SCP-5956 2ページ目

このページの批評は終了しました。


原文: SCP-5956 Fragment 2 by HarryBlankHarryBlank, Placeholder McDPlaceholder McD rev.16

このページの査読コメントは1ページ目にお願いします。


SCP-5956 2ページ目
作成者: WitheriteWitherite
作成日: 19 Sep 2022 04:16
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        bottom: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 15;
        font-family: san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888 !important;
        background-color: #fff !important;
        border-radius: 3em;
        color: #888 !important;
        text-decoration: none!important;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -25em;
        width: 17em;
        height: 100%;
        background-color: rgb(184, 134, 134);
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        -webkit-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -moz-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -ms-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    #side-bar:after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        width: 0;
        height: 100%;
        background-color: rgba(0, 0, 0, 0.2);
 
    }
 
    #side-bar:target {
        display: block;
        left: 0;
        width: 17em;
        margin: 0;
        border: 1px solid #dedede;
        z-index: 10;
    }
 
    #side-bar:target + #main-content {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3) 1px 1px repeat;
        z-index: -1;
    }
}
評価: 0+x

Welcome, Director Reynders.
You are currently viewing a document from TL-5956-X ("The Paradox-Timeline").
ようこそ、レインデルス管理官。
あなたは現在TL-5956-X("パラドックス・タイムライン")の文書を閲覧しています。
アイテム番号: SCP-001
レベル5
収容クラス:
esoteric
副次クラス:
apollyon
撹乱クラス:
amida
リスククラス:
critical

AAFD-1.jpg

Acroamatic Abatement Facility AAF-D, 2024/09/08. 玄妙除却施設AAF-D、2024/09/08。

SPECIAL CONTAINMENT PROCEDURES: As SCP-001 is a paradox-induced recurrent catastrophic containment failure, it is "contained" through amelioration of its effects on relevant timelines.
特別収容プロトコル: SCP-001はパラドックスが誘発した再発性の壊滅的な収容の失敗であるため、関連するタイムラインにおけるその影響を改善することで「収容」されます。

Each year, on the eighth day of September, the following actions must be taken at Site-43:
毎年の9月8日に、サイト-43では以下の行動が取られなければなりません。

Any actions timed to the precise second have extremely narrow windows of opportunity.
秒数まで正確に時間指定されたあらゆる行動に対する絶好の機会は極端に短いです。
Local Time Actions Required
現地時間 必要な行動
N/A Dr. A. Zlatà must provide precise time signals to PTF Omega-001 via radio for each of the below-listed events.
なし A・ズラター博士は、PTF オメガ-001に以下にリストされたそれぞれのイベントの正確な時間の信号を無線で与えなければなりません。
17:17:52 Dr. D. Deering must be informed of his containment duties. One keeper of SCP-001-B must be present.
17:17:52 D・ディアリング博士は自身の収容任務を伝えられなければなりません。SCP-001-B保有者1名が随伴していなければなりません。
17:18:22 Dr. Deering must activate the REISNO Cannon and contact his Prime-Timeline counterpart at precisely this moment in 2002; he must speak the following words: "There is no Cannon"; he must request possession of SCP-001-B, then administer an immediately-lethal cognitohazard to himself.
17:18:22 ディアリング博士はREISNOカノンを起動し、2002年のちょうどこの時間のプライム・タイムラインのディアリング博士に接触して、以下の言葉を発さなければなりません。「カノンは存在しない」 彼はSCP-001-Bの所有を要求し、その後自身に即効性の致死的認識災害を施さなければなりません。
18:21:-- Agent S. Radcliffe must not respond to his radio.
18:21:-- エージェント・S・ラドクリフは無線に応答してはなりません。
18:22:00 Dr. B. Del Olmo must radio Dir. L. Lillihammer and speak the following words: "Something's wrong."
18:22:00 B・デル・オルモ博士はL・リリハンメル博士に無線で連絡し、以下の言葉を発さなければなりません。「何かがおかしい」
18:22:29 Chief A. Mukami must activate the bulkhead seal on Facility AAF-D, with all personnel still inside.
18:22:29 A・ムカミ セクション長は、全ての職員がいまだに内部にいる状態で施設AAF-Dの隔壁封鎖を起動しなければなりません。
18:22:36 Chief Mukami must sound the evacuation order for the Security and Containment, Applied Occultism and Archives and Revision Sections.
18:22:36 ムカミ セクション長は、保安・収容Security and Containment応用隠秘学Applied Occultism保管・改訂Archives and Revisionセクションに避難命令を発布しなければなりません。
18:22:41 Agent Radcliffe must not respond to his radio.
18:22:41 エージェント・ラドクリフは自身の無線に応答してはなりません。
18:22:57 Chief Mukami must activate the bulkhead seals on the Security and Containment, Applied Occultism and Archives and Revision Sections, with all personnel still inside.
18:22:57 ムカミ セクション長は、全ての職員がいまだに内部にいる状態で保安・収容、応用隠秘学、保管・改訂セクションの隔壁封鎖を起動しなければなりません。
18:23:01 Dr. D. Markey must engage INTERITUS Protocol, destroying the Euclid and Keter-class wings of the Security and Containment Section.
18:23:01 D・マーキー博士はインテリトゥスINTERITUS・プロトコルを発動し、保安・収容セクションのEuclid・Keterクラス翼を破壊しなければなりません。
18:23:17 Agent Radcliffe must respond to his radio with the following words: "Please tell me you're not still in there."
18:23:17 エージェント・ラドクリフは自身の無線に以下の言葉で応答しなければなりません。「もうその中にいないって言ってくれよ」
18:23:29 Chief R. Ambrogi must seal the Inter-Sectional Subway System and engage the vacuum flush mechanism.
18:23:29 R・アンブロジー セクション長はセクション間地下鉄網を封鎖し、真空洗浄機構を発動しなければなりません。
18:24:53 Dr. R. Wirth must crawl beneath his desk and manually trigger the controlled burning of the Archives and Revision Section.
18:24:53 R・ワース博士は自身の机の下を這い、保管・改訂セクションの焼却処理を手動で動作させなければなりません。
18:25:11 Agent Radcliffe must respond to his radio with the following words: "The concentration cell should be safe! It's just north down that hallway."
18:25:11 エージェント・ラドクリフは自身の無線に以下の言葉で応答しなければなりません。「濃淡室は無事なはずだ! その廊下を北に行けばある」
18:27:-- Chief Janet Gwilherm must order MTFs Alpha-43, Beta-43, and Delta-43 to engage the spectral entities at Facility AAF-A.
18:27:-- ジャネ・ギルヘルム セクション長は、MTF群アルファ-43、ベータ-43、デルタ-43に施設AAF-Aの霊的実体群と交戦するよう命令しなければなりません。
18:31:-- Dr. Del Olmo must broadcast stun memetics to all surviving personnel in the Applied Occultism and Archives and Revision Sections.
18:31:-- デル・オルモ博士は、応用隠秘学、保管・改訂セクション内の全ての生存職員に失神誘発性ミームを放送しなければなりません。
18:34:-- Chief Mukami must direct Security and Containment forces to neutralize all Site personnel within the Applied Occultism and Archives and Revision Sections, save for Dr. Wirth.
18:34:-- ムカミ セクション長は、保安・収容セクション部隊に応用隠秘学、保管・改訂セクション内のワース博士以外の全てのサイト職員を無力化するよう指示しなければなりません。

The following personnel must perish:
以下の職員は絶命しなければなりません。

  • Blank, Dr. Harold
  • Deering, Dr. Dougall
  • Ibanez, Chief Delfina
  • Lillihammer, Dr. Lillian
  • McInnis, Dir. Allan
  • Nascimbeni, Chief Noe
  • Ngo, Dr. Nhung
  • Okorie, Dr. Udo
  • Wettle, Dr. William
  • ブランク、ハロルド博士
  • ディアリング、ドゥーガル博士
  • イバニェス、デルフィーナ セクション長
  • リリハンメル、リリアン博士
  • マッキンス、アラン管理官
  • ナシンベーニ、ノエ セクション長
  • ゴ、ニュン博士
  • オコリー、ウド博士
  • ウェトル、ウィリアム博士

Any individuals terminated by new occurrences of SCP-001 must be added to this list.
SCP-001の新たな発生によって終了した人物はこのリストに追加されなければなりません。

PTF Omega-001 are to keep an extremely accurate record of who amongst them is presently unable to communicate, and are to cycle this inability at regular intervals.
PTF オメガ-001は、その部隊の中で現在コミュニケーションの取れない人物の記録を極めて正確に取り続け、コミュニケーション不能性を定期的な間隔で交代させなければなりません。

All reflective surfaces within Site-43 must be destroyed or otherwise stripped of their reflective properties. Reflective liquids must be diluted such that they are opaque. The Memetics and Countermemetics Section must ensure that all personnel apply Solution 001-A to their eyes on a four-hour schedule indefinitely.
サイト-43内の全ての反射する表面は、破壊されるか反射性能をなくさなければなりません。反射する液体は希釈され、くすませなければなりません。ミーム・対抗ミームMemetics and Countermemeticsセクションは、全ての職員が無期限に4時間ごとに溶液001-Aを確実に点眼させなければなりません。


DESCRIPTION: SCP-001 is an annual cascade containment breach/anomalously-stable temporal paradox occurring in the Acroamatic Abatement, Applied Occultism, Archives and Revision, and Security and Containment Sections of Site-43. Dramatic local reality alterations will revive and subsequently terminate nine deceased Foundation personnel and damage containment apparatus throughout the Site.
説明: SCP-001はサイト-43の玄妙除却Acroamatic Abatement、応用隠秘学、保管・改訂、保安・収容セクションにおいて毎年発生する連鎖的収容違反/異常安定性タイムパラドックスです。劇的な局所現実改変により、9名の死亡した財団職員が蘇生したのちに終了し、サイト一帯の収容装置が損傷します。

AAFD-2.jpg

Corrupted security footage still of Acroamatic Abatement Facility AAF-D, 2027/09/08. 玄妙除却施設AAF-Dの破損した監視カメラの静止画像、2027/09/08。

On 2002/09/08, Dr. Dougall Deering telepathically received a set of instructions from a future version of himself in an alternate timeline. He was directed to:
2002/09/08、ドゥーガル・ディアリング博士は代替タイムラインにおける未来の自分自身から一連の指令をテレパシーで受け取りました。彼は以下のことを行うよう指示されました。

  • transcribe and record the entire conversation, verbatim;
  • manually shut all esoteric effluence valves voiding into Acroamatic Abatement Facility AAF-D;
  • notify Janitorial and Maintenance personnel of a critical buildup of esoteric substances which, left untreated, would result in a catastrophic containment failure;
  • ensure that AAF-D be fully decommissioned.
  • 会話の全体を一言一句書き起こして記録し、
  • 玄妙除却施設AAF-Dに排出する全ての深妙排出物弁を手動で閉鎖し、
  • 清掃・保守職員に、深妙物質が危機的に蓄積して、処理しない場合破滅的収容失敗が発生することを通知し、
  • AAF-Dが完全に解体されることを確実にする。

He was further instructed to take the following actions twenty years hence:
彼は、この20年後に以下の行動を取るようさらなる指令を受けました。

  • retrieve from Site-120 a device constructed by a 'Dr. P. H. McDoctorate' known as 'The REISNO Cannon';
  • utilize the REISNO Cannon to contact the present (2002) version of himself;
  • repeat the instructions he had been given precisely, thereby ensuring a stable time loop in which the aforementioned catastrophic containment failure would never occur.
  • サイト-120から、「P・H・マクドクトラート博士」が構築した装置である「REISNOカノン」を回収し、
  • REISNOカノンを利用して現在(2002年)の自分自身に接触し、
  • 与えられた指令を正確に繰り返して、それにより上記の破滅的収容失敗が決して発生しない安定した時間ループを確実にする。

After Dr. Deering confirmed that he had understood these instructions, his future self severed the intertemporal link. Though Dr. Deering's recollection of this event soon began to fade, he was able to execute the instructions he had been given by consulting his careful transcriptions. The events of 2002/09/08, detailed below, were the result.
ディアリング博士がこれらの指令を理解したことを確証したのち、未来のディアリング博士は時間際接続を切断しました。ディアリング博士のこのイベントの記憶はまもなく消滅したものの、注意深い書き起こしを参考にして与えられた指令を遂行することが可能でした。結果として、以下に詳述されている2002/09/08のイベントが発生しました。

Incident Report AAFD-I-117
インシデント報告書 AAFD-I-117
DATE: 2002/09/08
OFFICER OF RECORD: D. Ibanez (Chief of Security and Containment)
CONSULTING: Dr. A. McInnis, N Nascimbeni (Chief of Janitorial and Maintenance), Dr. D. Deering
日付: 2002/09/08
記録担当者: D・イバニェス(保安・収容セクション長)
相談役: A・マッキンス博士、N・ナシンベーニ(清掃・保守Janitorial and Maintenanceセクション長)、D・ディアリング博士
SUMMARY: At 17:19 hours, Dr. D. Deering detected an impending recondicity event in the orphic outflow treated by Acroamatic Abatement Facility AAF-D.. Orphic outflow is spectral material. Its recondicity variable describes the extent to which it has become too esoteric to be contained within Euclidean geometry. Dr. Deering executed an emergency flush of this material into the adjacent facilities, preventing a catastrophic containment breach.

After further risk evaluation by Dr. Deering, Facility AAF-D was officially condemned. At 18:22 hours, during a routine inspection prior to its decommissioning, a loaded spectral grounding conduit burst. The resultant flare of esoteric energy boiled fourteen Janitorial and Maintenance Section personnel alive.
概要: 17:19、D・ディアリング博士は玄妙除却施設AAF-Dで処理されている秘妙排出物において、喫緊の幽遠性イベントを検知した。. 秘妙排出物は霊的物質のこと。その幽遠性変数は、ユークリッド幾何学の中で収容できなくなるほど深遠になる程度の範囲を表す。 ディアリング博士は、この物質の隣接施設への緊急洗浄を遂行して、破滅的収容違反を防止した。

ディアリング博士によるさらなるリスク評価ののち、施設AAF-Dは公式に使用禁止になった。18:22、解体前の規定の検査の際に、中身の詰まった霊的接地導管が破裂した。その結果深妙エネルギーのフレアが発生し、生存していた14名の清掃・保守セクション職員を煮沸した。
ADDENDUM: Subsequent to this event, the seven Site-43 senior staff members supervising the decommissioning met in honour of the lost technicians within the shell of AAF-D. They expect to meet again on the tenth anniversary of the incident, 8 September 2012, and for all subsequent decennials.
補遺: このイベントに続いて、解体を監督していた7名のサイト-43上級職員がAAF-Dシェル内で亡くなった技師たちに敬意を表して会合した。彼らはこのインシデントの10周年である2012年9月8日と、それ以降の10年ごとに再び会合することを予定している。

For twenty years, no further Acroamatic Abatement-related incidents occurred.
20年間、玄妙除却に関連したさらなるインシデントは発生しませんでした。

In the days preceding 2022/09/08, Dr. Deering placed a request to Director Asheworth of Site-120, asking that the REISNO Cannon be transported to Site-43 for use in a demonstration of temporal mechanics. However, on 2022/09/08, while preparing to fulfill his latter set of instructions, he was informed that neither the device nor any trace of its existence could be found. The events of 2022/09/08, detailed below, were the immediate result.
2022/09/08に先立ち、ディアリング博士はサイト-120のアシュワース管理官に要求を出し、時間機構の実証に用いるためREISNOカノンをサイト-43に移送することを求めました。しかし、2022/09/08、彼は後半の一連の指令の遂行を準備したにもかかわらず、装置そのものも、そして存在していたという痕跡も発見できなかったと通知されました。結果として、以下に詳述されている2022/09/08のイベントが即座に発生しました。

Incident Report 001-I-1
インシデント報告書 001-I-1
DATE: 2022/09/08
OFFICER OF RECORD: A. Mukami (Chief of Security and Containment)
CONSULTING: Dr. X. Du (Chief of Quantum Supermechanics), Dr. D. Deering (Chair of Acroamatic Abatement)
日付: 2022/09/08
記録担当者: A・ムカミ(保安・収容セクション長)
相談役: X・ドゥ量子超力学Quantum Supermechanicsセクション長)、D・ディアリング博士(玄妙除却セクション議長)

SUMMARY: Dr. D. Deering has inadvertently created a serious temporal paradox and subsequent containment failure via poorly-considered timeline manipulation using a device known as "the REISNO Cannon."
概要: D・ディアリング博士は、「REISNOカノン」と知られる装置を用いた思慮不足のタイムライン操作によって、不注意にも深刻なタイムパラドックスを生成して続く収容失敗をもたらした。

At 17:18 hours on 2022/09/08, Dr. Deering recognized that his actions of 8 September 2002 had somehow retroactively erased the device he had used to undertake them. The resultant paradox initiated a wavefront of malignant causal, temporal and narrative energy which, unchecked, would likely have resulted in the catastrophic restructuring of universal reality. However, this wavefront originated at the site of Dr. Deering's paradoxical actions, Acroamatic Abatement Facility AAF-D. Due to a pronounced reaction with residual esoteric material in the decommissioned facility, a much more concentrated effect instead occurred.
2022/09/08 17:18、ディアリング博士は2002年9月8日の自身の行動をもたらすために用いた装置が、当時の自身の行動によって何らかの形で過去遡及的に消去されていることに気づいた。結果として発生したパラドックスにより、抑制されない場合汎現実の破滅的再構築をもたらし得る有害な因果的・時間的・物語的エネルギーの波面が形成された。しかし、この波面はディアリング博士のパラドックス的行動の現場である玄妙除却施設AAF-Dから発生していた。解体済施設に存在していた残留深妙物質が顕著に反応したため、それがなかった場合に比べてより濃縮された影響が発生した。

AAF-D was immediately reverted to its 2002 configuration, including its full payload of esoteric effluence, its near-critical recondicity variable, and its backlinks to all other abatement facilities. The recondite material, much of it containing causal, temporal and narrative elements, interacted explosively with the paradox wavefront. All abatement apparatus in the entire facility immediately reached critical recondicity, and the most extreme alterations of reality yet on record followed. Effects included, but were not limited to:
AAF-Dは即座に、深妙排出物の全量、ほぼ臨界状態の幽遠性変数、他全ての除却施設に対する被接続を含む2002年の配置に復帰した。幽妙物質は、その多くが因果的・時間的・物語的要素を含んでおり、パラドックスの波面と爆発的に相互作用した。施設全体の全ての除却装置は即座に臨界幽遠性に達し、今までの記録の中で最も激甚な現実の改変が続いた。影響は以下を含むがそれに限らない。

  • The retroactive and asymmetrical erasure of an unknown entity.The contours of this subject's existence can be traced in some Foundation documentation and historical records, but no hints of its nature or characteristics have survived save for cryptic references to a being known as "The Unyielding."
  • Increases/decreases in the number of perceptible/mobile temporal dimensions
  • Spontaneous and exclusively-red monochromacy
  • Dermal procession
  • Apparition of extra-temporal entities
  • Chronological inversion
  • Noogenesis in reflective objects
  • Multiple sets of extrasensory perceptions
  • Total linguistic and communicative failure
  • Condensation of vaporous substances, resulting in sharp temperature increase
  • Nadireosis.nadireosis (n.): The demotion of an individual to their lowest possible form; the anticlimax of their development.
  • Sialorrhea
  • 不明な実体の過去遡及的かつ非対称的な消去.この対象の存在の外郭は複数の財団文書や史料に痕跡があるものの、その性質や特徴の手掛かりは「不撓体」として知られる存在への曖昧な言及を除き残存しない。
  • 可知/可動時間次元の数の増加/減少
  • 自然発生的な赤色全色盲
  • 皮膚の前進
  • 外時間存在の出現
  • 時系列反転
  • 反射物の精神的進化
  • 複数種類の超感覚的知覚
  • 完全な言語・コミュニケーションの失敗
  • 蒸気質の物質の凝縮、それによる温度の急上昇
  • 深潭化.深潭化nadireosis(名): ある人物が可能な最低形態に減退すること。人物の成長の最低状態。
  • 流涎症

Many of these effects have persisted to the present.
これらの影響の多くは現在まで持続している。

DETAILED REPORT: Just prior to the incident, Dr. B. Del Olmo was engaged in an interview with an SCP object in the Security and Containment Section. As this entity's existence has apparently been erased by the subsequent events, he is unable to recall the exact nature of their conversation, but he left the chamber convinced that a containment breach attempt was imminent. He headed to the Security and Containment Section to radio Dr. Lillihammer and convey his suspicions.
詳細報告: インシデントの直前に、B・デル・オルモ博士は保安・収容セクションにおいて、あるSCPオブジェクトとのインタビューを行っていた。おそらくこの実体は続くイベントによって消去されたため、彼は会話の正確な核心を思い出すことができないものの、収容違反の試みが喫緊であることを確信してチャンバーを退出した。彼は保安・収容セクションに向かい、リリハンメル博士に無線で連絡して自身の疑念を伝えた。

The seven senior staff members who had supervised AAF-D's initial decommissioning were engaged in their memorial activities therein when the breach occurred. They were immediately alerted to the paradox wavefront by the sudden transformation of their surroundings; Site Director Dr. L. Lillihammer radioed the officer on duty outside AAF-D, S. Radcliffe, for a status update. Agent Radcliffe had misplaced his radio, and so did not receive Dr. Lillihammer's transmission. Dr. U. Okorie therefore opened the hood on an orphic outflow pipe, to check its recondicity; after a brief visual inspection, she reported that a) a catastrophic thaumic event was now imminent, b) the safety shielding around the pipe had become porous, and c) her death was likely also imminent. She then removed her hand from the pipe and attempted to move away from the other members of the group; her muscle mass passed directly through her dermis, carrying most of her skeletal structure and organs with it, and collapsed into a pile of viscera. Her dermis remained standing.
AAF-Dの初期解体を監督していた7名の上級職員のメンバーが現地で追悼活動をしていた際に、収容違反が発生した。彼らは、突然周囲が変質したためパラドックスの波面に即座に警戒した。サイト管理官L・リリハンメル博士はAAF-Dの外部で勤務していた職員のS・ラドクリフに、状況の更新のため無線で連絡した。エージェント・ラドクリフは自身の無線の置き場を間違えていたため、リリハンメル博士の通信を受け取らなかった。そのため、U・オコリー博士は秘妙排出物パイプの覆いを開け、幽遠性を確認した。短期間の目視検査ののち、彼女は a)破滅的奇跡イベントが現在喫緊であること、 b)パイプの安全遮蔽装置に穿孔ができ始めていること、 c)自身の死もまた喫緊である可能性があることを報告した。その後彼女はパイプから手を離し、グループの他のメンバーから離れようとした。彼女の筋肉は皮膚を直接通過し、それとともに骨格構造および臓器の大半を運んで、山になった内臓に崩れた。彼女の皮膚は立ったままだった。

The voice of Dr. Del Olmo then erupted from Dr. Lillihammer's radio at a volume high enough to cause permanent hearing damage. Dr. Del Olmo's declaration that "Something's wrong" coincided with the collapse of Dr. Okorie's dermal layer and a series of audiovisual anomalies indicating the beginning of a mass containment failure in AAF-D. Dr. Wettle, startled by the bursts of sound, stumbled backward and struck a wall; his body cascaded outward along the surface until the wall was textured with his clothing and physical features. Dr. Wettle began to scream only once this effect had completed; he did not cease for the duration of the event.
デル・オルモ博士の声がリリハンメル博士の無線から、恒久的な聴力障害を引き起こすのに十分大きな音量で噴出した。デル・オルモ博士の「何かがおかしい」という宣言は、オコリー博士の皮層の崩壊およびAAF-Dにおける大規模収容失敗が始まったことを示す一連の視聴覚的アノマリーと同時に起きた。ウェトル博士は、音の奔出に驚いて後方によろめき、壁に衝突した。彼の身体は表面に沿って外側に流れ落ち、壁は彼の衣服および身体的特徴の質感になった。ウェトル博士はこの効果が完了してから初めて絶叫し始め、このイベントの期間中断しなかった。

Dr. Lillihammer radioed Security and Containment and ordered that the AAF-D bulkhead be sealed. Chief A. Mukami carried out this instruction immediately; after consultation with Dr. Del Olmo, who had just arrived in her office, she also ordered the evacuation of all workspaces in the vicinity of AAF-D.
リリハンメル博士は保安・収容セクションに無線で連絡し、AAF-D隔壁を封鎖するよう命令した。A・ムカミ セクション長はこの指令を即座に実行し、彼女のオフィスにちょうど到着したデル・オルモ博士との相談ののち、AAF-D近辺の全ての仕事場の避難もまた命令した。

At this point, narrative energy emanating from AAF-D reached the anomalous documents storage lockers in the Archives and Revision Section. The spontaneous manifestation of hundreds of small-scale thoughtforms (reified pataphysical constructs) resulted; the entities constructed their physical forms from the Section's extensive collection of printed records.
この時点で、AAF-Dから放出される物語エネルギーは保管・改訂セクションの異常文書保管ロッカーにまで到達した。結果として数百体もの小規模思考体(具体化した形而超学的構成体)が自然発生的に出現した。実体群は、セクション内の印刷された記録の広範なコレクションから物理形態を構築した。

As local reality collapsed in AAF-D, Dr. Lillihammer again radioed Dr. Del Olmo to seek advice on the safest location within the facility to take shelter. When Dr. Del Olmo did not respond (his radio had been transformed into glass), Dr. Lillihammer radioed Agent Radcliffe, who still had not yet located his own radio. Dr. Blank physically accosted Dr. McInnis and accused him of causing the present calamity with his incompetence in 2002. Dr. McInnis appeared incapable of response. Former Chief Nascimbeni was attempting to interpose himself between them when a rapid superstructural change filled the space he was occupying with a load-bearing member, pulverizing his internal organs and killing him instantly.
AAF-Dにおいて局所現実が崩壊すると、リリハンメル博士は再びデル・オルモ博士に無線で連絡して施設内の避難できる最も安全な位置に関して助言を求めた。デル・オルモ博士が応答しなかったため(彼の無線はガラスに変質していた)、リリハンメル博士はエージェント・ラドクリフに無線で連絡したが、彼はいまだに自身の無線を発見できないでいた。ブランク博士はマッキンス博士に身体的に暴行し、2002年のマッキンス博士の無能さが現在の厄災を招いたと非難した。マッキンス博士は応答ができないように思われた。ナシンベーニ前セクション長が彼らに介入しようとした際に、急速な上部構造の変化によってナシンベーニ前セクション長が占めていた空間が耐負荷性素材で埋まり、彼の内臓を粉砕して即死させた。

Chief Mukami sealed the Archives and Revision Section. She then received reports that all Security and Containment Staff in the containment wings above Applied Occultism, and all Applied Occultism staff, had been showered in orphic outflow by a critical backwash from the overloaded AAF-D facilities and converted to liquiform entities. These entities were presently engaged in breaching containment for all surviving Euclid and Keter-class anomalies. Simultaneously, two containment chambers were obliterated by spectral superheating and their supposed occupants retrocausally erased from reality. Chief Mukami activated the bulkhead seals for these two Sections as well. Containment specialist Dr. D. Markey concluded that the captive anomalies could not be allowed to become compromised by the transmogrified staff, and enacted INTERITUS Protocol. Shaped charges obliterated the containment chambers, and their occupants, dealing considerable structural damage to the Site as a whole.
ムカミ セクション長は保管・改訂セクションを封鎖した。続いて彼女は、応用隠秘学セクション上の収容翼にいる全ての保安・収容職員および全ての応用隠秘学職員が、過負荷のAAF-D施設からの危機的逆流によって秘妙排出物を浴びて、液状実体に変質したという報告を受けた。これらの実体は当時生存していた全てのEuclid・Keterクラスアノマリーの収容違反に従事していた。同時に、2つの収容チャンバーが霊的過熱により滅却され、そこに収容されていたと思われる実体は逆因果的に現実から消去された。ムカミ セクション長は、これら2つのセクションでも同様に隔壁封鎖を起動した。収容スペシャリストD・マーキー博士は、監禁されたアノマリーは変貌した職員によって損害を与えられてはならないと結論を出し、インテリトゥス・プロトコルを策定した。成型炸薬によって収容チャンバーおよび収容されていた実体は滅却され、全体としてはサイトに重大な構造被害をもたらした。

Agent Radcliffe recovered his radio, and noted the two missed transmissions from Dr. Lillihammer. He attempted to contact her; his message was not received, as upon entering AAF-D the radio wave took physical form and began pinging off of the remaining intact abatement apparatus, setting off a series of explosions throughout the facility.
エージェント・ラドクリフは自身の無線を回収し、リリハンメル博士からの2件の不在着信に気づいた。彼はリリハンメル博士に連絡しようとしたが、電波はAAF-Dに入ると物理形態を取って原型を保っていた除却装置にぶつかり始め、施設一帯で一連の爆発を引き起こしたため、彼のメッセージは受け取られなかった。

Janitorial and Maintenance Chief R. Ambrogi became aware that AAF-D's sealed Inter-Sectional Subway station had become unsealed, and the subway was filling with a miasma of recondite material. He shut down the system and engaged the vacuum flush mechanism. The recondite material was forced down the line to the venting mechanism at facility AAF-A, on the Lake Huron coast; the vents immediately solidified into a mass of human bone, and AAF-A itself soon filled with recondite material. Within one minute, all personnel in that facility had suffocated.
清掃・保守セクション長R・アンブロジーは、AAF-Dの封鎖されていたセクション間地下鉄駅が封鎖を解かれていることに気づき、地下鉄は幽妙物質の瘴気で満たされていた。彼は地下鉄網を閉鎖し、真空洗浄機構を発動させた。幽妙物質は、ヒューロン湖岸の施設AAF-Aへの排出機構に通じるラインに押し出された。排出口は即座に大量の人骨に凝固し、AAF-A自体は幽妙物質で満たされた。1分以内に、この施設にいた全ての職員は窒息死した。

Chief Ibanez stepped into the path of a warm gust of air, and inexplicably froze. Dr. Lillihammer attempted to push her out of the way, but Chief Ibanez's body had apparently become elastic; it wrapped around Dr. Lillihammer like a large rubber balloon before bursting, covering her in bodily fluids. Dr. Blank collapsed against a wall, sobbing uncontrollably.
イバニェス セクション長は暖かい空気が吹く道に足を踏み入れ、不可解にも凍結した。リリハンメル博士は彼女を道の脇に押そうとするが、イバニェス セクション長の身体は弾性を持ったように思われ、リリハンメル博士を大きなゴム風船のように包んでから破裂して、彼女を体液で覆った。ブランク博士は壁に倒れ込み、抑えきれずにむせび泣いた。

The thoughtforms in A&R had by now achieved complete canonization, fusing into a single pataphysical construct composed primarily of papier-mache newsprint tentacles. It expanded its body mass by consuming the clothing worn by A&R personnel after converting their bodies into a slurry of organic material, which it then discarded. This slurry remained mobile, and emitted vocalizations consistent with extreme distress and/or arousal. Dr. Wirth retreated to his private office, hid under his desk, and activated the pyroclastic charges beneath A&R. The paper-based thoughtforms were immediately incinerated; Dr. Wirth survived, as his metal desk was shielded from the worst effects of the fire when a solid cloud of ash covered it.
A&Rの思考体は今や完全な偶像化を達成し、主に新聞紙でできたパピエ・マシェの触手で構成された単一の形而超学的構成体に融合した。構成体は、A&R職員が身体を有機物質の懸濁液に変質させた後に彼らの着用していた衣服を取り込んで体重を増加させ、その後懸濁液を破棄した。この懸濁液はいまだに動き、極度のストレスおよび/または興奮に一致する声を発した。ワース博士は自身の専用オフィスに退避し、机の下に隠れてA&R下に火砕性炸裂装置を起動した。紙基質の思考体は即座に灰燼に帰した。ワース博士は、灰でできた固体の雲が金属製の机を覆った際に机が火事による最悪の影響から保護したために生存した。

A being resembling Dr. Wettle approached the senior staff in AAF-D, carrying an S&C service weapon. The real Dr. Wettle's screams could still be heard emanating from the walls. The being spoke the following words to Dr. McInnis: "You did the best you could. It wasn't your fault, and nobody blames you. We'll fix this together." Dr. McInnis did not respond. The being then pointed the weapon at Dr. McInnis, and pulled the trigger. Dr. McInnis' corpse fell to the ground, then disappeared along with the apparition of Dr. Wettle. Dr. Lillihammer and Dr. Blank resumed their flight through AAF-D.
ウェトル博士に類似する存在が、S&C支給武器を持ってAAF-Dにいる上級職員に近づいた。本物のウェトル博士の絶叫はいまだに壁から発せられているのが聞こえていた。この存在はマッキンス博士に以下の言葉を発した。「君はやれる限りのことをやった。これは君の責任じゃあないし、誰も責めやしない。一緒に直そうじゃないか」マッキンス博士は応答しなかった。続いてこの存在はマッキンス博士に武器を向け、引き金を引いた。マッキンス博士の遺体は地面に倒れ、ウェトル博士の出現体とともに消失した。リリハンメル博士およびブランク博士はAAF-Dからの逃走を再開した。

Agent Radcliffe received Dr. Lillihammer's latest plea for help, and successfully responded. He advised her and Dr. Blank to take cover in the AAF-D concentration cell, which was equipped with high-effectiveness abatement devices. He provided them with accurate instructions for reaching the cell, unaware that the entire facility had just undergone a Euclidean shift and reversed its cardinal directions.
エージェント・ラドクリフはリリハンメル博士の最新の助けを求める嘆願を受け取り、応答することに成功した。彼はリリハンメル博士およびブランク博士に、高有効性除却装置に装備されているAAF-D濃淡室に避難するよう助言した。エージェント・ラドクリフは彼らに濃淡室に到達するための正確な指令を与えるも、施設全体はユークリッド的推移を受けて基本方位が反転していることに気づいていなかった。

The Pursuit and Suppression Section was dispatched to AAF-A to inspect the compromised facility. AAF-A was found to be empty. One kilometre away, at Ipperwash Beach, MTFs Alpha, Beta and Delta-43 encountered the former staff of AAF-A, now entirely spectral in nature, engaged in the wholesale massacre of a Polar Bear Swim event..No such event had ever been held in the vicinity of Site-43. The victims were retroactively identified as having been killed in precisely this fashion at an event in September 2002 in Reykjavík, Iceland. Limited engagement with abatement fluid despatched the entities with no casualties, but all three MTFs suffered heavy subsequent losses when the water level of Lake Huron rapidly rose to meet them, and an entity resembling J&M Technician Philip E. Deering began pulling them below the surface one by one.
追跡・鎮圧Pursuit and Suppressionセクションは、損害を受けた施設を検査するためAAF-Aに派遣された。AAF-Aは空であることが発見された。1キロメートル離れたイッパーウォッシュ・ビーチで、MTF群アルファ、ベータ、デルタ-43は今や完全に霊的性質である、ポーラー・ベア・スイム・イベント.そのようなイベントはサイト-43近辺では発生したことがない。犠牲者は、2002年9月のアイスランド、レイキャビクにおけるイベントで正確にこの方法で殺害されていたと過去遡及的に同定された。の大規模殺戮に従事しているAAF-Aの元職員に遭遇した。実体群は除却液にわずかに接触したことで死亡し、犠牲者は出なかったものの、続いてヒューロン湖の水位が急激に上昇して部隊群に達し、J&M技師フィリップ・E・ディアリングに類似する実体が水面下から部隊員を1人ずつ引き込んだため、MTFの3部隊全ては重大な喪失を被った。

AAF-D was filled with an almost impenetrable red glare and multiple shifting visual dimensions; Dr. Blank lost his balance and attempted to steady himself on a paraspectral grounding conduit. His arm instead passed through, and he was immediately converted to a large solanum lycopersicum (tomato) specimen which fell to the ground, bounced into Dr. Lillihammer's path, and was crushed beneath her shoe. Dr. Lillihammer stopped running, looked down at Dr. Blank's remains, and was still examining them when all remaining pipes and conduits burst simultaneously, obscuring her from camera view. (She was subsequently found in this same position after the event subsided, transformed at the atomic level into a mannequin constructed from plywood and oil-based paint.)
AAF-Dはほぼ透過性のない赤いグレアおよび複数の推移する視覚次元で満たされた。ブランク博士は体勢を崩し、超常霊的接地導管に留まろうとした。彼の手は導管を掴まずに通り過ぎ、即座に大きなsolanum lycopersicum(トマト)標本に変質して地面に落ちた。標本はリリハンメル博士の進路に跳ね入り、彼女の靴の下で潰れた。リリハンメル博士は立ち止まってブランク博士の残留物を見下ろし、検査していると、残存していた全てのパイプと導管が同時に破裂して彼女をカメラの視界から隠した。(その後彼女は、イベントが終息したのちに同じ場所で発見され、原子レベルでベニヤ板および油性塗料で構成されたマネキンに変質していた。)

S&C discovered that the sealed bulkheads separating Archives and Revision and Applied Occultism were buckling; although the security cameras were no longer transmitting visual data, audio tracks consistent with a) the percussion of meat and bone, and b) the steady pumping of liquid were received. Theorizing that the transmogrified personnel might still be conceptually human, Dr. Del Olmo broadcast wide-spectrum stun memetics to both Sections; after three minutes, the audio ceased. The bulkheads were sheared open, and S&C personnel armed with abatement fluid hoses and flamethrowers neutralized all remaining personnel within the affected areas, save for Dr. Wirth.
S&Cは、保管・改訂セクションと応用隠秘学セクションを分離していた遮蔽隔壁が倒壊しているのを発見した。監視カメラはもはや映像データを送信していなかったにもかかわらず、 a)肉と骨の衝突する音 b)液体をしっかりとポンピングする音で構成された音声トラックが受信された。デル・オルモ博士は変質した職員は概念的にはいまだに人間である可能性があると理論付けて、両セクションに広域スペクトルの失神誘発性ミームを放送した。3分後、音声は止んだ。隔壁は切開され、除却液ホースおよび火炎放射器を装備したS&C職員は、影響を受けたセクション内の、ワース博士を除く残存する全ての職員を無力化した。

Blank.jpg

Remains of Dr. Harold Blank (complete). ハロルド・ブランク博士の残留物(全部)。

In the confusion following these events, Dr. Deering confessed to senior Site personnel his responsibility for the temporal paradox he had incurred. While such a temporal paradox would normally have collapsed and reverted the timeline, it appeared that the breach had inexplicably granted an anomalous stability to this alternate reality which allowed it to persist. The effects of this persistence were continuously felt world-wide; the societal and economic infrastructures of the general public began to collapse within days, as the simultaneous occurrence and experience of multiple sets of conflicting events only worsened with the passage of time. This K-Class event and the breach which caused it were classified SCP-001. Site-43 became the most stable centre of human civilization; the remaining research staff theorized that SCP-001 had achieved some level of sapience, perhaps acquired from the beings it had annihilated, and was intentionally preserving the place of its birth from complete destruction.
これらのイベントに続く混乱の中で、ディアリング博士は上級サイト職員に自身が引き起こしたタイムパラドックスの責任を告白しました。そのようなタイムパラドックスは通常崩壊し、タイムラインは復帰するにもかかわらず、この収容違反は不可解にも、収容違反を持続させている代替タイムラインを異常に安定させています。この持続の影響は世界規模であるように継続的に知覚されており、一般市民における社会的インフラおよび経済的インフラは数日以内に崩壊し始め、複数の矛盾するイベントの同時発生や経験は日を追うごとに悪化する一方でした。このKクラスイベントおよびそれを発生させた収容違反はSCP-001に分類されました。サイト-43は人類文明の最も安定な中心地になりました。残存する研究職員は、SCP-001は、それが破却した実体から得たと思われるいくらかの水準の知性に達し、誕生した場所を完全な破壊から意図的に保護していると理論付けました。

Dr. Deering proposed that the creator of the REISNO Cannon, Dr. Placeholder McDoctorate, be located and questioned as to its whereabouts. It was hoped that Dr. Deering could still fulfill his instructions and revert the paradox-breach. Dr. McDoctorate was retrieved from Site-87 in a state of high paranoia and disarray and transported to Site-43, having spent the duration of his journey frantically claiming that "the authors [had] left us." When questioned, Dr. McDoctorate claimed to have no knowledge of a 'REISNO Cannon'; when informed by Dr. Deering that a future version of Dr. McDoctorate had invented the device, and had supposedly passed the requisite information on to his earlier self, Dr. McDoctorate claimed that no such contact had ever occurred.
ディアリング博士は、REISNOカノンの制作者であるプレースホルダー・マクドクトラート博士の所在を特定し、カノンがある場所に関して質問するよう提言しました。ディアリング博士は、いまだに指令を完遂してパラドックス収容違反を復帰することが可能だとして期待されていました。マクドクトラート博士は、重度のパラノイアおよび混乱した状態でサイト-87から回収されてサイト-43に移送され、その旅程の間半狂乱状態で「著者たちが我々を遺した」と主張していました。博士は質問された際、「REISNOカノン」の知識を有していないと主張しました。ディアリング博士が、未来のマクドクトラート博士が装置を発明して過去の自分自身に必要な情報を流したと思われていることを伝えると、マクドクトラート博士はそのような接触は発生したことがないと主張しました。

After extensive deliberation, Dr. McDoctorate began the attempted construction of the REISNO Cannon with the assistance of Site-43's Quantum Supermechanics Section. During this time (and across several subsequent breaches), a number of persistent sub-anomalies of SCP-001 became apparent.
広範な検討ののち、マクドクトラート博士はサイト-43の量子超力学セクションの助力のもとREISNOカノンの構築を試みました。この間に(続く複数の収容違反にかけて)、SCP-001の多数の持続する副次アノマリーが出現しました。

NOCANNON.jpg

The REISNO Cannon. REISNOカノン。

Over the course of one year, Dr. McDoctorate (through strenuous experimental development and brute force) developed a functional prototype.During the final days of its construction, Dr. McDoctorate was contacted by a future version of himself with the relevant instructions to finish the device. It is assumed such instructions were not sent further into the past due to a lack of temporal stability. of the REISNO Cannon. However, to compensate for its enormous energy requirements, several Site functions (including Acroamatic Abatement and Security and Containment duties) were temporarily disabled; this was predicted to provide enough power for approximately thirty seconds of intertemporal synchronization across a 21-year duration.
1年かけて、マクドクトラート博士は(努力の要する研究開発や力業があったものの)REISNOカノンの機能するプロトタイプ.構築の最終盤に、マクドクトラート博士は未来の自分自身に接触されて装置の完成に関連する指令を受けました。このような指令は、時間的安定性が欠如していたために、より過去には送られなかったと推定されています。を開発しました。しかし、莫大なエネルギー要求量を埋め合わせるために、複数のサイト機能(玄妙除却、保安・収容任務を含む)が一時的に停止されました。これにより、21年の間を横断するおよそ30秒間の時間際同期に十分な電力が供給できると予測されました。

On 2023/09/08, Dr. Deering prepared to use the REISNO Cannon to synchronize with his past (2002) self. He had communicated to Site personnel that he no longer trusted the instructions he had been given in 2002, and had no desire to prevent the containment failure he had prevented in that year. Instead, he intended to instruct his former self to allow the 2002 breach to occur, in the hopes this would restore the correct version of the timeline. After meticulous recitation of his plans, Dr. Deering entered the Quantum Supermechanics Section of the Site and activated the Cannon.
2023/09/08、ディアリング博士はREISNOカノンを用いて過去(2002年)の自分自身と同期する準備ができました。彼はサイト職員に、自身は2002年に与えられた指令をもはや信用しておらず、その年に防止した収容失敗を防止しようとは思っていないことを伝えました。その代わりに、彼は過去の自分自身に2002年の収容違反の発生を指令することを目的とし、それによって正しいタイムラインが復旧されることを願いました。ディアリング博士は計画を仔細に説明したのちに、サイトの量子超力学セクションに進入してカノンを起動しました。

Harry.jpg

Residual image of Dr. Blank from Dr. Lillihammer's cognitohazards..Personnel described this image as being "burned into their retinas"; this was not a figure of speech. リリハンメル博士の認識災害からのブランク博士の残存イメージ。.職員は、このイメージを「網膜に焼き付けられた」存在と形容しました。これは比喩的表現ではありませんでした。

Meanwhile, Site personnel began to notice a gradual increase in both local anomalous activity and temporal instability. First thought to be symptoms of Dr. Deering's correction of the timeline, these reality alterations were allowed to continue uninhibited until 18:21 hours, at which point the three Sections affected by the original event were anomalously reverted to their 2002 configurations, all personnel killed during that event were spontaneously resurrected, and the containment failure occurred for a second time.
一方で、サイト職員は局所異常活動および時間不安定性が漸増していることに気が付き始めました。当初は、ディアリング博士のタイムライン修正の症状であると考えられていましたが、これらの現実の改変は18:21まで抑制されずに継続し、その時点でオリジナルのイベントの影響を受けた3つのセクションは2022年(査読時注: ここで言及されているものはおそらくSCP-001であるため、2002年ではなく2022年が適切であると思われます。)の配置に異常に復帰して、そのイベント中に死亡した全ての職員が自然発生的に蘇生し、2回目の収容失敗が発生しました。

Ill-prepared for this recurrence, Site personnel did not correctly repeat their actions from the previous year. This resulted in the survival of Drs. H. Blank and L. Lillihammer, who had apparently become infused with the energies released during the containment failure. Dr. Blank had gained the ability to induce false memories; Dr. Lillihammer had gained the ability to manifest viral parasitic memes. They used their newfound powers to endanger the mental and physical health of Site staff, displaying malicious and isolationist intents for reasons unknown.
この再発に十分準備ができていなかったため、サイト職員は前年からの行動を正確に繰り返しませんでした。これにより、H・ブランク、L・リリハンメル両博士は生存し、彼らは収容失敗中に放出されたエネルギーが充填されているようでした。ブランク博士は偽記憶を誘発する能力を獲得し、リリハンメル博士はウイルス性寄生ミームを発生させる能力を獲得していました。彼らは新たに獲得した力を用いて、不明な理由による悪意ある孤立主義的な目的を示してサイト職員の精神的・身体的健康を危険にさらしました。

Following these events, Dr. Deering was found in the Quantum Supermechanics laboratory facility, deceased via self-exposure to a lethal cognitohazard. It is known that he activated the REISNO Cannon prior to his apparent suicide and, in so doing, likely terminated his Prime-Timeline counterpart prior to his prevention of the 2002 breach. His actions are likely to have prevented the events detailed in this file from occurring in baseline reality; they should also have resulted in the collapse of this alternate timeline, which has not thus far occurred.
これらのイベントに続いて、ディアリング博士は量子超力学研究施設内で致死的認識災害に自己曝露して死亡した状態で発見されました。彼は自殺する前にREISNOカノンを起動して、その際にプライム・タイムラインのディアリング博士を2002年の収容違反が防止される前に終了したと知られています。彼の行動により、このファイルに詳述されているイベントの基底現実での発生が防止された可能性があります。また、彼の行動によりこの代替タイムラインの崩壊も発生するはずであるものの、現在まで発生していません。

Dr. Deering left the following note to explain his actions:
ディアリング博士は、以下のような自身の行動を説明する手紙を残しました。

Philip,
フィリップへ、

You might think I don't love you. After what I'm about to do, you might become certain I don't love you. You're never going to hear from me again, and you might not ever know why. I hope that some day, somehow, you'll understand the reasons behind the things that I've done.
私がお前を愛していないと思うかもしれない。私がこれからなすことを終えた後、私がお前を愛していないと確信するだろう。お前は私から連絡を受けることはもうない。その理由を知ることは決してないだろう。いつの日か、私のなしたことに隠された意味が、どうにかしてお前に理解されることを願っている。

I suspect our resourceful extratemporal overlords are already looking over my metaphorical shoulder, hoping this confession will help them to understand what went so terribly wrong in this worst of all possible timelines. They'll probably never let you read this letter. I'm going to maintain the fiction that I'm speaking to you, however, Philip, because the idea that my death will mean your life is the only thing keeping me going.
我々の辣腕な外時間帝王たちはすでに私を隠喩的に監視しているのだと、そう思っている。だから、この告白が、あり得る中でも最悪のタイムラインで何がひどく間違ってしまったのか彼らが理解することの助けになればと願う。彼らがお前にこの手紙を読ませることはおそらくないだろう。私はお前に話しているという体で書き続けるが、フィリップ、それは私の死がお前の人生に重要な意味を持つこと、それだけが私の励みになっているからなのだ。

I always resented you for my success. Can you think of anything pettier? Me, with my two doctorates and my super-secret laboratory, irritated beyond belief by your laziness and lack of ambition. The more vital I became to the Foundation, the more I hated to imagine my brother pushing a mop down some god-forsaken sewerhole. As if having a working man for a brother somehow undermined my own achievements.
私は成功していたから、お前のことがいつも腹立たしかった。もっとみみっちいことなんて思い浮かぶか? 私は2つの博士号と自分の最高機密の研究室を持っていて、お前の無精と野心のなさが信じられないほど癪に障っていた。私が財団にとってさらに重要になるほど、自分の弟が神に見放された下水口でモップをかけていると想像するのをますます憎むようになった。あたかも弟として労働者階級の男を持つことが、何らかの形で私自身の実績を台無しにしているかのように。

And then I undermined them myself. Let me tell you the story of my failure.
そして、それから私は自分で自分の実績を台無しにした。私の失敗談をどうか聞いてほしい。

When I received that fateful call from my future self, you didn't even know we were working at the same facility. I'd kept that from you. I didn't want to see you. I didn't want people to know you were my brother. And then that voice started speaking in my head…
私が未来の自分から宿命の召命を受け取ったとき、お前は私たちが同じ施設で働いていることなど知りもしなかっただろう。私がお前から隠していたのだ。お前のことを見たくなかった。他の人たちにお前が私の弟だと知られたくはなかった。そして、あの声が私の頭の中に響いてきた……

There were two of me, he and I, I and I if you like, and he told me that if I didn't do some very specific things very, very quickly, there was going to be a disaster. It was going to kill seven people, and leave you a miserable wreck. And twenty years later, I was going to try to relieve you of your burden… and that was going to get you killed.
そこには2人の私がいた。彼と私、いわばと私だ。彼は私に、私が非常に限定的なことを極めて極めて速やかに行わなければ災害が起こると、そう伝えてきた。その大災害で7人が死亡し、お前に悲惨な残骸を残すのだと。そして20年後、私はお前を負担から解放しようとしたのだと……だがそれはお前を殺すことになったと伝えてきた。

I don't even remember what it felt like, receiving that knowledge, but there's a security camera in my office so I know what it looks like it felt like.
その情報を受け取ったが、私はそれをどう感じたかすら覚えていない。だが、私のオフィスには監視カメラがあって、どう感じていたように見えるかはわかる。

It looks like it felt like someone had told me the entire world was about to end.
世界が終わろうとしていると誰かが私に伝えたかのごとく感じていたように見える。

I wish you could have seen what that knowledge did to me. I wish that was how you could remember me, not cold and callous and permanently disapproving, but absolutely terrified at the thought of losing you to a slow decline and a sudden demise. You would have known what you'll never know, now, what I didn't know until that moment: I love you, and I could never bear to lose you.
その情報が私に何をしたか、お前に知ってほしかった。それでお前が私のことを覚えていられたのならと思う。私は、冷淡でも無情でもいつも反対していたわけでもなく、しかしお前がゆっくりと衰えたり突然死んだりして亡くなるという考えを絶対的に恐れていた。お前は、お前が決して知り得ない、私があの時になるまで知らなかったものを知っていたのかもしれない。私はお前を愛している。私はお前を亡くすのに決して耐えられない。

I lost you anyway.
それでも、私はお前を亡くしてしまった。

I did what that damned voice told me to do. I stopped the breach it promised me would ruin your life, would one day take it. I set the decommissioning in motion, and I watched with satisfaction as you took that place apart, pipe by pipe.
私はあの忌々しい声が指示した通りにした。私は、いずれ起きてお前の命を台無しにするとあの声が断言した収容違反を止めた。解体を動議にかけ、お前があの場所をパイプ一本一本分解していくのを、満足して見ていた。

I was watching when you died. When they all died.
お前が死んだところを見ていた。全員が死んだところを見ていた。

And now you're watching me, every minute of every hour of every day. A twisted reflection of you, a mockery of the man you were, a reminder of how stupid a man I was when I dialled in that device and placed a call across the gulf of time.
そして今、お前が私を見ている。毎日、毎時、毎分。お前のゆがんだ反射が、お前だったものの紛い物が、私があの装置でダイアルを回して時間隙を越えて電話をかけたとき、いかに愚かだったかを思い知らせるものが、私を見ている。

And you know what the best thing is? In 2022, there was a disaster that killed seven more people. Not because I didn't do something, this time; because I did. That's why you're watching me, of course. Because it's all my fault.
なおも最高なことは何か知っているか? 2022年に災害が起きて、さらに7人死んだ。今回は私が何もしなかったからではない。私がしてしまったからなのだ。もちろん、お前が私を見ている原因でもある。一切が私のせいだ。

You're my own personal albatross now, Philip. I don't want to believe it's actually you, of course. The things you've done, the notches you've added to my list of failures… but… more than once, late at night, when the red-rimmed walls close in and I can't sleep and I can't keep my eyes closed against the throbbing in my head, I open my closet door and stand in front of the only remaining mirror in Site-43.
お前は今や私にとっての頭痛の種だ、フィリップ。もちろん、これが本当にお前なのだとは信じたくもない。お前のなしたこと、私の失敗一覧にお前が追加した印……。だが……何度も、赤い縁の壁が迫って眠れず頭を刺す痛みで目をつむれない深夜、私はクローゼットの扉を開けてサイト-43で唯一残っている鏡の前に立つのだ。

And you won't look at me.
そしてお前は、私を見ることがない。

I've decided it doesn't matter if that is you, or not. It's not going to be you for long. I'm going to bring you back, not for me, not for anyone else trapped in this endless hell, but for the people at the other end of this forked road. I'm going to bring you back, I'm going to bring all of them back, by making one last mistake to cancel out the very first one.
これお前なのかそうでないのか、問題にはしないことに決めた。そうかからずに、これはお前ではなくなるだろう。私はお前を連れ戻すつもりだが、それは私のためでも、この永劫の地獄にとらわれた他の誰のためでもない。この分岐した道の対極にいる人々のためだ。私はお前を連れ戻す。私は彼ら全員を連れ戻す。最後に一度だけ間違いをして、本当に最初の間違いを帳消しにすることで。

I'm going to put a bullet in the brain of the man who caused this, and you're not going to die in 2002, and you're not going to die in 2022, either. I'm going to write a better story.
私はこれを引き起こした人の脳天に弾丸を放つ。お前は2002年に死ぬことはない。2022年に死ぬこともないだろう。私はより良い物語を綴るつもりだ。

I can't live without you. But, after what I've done to you, I hope you can live without me.
私はお前なしには生きられない。だが、私がお前になしたことの後では、お前が私なしでも生きられることを願う。

Your brother,
お前の兄、

— Dougall
— ドゥーガル


ADDENDUM: Incident Report 001-I-2
補遺: インシデント報告書 001-I-2
DATE: 2027/09/08
OFFICER OF RECORD: A. Mukami (Chief of Security and Containment)
日付: 2027/09/08
記録担当者: A・ムカミ(保安・収容セクション長)

SUMMARY: Dr. R. Wirth was badly injured by SCP-001-A on his way to perform his containment duties. Dr. N. Ngo attempted to replace him at his post in Archives and Revision, but arrived late. Confronted by the prime thoughtform, she was unable to reach the pyroclastic charges. She instead attempted to activate the fire control systems in the Section, resulting in a deluge of ectoplasmic material from AAF-D.
概要: R・ワース博士は、自身の収容任務の遂行中にSCP-001-Aによって重傷を負った。N・ゴ博士は保管・改訂セクションにおける彼の役の後を継ごうとしたものの、到着が遅れた。彼女は中枢的思考体に直面し、火砕性炸裂装置に到達できなかった。彼女はその代わりにセクションの防火システムを起動しようとし、結果としてAAF-Dからのエクトプラズム物質の奔流が発生した。

At the conclusion of the breach event, Security and Containment agents attempted to rescue Dr. Ngo. They discovered instead that the entirety of the A&R office wing was filled with anomalous objects resembling tape reels crudely constructed from pig iron. They were collectively found to contain several hundred thousand metres of (primarily) audiotape. The removal of the reels, 2128 in total, revealed that Dr. Ngo was not present in Dr. Wirth's office.
収容違反イベントが終了する際に、保安・収容エージェントはゴ博士の救助を試みた。彼らはゴ博士の代わりに、A&Rオフィスの全体がおおむね銑鉄で構成されたテープリールに類似した異常オブジェクトで満たされているのを発見した。それらのオブジェクトは、全体で数十万メートルの(主に)録音テープを含んでいることが判明した。合計で2128本のリールを除去して、ゴ博士がワース博士のオフィスに存在していないことが判明した。

Ngo.jpg

Remains of Dr. Nhung Ngo (partial). ニュン・ゴ博士の残留物(一部)。

The contents of the reels are as follows:
リールの内容は以下のものである。

  • 1322 reels of Dr. Ngo reciting her stream of consciousness during an average day;
  • 324 reels of Dr. Ngo speaking to a silent therapist about invasive, upsetting, guilt-inducing thoughts and dreams she had experienced;
  • 198 reels of Dr. Ngo speaking to said therapist about extremely personal, and often graphic, traumatic incidents from her life;
  • 184 reels of a mocking male voice repeating selections from the preceding 1844 reels at ten times speed;
  • 122 reels of extremely fine microfilm containing further stream of consciousness accounts, in film script form, covering the majority of Dr. Ngo's life;
  • 98 reels of screams, some extremely brief, some several hours long, all identifiably in Dr. Ngo's voice;
  • 1 recording of sustained weeping, again identifiable as Dr. Ngo's;
  • 1 reel with no apparent contents, constructed from Dr. Ngo's nerve and glial cells.
  • ゴ博士が平日の意識の流れを暗唱するリール1322本、
  • ゴ博士が自身の経験した侵襲的で動揺させる、罪を感じさせる考えや夢をもの静かなセラピストに対して話しているリール324本、
  • ゴ博士がそのセラピストに人生の中の極めて個人的かつしばしば生々しい衝撃的な出来事を話しているリール198本、
  • 嘲るような男性の声がこれ以前の1844本のリールからの抜粋を10倍速で繰り返すリール184本、
  • ゴ博士の人生の大部分をカバーする、映画の脚本の形態を取った更なる意識の流れの説明を含んだ非常に高品質なマイクロフィルムのリール122本、
  • 極端に短いものや数時間に及ぶものもある、全てゴ博士の声と確認できる絶叫のリール98本、
  • 再びゴ博士の声と確認できる、長く続く啼泣のレコード1本、
  • 明確な内容のない、ゴ博士の神経細胞およびグリア細胞で構成されたリール1本。

These reels and the tape they contain are indestructible; attempts to subject them to acroamatic abatement procedures have produced a toxic gas which itself cannot be properly abated, resulting in the deaths of seven junior researchers.
これらを含むリール・テープは破壊不可能である。これらを玄妙除却処理の対象とする試みは、それ自体が適切に除却できない毒性ガスを産出し、7名の下級研究員の死を引き起こした。

UPDATE 2031/09/08: Dr. Ngo's death has been incorporated into SCP-001, and therefore recurs each year; the tapes are re-generated, but tapes which have already been created do not disappear. Proposals have been made to dispose of Dr. Ngo's remains in either SCP-001-C or SCP-001-D, but the uncertain effects of inadvertently cross-testing these anomalies are a cause for concern. Furthermore, Dr. Wirth's extrication from Archives and Revision has been immensely complicated by the appearance of Dr. Ngo's remains, which badly batter him upon manifestation; approximately two hours of labour is required to extricate him, during which his injuries cannot be treated. The Pursuit and Suppression Section has provided him with body armour to ameliorate these effects. Dr. Wirth also reports that Dr. Ngo recognizes him shortly before her death, and expresses confusion and a sense of betrayal when she does so. He has been unable to seek counselling for these experiences, as the Site now boasts no qualified therapist.
更新 2031/09/08: ゴ博士の死はSCP-001に統合され、そのため毎年再発している。テープは再生成されるものの、すでに生成されているテープは消失しない。ゴ博士の残留物をSCP-001-CかSCP-001-Dに廃棄する提言がなされたが、これらのアノマリーの不用意なクロステストの影響の不明性は、懸念の理由となっている。さらに、ワース博士の保管・改訂セクションからの救出は、ゴ博士の残留物の出現により非常に困難となっており、また残留物は出現する際に彼を酷く滅多打ちにする。彼の救出にはおよそ2時間の労力を要し、その間彼の負傷は治療できない。追跡・鎮圧セクションはこの影響を改善するため、ワース博士にボディアーマーを提供した。またワース博士は、ゴ博士が死の直前に彼を認識し、その際に混乱と裏切りの感情を示すことを報告している。現在サイトには有資格のセラピストがいないため、彼はその経験についてカウンセリングを求めることができない。

The reel of nerve and glial cells exhibits progressive signs of corrosion which worsen with each occurrence of SCP-001, consistent across each iteration. The remaining 2127 reels do not degrade.
神経細胞およびグリア細胞のリールは、SCP-001のそれぞれの発生によって悪化する腐食の兆候を進行させており、それぞれのリールで腐食は一致している。残りの2127本のリールは劣化していない。

"There's always hope," Nhung? Do you still feel that way?
For my part, I hope you can't feel anything.
「希望はいつもあるのです」ニュン? まだそう感じているのか?
私としては、もはや何も感じられないことを願っている。

Reuben Wirth, Archives and Revision
ルーベン・ワース、保管・改訂セクション

There's a way out of this mess, and I'm going to find it. Until that day, keep performing your duties, keep up your spirits, and keep drawing breath.
この滅茶苦茶から脱する手段はあります。私がそれを見出すのです。その日まで、任務を遂行し続け、精神を保ち、息を止めないでください。

P.H. McDoctorate, Quantum Supermechanics
P・H・マクドクトラート、量子超力学セクション

ADDENDUM: Incident Report 001-I-3
補遺: インシデント報告書 001-I-3
DATE: 2033/09/08
OFFICER OF RECORD: A. Mukami (Chief of Security and Containment)
日付: 2033/09/08
記録担当者: A・ムカミ(保安・収容セクション長)
SUMMARY: Place is missing.

Since his invention of the REISNO Cannon in 2023, P. H. McDoctorate has been invaluable in his capacity as Chair of Quantum Supermechanics. For the past year he has been highly focused on the construction of a new device, allowing his mental and physical health to decline in the process. He has been incredibly secretive about the intended function of this machine, and, when pressed, claimed he was "going to find a way to write a better story".

Dr. McDoctorate was last seen by Agent S. Radcliffe today at approximately 18:00 hours while he prepared to fulfill his containment duties. Following successful amelioration of the breach, Dr. McDoctorate, the machine he had been constructing, and the REISNO Cannon were all found to be missing. Surveillance systems in all relevant areas had undergone spontaneous failure, for reasons unknown.

The loss of Dr. McDoctorate does not bode well for any hope of safely collapsing our reality to baseline. Nevertheless, if our understanding of SCP-001 holds true, the REISNO Cannon should temporarily reappear each year such that it can be used by Dr. Deering to fulfill his containment duties.
概要: プレースがいない。

2023年にREISNOカノンを発明して以来、P・H・マクドクトラートの量子超力学セクション議長としての力量は計り知れないものである。前年彼は新たな装置の構築に没頭しており、その過程で心身の健康が削がれている。彼はこの機械の意図された機能に関して非常に沈黙しており、圧力をかけた際は、彼は「より良い物語を見出す」と主張した。

マクドクトラート博士は、本日のおよそ18:00、最後にエージェント・S・ラドクリフによって収容任務の遂行の準備中に目撃された。収容違反の改善の成功に続いて、マクドクトラート博士、彼の構築していた機械、REISNOカノンが全て行方不明になっていることが判明した。関連する全てのエリアの監視システムは、不明な理由により同時に機能不全に陥っていた。

マクドクトラート博士の喪失は、我々の現実を基底現実に安全に崩壊する望みへの凶兆である。とはいえ、我々のSCP-001の理解が正しければ、REISNOカノンは毎年一時的に再出現し、ディアリング博士による収容任務の遂行に使用できるはずである。
UPDATE 2033/09/10: After an extensive search of Dr. McDoctorate's office, only one document pertaining to his final project was found, a handwritten note containing the following three words: PARADOX EXODUS ENGINE
更新 2033/09/10: マクドクトラート博士のオフィスを広範に捜索したのち、彼の最後のプロジェクトに関する文書が1枚だけ発見され、次の3単語を含む手書きのメモだった。パラドックス脱出エンジン
UPDATE 2034/09/08: There is no Cannon.
更新 2034/09/08: カノンは存在しない。

According to internal records, there are (2) relevant files in this or alternate timelines.
To return to the previous file, click here. To view the next file, click here.
内部記録によると、このタイムラインか代替タイムラインに関連する(2)件のファイルが存在します。
前のファイルに戻るには、ここをクリックしてください. 次のファイルを閲覧するには、ここをクリックしてください

記事ここまで

tag: fragment
タグ: en フラグメント

以下はフォーラム投稿用


ソース: SCP-5956 Fragment 2 rev.16
著者: HarryBlankHarryBlank, Placeholder McDPlaceholder McD
作成日(EN): 2021/03/21


ERROR

The Witherite's portal does not exist.


エラー: Witheriteのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6370408 ( 02 May 2020 04:11 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License