SCP-𝕐(SCP-5789) - 共食い数学(原題:Cannibalistic Mathematics)

このページの批評は終了しました。

原文: SCP-𝕐 by CityToastCityToast Rev.15


評価: 0+x

⚠ SCP-𝕐 is registered as a Class F Infohazard. Proceed with Caution.

⚠SCP-𝕐はクラスF情報災害として登録されています。注意して読み進んでください。

Attempts to access this file from any system not compatible with Numsafe RGU-𝕐 protocol will be automatically rejected and logged.

ナムセーフRGU-𝕐プロトコルに適合しないあらゆるシステムからのこのファイルへのアクセスは、自動的に拒否され記録されます。





記事ここまで

対訳を容易にするために通常フォーマットに直しています。
SCP-𝕐
(Formerly SCP-)

Object class: Euclid

Special Containment Procedures

特別収容プロトコル

No numerals, ordinals, or other words indicative of a singular, finite value may be used in any documentation related to this anomaly. SCP-𝕐 is not to be assigned any numerical metrics, even for cataloguing purposes, including Disruption and Risk Classes. This also includes the standard numerical classification, which has been replaced with the Unicode character described as "Blackboard Bold Uppercase Y" (𝕐).
あらゆる数詞、序数詞、または他の単数で有限の値を表す単語は、このアノマリーと関係するいかなる文書中でも使用してはなりません。SCP-𝕐はいかなる数値による指定も割り当てられてはならず、それは撹乱・リスククラスを含む目録化の目的においても同様です。これには数字による標準的分類も含まれるため、よって「黒板太字の大文字Y」(𝕐)というユニコードの文字で置換されています。

Information about this anomaly must be stored inside a virtual software box built to utilize a non-numerical coding system and rendering engine specifically built for this purpose, known as the RGU-𝕐 system. This system is to be installed at Foundation Infohazard Containment Site-♃, which specializes in containment via alternative-text and non-textual methods.
このアノマリーについての情報は、RGU-𝕐システムと呼ばれる、この目的のために特別に構築された非数値コーディングシステムおよびレンダリングエンジンを利用するよう構築された仮想ソフトウェアボックス内に保存する必要があります。このシステムは、代替テキストや非テキスト的手法による収容を専門とする財団情報災害収容サイト-♃に設備されます。

The knowledge of the nonexistence SCP-𝕐-A is to be monitored in the general population. Individuals who discover the nonexistence of SCP-𝕐-A must be treated with amnestics. The use of memetic textual deterrents ("mipsum") may be utilized to hide discovered discrepancies.
社会におけるSCP-𝕐-Aの非実在に関する知識は監視されます。SCP-𝕐-Aの非実在を発見した人物に対しては記憶処理を施す必要があります。ミーム的文書阻害子("ミプサム")は発見された矛盾を隠蔽するために利用することが可能です。

Within the period approximately equal to a full rotation of the Earth, The RGU-𝕐 system must be activated, which will generate a random number of sufficiently large value as to be statistically improbable that this number will be utilized for any purpose by humans in the foreseeable future. This number will then be added to the end of this containment file.
地球の自転とほぼ同じ期間内に、RGU-𝕐システムは作動される必要があります。このシステムは予測可能な将来、人類によって何らかの目的に利用される可能性が統計的にありえないほど充分に大きな値の乱数を生成します。そののちその数はこの収容ファイルの末尾に追加されます。

If several days pass without being "fed", SCP-𝕐 consumes a number at random, resulting in potential catastrophic consequences for financial, computing, and other mathematics-derivative fields of science.
「給餌」せずに数日経過した場合、SCP-𝕐は無作為に数を消費し、結果として金融、コンピューティング、科学の数学関連分野への破滅的影響をもたらす可能性があります。

In effect, the processes protecting this containment file are the same processes containing SCP-𝕐.
事実上、この収容ファイルを保護する手順はSCP-𝕐を収容する手順と同じです。


Description

説明

SCP-𝕐 is a finite mathematical set of numbers. The most accurate definition of SCP-𝕐 can roughly be defined as "All numbers which do not exist."
SCP-𝕐は数学的な数の有限集合です。SCP-𝕐の最も正確な定義は大まかに「存在しない全ての数」とすることができます。

SCP-𝕐's existence is intrinsically tied to baseline reality. The anomalous effect of RGU-𝕐 manifests when numbers of any value are associated with it. When a number is exposed to SCP-𝕐, the number is added to the set in question, causing it to cease existing. A number which ceases to exist is unable to be processed, displayed, or even conceptualized. This missing number can easily be overlooked as the human consciousness will often fill in the missing data involuntarily. Discovery of the absent number will, however, induce some manner of mental strain and should be avoided if possible.
SCP-𝕐の存在は本質的に基底現実と結びついています。SCP-𝕐1の異常影響は何らかの値の数がそれと関連付けられたときに発生します。数がSCP-𝕐に曝露した場合、その数は当該集合に追加され、存在することをやめます。存在することをやめた数を処理、表記、そして概念化することは不可能です。この欠落した数は、人間の意識が大抵無意識にデータの欠落を埋めているため、容易に見落とされます。しかし、欠落した数の発見は精神的緊張をもたらすため、可能であれば避けられるべきです。

SCP-𝕐's relationship to other anomalies is under investigation.
SCP-𝕐の他のアノマリーとの関係性は現在調査中です。

The effect of exposure to SCP-𝕐 appears to have some limitations, as discovered through informal and formal testing:
SCP-𝕐への曝露の影響には、非公式および公式の試験において発見されたように、いくつかの制約があるように思われます。

  • When a number is given a non-numerical symbol to represent it, such as g, SCP-𝕐 will still affect the underlying value, but the symbol itself will remain unaffected.
  • 数を表すためにgといった非数値の記号を付与した場合、SCP-𝕐はやはりその背後にある値には影響を与えますが、その記号自体は影響を受けません。
  • SCP-𝕐 affects only the full number, not its individual digits. For example, if a several-digit number ABCD were to be affected by SCP-𝕐, only ABCD would cease to exist; the digits A, B, C, and D would not.
  • SCP-𝕐は、対象となる数の個々の桁に対してではなく、その数全体に対して影響を与えます。例えば、数桁の数であるABCDがSCP-𝕐に影響を受けたとき、ABCDのみが存在することをやめ、それぞれの桁のA、B、C、Dは影響を受けません。

Addendum: Origin

補遺: 起源

SCP-𝕐 was initially theorized by famous mathematician ███████ ███ in the same year the Summer Olympics were held in Atlanta, Georgia. In a mathematics essay distributed among the Mathematics department of the University of Calgary, Dr. ███ theorized the following:
SCP-𝕐は最初に、ジョージア州アトランタで夏季オリンピックが開催された年に、著名な数学者である███████ ███によって理論化されました。カルガリー大学の数学科で配布された数学論文で、███博士は以下のように理論化しています。

Excerpt
抜粋

The universe abides by rules, which are represented by the laws of physics and calculated by mathematics. There is a set of every countable thing: the number of atoms in the Empire State Building, the period between each crash of waves on the shore. If there are infinite numbers of these countable sets of things which exist, then it serves to reason there is a countable set which contains things which do not.
この宇宙は、物理法則と数学演算で表される法則に従っている。あらゆる可算のものの集合があり、エンパイアステートビルの原子数や波が岸にぶつかる間の期間などが含まれている。もしこのような存在するものの可算集合が無限個存在するとすれば、それにより、存在しないものの可算集合が存在するとの推論が支持される。

As of yet, it has not been determined whether this theory, or Dr. ███'s work afterward, induced the subsequent manifestation of SCP-𝕐, but operatives in the University later uncovered the anomalous set and its effects, and developed protocols to contain it.
今までのところ、この理論や以降の███博士の研究が続いてのSCP-𝕐の発生をもたらしたかどうかは確認されていませんが、大学内の工作員が後にこの異常な集合とその影響を発見し、収容プロトコルを作成しました。

NOTE
注

During containment, a very small amount of numbers were affected by SCP-𝕐. The total amount is unknown. See section titled "SCP-𝕐-A".
収容の間、非常に少量の数がSCP-𝕐に影響を受けました。総数は不明です。「SCP-𝕐-A」セクションを参照してください。


Testing Log

試験ログ

Testing process consisted of the following:
試験手順は以下の通りです。

  • Querying the RGU-𝕐 system for a number consisting of an enormous amount of digits, the practical use of which is astronomically unlikely to exist at any point in the future
  • Adding or subtracting variables to this number to give it certain attributes, such as being a fraction, decimal, or have certain divisors
  • Designating this new number as a lowercase alpha character, usually g
  • Allowing the RGU-𝕐 system to simultaneously place it into an offsite text file as well as appending ("feeding") it to the metadata of the SCP-𝕐 containment file
  • Querying the offsite file to check for data loss indicative of being affected by SCP-𝕐
  • 莫大な桁の、将来にわたって実用する可能性が天文学的に低い数を、RGU-𝕐システムに要求する
  • 分数や小数であること、あるいは特定の約数を持つといった確実な特性を持たせるため、その数を変数で増減する
  • その新たな数を通常はgを用いて小文字アルファベットに指定する
  • RGU-𝕐が、その数を外部のテキストファイルに書き込むと同時にSCP-𝕐の収容ファイルのメタデータに追加する(「給餌する」)ことを可能にする
  • SCP-𝕐の影響であるデータの消滅が起きているか外部のファイルを照会する
INITIAL LOG
初ログ

Loading testing logs…
試験ログの読込中…

INPUT: g is an unmodified number. g is fed to SCP-𝕐.
入力: gは無変更の数。gをSCP-𝕐に給餌する。

RESULT: Full data loss detected: g ceases to exist.
結果: 全データの消滅が確認された。gは存在することをやめた。

RESEARCHER NOTE: Baseline result.
研究者注: 基本的な結果だ。

SUBSEQUENT LOG
次ログ

INPUT: All the digits of a certain number, gg, followed immediately by the digits of another number, hh, are concatenated into a combined number, gghh. gghh is fed to SCP-𝕐. The smaller numbers are not fed to SCP-𝕐.
入力: 特定の数ggの桁の直後に別の数hhの桁を続け、結合した数gghhにする。gghhをSCP-𝕐に給餌する。小さいほうの数はSCP-𝕐に給餌しない。

RESULT: Partial data loss detected: gghh ceases to exist. gg and hh are unaffected.
結果: 部分的なデータの消滅が確認された。gghhは存在することをやめた。ggとhhは影響を受けなかった。

RESEARCHER NOTE: It's safe to assume that constituent digits are not impacted. That's a relief.
研究者注: 構成する桁は影響を受けないと考えて良いだろう。安心だな。

SUBSEQUENT LOG
次ログ

INPUT: g turned into an ordinal number by appending "th" to the end of it. go is fed to SCP-𝕐.
入力: gの末尾に"th(番目)"を加えて順序数にする。goをSCP-𝕐に給餌する。

RESULT: Full data loss detected: g ceases to exist.
結果: 全データの消滅が確認された。gは存在することをやめた。

RESEARCHER NOTE: It appears the result is tied to the value, rather than cardinality, of the number.
研究者注: 結果は、基数性より数の値に関係していると思われる。

SUBSEQUENT LOG
次ログ

INPUT: g is described without numbers, using non-numerical words. The description, which is incredibly long, is fed to SCP-𝕐.
入力: gは数を使わずに数字ではない語を用いることで記述される。その莫大な長さの記述をSCP-𝕐に給餌する。

RESULT: No data loss detected.
結果: データの消滅は確認されなかった。

RESEARCHER NOTE: It seems that if you use enough non-numbers to describe the value you're referencing, SCP-𝕐 cannot affect it. This is useful for the completion of this containment file.
研究者注: 充分な非数値情報によって記述した数を使用した場合は、SCP-𝕐は影響を与えないようだ。この収容ファイルの完成に使えるな。

SUBSEQUENT LOG
次ログ

INPUT: The name of an individual, whose surname is also a relatively low-value number, is to be fed to SCP-𝕐.
入力: 名字が比較的小さい値の数の個人名をSCP-𝕐に給餌する。

RESULT: Test not performed
結果: 試験は行われなかった

RESEARCHER NOTE: I theorize SCP-𝕐 would have been able to differentiate between when a numerical term is being used to represent a numerical value, and when it is not. But we can't take that chance.
研究者注: 私は、SCP-𝕐は数の単語が数値を表すために使われている場合とそうでない場合を区別することができると理論立てた。だが、我々は試してみるわけにはいかない。

SUBSEQUENT LOG
次ログ

INPUT: A D-Class personnel is assigned a large number, g. D-g is made aware, through an audio recording lasting several hours, that this is her new designation. g is fed to SCP-𝕐.
入力: Dクラス職員が巨大数gに指定される。D-gは、数時間続く録音によって新たな番号を知らされる。gをSCP-𝕐に給餌する。

RESULT: Full data loss detected: g ceases to exist. D-g suffers a violent █████████.
結果: 全データの消滅が確認された。gは存在することをやめた。D-gは暴力的な█████████を受けた。

RESEARCHER NOTE: Tests are suspended until further notice.
研究者注: 試験はさらなる通知があるまで凍結される。

END LOG


Request To Reclassify (Keter): Pending

再分類要請(Keter): 保留中

RESEARCHER: DR. TREYVON BUCKHANON
研究者: トレイボン・ブックハノン博士

During the initial containment of SCP-𝕐, a Foundation operative assigned the anomaly a standard item designation, , thinking that as long as the number was not added to the containment file, it would be safe to do so. He was wrong.
SCP-𝕐の初期収容の間、財団工作員はこのアノマリーを通常のアイテム指定のに割り当てました。これは番号を収容ファイルに書き込まない限り、番号の指定は安全だろうと考えたためでした。彼は誤っていました。

When this number ceased to exist, it caused extensive infrastructure outages worldwide for a short time. Foundation digital response teams were able to restore functionality to many systems before too long, by creating an algorithm that sort of…rounds everything upward or downward by a certain increment so computers don't notice it's missing. It is incredibly more complex than that, but I am hesitant to go into further details and risk associating SCP-𝕐 with any other numbers.
この数が存在することをやめたことにより、広範なインフラが世界規模で短期間停止しました。財団デジタル対応チームは、すぐに多くのシステムの機能性を回復することができました。……いわば、ある数を加えることにより全て切り上げや切り下げをして丸め込みを行うようなアルゴリズムを作成することによって、コンピュータがその数の欠落を検知しないようにしました。実際の処理はもっと信じられないほど複雑ですが、私は詳細に触れSCP-𝕐を他の数と結びつけるリスクを冒すことに躊躇があります。

It is good at what it does, but it is an imperfect solution. is missing, and every day that algorithm's attempt to patch the hole causes system errors and rounding problems in every computer system in the world. Crashes and malfunctions in everything from calculators to mobile phones to nuclear weapon silos. Cleaning up the loss of this number takes round-the-clock work of a team of mathematicians and digital engineers.
それは有用ですが、不完全な解決策です。は欠落しており、毎日ホールにパッチを当てるこのアルゴリズムの試みは世界中のコンピュータシステムにシステムエラーと数値丸めの問題を引き起こしています。電卓から携帯から核兵器サイロまであらゆるところにおいてのクラッシュや機能不全です。この数の消滅の事後処理には数学者とデジタルエンジニアによるチームの無休の仕事が必要です。

If SCP-𝕐 were to breach again, we simply don't know if the world's infrastructure could take it.
もしSCP-𝕐が再度収容違反することがあるならば、我々は世界のインフラが持ちこたえられるかどうかまったくもって分かりません。


tag: concept euclid infohazard mathematical meta scp
タグ: 概念 euclid 情報災害 数学 メタ scp en

ソース: SCP-𝕐 Rev.15
著者: CityToastCityToast
作成日(EN): 2020/04/05
査読協力: ccleccle様 StrungsheepStrungsheep様

あらゆる数詞、序数詞、または他の単数で有限の値を表す単語は、このアノマリーと関係するいかなる文書中でも使用してはなりません。

というわけで原文では数字はまったく使われていませんし、訳でも漢数字でさえも使っていません。


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

言語

EnglishРусский한국어中文FrançaisPolskiEspañolภาษาไทยDeutschItalianoУкраїнськаPortuguêsČesky繁體中文Việtその他日→外国語翻訳

日本支部の記事を他言語版サイトに翻訳投稿する場合の下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Witherite's portal does not exist.


エラー: Witheriteのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6370408 (02 May 2020 04:11)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License