項羽と劉邦

江南の楚の出身の項羽は、呉中で雌伏していたが、反乱隆起の報に接するや叔父の項梁に従い動乱の渦中に身を投じた。跡を継いで楚軍の頭目となった項羽は秦軍に挑むべく軍を動かす。その軍勢のには沛公・劉邦がいた。

項羽は秦軍を打ち破り、秦の主力軍に壊滅的な打撃を与え、関中に押し入り帝都・咸陽を攻めるべく西進を始める。一足先に関中に進軍していた劉邦はこれを突破し、咸陽を制圧する。劉邦は一介の無能人であったが、余人にない人望があった。関中の攻略に成功したのも配下の進言によるものである。

ついに秦は滅びた。項羽自身は楚北方の彭城に居を構えた。劉邦は西南の漢の王に封じられた。部下の進言を受け入れた劉邦は行動を起こし、関中を制圧する。やがて項羽は反乱の鎮圧に忙殺されることとなり、劉邦が正式に項羽の討伐を宣言する。

それに狂憤を発した項羽の楚軍のに劉邦は惨敗した。体制を立て直し項羽と対峙するが、もとより勝負にならない。韓信を督促して諸国の平定を急がせ、局所的な勝利をおさめるものの、項羽は再び劉邦のもとへ殺到した。広武山を要塞化して立て籠もるという奇妙な籠城戦となった。しかし劉邦が負傷したことによって漢軍は講和を申し出る。和睦はなった。

楚軍は帰途につくものの、次こそは漢軍を砕く腹づもりでいた。魂胆を察した劉邦の謀臣達は、楚軍を追撃すべきと献言する。楚軍に対する包囲網が整いつつある。劉邦は全軍に追撃戦を命じる。楚軍は疲弊の極みに達していた。孤軍となり追い詰められた項羽は籠城を始めた。とある夜、楚の歌が聞こえてきた。項羽はついに己の運命が極まったことを悟る。

項羽は江南を目指して一心に馬を走らせるものの、ほどなく追跡部隊に包囲され、項羽は漢兵の群れに身を投じる。自らの武を示せるだけ示した後に自刃した。

sb3infoのincludeに|tag=引数を設定すると、予定しているタグを表示できます。


ページ情報

執筆者: R_IIV
文字数: 852
リビジョン数: 9
批評コメント: 0

最終更新: 27 Aug 2020 12:14
最終コメント: 批評コメントはありません

ERROR

The R_IIV's portal does not exist.


エラー: R_IIVのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6383945 ( 30 Apr 2020 09:07 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License