘却作用を有しており、SCP-XXXX-JPもその影響を受けているようです。

SCP-XXXX-JPは以前日本生類創研の管理下にあり、財団の調査中に放棄された建物内で発見されました。
SCP-XXXX-JPは日本生類創研がSCP-XXXX-JPを発見した時に回収したと思われる資料から、SCP-2746を起源としていると考えられます。

以下はインタビュー記録の抜粋です。

補遺: 以下はSCP-XXXX-JP発見時に回収された日本生類創研の資料の抜粋です。

1986/08/05

██████への遠征中、洞窟内で人工的な加工を施されたと思われる石室を発見。調査中に不明な方法で会話が可能なナメクジを12匹採集。当実体(以後n-03と呼称)群は我々に協力的であり、抵抗は見受けられなかった。
n-03は自ら全個体をまとめてCurtisと主張している。n-03の起源を調査内容に含めることを検討する。

n-03を対象とした実験を通してn-03が異常な再生能力を保持している事を確認。ナミウズムシ(Dugesia japonica)と外見上似通った再生を行うが、再生力は損傷部からの分泌物に依存していると思われる。n-03は自らが再生を行うことに不快感を示し、周囲の研究員に想定90db相当の音を発することにより抵抗を行ったため麻酔投与が行われたが耐性を示し、推定量の約5倍を使用する事となった。この耐性は実験後の記憶処理の際も確認された。


以下の内容はセキュリティクリアランス レベル3以上の職員のみ閲覧することが出来ます。
ログイン情報を入力して下さい。

職員コード
パスワード

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Nk-Netzach's portal does not exist.


エラー: Nk-Netzachのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6392369 ( 02 May 2020 12:56 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License