白黒つけないコーヒー牛乳

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 喫茶店「Alongside」の営業時間中、エージェント安宅は非常勤の店員1として監視を行います。原則としてSCP-XXXX-JPの提供は阻害されません。

説明: SCP-XXXX-JPは「Alongside」の店主である小松 武氏(以下SCP-XXXX-JP-Aと呼称)によって調理、提供されるコーヒー牛乳2です。SCP-XXXX-JPはSCP-XXXX-JP-Aによって、「Alongside」の店内でかつ営業時間内に提供された場合に異常性が発現します。

SCP-XXXX-JPは飲用した人物に、SCP-XXXX-JP-Aに対して悩みを打ち明けようとする意欲を高めます。SCP-XXXX-JP-Aは悩みを打ち明けられた場合、細かな差異はあるものの曖昧な表現、白黒はっきりしないとも表現される回答しか行いません。しかし、飲用した人物は必ずその回答に満足します。

SCP-XXXX-JPの異常性が極めて限定的であり、SCP-XXXX-JP-Aも協力的であることから当人と知人関係にあるエージェント安宅をスタッフとして派遣し、監視業務に従事する現在の収容プロトコルが制定されました。

予定タグ レフティ

ERROR

The sbjt_coffeemilk's portal does not exist.


エラー: sbjt_coffeemilkのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6360224 ( 22 Apr 2020 03:01 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License