男の死、消し去る猛吹雪

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

──虎は死して皮を留め、人は死して名を残す。

 
死の後に物理的な何かではなく、名声が継がれるという人の特色を表す諺。

しかし、中には世を去ってから急速に忘れ去られる者がいる。

最早、存在そのものが嘘偽りのようになってしまった人物。

 
かの文豪、アナトール・フランスはこう記した。

 
──Without lies humanity would perish of despair and boredom.
──嘘というものがなければ、人間は絶望と退屈で死んでしまうであろう。

 
では、僭越ながらロバート・ルイス・スティーブンソンの言葉を借りてこう返そう。
 

──The cruelest lies are often told in silence.
──いちばん残酷な嘘は、しばしば沈黙という形をとる。
 

語られることもなくなった死は、残酷な嘘なのではないだろうか。

そしてそれは故人にとって最も絶望的で、退屈極まりないものではないか。

これはある一人の男の死にまつわる話だ。

 
──男のことを語ろうとする者はもういない。
 
 


 

その葬式は実に慎ましく、静かでこじんまりとしたものであった。

 
男には子供はおらず、伴侶もおらず、親も兄弟も、とうの昔に鬼籍に入っていた。

喪主は彼の友人が務めた。
そうは言っても友人の中では比較的面倒見が良かっただけであり、言ってしまえば消去法だ。

実際に、葬式に参列したのは10人程であり、中には故人の名前すら怪しい人物もいた。

それは単なる記憶の問題ではない。故人が意識せず有していた異常性のためだ。

しかし、それを参列者は知ることは無い。ここには正常ならざる存在に立ち向かう者達はいない。
ただ、一人の男が死んだとして淡々と処理されていくだけだ。

 
──外の雪が吹雪へと変わった。
 

しめやかに、厳粛に、つつがなく行われる葬儀に参列者たちはその進行に従うだけだ。

故人に対する参列者の印象は、実に淡泊なものである。

 
 
『そういえば、この人名前何だったっけ』
 
 
 

薄情なようであるが、異常性とは得てして人々の目にはそう映るのだ。

喪主の挨拶、弔辞、故人の遺影。それらが無ければ彼らが故人の名と顔を思い出すことは無かった。

それは述べた本人──喪主を務めた男ですら例外ではない。

 
 
読経する者ですら、自身が何故経を読んでいるかを一瞬忘れそうになる。

葬儀場の職員は弔う故人の存在を、自らの職務を終えて程なく忘れた。

喪主となった男も三度目の日没を迎えるころには、くたくたになった喪服に疑問を浮かべていた。

しかし皆全て、まあいいやという言葉でそのつっかえを一蹴した。

 
 
──猛吹雪の中、刻まれた複数の足跡。

 
 
──それが男の残した、最期の痕跡。

 
 
──そして、暴風雪は全てを消し去っていった。白く、平らに、何もなかったように。

 
 
 
──関心の消失こそ、真なる人の死なのだろう。
 
 
 
 



ERROR

The sbjt_coffeemilk's portal does not exist.


エラー: sbjt_coffeemilkのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6360224 ( 22 Apr 2020 03:01 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License