星屑の聖域

淡橙が瞼の裏を染めた。かんらかんらと声が響く。
「おお、久しぶりに本の爺様が手品をしおったぞ。」
歓声の声と共に目を開く。開いた居酒屋の戸口の前に私は座っていた。
 
「いつまで座ってんだ、はよこっちこい。」
しゃがれた声が目の高さに浮いてる本から聞こえてくる。
夢だろうか。
「本の爺様、新入りが困ってるじゃねえか。毎度そのぶっきらぼうは直らんねぇ。」
「うるせぇ、余計なお世話だってんだ。」
また、かんらかんらと店の中から笑い声が響く。
 
「おぅい、にいちゃん、いやねえちゃんか?はいっておいでな。ずっとそこにいたらさみいだろう。」
雪がちらちらと降っていることに気がつく。確かに寒い。
戸を閉めながら店の中を見渡す。
カウンターには古ぼけた煙管とブリキの人形、テーブルには老人と小さな女の子、そして座敷に時計やら本やらライターやら、骨董品店かとも思える雑多な集団が。
私を呼んでいた声はどうやらあそこらしい。ふよふよと本がその席の一角に帰っていくのが見えた。
 
「なーんも分からんってかおしとんなぁ。まぁしかたがないことだな。こっちおいでな、いろいろ教えてやろう。」
おそらくライター?から声が飛んできている。信用できるか分からないがとりあえず言うことを聞くことにする。
「そこ座りな。ほら、お前ら座布団開けろ。」
「普段は飲んだくれてるくせに。別嬪さんが来たときは調子いいなライターの爺様。」
「うるせぇ。ほっとけ。」
目の前で骨董品が言い合っている様はなんだかおかしい。
「おっ、やっと笑ったね。困ってる顔よりそっちの方がずっといいな。」
「爺様、それは今で言うところのせくはら、って奴じゃねえのか。」
「うるせぇ。わしゃそんなの知らんぞ。」
と、すぐに口論を始める。どうやらお酒が入っているみたい。
「えっと、あの。」
「おお、すまんな嬢ちゃん。ここについてだろう。悪い悪い。ようし何でも聞いてくれ。」
お前のせいで嬢ちゃん困らせただろ、とか爺様の悪い癖だろ、とか小声で言い合ってたけど知らないふりをした。
「はい、

ERROR

The R_IIV's portal does not exist.


エラー: R_IIVのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6383945 ( 30 Apr 2020 09:07 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License