SCP-CN-597「サーキックの喧騒」

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x
監督評議会命令
以下のファイルはレベル2/CN-597機密情報であり、レベル2以上の権限が必要です。
クリアランスを有さない人員のアクセスを禁止します
SCP-CN-597


アイテム番号: SCP-CN-597
オブジェクトクラス: euclid
担当サイト: エリア-CN-07
管理官: Eitter博士
研究主任: Rear Window
部隊割り当て: 甲戌-6
Level 2/CN-597
Secret

特別収容プロトコル:SCP-CN-597とSCP-CN-597-1を追跡し、破壊するため機動部隊(甲戌-6“暴走族キラー”)を特別に創設します。SCP-CN-597-1における段階1に遭遇した個体は、移動可能な組織や捕食・攻撃・防御に使用される組織を優先して、重火力で直ちに攻撃されるべきです。 SCP-CN-597-1が完全に固定された後、標準的なEuclidレベルオブジェクトの保護手順に従って収容され、エリア-CN-07-4、エリア-バイオ-5の強化された収容室に収容されなければなりません。飼育中のSCP-CN-597-1は、最小限の肉の給餌しか与えず、攻撃に使われる可能性のある臓器や手足を定期的に取り除く必要があります。

SCP-CN-597の「群れ」が急速に移動しているのを発見した場合は、その経路から退避させ、「群れ」が抑制/破壊されるまでいくつかの阻止障壁を設置しなければなりません。

個々のSCP-CN-597は、上記のように抑制/破壊された後、標準的なEuclidレベルの保護手続きを経て、エリア-バイオ-5に移動して収容され、最低限の肉を食べさせられるべきです。 また、キャリアに「感染」させるために使われた臓器も取り除かなければなりません。

説明: SCP-CN-597は未記録のSK-BIO生物であり、その身体は通常、血液を改造して増強されたバイク(SCP-CN-597-Aとして分類)1であり、SCP-CN-597-BはSCP-CN-597-Aの運転席にいるSK-BIO-H個体2です。SCP-CN-597-Bはまだ自律的な意識を保持しており、望むままに異なる目的のために生体組織を増殖させることができます。各SCP-CN-597の個体は異なる形態を持っていますが、すべての個体が以下の2種類の生体組織を増殖させています。:

  • SCP-CN-597-A-1:SCP-CN-597-1を宿主とする完全胞子化卵嚢を生成し、放出することができる管腔状器官。
  • SCP-CN-597-A-2:最大120デシベルの音を出すことができる拡声機能を持つ頭蓋状の生体組織。

各SCP-CN-597の生体組織には一連のスローガンが表示されており、通常は暴走族の口癖やスラングなど3が使われています。 なお、ほとんどすべてのSCP-CN-597は「喧騒サーキック」と「最速速速」というスローガンを持っており、その中には所属する「派閥」や個人名を表すものもあります。

SCP-CN-597は通常群体で行動し、途中でできるだけ多くの車両を「感染」させ、未知の通信手段でSCP-CN-597-1を群体に引き入れます。 新しいSCP-CN-597-1やSCP-CN-597を "群体"に追加すると、"群体"全体の速度が少し上がります。

SCP-CN-597の原因と出所は現在も追跡されています(付録参照)。 これまでに得られた唯一の情報は、SCP-CN-597がサーキック・カルトの分派と疑われる教団「血肉疾走天使」と、エクストリーム・スポーツ愛好家グループ「SK総会」に関連しているというものです。

SCP-CN-597-1はSCP-CN-579-A-1によって産生される卵嚢に感染した車軸であり、そのほとんどの機械部品は生体組織に置換されます。個々の個体間で用途や形態が異なる生体組織が増殖し,SCP-CN-597-1はそれぞれ個性を有します。各SCP-CN-597-1は、感染後、次の2つの段階を経ます。:

段階1: この段階の持続時間は、感染してから10~20分です。この段階のSCP-CN-597は、自分自身を確保するために大量のSK-BIO-Δを繁殖させながらその場に留まり、人工物や機械部品を徐々に生体組織が置き換え始めます。 車軸内に1つ以上の生体が存在する場合、その臓器・手足の1つが急速に成長し、第2段階で特定目的の組織に分化し、通常の組織に比べて機能が大幅に向上することになります。

段階2:この段階で、SCP-CN-597-1内の機械部品や人工物の大部分が生体組織に置き換えられ、大量の繭が出現し、目的に応じて生体組織に分化していきます。 同時に、外側には鉤状や鎌状の角質体が大量に増殖し、この角質体には細かい歯が並んでいます。 第2段階では、SCP-CN-597-1は、遭遇したあらゆる生物を吸収するために角質体を使用しながら、時速[編集済]kmの速度でSCP-CN-597「群体」に追いつきます。

附录CN-597.1:SCP-CN-597リスト(一部分)

番号:SCP-CN-597-B-1
原型モデル:スズキ・バンディット400
状態:収容中

特殊变化:
SCP-CN-597-B-1のダッシュボードは複数の目玉とSK-BIO-Δに置換、マフラーと排気管は顔と肛門のための追加の穴からなる生体組織で覆われる。前後の車輪はそれぞれ12本の人間の手足に置き換えられ、燃料タンクとエンジンには保護用のケラチン層を持つ複数の心臓が外装に取り付けられ、シートバッグと棚には少なくとも10個の人間の頭が増殖、内部には多数の小さな人間の腸のようなものが広がっていた。 車体全体がSK-BIO-Hで覆われ、いくつかの口内器官が成長している4

特殊標語:
“香山高速伝説”:「個体名」と思われる。
“夜露死苦”:暴走族の口癖。
“感染第一”:暴走族の口癖の変形。


注釈:SCP-CN-597-B-1は、北京政府の都市管理者によって捕獲されて財団に引き渡され、関連者は記憶処理済み。

番号:SCP-CN-597-B-3
原型モデル:ハーレー・ファットボブ
状態:収容中

特殊变化:
SCP-CN-597-B-3は、中心軸から車体全体が裂け、その間に人の脊椎骨で連結されており、内側に歯が生えて、前部の計器盤からタンク部分までSK-BIO-Δで構成された吸口器に置換、複数の感染管腔がぶら下がっており、左右両側の棚と排気管、消音器の上に位置した数段のSK-BIO-Δは沿道の人の肛門に挿入されて身体に捕獲され、捕獲された者の口は格子のような形になってSCP-CN-597-A-2の役割を果たし、人の体には多くの針、タイヤ、チェーンが楕円形の小さな吸盤で構成された脚5 に置換される。

特殊標語:
“第六天的夜之饕餮”:「個体名」と思われる。
“98歳、SK-BIO也”:アジアのサブカルチャーより。
“回答無用!一発入魂!”:日本の暴走族の口癖。
“竜騎士”:アジアのサブカルチャーより。

番号:SCP-CN-597-B-12
原型モデル:モデル不明
状態:未収容、位置不明

特殊变化:
SCP-CN-597-B-12は、体全体が腫瘍の塊で覆われ、これらの組織の隙間から大量の節足動物の手足に似た角質を形成、これらの角質がSCP-CN-597-B-12よりも上空5~10メートル高く、腫瘍組織によって生成された不明な液体を体内に注入する。この液体は捕獲された人の胴体を非常に膨らませ、爆発ガスを発生させるが、捕獲された人は投げ出されるまで生存する。SCP-CN-597-B-12は、捕獲された人を周囲の建物に投擲することが知られているが、これは単に「娯楽」目的にすぎない。
特殊標語:
“血肉小僧”:「個体名」と思われる。
爆炸就是艺术芸術は爆発だ”:アジアのサブカルチャーより。
“奇愛博士”: 映画《博士の異常な愛情》の中国語題。
为了死亡之手的疏忽怠慢なる死の腕”:語源不明。

番号:SCP-CN-597-B-15
原型モデル:モデル不明
状態:未収容、位置不明

特殊变化:
SCP-CN-597-B-15はSK-BIO-Δで多連包装され、全体面積が約2~5倍に拡大された。SCP-CN-597-B-15の車体部分には、少なくとも2人の身体解体作業員が配置されており、各部品に意識を持って配置されている。行進中、人間の腕が車体から突き出て、SCP-CN-597-B-15から大量の血と汗、黒鉛でできた液体がにじみ出て、性別不明の泣き声がする。

特殊標語:
“金融業ノ一ドル若旦那”:「個体名」と思われる。
“資本主義的機器”:不明。
有钱能使鬼推磨銭ある時は鬼をも使う”:中国の俗語6
“人力資源”:不明。
开最贵的车,一番高い車を運転する、才是音速男儿。俺は音速の男。”:後半部は日本の暴走族の口癖。

補遺CN-597.2:インシデント記録2017/7/7

%E4%BA%8B%E6%95%85.JPEG

インシデントで破壊されたサイトの一部。

2017/7/7。サイト工事の影響でSCP-CN-597-B-33の収容室が不安定になり、収容室が閉鎖され、サイト地下駐車場に押し入り、車を運転していたEcum博士とその乗用車に感染した。感染した乗用車は急速に段階2となり、Ecum博士は異常な影響で体の80%がイボ痔に取って代わられ、Ecum博士はロスト判定を受けた。SCP-CN-597-B-33は地上に逃走し続け、サイトに深刻な被害を与えた。

事故発生から20分後、サイト警備要員が火炎放射器を利用して駆けつけ、SCP-CN597-B-33と同時に感染したEcum博士の乗用車は収容チームによって迅速に破壊され、Ecum博士の痔も回収された。


脚注:SCP-CN-597とSCP-CN-597-1個体の収容室に対する特別改造と補強の提案が承認されている。

補遺CN-597.3:回収されたメッセージ

本文書は2017/7/12に正常な物流手段を通じてエリア-CN-07-4フロントデスクの受付に到着したもので、署名は"頭文字SK総会閩南支部"であり、文書の受信者と文書とSCP-CN-597との関係は未だ追跡中です。

この野郎。 世界で一番美しい俺達の美しい車を奪うことに何の意味があるんだ? 毛も生えていないお前らの老いぼれた母親は、俺たち「欲肉サーキック最速速速」のクソ穴を喰ってりゃいいんだよ!


原文:http://scp-wiki-cn.wikidot.com/scp-cn-597

[[footnoteblock]]


ERROR

The ban-tarou's portal does not exist.


エラー: ban-tarouのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6353549 ( 08 Nov 2020 02:05 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License