SCP‐XXXX‐JP あなただけの同僚、もしくは……

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP‐XXXX‐JP

オブジェクトクラス: Safe Keter

特別収容プロトコル: SCP‐XXXX‐JPが発生する██神社の周囲50m以内に常時4人以上の警備員を派遣し、SCP‐XXXX‐JPの範囲内に入る一般人がいないか確認してください。効果範囲内に侵入を試みようとする人物がいた場合、カバーストーリー「大規模改修」を流布し、阻止してください。

追記(20██/5/██): 既存の収容プロトコルに加え、監視カメラを██台設置し、警備員を██人に増員します。一般人の立ち入りは予期せぬ重大なインシデントに繋がる恐れがあるため、絶対に阻止してください。

SCP‐XXXX‐JPの実験はセキュリティクリアランスレベル4を付与されている研究員の許可の下、実施してください。また実験の対象者となったDクラス職員を含む財団職員に対して一定期間カウンセリングを実施することが推奨されます。尚、実験に関する記憶処理はSCP‐XXXX‐JPの特異性により行われません。

説明: SCP‐XXXX‐JPは北陸地方の石川県に存在する██神社の敷地内に財団職員が立ち入った際に発生する、実在しない財団職員を同僚として認識している記憶群を指します。この記憶に対して、対象となった職員はその人物が実在しないことを認識しています。この記憶は財団の有する如何なる記憶処理技術によっても消去出来ないことが判明しています。

(20██/4/██): 財団職員以外の人物に対する異常性も確認されました。詳細は下部よりレベル4/XXXX-JPクリアランスを提示して確認してください。

このこれらの異常性は初めて██神社に訪れた場合にのみ発現するものであり、二回目以降は確認されていません。同僚であると認識される実在しない人物に共通する点は以下の通りです。

・中性的な容姿をしており性別不明である。
・親族が存在しない。
・対象となった職員とはきわめて友好な関係を築く同僚であり、親友であること。
・『guest』というニックネームで呼称されること。そう呼称することの理由は不明です。
・全ての報告書に対して閲覧が可能である程度の権限を持つ一方で、役職には就いていない。
・報告書等、財団に関する公式書類は執筆できず、収容業務及びオブジェクト研究も行えない。

SCP‐XXXX‐JPは休暇中であったエージェント███が神社に入った際、存在しない人物を同僚であると認識する記憶が想起されたとの報告を受けたことによりその異常性が判明しました。██神社は当時、神主が死亡して管理人が不在の状態でした。また周辺地域は限界集落1で、神社を参拝する人物も極めて稀です。

現在では█名の財団職員がSCP‐XXXX‐JPの影響を受けており、その内の一名である鶴来上級研究員の指揮下で当該オブジェクトの研究及び監視が行われています。
 


 

 

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The sbjt_coffeemilk's portal does not exist.


エラー: sbjt_coffeemilkのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6360224 ( 22 Apr 2020 03:01 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License