SCP-5956 - ザ・レイズノ・カノン/カノンは存在しない(原題: THEREISNOCANNON)

このページの批評は終了しました。


原文: SCP-5956 by HarryBlankHarryBlank, Placeholder McDPlaceholder McD rev.34
SCP-5956 Fragment 1 by HarryBlankHarryBlank, Placeholder McDPlaceholder McD rev.12
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        bottom: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 15;
        font-family: san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888 !important;
        background-color: #fff !important;
        border-radius: 3em;
        color: #888 !important;
        text-decoration: none!important;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -25em;
        width: 17em;
        height: 100%;
        background-color: rgb(184, 134, 134);
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        -webkit-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -moz-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -ms-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    #side-bar:after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        width: 0;
        height: 100%;
        background-color: rgba(0, 0, 0, 0.2);
 
    }
 
    #side-bar:target {
        display: block;
        left: 0;
        width: 17em;
        margin: 0;
        border: 1px solid #dedede;
        z-index: 10;
    }
 
    #side-bar:target + #main-content {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3) 1px 1px repeat;
        z-index: -1;
    }
}

評価: 0+x

Welcome, Director Reynders.
You are currently viewing a document from TL-001-A ("The Prime-Timeline").
ようこそ、レインデルス管理官。
あなたは現在TL-001-A("プライム・タイムライン")の文書を閲覧しています。
アイテム番号: SCP-5956
レベル5
収容クラス:
antithesis
副次クラス:
{$secondary-class}
撹乱クラス:
amida
リスククラス:
caution

Special Containment Procedures: As SCP-5956 is a retrocausal. retrocausality (n.): a concept of cause and effect in which an effect precedes its cause in time and so a later event affects an earlier one. predetermined de-containment success, it is "contained" through enforcement of its effects.
特別収容プロトコル: SCP-5956は逆因果性. 逆因果retrocausality(名): 結果が原因に時間的に先立ち、後の出来事が前の出来事に影響を与えるような因果のコンセプト。の予定された脱収容の成功であるため、その影響を実行することで「収容」されます。

SCP-5956 may only be operated by trained and certified personnel, even in emergent situations. The conceptual breakdown of its use appended in the description below does not provide sufficient detail for its safe operation.
SCP-5956は、緊急事態であっても訓練され資格を持った職員のみが運用可能です。以下の説明に添付されている概念的な使用法の説明は、安全な運用に十分なほど詳細ではありません。

Any events which are known to owe their occurrence to future use of SCP-5956 are to be recorded with extreme accuracy and, immediately following the completion of necessary self-informed action, reported to the Temporal Anomalies Department. In the event that the Temporal Anomalies Department has ceased to exist, or has never existed in the current timeline, its Prime-Timeline counterpart is to be contacted and informed that the current timeline is condemned.
未来のSCP-5956の使用によって引き起こされたことが知られているどのようなイベントでも、極限の精度で記録され、必要な自己通知行動が完了した直後に時間異常部門に報告されます。現在のタイムラインにおいて時間異常部門が消滅したあるいは存在したことがなかった場合には、プライム・タイムラインの同等の組織に接触して現在のタイムラインが遺棄されることを通知します。

Following the fulfillment of all causal loops. causal loop (n.): a sequence of events which causes itself, via retrocausality or time travel. requiring the use of SCP-5956, it is to be stored at an undisclosed location known exclusively to the Prime-Timeline's Director of Temporal Anomalies (presently, Dir. Ilse Reynders).
SCP-5956の使用を要する全ての因果ループ. 因果ループcausal loop(名): 逆因果や時間渡航による、それ自身を引き起こす一連のイベント。を遂行したのちに、SCP-5956はプライム・タイムラインの時間異常部門管理官(現在はイルゼ・レインデルス管理官)のみが認知している非公表の場所に保管されます。

Classification Committee Memorandum: After extensive discussion with Dir. Reynders, the Classification Committee has classified SCP-5956 as Antithesis, denoting an anomaly that must be used to prevent the containment of other anomalies (and itself).
分類委員会覚書: レインデルス管理官との広範な議論ののち、分類委員会はSCP-5956をAntithesisに分類しました。これは、他のアノマリー(および自身)の収容を防ぐために使用されなければならないアノマリーを意味します。


REISNOCANNON.jpg

The REISNO Cannon. REISNOカノン。

Description: SCP-5956 is the REISNO.Retrocausally-Engineered Intertemporal Synchronization of Noetic Ordinality Cannon, a temporal manipulation mechanism allowing the synchronization of one's consciousness at two distinct points in time. When activated, the REISNO Cannon links the user's present consciousness with their consciousness at a chosen point in the past; in effect, one's "canonical" knowledge and experience can be augmented via intertemporal communication and cooperation with other versions of oneself.
説明: SCP-5956は、1人の人物の異なる2時点における意識を同期させることが可能な時間操作機構である、REISNO.逆因果的に設計された時間際叡智順序同期(Retrocausally-Engineered Intertemporal Synchronization of Noetic Ordinality)カノンです。起動された際、REISNOカノンは使用者の現在の意識を過去の選択した時点の意識と接続します。実際的には、使用者は別の自分自身との時間際コミュニケーション・協力によって「正統的な」知識や経験を増強することが可能です。

SCP-5956 is not known to generate new timelines. Attempts to alter past events using the REISNO Cannon are virtually certain to cause temporal paradoxes, resulting in catastrophic timeline collapses. Instead, it is used solely to initiate causal loops.By definition, a causal loop cannot be 'initiated' as the activation of the REISNO Cannon is spurred by the events which it allows to occur. which have already partially occurred.
SCP-5956は新たなタイムラインを生成するとは知られていません。REISNOカノンを用いて過去の出来事の改変を試みると、ほぼ確実にタイムパラドックスが発生し、破滅的なタイムライン崩壊を引き起こします。実際には、REISNOカノンはすでに一部が発生している因果ループ.定義上、REISNOカノンは自身が発生させたイベントがきっかけとなって起動するため、因果ループを「開始」することはできません。を開始することのみに用いられます。

A known side-effect of the use of the REISNO Cannon is the inability of one's past self to recall interactions with one's future self. Once the link created by SCP-5956 is severed, one's past self is subject to an antimemetic phenomenon causing them to forget 'crossing their own timeline'. This is not by design; rather, the effect is believed to be a fundamental principle of intertemporal self-interaction. This principle naturally decreases the likelihood of potential paradoxes, as one's past self does not retain knowledge which might cause them to act unwisely in the absence of their future self's immediate supervision.
REISNOカノンを使用する際の副次的影響として、過去の自分自身が未来の自分自身との交流を思い出せないことが知られています。SCP-5956によって生成された接続が切断されると、過去の自分自身は「自分自身のタイムラインの横断」を忘れさせる反ミーム現象の影響を受けます。これは意図されたものではなく、むしろこの効果は時間際自己相互作用の基本原理であると考えられています。この原理により、過去の自分自身が、未来の自分自身の直接的監督がない際に無分別な行動を起こさせる情報を保持しなくなるため、潜在的パラドックスの蓋然性が自然に減少します。

The following conceptual breakdown describes the only safe method of utilizing the REISNO Cannon:
以下の概念的な説明は、唯一安全なREISNOカノンの利用方法を記述しています。

REISNO Cannon Protocol (Simplified)

(given one's past self p and future self f):
(過去の自分自身をp、未来の自分自身をfと定める)

  • p becomes synced with f and is provided a set of instructions;
  • p fulfills those instructions, taking care to transcribe them precisely;
  • p is desynced from f and gradually forgets their interactions;
  • p becomes f via the natural progression of time;
  • The Temporal Anomalies Dept. notifies f that they must contact p, as per the original interaction;
  • f activates the REISNO Cannon to sync with p, providing them with the transcribed instructions;
  • f ensures that p transcribes and fulfills the instructions;
  • f deactivates the REISNO Cannon, retaining their memory of this interaction.
  • pfと同期し、一連の指令を与えられ、
  • pは注意してその指令を正確に書き起こしながら指令を遂行し、
  • pfと同期をやめて交流を徐々に忘れ、
  • pは自然な時間経過によりfになり、
  • 時間異常部門がfに、元々の交流の通りpと接触しなければならないと通知し、
  • fはREISNOカノンを起動してpと同期し、書き起こした指令を与え、
  • fpが指令を書き起こして遂行することを確実にし、
  • fはREISNOカノンを停止して、その交流の記憶を保持する。

Discovery/Origin(?): On 2020/11/23, Dr. Daniil Sokolsky of Site-43 commissioned Dr. Place H. McDoctorate of Site-87 to construct the REISNO Cannon for use in a high-clearance covert operation. Despite not being notified beforehand, Dr. McDoctorate was found to have already been constructing the anomaly; when questioned, he claimed to presently be synchronized with his future self, who had been instructing him to build the Cannon for several weeks. Upon completion, the REISNO Cannon was relocated to Site-120 due to anomalous energy requirements, after which Dr. McDoctorate desynced from his future self, returned to Site-87, and subsequently forgot the entire interaction. As such, it is known that Dr. McDoctorate must be instructed by the Temporal Anomalies Department to activate SCP-5956 on 2034/01/01, thus fulfilling the retrocausality of the events which have already occurred.
発見/起源(?): 2020/11/23、サイト-43ダニイル・ソコルスキー博士はサイト-87のプレース・H・マクドクトラート博士に、高クリアランス隠密作戦における使用のためのREISNOカノンの構築を依頼しました。事前に通知されていなかったにもかかわらず、マクドクトラート博士はすでにこのアノマリーを構築していたことに気が付きました。彼は尋ねられた際に、現在は数週間前から未来の自分自身と同期しており、カノンの構築を指令されていると主張しました。完成したのち、REISNOカノンは異常なエネルギー要求量のためサイト-120に移送され、その後マクドクトラート博士は未来の自分自身から同期をやめてサイト-87に戻り、続いて交流の全てを忘れました。このため、マクドクトラート博士は時間異常部門に指令されて2034/01/01にSCP-5956を起動し、これによってすでに発生しているイベントの逆因果を遂行しなければならないことが知られています。


According to internal records, there are (2) relevant files in this or alternate timelines.
To view the next relevant file, click here.
内部記録によると、このタイムラインか代替タイムラインに関連する(2)件のファイルが存在します。
次の関連するファイルを閲覧するには、ここをクリックしてください

記事ここまで

tag: fragment
タグ: en フラグメント

以下はフォーラム投稿用


ソース: SCP-5956 Fragment 1 rev.12
著者: HarryBlankHarryBlank, Placeholder McDPlaceholder McD
作成日(EN): 2021/03/21


SCP-5956メインページ用

tag: _cc _licensebox _listpages antimemetic co-authored director-mcinnis doctor-blank doctor-lillihammer doctor-mcdoctorate doctor-wettle esoteric-class foundation-made future k-class-scenario location loop mechanical memory-affecting on-guard-43 paradox portal predictive scp spacetime temporal transmission
タグ: en 反ミーム 共著 マッキンス管理官 ブランク博士 リリハンメル博士 マクドクトラート博士 ウェトル博士 esoteric-class 財団製 未来 k-クラスシナリオ 場所 ループ 機械 記憶影響 on-guard-43 パラドックス ポータル 予知 scp 時空間 時間 通信

以下はフォーラム投稿用


ソース: SCP-5956 rev.34
著者: HarryBlankHarryBlank, Placeholder McDPlaceholder McD
作成日(EN): 2021/03/21
翻訳査読: pcyslpcysl



    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Witherite's portal does not exist.


エラー: Witheriteのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6370408 ( 02 May 2020 04:11 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License