流れゆく水に微睡み、身を捧ぐ

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

夜空に星々は燦々と輝く。
月下に映える河は煌々とし、男は揺蕩う。
彼岸と此岸を行き来するが如く、
岸を歩く男の心中は如何。
現の理は即ち人道の篝火なり。
されど孤高な一人の狂人の道標に非ず。
先駆者の説話は御伽噺のように耳を抜ける。
親しき者愛する者の言葉は理解し難く。
眼前に広がるせせらぎだけが、
男の欲する唯一つの答を持っていた。


 
 
 
 

男は河を渡る。公は河に微睡む。
それは己であり、同士であり、全てであった。
水は流れ往く。
広がり、啓蒙の光を確かに広めていく。
それは空にあった。
未知であれど、確かにそれは皆同じであった。
やがて真実を得た彼らは矮小に、
されど根源たる河に為る。
名は要らぬ。貌も要らぬ。
そこにあることが、真なる理の証左。


 
 
 
 

広がりゆく海が、貴方に顔を向ける。
萌える草木は阻めど、祝福の息吹を上げる。
果てなき自然の伝播が、世界を包む。
それを、貴方は既に知っている。
災いに非ず、偽りに非ず、悪意に非ず。
唯、河を渡る者を見る。
貴公もまた、河を渡る者であれば。
それは全て貴方自身であるのだから。
確かに、渡河は為された。
死という、真理を携えて。


 
 
 
 

生とは、偽りである。
理性という籠に閉じ込められている。
上辺だけの法と定理が埋め尽くす。
死とは、真理である。
生涯の幕を下ろす瞬間。
そして、解放の刻。唯一の真理が現る。
見よ。我らの解放の刻を。渡河の刻を。
その真理は遍く人々にもたらされる。


 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
──財団記録・情報保安管理局より通達

 
 
 
 
──本日、河辺に水死体と見られる身元不明の遺体が約7,668,643,392体発見されました。

 
どうか忘れさせてあげてください。

 
 
 
 

 


SCP-CN-1199のTaleのような何かです。投稿するかは未定。


ERROR

The sbjt_coffeemilk's portal does not exist.


エラー: sbjt_coffeemilkのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6360224 ( 22 Apr 2020 03:01 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License