SCP-XXXX-JP 自宅警備隊

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはその性質により移動が不可能なため、SCP-XXXX-JPの半径10mをバリケードで封鎖し、警備員を2名配置します。
周辺住民にはカバーストーリー「老朽化による倒壊の危険」を適応してください。

説明: SCP-XXXX-JPは福岡県██市に位置する家屋です。新聞を配達に来た██氏が家屋の敷地内に侵入しようとした際に自宅警備隊と名乗る3人の人型実体(以下SCP-XXXX-JP-Aとする)に極めて暴力的な手段で侵入を阻止され重症を負ったことから財団の興味を引きました。
SCP-XXXX-JP-Aは会話が可能でありエージェント██によりインタビューが行われました。

対象: SCP-XXXX-JP

インタビュアー: エージェント██


<録音開始]>

エージェント██:やあ、SCP-XXXX-JP-A。調子はどうだい?
SCP-XXXX-JP-A-1: 調子は!!
エージェント██そうか、そうか。そもそも何故お前たちはここで自宅警備隊なんてやってるんだ?
[以下、インタビュー終了まで会話を記録する]

<録音終了, [必要に応じてここに日時(YYYY/MM/DD)を表記]>

終了報告書: [インタビュー後、特に記述しておくことがあれば

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

ERROR

The harusya's portal does not exist.


エラー: harusyaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6356935 ( 25 Apr 2020 11:59 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License