SCP-XXXX-JP ██の果実

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPが実る樹木1は土地の所有者である島崎氏の下で管理され、果実は研究のため財団の研究施設へ出荷されます。未知の異常性が発現する可能性を考慮し、SCP-XXXX-JPを飲食することは原則として許可されません。

説明: SCP-XXXX-JPは一般的にリンゴと呼ばれる果実です。外見上は一般的なリンゴと相違なく、Dクラスによる実験によって味及び風味も特に変哲の無いものであると判明しています。また、物理的な特性に関しても特異性を有していません。

SCP-XXXX-JPは特定の条件2を満たした男女一組が食することで異常性を発揮します。その際、リンゴの形状や調理の有無などは考慮されません。また、食するタイミングは前後一週間以内であれば男女で異なっていても異常性が発揮されます。異常性に曝露した男女の追跡調査は全てSCP-XXXX-JPが実る木の前で会話しているという証言を最後に失敗しています。

ERROR

The sbjt_coffeemilk's portal does not exist.


エラー: sbjt_coffeemilkのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6360224 ( 22 Apr 2020 03:01 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License