SCP-5243 - 収容違反し続ける収容違反(原題: The Breach that Keeps On Breaching)

このページの批評は終了しました。


原文: SCP-5243 by HarryBlankHarryBlank rev.131
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 5;
        font-family: 'Nanum Gothic', san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888;
        background-color: #fff;
        border-radius: 3em;
        color: #888;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    #top-bar .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    #top-bar .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -20em;
        width: 17.75em;
        height: 100%;
        margin: 0;
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        background-color: rgba(0,0,0,0.1);
        transition: left 0.4s ease-in-out;
 
        scrollbar-width: thin;
    }
 
    #side-bar:target {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within:not(:target) {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        margin-left: 19.75em;
        opacity: 0;
        z-index: -1;
        visibility: visible;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu { display: none; }
 
    #top-bar .open-menu a:hover {
        text-decoration: none;
    }
 
    /* FIREFOX-SPECIFIC COMPATIBILITY METHOD */
    @supports (-moz-appearance:none) {
    #top-bar .open-menu a {
        pointer-events: none;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu {
        display: block;
        pointer-events: none;
        user-select: none;
    }
 
    /* This pseudo-element is meant to overlay the regular sidebar button
    so the fixed positioning (top, left, right and/or bottom) has to match */
 
    #side-bar .close-menu::before {
        content: "";
        position: fixed;
        z-index: 5;
        display: block;
 
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
 
        border: 0.2em solid transparent;
        width: 30px;
        height: 30px;
        font-size: 30px;
        line-height: 0.9em;
 
        pointer-events: all;
        cursor: pointer;
    }
    #side-bar:focus-within {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within .close-menu::before {
        pointer-events: none;
    }
    }
}

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-5243
レベル5
収容クラス:
keter
副次クラス:
{$secondary-class}
撹乱クラス:
amida
リスククラス:
critical

AAFD-1-2.jpg

Acroamatic Abatement Facility AAF-D, 09/08/2020, photographed with a monochrome camera 玄妙除却施設AAF-D、2020/09/08、モノクロカメラによって撮影

Special Containment Procedures: As SCP-5243 is a recurrent catastrophic containment failure, it is "contained" through amelioration of its effects.
特別収容プロトコル: SCP-5243は再発性の壊滅的な収容の失敗であるため、その影響を改善することで「収容」されます。

Every year, on the eighth day of September, the following actions must be taken at Site-43:
毎年の9月8日に、サイト-43では以下の行動が取られなければなりません。

Any actions timed to the precise second have extremely narrow windows of opportunity
秒数まで正確に時間指定されたあらゆる行動に対する絶好の機会は極端に短いです
Local Time
現地時間
Action Required
必要な行動
06:00:— Technical and support personnel must be fully prepared for immediate repair or reconstruction of all containment apparatus Site-wide for all subjects. All containment subjects receptive to anesthesia or tranquilization must be anesthetized or tranquilized.
技術職員および支援職員は、サイト全体の全ての対象の全ての収容装置の即時修理・再建の準備が十分にできていなければなりません。麻酔や鎮静化が可能な全ての収容対象は、麻酔や鎮静化されなければなりません。
17:18:22 Dr. D. Deering must be executed by lethal injection.
D・ディアリング博士は薬物注射によって処刑されなければなりません。
18:00:— All personnel without containment duties must be confined to quarters.
収容任務のない職員は全員宿舎に抑留されなければなりません。
18:21:13 Technical and support personnel must begin repairing or reconstructing all containment apparatus Site-wide.
技術職員および支援職員は、サイト全体の全ての収容装置の修理・再建に着手しなければなりません。
18:21:— Site Director Dr. A. McInnis must fail to answer his redline telephone.
サイト管理官A・マッキンス博士はレッドライン電話に返事をしてはなりません。
18:22:25 Dr. H. Blank must be present in his designated research laboratory, where he must make the following remark: "What was that?"
H・ブランク博士は指定されたラボに存在しなければならず、そこで「何だったんだ?」というコメントをしなければなりません。
18:22:34 Dr. McInnis must answer his redline telephone.
マッキンス博士はレッドライン電話に返事をしなければなりません。
18:22:— Janitorial and Maintenance Chief N. Nascimbeni must leave his office and approach Acroamatic Abatement Facility AAF-D.
清掃・保守Janitorial and Maintenanceセクション長N・ナシンベーニはオフィスを離れ、玄妙除却Acroamatic Abatement施設AAF-Dに接近しなければなりません。
18:23:41 Chief Nascimbeni must reach the airlock for Facility AAF-D.
ナシンベーニ セクション長は施設AAF-Dのエアロックに到着しなければなりません。
18:24:20 Dr. McInnis must alert the Security and Containment Section to a containment breach scenario in AAF-D by telephone.
マッキンス博士は保安・収容Security and Containmentセクションに、電話でAAF-Dにおける収容違反シナリオを通報しなければなりません。
18:24:31 Former Security and Containment Chief D. Ibanez must deactivate the security bullpen intercom and shout "You heard the man! Radcliffe, Gwilherm, Mukami, double time!" after hearing the content of Dr. McInnis' call. She must look or point at each individual as they are named.
前保安・収容セクション長D・イバニェスは、マッキンス博士の電話内容を聞いた後に保安オフィスのインターコムを停止し、「聞きましたね! ラドクリフ、ギルヘルム、ムカミ、至急向かいなさい!」と叫ばなければなりません。彼女は名前を呼ぶ際に、それぞれの人物を見るか指さししなければなりません。
18:24:33 Chief Nascimbeni must shout "Is anyone in there?" through the AAF-D airlock.
ナシンベーニ セクション長はAAF-Dエアロックを通して「そこに誰かいるか?」と叫ばなければなりません。
18:25:09 Dr. U. Okorie must seal Containment Cell CC-AO147 in the Applied Occultism Section.
U・オコリー博士は応用隠秘学Applied Occultismセクションにおいて収容セルCC-AO147を封鎖しなければなりません。
18:25:— Dr. W. Wettle must exit his designated research laboratory and proceed north down the hallway.
W・ウェトル博士は指定されたラボから退出し、廊下を北に進まなければなりません。
18:26:01 Dr. Wettle will and must be collided with.
ウェトル博士は衝突しなければなりません。
18:26:35 Chief Nascimbeni must instruct agents Gwilherm, Mukami and Radcliffe to enter AAF-D and activate the thaumic overflow relief system.
ナシンベーニ セクション長はエージェントのギルヘルム、ムカミ、ラドクリフに、AAF-Dに入場し奇跡的溢流除去システムを作動するよう指示しなければなりません。
18:26:48 Chief Nascimbeni must seal the AAF-D airlock after the structural integrity alarm activates, with all three agents still inside.
ナシンベーニ セクション長は、構造的完全性警報が作動したのちに3名のエージェント全員が内部にいる状態でAAF-Dエアロックを封鎖しなければなりません。
18:26:53 Dr. L. Lillihammer must seal off the Security and Containment Section from her security terminal.
L・リリハンメル博士はセキュリティ端末から保安・収容セクションを封鎖しなければなりません。

If the above-named individuals are unavailable to perform their containment duties, their assigned surrogates must be enlisted to replace them.
上記に名前のある人物が収容任務を遂行できない場合、割り当てられた代行者がその人を代替するよう協力しなければなりません。

The following personnel must perish:
以下の職員は絶命しなければなりません。

  • Ambrogi, Romolo
  • Deering, Dr. Dougall
  • Del Olmo, Dr. Bernabé
  • Gwilherm, Janet
  • Markey, David
  • Mukami, Ana
  • Radcliffe, Stewart
  • Wirth, Dr. Reuben
  • Zlatá, Dr. Adrijan
  • アンブロジー、ロモロ
  • ディアリング、ドゥーガル博士
  • デル・オルモ、ベルナベ博士
  • ギルヘルム、ジャネ
  • マーキー、デイビッド
  • ムカミ、アナ
  • ラドクリフ、スチュアート
  • ワース、ルーベン博士
  • ズラター、アドリヤン博士

Any individuals terminated by new occurrences of SCP-5243 must be added to this list.
SCP-5243の再発によって終了した人物はこのリストに追加されなければなりません。


Description: SCP-5243 is an annual cascade containment breach/unstable time loop occurring in the Acroamatic Abatement, Applied Occultism, and Security and Containment Sections of Site-43. Dramatic local reality alterations will revive and subsequently terminate seven eight nine deceased Foundation personnel and damage containment apparatus throughout the Site.
説明: SCP-5243はサイト-43の玄妙除却、応用隠秘学、保安・収容セクションにおいて毎年発生する連鎖的収容違反/不安定時間ループです。劇的な局所現実改変により、7 8 9名の死亡した財団職員が蘇生したのちに終了し、サイト一帯の収容装置が損傷します。

AAFD-2.jpg

Security footage still of Acroamatic Abatement Facility AAF-D, 8 September 2012. 玄妙除却施設AAF-Dの監視カメラの静止画像、2012年9月8日。

The Security and Containment Section of Site-43 maintains custody of thirty-four objects or entities of a thaumaturgical nature. Their containment chambers are strategically located directly above the Applied Occultism Section, where esoteric substances produced by these subjects — and others like them at Foundation facilities worldwide — are studied. Applied Occultism is located directly above the Acroamatic Abatement Section, which converts said esoteric substances into less potent industrial effluence. The "stacking" of these facilities allows waste products from supernatural subjects to proceed vertically from their original sources, to study in Applied Occultism, to neutralization in Acroamatic Abatement. It also led to the events of 8 September 2002, detailed below.
サイト-43の保安・収容セクションは、34の奇跡術的性質を持つオブジェクト・実体を管理下に置いています。これらの収容チャンバーは、戦略上、応用隠秘学セクションの直上に位置しており、そのセクションでそれらの対象が産出した深妙物質 — および世界中の財団施設における深妙物質に類似するもの — が研究されています。応用隠秘学セクションは玄妙除却セクションの直上に位置しており、玄妙除却セクションは前述の深妙物質をより弱毒性の工業排出物に変質させています。これら施設の「積み重ね」により、超自然的対象からの廃棄物が、元の産出源から応用隠秘学で研究され玄妙除却で無力化されるまで垂直に進行することが可能になっています。また、これにより以下に詳述されている2002年9月8日のイベントが引き起こされました。

Incident Report AAFD-I-117
インシデント報告書 AAFD-I-117
Date: 09/08/2002
Officer of Record: D. Ibanez (Chief of Security and Containment)
Consulting: Dr. A. McInnis, N. Nascimbeni (Chief of Janitorial and Maintenance), Dr. U. Okorie
日付: 2002/09/08
記録担当者: D・イバニェス(保安・収容セクション長)
相談役: A・マッキンス博士、N・ナシンベーニ(清掃・保守セクション長)、U・オコリー博士

Summary: At 18:21 hours, undetected emissions from an anomalous subject in the Security and Containment Section seeped into Acroamatic Abatement Facility AAF-D via Applied Occultism, triggering a catastrophic overload. Orphic outflow reached critical recondicity, and a materials containment breach occurred.. Orphic outflow is spectral material. Its recondicity variable describes the extent to which it has become too esoteric to be contained within Euclidean geometry. Refinement tanks and disposal conduits burst, and a chain reaction of thaumic events cascaded back up the line and throughout all three Site Sections. A brief torrent of supernatural activity followed, much of it counter-chronological in nature, with effects including but not limited to:
概要: 18:12、保安・収容セクションにおけるある異常な対象からの未検知の放出物が、応用隠秘学セクションを通って玄妙除却施設AAF-Dに溶出し、破滅的過負荷を引き起こした。秘妙排出物は臨界幽遠性に達し、物質的収容違反が発生した。. 秘妙排出物は霊的物質のこと。その幽遠性変数は、ユークリッド幾何学の中で収容できなくなるほど深遠になる程度の範囲を表す。 精製槽および処分導管は破裂し、奇跡的イベントの連鎖反応が立て続けに発生し、ラインおよびサイトの3つのセクション全体を逆流した。短期間の超自然的活動がそれに続き、それらの活動の多くは実際は時系列に反していた。その影響は以下を含むがそれに限らない。

  • The retroactive and asymmetrical erasure of the above-mentioned entity. The contours of this subject's existence can be traced in some Foundation documentation and historical records, but no hint of its nature or characteristics has survived save for cryptic references to a being known as "The Uncontained."
  • Increases/decreases in the number of visible/tangible dimensions
  • Transfiguration of equipment and personnel
  • Colour spectrum shifts
  • Dermal recession
  • Non-linear progression of time
  • Apparition of extra-dimensional beings
  • Gravitational inversion
  • Noogenesis in inanimate objects
  • Synaesthesia, aphasia, glossolalia, xenolalia
  • Linguistic reification
  • Corporeal evaporation
  • Apotheosis
  • Xerostomia
  • 上述の実体の遡及的かつ非対称的な消去. この対象の存在の外郭は複数の財団文書や史料に痕跡があるものの、その性質や特徴の手掛かりは「未収容体」として知られる存在の曖昧な言及を除き残存しない。
  • 可視/可触次元の数の増加/減少
  • 設備・職員の変貌
  • 色のスペクトルのシフト
  • 皮膚の後退
  • 時間の非線形的進行
  • 外次元存在の出現
  • 重力反転
  • 無生物の精神的進化
  • 共感覚、失語、異言、真性異言
  • 言語的具象化
  • 肉体の蒸発
  • 神格化
  • 口腔乾燥症

Detailed Report: At 18:18 hours on 8 September 2002, Site-43 Director Dr. A. McInnis vacated his office to use his personal washroom. He therefore did not receive a telephone call directed to his redline receiver at 18:21 by Janitorial and Maintenance Section technician R. Ambrogi, requesting instructions for the handling of an emergent situation in AAF-D. (Established protocol calls for an immediate activation of the Site-43 Containment Breach Warning System in such a scenario. Technician Ambrogi was either improperly trained, or had forgotten his training.) Ambrogi then attempted to activate the alarm system, but was struck by a burst of orphic outflow and biologically inverted.
詳細報告: 2002年9月8日18:18、サイト-43管理官A・マッキンス博士はオフィスを退出し専用トイレを使用した。このため、彼は18:21にレッドライン受信機に向けられた清掃・保守セクション技師R・アンブロジーによるAAF-Dの緊急事態の対処のための指示を求める電話の呼び出しを受け取らなかった。(定められた手続きでは、このようなシナリオの際にはサイト-43収容違反警告システムの即時作動を要求する。アンブロジー技師は不適切に訓練されたか、訓練を忘れていた。)その後アンブロジーは警報システムの作動を試みたが、秘妙排出物の奔流に襲われ生物学的に反転した。

At 18:22, fourteen processing tanks ruptured in AAF-D. Dr. H. Blank heard the ruptures in his research laboratory, and remarked upon them. Associate researcher Dr. R. Wirth exited the laboratory in search of the origin of the disruption.
18:22、AAF-Dで14台の処理槽が破裂した。H・ブランク博士はこの破裂を自身のラボで聞き、それに対しコメントを述べた。共同研究員R・ワース博士はラボを退出し炸裂源を探した。

At this time, J&M technician D. Markey successfully activated the alarm system and telephoned Dr. McInnis for further instructions. Dr. McInnis returned from the washroom, received technician Markey's report, and telephoned the Site-43 Security and Containment Section to organize a response. Agent J. Gwilherm received the call and played it over the bullpen intercom. S&C Chief D. Ibanez dispatched agents Gwilherm, A. Mukami and S. Radcliffe to AAF-D.
この時点で、J&M技師D・マーキーは警報システムの作動に成功し、マッキンス博士にさらなる指示のため電話を掛けた。マッキンス博士は手洗いから戻り、マーキー技師の報告を受け取りサイト-43保安・収容セクションに対応を準備するよう電話を掛けた。エージェント・J・ギルヘルムは電話を受け取り、オープンオフィスのインターコムで電話を再生した。S&Cセクション長D・イバニェスはエージェントのギルヘルム、A・ムカミ、S・ラドクリフをAAF-Dに派遣した。

J&M Chief N. Nascimbeni, automatically paged by the alarm system, arrived at the airlock to AAF-D at 18:23 alongside researcher Wirth. Wirth was pulled into AAF-D by a translucent orange tentacle and disappeared. (Chief Nascimbeni cannot account for his actions over the succeeding sixty seconds.) At 18:24 Chief Nascimbeni called out to any personnel still alive within AAF-D, simultaneous to the appearance of technician Markey at the end of the airlock approach hallway. For unknown reasons, upon hearing Chief Nascimbeni's voice technician Markey stopped running and turned around. A wave of steam passed over him and he collapsed, converting to coloured droplets as he fell. An inexplicable gust of air pulled these droplets deeper into the facility, from which screaming could now be heard.
J&Mセクション長N・ナシンベーニは警報システムによって自動的に呼び出され、18:23にワース研究員とともにAAF-Dエアロックに到着した。ワースは1本の半透明な橙色の触手によってAAF-D内に引き込まれ、消失した。(ナシンベーニ セクション長は以降の60秒間の自身の行動を説明できない。)18:24にナシンベーニ セクション長はAAF-D内で生存している職員に呼びかけ、同時にマーキー技師がエアロックに通じる廊下の端に現れた。不明な理由により、マーキー技師はナシンベーニ セクション長の声を聞いた際に走ることをやめ方向転換した。蒸気の波が彼を通過すると、彼は倒れ込み着色された液滴に変質して崩れた。説明のできない突風によりその液滴は施設の奥深くに吹き飛ばされ、その際に液滴からは叫び声が聞こえた。

At this time Dr. U. Okorie, in the Applied Occultism Section, exited a containment cell and sealed it behind her. This action prevented serious damage to Applied Occultism during the cascade containment breach.
この時点で、応用隠秘学セクションにいたU・オコリー博士は収容セルを退出しセルを封鎖した。この行動により、連鎖的収容違反の間応用隠秘学の深刻な損害が予防された。

The three S&C agents were briefly delayed when they encountered Dr. W. Wettle in the passage leading to AAF-D and all four individuals fell to the ground. Dr. Wettle struck his head on the floor and became immobile. Following protocol, the agents left him where he lay and proceeded to AAF-D.
3名のS&Cエージェントは、AAF-Dに通じる通路でW・ウェトル博士に遭遇し、4名全員が床に倒れたことで短期間遅延した。ウェトル博士は床に頭を打ち動かなくなった。手続きに従い、エージェントらは彼を倒れた場所に放置しAAF-Dに進んだ。

At 18:25 the three S&C agents reached the AAF-D airlock and conferred with Chief Nascimbeni. He instructed them to activate the thaumic overflow relief system at the end of the hallway, through the airlock. Just before they reached the controls, the automatic structural integrity alarm for AAF-D activated and Chief Nascimbeni sealed the airlock behind the agents.
18:25に3名のS&CエージェントがAAF-Dエアロックに到着し、ナシンベーニ セクション長に相談した。彼はエージェントらに、エアロックを通って廊下の端にある奇跡的溢流除去システムを作動するよう指示した。エージェントらが制御装置に到達する直前に、AAF-D用自動構造的完全性警報が作動し、ナシンベーニ セクション長はエージェントらの裏でエアロックを封鎖した。

The cascade containment breach damaged one containment cell in the Security and Containment Section at this time, before Dr. L. Lillihammer could activate the security seals. One subject in containment was obliterated. (It is now believed that this subject was itself responsible for the breach.)
この時点で、連鎖的収容違反により保安・収容セクションの1つの収容セルに損害が発生したものの、L・リリハンメル博士が保安的封鎖を作動することが可能だった。収容されていた対象が1体滅却された。(現在この対象そのものが収容違反の原因であったと考えられている。)

At 18:26, the agents within AAF-D successfully activated the thaumic overflow relief system. Within two minutes the entire facility had been flushed of esoteric material, and further S&C personnel were dispatched to search the premises for survivors. J&M technician P. Deering was found alive and taken to Health and Pathology Section for treatment. All other personnel were found significantly altered and presumed dead. Their remains included:
18:26、AAF-D内のエージェントらが奇跡的溢流除去システムの作動に成功した。2分間で施設全体が深妙物質によって擾乱され、生存者がいる前提のもと捜索するためさらなるS&C職員が派遣された。J&M技師P・ディアリングの生存が発見され、治療のため保健・病理Health and Pathologyセクションに搬送された。他の職員全員は重度に改変された状態で発見され、死亡していると推定された。職員の残留物は以下を含んでいた。

  • Technician Ambrogi's inside-out corpse;
  • A human form (in an S&C uniform) which could not be identified, as it had been transfigured into a specimen of Cladrastis lutea (yellowwood);
  • A multi-coloured liquid matching Chief Nascimbeni's description of technician Markey's transformation, roughly 50% aerosolized and 50% coating the remains of the above subject;
  • A "rope" of wound biological material precisely two millimetres in diameter running the entire length of Facility AAF-D seventeen times over;
  • Five hundred and seventy-two life-sized, photorealistic, two-dimensional representations of agent Mukami frozen in a state of extreme distress;
  • An inescapable sense of "presence" in a third-floor washroom facility experienced by all searching personnel, which dissipated after twenty-four hours.
  • アンブロジー技師の裏返しになった遺体、
  • Cladrastis lutea(アメリカユクノキ)標本に変貌しているため身元が特定できない(S&Cの制服を着用した)人間の外形、
  • ナシンベーニ セクション長によるマーキー技師の変質の描写と一致する多色の液体。およそ50%がエアロゾル化し、50%が上記の対象の残留物を覆っている、
  • 施設AAF-Dを17周以上する長さの、直径が正確に2ミリメートルの損傷した生物学的物質の「縄」、
  • 極度にストレスを受けている状態で静止しているエージェント・ムカミの、実物大の写実的な2次元的描写572枚、
  • 捜索職員全員が体感した、3階手洗い施設における回避できない「存在する」感覚。24時間後に消散した。

Subsequent to this search, Dr. Bernabé Del Olmo was declared missing. He had last been seen interviewing the subject in the annihilated containment cell. At 21:14 new grouting was discovered between the tiles in the central control room of AAF-D. Analysis revealed a DNA match with Dr. Del Olmo.
捜索に続いて、ベルナベ・デル・オルモ博士の行方不明が宣言された。彼は破却された収容セルに存在した対象にインタビューしていたところを最後に目撃されていた。21:14にAAF-D中央制御室のタイルの間で新たなグラウトが発見された。分析により、DNAがデル・オルモ博士と一致することが判明した。

Dr. Dougall Deering was found dead outside facility AAF-D at the conclusion of the above events. It is assumed that he had been startled by the volume of the anomalous effects occurring therein, and suffered a heart attack. Dr Wettle was collected after the breach by Health and Pathology Section staff, and treated for a mild concussion.
ドゥーガル・ディアリング博士は、上記のイベントが終結した際にAAF-Dの外部で死亡した状態で発見された。彼はその場で発生していた異常効果の音量に驚き、心臓発作を起こしたと推測されている。ウェトル博士は収容違反ののち保健・病理学セクション職員によって回収され、軽い脳震盪の治療を受けた。

Investigations are pending.
調査は保留中である。

Olmo.jpg

Remains of Dr. Bernabé Del Olmo (partial) ベルナベ・デル・オルモ博士の残留物(一部)

8 September every year features an exact reprise of these events. Facility AAF-D has been renovated, reconstructed, and completely reorganized multiple times in the succeeding years. Equipment has been updated, fittings have been refitted, and materials routing has been optimized to ensure safe operation at all times. The facility has even been decommissioned, and its functions transferred to AAF-B and AAF-C. Nevertheless, SCP-5243 continues to recur. For seven minutes each year, the entire facility reverts to its 2002 configuration.. Individuals within AAF-D when these transitions occur suffer no obvious ill effects, but should take care not to occupy space which is otherwise occupied by machinery or structural elements in either iteration of the facility.
毎年の9月8日は、これらのイベントの正確な反復を特徴とします。以降何年もの間に複数回施設AAF-Dは復元され、再建され、完全に再編成されています。常に安全な運用を確実にするため、設備は更新され、付属品は改修され、物質の順路設定は最適化されています。施設は解体すらされており、その機能はAAF-BおよびAAF-Cに移転されています。それにもかかわらず、SCP-5243は再発を続けています。毎年7分間、施設全体は2002年の配置に復帰します。. これらの移行が発生する際、AAF-D内にいる人物は明白な悪影響を受けませんが、施設のいずれかの反復において機械や構造物に占められている空間を占めないように注意すべきです。

Each of the personnel killed in 2002, and one additional casualty from 2015, will be returned to life by SCP-5243 sixty seconds before the moments of their deaths. They are sapient human beings with physical forms and agency, and will behave as they did in 2002/2015 so long as the appropriate contextual triggers are received. If they are interfered with, it is possible for them to miss their appointments with SCP-5243. They may survive, and containment will have failed.
2002年に死亡した職員および2015年の1名のさらなる犠牲者は、それぞれ死亡する60秒前にSCP-5243によって復帰します。彼らは物理的形態および主体性のある知的人間であり、適切な文脈的誘因を受け取る限り2002年/2015年に行ったようにふるまいます。妨害された場合、彼らがSCP-5243の予定を仕損じる可能性があります。彼らは生存する可能性があり、その場合収容は失敗します。


SITUATIONAL SECURITY CLEARANCE LEVEL 5243-5 REQUIRED FOR FURTHER REVIEW
さらなる説明には状況的セキュリティクリアランスレベル5243-5を要します


Addendum: Incident Report AAFD-I-118
補遺: インシデント報告書 AAFD-I-118
Date: 09/08/2003
Officer of Record: D. Ibanez (Chief of Security and Containment)
日付: 2003/09/08
記録担当者: D・イバニェス(保安・収容セクション長)

Summary: It was initially believed that of the eight personnel who perished on 09/08/2002, only seven were directly killed by the actual containment failure. Dr. Dougall Deering's death was believed to be a separate incident. Nevertheless, when the anomaly now classified as SCP-5243 recurred in 2003, it resurrected all eight individuals. Dr. Deering then died again, in precisely the same manner as he had done in the original event. The newly-drafted Special Containment Procedures for this anomaly include the stipulation that Dr. Deering not be interfered with.
概要: 2002/09/08に死亡した8名の職員のうち、7名のみが実際の収容失敗によって直接的に絶命したと当初は考えられていた。ドゥーガル・ディアリング博士の死は別のインシデントであると考えられていた。それにもかかわらず、現在SCP-5243に分類されているアノマリーが2003年に再発した際、8名の人物全員が復活した。その後ディアリング博士は、最初のイベントであったまさにその通りの方法で再び死亡した。このアノマリーの新たに起草された特別収容プロトコルには、ディアリング博士が妨害されないという規定が含まれている。

Update 09/08/2013: Dr. Deering has been resurrected by SCP-5243 as per usual, but has not expired. Security and Containment Chief D. Ibanez has executed him on the order of Director McInnis to prevent potential timeline disruptions.
更新 2013/09/08: ディアリング博士はSCP-5243によって通常通り復活したが、死亡しなかった。保安・収容セクション長D・イバニェスは、マッキンス管理官によるタイムライン撹乱の可能性を防止するための命令により彼を処刑した。

Update 09/08/2014: Dr. Deering's execution must now take place annually, and has been added to the Special Containment Procedures.
更新 2014/09/08: 現在、ディアリング博士の処刑は毎年実行されており、特別収容プロトコルに追加されている。

Chief Ibanez has officially protested the indefinite extension of Dr. Deering's item in the Special Containment Procedures, and I am so noting here. I can only say, by means of explanation, that once the alternate timelines SCP-5243 has created are declassified and the events which took place there are made known, it will become perfectly clear why we aren't taking any chances with the creation of new ones.
イバニェス セクション長は、特別収容プロトコルにおけるディアリング博士の項目を無期限に追加することに公式に反対している。そのため私はここに記す。SCP-5243が生成した代替タイムラインが機密解除され、そこで発生したイベントが明るみに出れば、なぜ我々が新たなタイムラインをあえて生成しないのか完全に明らかになるだろう、私はそう説明するしかないのだ。

Do your duties. Dr. Deering is doing his, in a way.
君の任務を遂行しろ。ある意味で、ディアリング博士は彼の任務を遂行しているのだ。

— A.J. McInnis (Director, Site-43)
— A・J・マッキンス(管理官、サイト-43)

I've been in those timelines with you, sir, and my protest stands. Find yourself a new S&C chief.
私はあなたとともにそのタイムラインにいたのですよ、サー。その上で、私は反対しているのです。あなたが新たなS&Cセクション長であることに気づいてください。

— D. Ibanez (Chief Without Portfolio)
— D・イバニェス(無任所セクション長)


Addendum: Incident Report AAFD-I-119
補遺: インシデント報告書 AAFD-I-119
Date: 09/08/2015
Officer of Record: R. Pensak (Chief of Security and Containment)
日付: 2015/09/08
記録担当者: R・ペンサク(保安・収容セクション長)
Adrijan.jpg

Remains of Dr. Adrijan Zlatá (partial) アドリヤン・ズラター博士の残留物(一部)

Summary: Critical scheduling mishap. Hiring and Regulation Section system corruption resulted in the assignment of Dr. A. Zlatá to new quarters not in the Habitation and Sustenance Section, but in Acroamatic Abatement Facility AAF-D. Such quarters do not, of course, exist, and Dr. Zlatá wandered the facility until SCP-5243 occurred.
概要: 重大なスケジューリング事故。雇用・統轄Hiring and Regulationセクションシステムの破損により、A・ズラター博士が居住・扶養Habitation and Sustenanceセクションではなく玄妙除却施設AAF-Dにおける新たな宿舎に割り当てられた。当然ながらそのような宿舎は存在しておらず、ズラター博士はSCP-5243が発生するまで施設を徘徊した。

At 18:25 hours Dr. Zlatá was struck by a bolt of light from a ruptured paraspectral grounding conduit and converted to forty-seven half-lemons with bright pink skin and light blue flesh.
18:25に、ズラター博士は破裂した超常霊的接地導管からの雷光に襲われ、鮮やかなピンク色の表皮と明るい青色の果肉の半分になったレモン47個に変質した。

No timeline alterations occurred.
タイムライン変化は発生しなかった。

I wish this goddamn anomaly didn't have my forwarding address.
このカスアノマリーが私の転送先のアドレスを知らないことを願います。

So, this isn't the first time new personnel have been improperly briefed on the special schedule for 8 September, but it is the first time it's been fatal. Sampi-5243 have our hands full dealing with the actual breach, and since we can't have random FNGs walking into our little anniversary party a bit of inter-Sectional cooperation would be a big help.
で、これは初めて新たな職員が9月8日の特別なスケジュールを不適切な説明を受けたときではありませんが、それが致命的だったの初めてです。サンピ-5243のせいで我々の人員は実際の収容違反の対処に手いっぱいで、ただのクソ新参を我々の小さな記念日パーティーに入れるわけにはいかないので、ほんの少しのセクション間の協力でも大きな助けになるのですよ。

I know it's been a long haul, but can we please not get complacent re: our annual magic gunk explosion? I can't believe I just typed those words.
これが大仕事なことはわかっていますが、どうか年1魔法汚れを爆発させて悦に入ることはやめていただけませんか? こんな言葉を打ち込んだことが信じられません。

— D. Ibanez (Chief of Pursuit and Suppression)
— D・イバニェス(追跡・鎮圧Pursuit and Suppressionセクション長)

Update [09/08/2020]: All subsequent occurrences of SCP-5243 have included this event. Dr. Zlatá's remains, currently 282 half-lemons, are stored in a secure freezer at Site-43. Proposals to subject these remains to acroamatic abatement procedures are on hold indefinitely.
更新 [2020/09/08]: それ以降の全てのSCP-5243の発生においてこのイベントは含まれている。現在282個の半分になったレモンであるズラター博士の残留物は、サイト-43の保安冷凍庫に保管されている。これらの残留物を玄妙除却処理の対象とする提言は無期限に保留される


記事ここまで

tag: _cc director-mcinnis doctor-blank doctor-lillihammer doctor-wettle k-class-scenario keter loop on-guard-43 reanimation scp spacetime transfiguration
タグ: en マッキンス管理官 ブランク博士 リリハンメル博士 ウェトル博士 k-クラスシナリオ keter ループ on-guard-43 蘇生 scp 時空間 変容

以下はフォーラム投稿用


ソース: SCP-5243 rev.131
著者: HarryBlankHarryBlank
作成日(EN): 2020/07/25
翻訳査読: pcyslpcysl



    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Witherite's portal does not exist.


エラー: Witheriteのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6370408 ( 02 May 2020 04:11 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License