全自動文字消去機

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██の低危険度物品保管ロッカーに保管されます。オブジェクトを用いた実験は担当研究員2名以上の承認が必要です。

説明: SCP-XXX-JPは2つのダイヤルとディスプレイからなる高さ30cm程の本体、ケーブルを通じて本体と接続されている台座の総称です。側面には製品情報等のシールが剥がされた跡があり、製造元は不明です。"SCP-XXX-JPの台座上に何らかの文字1が書かれた物体を載せ、"実行"のダイヤルを回すと対象に書かれていた文字が未知の方法により瞬時に消失します。ダイヤルには"中止"と"実行"の2つが書かれたものと"文字認識精度"と書かれたダイヤルの2つがあり、ディスプレイには消した文字の履歴が表示されます。

補遺1: SCP-XXX-JPの実験記録の抜粋。




































補遺2: SCP-XXX-JPは20██年に██県██市の住宅地付近で児童の行方不明者が多く出た事が財団の目に留まり、付近の調査を行った財団エージェントによって████氏が所有していた空き家で発見されました。現場には散乱した子供服とSCP-XXX-JPを収納する為の物と思われるケースが2つ残されていました。

ERROR

The Topaz9981's portal does not exist.


エラー: Topaz9981のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6368419 ( 29 Apr 2020 16:49 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License