𝒫(SCP-5558) - 𝒫と小さなパーティ(原題:𝒫 and the Little Party)

このページの批評は終了しました。

原文: 𝒫 by HenzoidHenzoid rev.23


評価: 0+x

Item #: 𝒫
アイテム番号: 𝒫

Object Class: Keter
オブジェクトクラス: Keter

Disambiguation: 𝒫 may refer to either part of the interconnected anomaly described below.
曖昧さ回避: 𝒫は、以下に説明する相互に関係した異常のどちらも指す場合があります。

  • 𝒫 when described in physical situations or as performing actions, refers to the individual.
  • 𝒫は、物理的な状況下で、または行動主体として描写される場合、個人を指します。
  • 𝒫 when described with regards to memetic effects or written/spoken transmission, refers to the word.
  • 𝒫は、ミーム的影響や記述/発話による伝達に関する描写である場合、単語を指します。

Special Containment Procedures: Due in part to 𝒫's docility and compliance with the Foundation, 𝒫's containment has been adapted to allow for as much autonomy as possible, including janitorial duties and scheduling interviews/therapy.
特別収容プロトコル: 𝒫は財団に従順で服従していることもあり、𝒫の収容は、清掃業務やインタビュー/セラピーのスケジュールなど、可能な限り自主性が尊重されるように調整されています。

Though information about the word 𝒫 is largely self-normalizing, it is to be removed from public access when possible, and should be limited in Foundation documents to those pre-approved by the Department of Miscommunications.
単語の𝒫の情報はおおむね自己正常化していますが、可能であれば一般アクセスから削除されなければなりません。また、その情報は財団文書においては誤伝達部門によって事前に承認されたものに制限される必要があります。

𝒫's mother, Penelope Yore, is on close watch, and is allowed weekly calls with 𝒫, though precautions such as a delayed line must be taken to ensure that no information about the Foundation is able to transfer. 𝒫 is aware that Ms. Yore's knowledge of the situation is incomplete, and has thus far been able to adapt to Foundation efforts consistently.
𝒫の母親であるペネロペ・ヨアは厳重に監視されており、𝒫との毎週の電話が許可されていますが、財団に関する情報が流出しないことを確実にするため、回線の遅延といった予防策は取られなければなりません。𝒫は、ヨア氏の有する現状の知識は不完全であることを認識しており、また、これまでのところ財団の取り組みに一貫して順応することが出来ています。

Description: 𝒫 (formerly Nudah Borvitch) is an 18-year-old human with a drastically disparate cranial structure when compared with the average individual. 𝒫's otherwise standard human body leads into a fleshy, conical neck supporting a gargantuan head with 50-100 small orifices composed of various facial tissues including skin, cartilage, adipose, and bone. These orifices are largely symmetrical, with minor discrepancies across the midline of the face, and are in a constant state of flux, having new ones generated while the cranial flesh simultaneously absorbs existing ones.
説明: 𝒫(以前はヌダ・ボルヴィチ)は18歳の人間であり、一般的な人と比較して頭蓋構造が劇的に異なります。𝒫の首より下の身体は標準的な人間のもので、肉付きが良い円錐形の首は非常に大きな頭部を支えており、頭部には50から100の皮膚、軟骨、脂肪や骨などの様々な顔の組織から構成された小さな開口部があります。これらの開口部は大まかには左右対称ですが、顔の正中線を越えた間には小さな相違があります。また、これらは常に流動的な状態であり、頭蓋の肉が既に存在している開口部を吸収すると同時に新たなものが生成されます。

𝒫 also refers to the word "𝒫", which displays a number of memetic qualities with regards to its transmission, both auditory and visual. 𝒫, the individual, cannot be referred to by any name or direct identifier other than "𝒫". When written or otherwise transferred visually, all direct reference to 𝒫 is limited to the word "𝒫". However, when spoken, the word is pronounced identically to a separate word from the English language. A spoken rendition of the word "𝒫" may be heard below.
𝒫は「𝒫」という単語も指し、その単語は聴覚と視覚の伝達に関して多くのミーム的性質を示します。𝒫という個人は、「𝒫」という単語以外のいかなる名前や直接的な識別名でも指し示すことが出来ません。筆記等の方法で視覚的に伝達されるとき、あらゆる𝒫への直接的な言及は「𝒫」という単語に限定されます。しかし、発話されるときは、この単語は英語における一単語と完全に一致した発音です。「𝒫」の発音は以下で試聴が可能です。


Addenda Materials

補遺資料


Addendum 01 - Interview (02-17-19)
補遺01 - インタビュー(02-17-19)

Foreword: 𝒫's facial abnormality was discovered when a video entitled "Kid With Liquid Mouth" gained notable popularity on the internet. 𝒫 was quickly located and determined to be suffering from an anomalous condition. The following interview took place a week after 𝒫's initial habituation into Site-96.
前文: 𝒫の顔の異常性はインターネット上で「流れる口を持った子供(Kid With Liquid Mouth)」というタイトルのビデオが注目を集めたことで発見されました。𝒫は速やかに居場所を特定され、異常な状態に苦しんでいると判断されました。以下のインタビューは𝒫がサイト-96にはじめて慣れてから1週間後に行われました。


Dr. Ozid enters the room and sits down.
オージッド博士が入室し、着席する。

Dr. Ozid: Hi 𝒫.
オージッド博士: やあ、𝒫。

𝒫: Hey.
𝒫: どうも。

Dr. Ozid: Obviously I don't want to make this any more of a burden on you than the situation already is, so I'll try to keep it as brief as possible.
オージッド博士: あなたを今の状態より苦しませたくはもちろんありません。ですので、できる限り手短に済ませたいと思います。

𝒫: Well, yeah… I mean, well no, it's fine, I honestly want to understand this as much as you do so, like, it's fine.
𝒫: ええ、はい……ああ、その、ええと、大丈夫です、本当あなたぐらいこのことを知りたくて、はい、大丈夫です。

Dr. Ozid: I appreciate the sentiment. Now, just to begin, I'll start chronologically. What was the first time you noticed weird things happening?
オージッド博士: 気持ちは理解しています。では、始めましょう、時系列順に行いたいと思います。あなたが最初に奇妙なことが起きていると気がついたのはいつですか?

𝒫: Well, I didn't think it was weird at the time, but the first time somebody called me 𝒫 was… like, I was eleven, I think. It was actually an insult originally, one of the kids in my class called me it just because I was wearing pink socks. Which, you know, doesn't mean anything, I just liked the color at the time. I don't, now. I mean… I don't.
𝒫: ええと、そのときはおかしいと思わなかったんですが、最初に他人から𝒫と呼ばれたのは……はい、確か11歳だったはずです。もとはただの悪口でした。私がピンクのソックスを履いていたから、クラスの子の一人が私をそう呼んだんです。それは、ええ、特に理由もなくて、そのときはその色が好きなだけだったんです。今は、違って、ええと、違います。

Dr. Ozid: At the time, did you think anything of it? I know you said you didn't think it was strange, but did you have any sort of emotional reaction?
オージッド博士: 当時、それについてどう思いましたか? 奇妙には思わなかったとは分かりますが、何か感情的に反応しましたか?

𝒫: I mean, I cried and everything but, it was probably more that I was being made fun of than the actual contents of the bullying. I didn't mind the name at all, in fact, when I came back to school the next day and everyone was calling me 𝒫, I sort of… liked it, kinda. Better than “Nudah”, anyway.
𝒫: その、泣いたりはしましたが、実際のいじめの中身でというより、からかわれていたからだと思います。名前についてはまったく気にしてなくて、実際、次の日学校に戻っとたきにみんなが𝒫と呼んできたのは、まあ……よかったです、はい。少なくとも、「ヌダ」よりかはましでした。

Dr. Ozid: When did you notice that it was becoming more than a nickname?
オージッド博士: それがあだ名に留まらなくなったことに気が付いたのはいつですか?

𝒫: The thing is, I sort of didn’t, no one did. I mean, I thought it was weird that teachers, my parents, the principal, were all using my nickname, but I never thought it was, you know, weird like it is now.
𝒫: それは、分からなくて、誰も知りません。ええと、先生も、親も、校長も全員あだ名で呼んできておかしいとは思いましたが、こんな感じに、今みたいなおかしさだとはまったく思っていなかったです。

Dr. Ozid: When did it start to progress in severity?
オージッド博士: 事態が深刻になり始めたのはいつですか?

𝒫: Well, so, it was actually like three and a half years before my head started getting, you know, fatter. I one hundred percent thought it was just self hatred until people started telling me to see a doctor. I was in the hospital for a few days before I… started growing noses and stuff. And that was only like a month ago, everything that's happened since then is relatively new.
𝒫: ええと、それで、頭がこんな風に大きくなり始めるまで、3年半くらいでした。医者に見てもらえと他人に言われるまで、100%ただの自己嫌悪だと思ってました。私は……鼻なんかが大きくなり始めるまで数日間病院にいました。ほんの1か月くらい前のことです、それから起こったことは比較的最近です。

Dr. Ozid: Are you able to use any of your new facial features?
オージッド博士: あなたは新たな顔のパーツを使うことができますか?

𝒫: I know the noses are functional and the eyes aren't, and nothing else even looks like a real body part so it beats me.
𝒫: 鼻は機能しますが、目は機能しません。他はどれも本物の体のパーツにすら見えないので不快です。

Dr. Ozid: Hmm, so that covers my checklist, but I wanted to ask, how are you feeling?
オージッド博士: ふむ、これで確認表は終わりです。ただ、訊きたいことがあります。あなたはどういう気持ちですか?

𝒫: I mean look, I understand the severity of the situation and I appreciate that you guys aren't sugar coating this. Things are weird, we don't know why, and we're trying to fix it. I get it, and I'm here for it.
𝒫: ええ、ああ、この事態の深刻さは分かっています。あなたたちがこれを誤魔化していないことは知っています。この状況は奇妙で、理由が私たちには分かりません。そして、私たちはこれを解決しようとしています。それはわかります、なので私はここにいるんです。

Dr. Ozid: But how are you feeling? Seriously, I mean, if there's anything else we can do to make your time here more comfortable…
オージッド博士: ですが、あなたはどういう気持ちなのですか? その、実際の話、何かここでの生活がより安心になるようなことがあれば……

𝒫: I'm fine, please don't try to make big accommodations for me. I don't want to be a burden, I'm doing great here, and I'm fine.
𝒫: 大丈夫です。どうぞ私のためにここを大きなホテルにはしないで下さい。私は荷物にはなりたくありません。ここでうまくやってます。そして私は元気です。

Dr. Ozid: Alright, well in that case, thanks for talking to me 𝒫. I'll let you know if we discover anything else.
オージッド博士: 分かりました。そういうことでしたら、私と話してくれてありがとうございます、𝒫。何か発見しましたらお知らせします。


Addendum 02 - Interview (07-07-19)
補遺02 - インタビュー(07-07-19)

Foreword: Objects began manifesting at 02:06:14, while 𝒫 was asleep. The following interview was conducted twelve hours later.
前文: 02:06:14、𝒫が睡眠している最中に物体が出現し始めました。以下のインタビューはその12時間後に行われました。


𝒫: Well, the world is ending.
𝒫: ああ、世界が終わる。

Dr. Ozid: Good morning 𝒫.
オージッド博士: おはようございます、𝒫。

𝒫: For you maybe. I don't even know what this is, but I just want it to stop.
𝒫: あなたもでしょう、私も何なのか分かりません。ただ止まってほしいです。

Dr. Ozid: Has this been happening all day?
オージッド博士: 1日中発生しているのですか?

𝒫: And all of last night, since like 2 in the morning. I haven't slept since it started.
𝒫: 昨晩はずっとです。午前2時ごろからだったと思います。始まってからずっと眠れてません。

Dr. Ozid: What happened, initially?
オージッド博士: 始めに、何が起こりましたか?

𝒫: I mean… not really anything, I don't think. One minute I was asleep, and then boom, I get hit in the head with a doorknob. A doorknob! What the hell!
𝒫: ええっと……何もまったく分かりません。寝てたとき、大きな音が鳴って、ドアノブで頭を打たれました。ドアノブ! 一体何なんだ!

Dr. Ozid: We actually ran a number of analyses on the object, but so far, nothing out of the ordinary has been found.
オージッド博士: 実際に私たちは物体をいくら解析しましたが、今までのところ、異常なものは何も発見されていません。

𝒫: How do we even know it came from me? There's tons of weird stuff here, right?
𝒫: 私から発生したってどうしてわかるんですか? ここにはおかしなものがたくさんあるんですよね?

A polaroid image of two humans kissing manifests directly in front of 𝒫's face, who grabs it and throws it on the floor.
2人の人物がキスをしているポラロイド写真が𝒫の顔の直前に出現する。𝒫はそれをつかみ、床に投げつける。

Dr. Ozid: It just seems to be centered around you.
オージッド博士: ちょうどあなたの周囲に集中しているように見えますね。

𝒫: Physically, maybe, but certainly not thematically! I mean, I don't even like- look, it's just random stuff. Earlier an empty bottle of Sprite appeared in my hands, I do not drink sugar soda.
𝒫: 法則としてはそうなんでしょうが、絶対論理的じゃない! ええと、私の好きなものじゃ- ほら、ただのランダムなものじゃないですか。前にスプライトの空のボトルが手に出てきましたが、私は甘いソーダなんて飲みません。

Dr. Ozid: I understand. At the moment, the best option would be to determine, if possible, the source of these objects, as well as attempting to draw connections between them in case they are some subconscious manifestation-
オージッド博士: 分かりました。現時点での最善の選択は、可能なら、これらの物体の根源を特定し、関係性を調べることです。潜在意識の表出である可能性も—

𝒫: Don't say "of your desires".
𝒫: 「あなたの欲の」なんて言わないでください。

Dr. Ozid: I wasn't planning on it.
オージッド博士: そんなつもりではありませんでした。

Update (07-18-19): While conscious, 𝒫 is able to manifest a variety of objects, though this appears to be entirely unintentional on 𝒫's part, both in the frequency and content of the manifestations. Though the objects do not appear to follow any pattern, a number of them have been noted as frequently reoccurring, sometimes multiple times per day. Among them are plush yardsticks, various comics (with a majority being from Action Comics), heated neck pillows, unmarked bottles containing soda, and manila folders containing images of people kissing.
更新(07-18-19): 𝒫は、意識のある間物体を出現させています。しかし、その頻度や出現物の内容については完全に𝒫自身との関係はないと思われます。物体はどのようなパターンにも従わないように思われますが、いくつかの物体は頻繁に再発生しており、1日に複数回出現したこともあります。それらの中には、豪華な物差しや、様々なコミック(大部分は『アクション・コミックス』1)、熱されたネックピロー2、ソーダの入った表示のないボトル、人がキスをしている写真の入ったマニラフォルダなどが含まれます。


Addendum 03 - Interview (11-05-19)
補遺03 - インタビュー(11-05-19)

Foreword: Notably different objects to the previous manifestations began appearing at 08:14:58, the first instance of which occurred inside the Site-96 integrated cafeteria. The following interview was scheduled by 𝒫, who requested one as soon as it was possible for Dr. Ozid to arrive, which was nearly four hours later.
前文: 以前の発生物とは著しく異なる物体が08:14:58から発生し始めました。そのうち最初の実例はサイト-96の共同カフェテリアで発生しました。以下のインタビューは𝒫によって予定され、𝒫はインタビューをオージッド博士が到着可能な限り速やかに行うことを要請し、およそ4時間後になりました。


Dr. Ozid: Hey, 𝒫, are you… okay?
オージッド博士: こんにちは、𝒫。大丈夫……ですか?

𝒫: Pretty fuckin' far from it, asshole.
𝒫: 大丈夫なわけない、畜生。

Dr. Ozid: Please try to stay civil, 𝒫.
オージッド博士: 冷静になってください、𝒫。

𝒫: I'm sorry. I'm sorry, just, today has been very stressful. Like, I'm eating my breakfast, and boom, dick and balls. The fuck am I supposed to do about that?
𝒫: すいません。すいません、ただ、今日はストレスまみれで。こう、朝食を食べていて、大きな音がして、チンコとタマが出てきた。ヤれってことか?

Dr. Ozid: I understand the concern, we're trying to figure out if anything changed in your diet or habituation but this may just be… well…
オージッド博士: その懸念は理解しています。私たちはあなたの食事や習慣に何か変化があったか解明しようとしていますが、これはただ……ええ……

𝒫: Another random thing happening in my random fucked up life?
𝒫: メチャクチャな私のデタラメな人生にまた別のデタラメなことが起きてるって?

Dr. Ozid: Yes, minus the profanity.
オージッド博士: そうです。汚い言葉でなければ。

A concave plastic self-pleasure device manifests on the table.
プラスチック製の凹字の自慰装置がテーブルの上に発生する。

𝒫: I feel sick.
𝒫: うんざりだ。

Dr. Ozid: If you don't mind me saying it, you seem a bit off today.
オージッド博士: 言っても差し支えなければ、あなたは今日少々失礼です。

𝒫 grabs the device and waves it in front of Dr. Ozid's face.
𝒫は装置をつかみ、オージッド博士の顔の前で振る。

𝒫: Gee, I wonder why!
𝒫: へえ、なんでなんだろうな!

Dr. Ozid: If it makes you feel any better, no one is judging you for this. It's just an anomalous event, it isn't your fault.
オージッド博士: それで気が楽になるのなら、誰も責めることはありません。これはただ異常なイベントであって、あなたのせいではないのです。

𝒫: It may not be my fault, but I saw the reactions of everyone this morning. People were doing that fucking wide-eyed thing where they're trying not to react just to make me feel better, when in reality, they think I'm a freak! Somehow, even though I eat breakfast with people who have fucking impossible arms and cosmic skin, I'm still the freak! And it's like, I know they know it's just a weird anomaly or whatever, but it comes off like I'm some sort of superpowered sexual deviant and I hate it, and I know they will never be able to shake the thought from their minds.
𝒫: 私のせいじゃなかろうが、今朝皆のリアクションを見た。皆は目をクソ丸くしたが、ただ私の気を良くしようと反応しないようにしていた。だけど本当は私のことを変人だと思ってるんだ! なぜか、ありえない腕と宇宙の肌をしてるやつと朝飯食べてたっていうのに、それでも私が変人なんだ! つまり、皆これはおかしい異常か何かだと思ってるとは分かるが、私が何かの超能力者の性的逸脱者みたいに見えて嫌だ。しかも皆は絶対に心の中からこの思いを振り払うなんてできないんだ。

Dr. Ozid: 𝒫, listen to me. You're right that people will think it's weird, but I promise you, they don't think you are weird. I'm sure you've noticed the red cylinders protruding from my forehead?
オージッド博士: 𝒫、聞いてください。あなたの言う通り皆はこれをおかしいとは思うでしょうが、約束します、皆はあなたがおかしいとは思っていません。私の額に赤い円柱の突き出たものがあるでしょう。

𝒫: What about them?
𝒫: それは一体?

Dr. Ozid: I started working at the SCP Foundation when I was 27. When I was 29, I was researching a portal between two nearly identical parallel universes, when the portal irreparably closed, sealing me on the other side. Everything was identical, except for one small issue. Unlike me, humans didn't have these.
オージッド博士: 私は27歳からSCP財団で働き始めました。29歳のとき、私がほぼ同一な2つの平行宇宙の間に開かれたポータルを調査していると、そのポータルが修復不可能なまで閉じて、向こう側に締め出されました。あらゆるものはほぼ同じでしたが、1つ小さな問題がありました。私とは違い、人々にはこれがありませんでした。

Dr. Ozid taps his antennae.
オージッド博士は自身の触角を軽く叩く。

Dr. Ozid: When I eventually started working here, in this universe's Foundation, I had to deal with glances and tension constantly, but people got used to it, and now I'm doing pretty well, socially.
オージッド博士: 結果として私がこの宇宙の財団で働くようになってから、私は絶えない視線や緊張に対処しなければなりませんでしたが、皆がこれに慣れてからは社会的にとてもうまくやれています。

𝒫: Ok, but you have horns and I have like 500 noses and dildos coming out of the fucking sky. There's a difference.
𝒫: なるほど、だけどあんたは角で私は500くらいの鼻に空中からやってくるディルドだ。違うだろう。

Dr. Ozid: Your situation may be more severe than mine, but regardless, it's more about your own self-worth than it is about other peoples' judgement, and I can promise you, it will get better.
オージッド博士: あなたの状況は私より重いでしょうが、それでも、それは他人の判断より、あなた自身の自尊心の話なのです。これは約束できます、事態は良くなるでしょう。

10 seconds of silence elapse.
10秒間の沈黙。

𝒫: Okay, fine. Sure. I'll try.
𝒫: 分かった、いいよ。どうもありがとう。やってみよう。

Dr. Ozid: I'm glad to hear it, 𝒫. I'm proud of you.
オージッド博士: それが聞けてうれしいです、𝒫。あなたを誇りに思います。

𝒫: Alright, don't overstay the wholesomeness, this is still fucked up.
𝒫: どうも、健全にこだわりすぎないでほしい。まだめちゃくちゃなんだ。

The table becomes instantaneously covered in a tablecloth, upon which is a patterned image of male genitalia.
テーブルが即座に男性器の模様のテーブルクロスに覆われる。

𝒫: Case in point.
𝒫: こんな風に。

Dr. Ozid: Hey, don't sweat it, I've seen worse restaurant decor in my time.
オージッド博士: ああ、心配しないでください。若いころもっとひどいレストランの装飾を見たことがあります。

Update (12-26-19): Starting November 5th, 𝒫 has begun to exhibit an irregularity in its baseline materialization behavior. In irregular cycles, objects will manifest as they have previously for a number of days, followed by an isolated, abnormal day, wherein new objects manifest, such as fill-in-the-blank style storybooks, empty coffee cups, various self-pleasure devices, ribbons and other fabric scraps, metal rulers, Sharpie brand permanent markers, and graphic homoerotic pornography.
更新(12-26-19): 11月5日から、𝒫はその基本的な物質化現象からの逸脱を示し始めました。不規則な周期で、物体は数日間以前と同様に出現し、その後1日だけ異常な日になります。その日には、穴あきの物語の本、空のコーヒーカップ、種々の自慰装置、リボンと他の布の切れ端、金属製の定規、Sharpieブランド3の油性マーカー、同性愛のポルノ画像などの新たな物体が出現します。


Addendum 04 - Video Log (01-03-20)
補遺04 - ビデオログ(01-03-20)

Foreword: The following video log is taken from the camera in 𝒫's chamber.
前文: 以下のビデオログは𝒫の収容室内のカメラによって撮影されました。


16:19:15
𝒫 teleports into the room and looks back and forth rapidly, in a state of panic. A lovely table manifests in the center of the room, surrounded by royal chairs. 𝒫 sits in one of the royal chairs, displaying extreme concern. 𝒫 struggles to exit the royal chair but is unable.
𝒫が室内に瞬間移動し、パニック状態で前後を素早く見回す。素敵なテーブルが部屋の中央に出現し、周囲を豪華な椅子が囲んでいる。𝒫は豪華な椅子に座っているが、極度の不安を示している。𝒫は豪華な椅子から離れようともがくが、不可能である。

16:22:00
𝒫's outfit is instantaneously replaced with an elegant ball gown. 𝒫 attempts to remove the elegant ball gown but is once again unable.
𝒫の服装が瞬時に優雅なボールガウンに変化する。𝒫は優雅なボールガウンを脱ごうと試みるが、やはり不可能である。

16:23:00
Three guests manifest in each of the other royal chairs, along with tea and cookies. 𝒫, displaying a look of horror, picks up a cup of tea and reluctantly takes a sip before returning it to the lovely table.
3人の客が他の豪華な椅子のそれぞれに出現し、またお茶とクッキーも一緒に出現する。𝒫は恐怖の表情を示しているが、お茶のカップを取り不承ながら少しずつ飲み、素敵なテーブルに戻す。

16:24:00
𝒫 has a little party.
𝒫は小さなパーティを開いている。

16:25:00
𝒫 has a little party.
𝒫は小さなパーティを開いている。

16:30:00
𝒫 has a little party.
𝒫は小さなパーティを開いている。

16:35:00
𝒫 has a little party.
𝒫は小さなパーティを開いている。

16:40:00
𝒫 has a little party.
𝒫は小さなパーティを開いている。

16:44:00
𝒫 sets down the cup of tea and grabs on to the nearest royal chair. 𝒫 struggles against the royal chair for a number of minutes before successfully exiting it.
𝒫はお茶のカップを置き、最も近い豪華な椅子にしがみつく。𝒫は数分間豪華な椅子でもがき、うまく離れられた。

16:47:00
𝒫 grabs the royal chair and begins smashing it against the lovely table. After a minute of attacking, the lovely table splits in half, sending all the tea and cookies sliding into a mess on the floor.
𝒫は豪華な椅子をつかみ、素敵なテーブルに対して叩きつけ始める。攻撃して数分後、素敵なテーブルは半分に割れ、全てのお茶とクッキーが床の上に散らばる。

16:52:00
𝒫 begins screaming at the guests who continue to have a little party, despite the lack of a lovely table or tea and cookies. 𝒫 appears to be in tears. The guests ignore 𝒫 and continue to have a little party. 𝒫 falls to the floor, sobbing.
素敵なテーブルやお茶とクッキーがないにもかかわらず小さなパーティを続けている客に対して𝒫が叫び始める。𝒫は泣いているように見える。客は𝒫を無視して小さなパーティを続ける。𝒫は床に崩れ落ち、むせび泣く。

16:54:00
𝒫 stands up. The guests stop having a little party, and stare blankly at 𝒫. The little party demanifests. 𝒫 removes the tattered ball gown, sighs deeply, and demanifests.
𝒫は立ち上がる。客は小さなパーティをやめ、𝒫を呆然と見つめる。小さなパーティは消失する。𝒫はボロボロになったボールガウンを脱ぎ、深い溜息をつき、消失する。


End Note: 𝒫's whereabouts are currently unknown.
注釈: 𝒫の所在地は現在不明です。


記事ここまで

tag: _licensebox alive amorphous audio ectoentropic humanoid keter language meta miscommunications sapient scp sentient sexual teleportation
タグ: en 生命 不定形 音声添付 外部エントロピー 人間型 keter 言語 メタ 誤伝達部門 知性 scp 自我 性的 瞬間移動

以下はフォーラム投稿用


ソース: 𝒫 Rev.23
著者: HenzoidHenzoid
作成日(EN): 2020/05/11
翻訳査読: ccleccle様

以下は著者ポストにあるスポイラーです。



ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

言語

EnglishРусский한국어中文FrançaisPolskiEspañolภาษาไทยDeutschItalianoУкраїнськаPortuguêsČesky繁體中文Việtその他日→外国語翻訳

日本支部の記事を他言語版サイトに翻訳投稿する場合の下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Witherite's portal does not exist.


エラー: Witheriteのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6370408 (02 May 2020 04:11)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License