ワンダーテイメント博士 ハブ

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
tannerbanner

博士が身を乗り出して腕をまわし、
口を開けると不思議な音がする
「どこにも新しいものはないんだよ、おバカさん、君がいるところにあるんだよ!」
君は、暗い、劣悪な世界から抜け出さなきゃいけない。
部屋の奥で、頭の奥で
読んだ空想の本のページの中で
世界は悲しみと浪費であふれていて
君の脳がやわらかいペースト状になるまで粉砕する
ハッピーな気分になりたい時は手を叩いて
ネオンピンクのラッピングのプレゼントが欲しい時は
目を閉じて 風船を思い浮かべて
大きくて親切なふにゃふにゃの泡を思い浮かべるんだ。

「落ち込んで逃げ出したくなった時、
君の頭の中に素晴らしい場所がある」



ようこそワンダーテイメント博士ハブへ!

ワンダーテイメント博士って何?


ワンダーテイメント博士は、異常で魔法のような子供向け玩具のメーカーです。

ワンダーテインメントのルーツは、シリーズIのスーパー・ペーパーまでさかのぼりますが、それ以来、いくつかの重要なコンセプトに合わせて進化してきました。

  • ワンダーテインメント博士は資本主義的な構造を持っている。
  • ワンダーテイメント博士は子供向けのおもちゃを作る。
  • ワンダーテイメント博士は、子供っぽくて遊び心がある。
  • 上記のいくつかの点が単なるカモフラージュであるかどうかは議論の余地がある。

ワンダーテインメント博士は、会社かもしれないし、個人かもしれないし、会社を経営している個人かもしれない。しかし、最も重要なことは、ワンダーテイメント博士は魔法のような存在であり、おもちゃを作っているということです。安全とは言えないおもちゃであろうと、子供の想像(欲)を超えたおもちゃであろうと、ワンダーテインメントの基本は「おもちゃを作っている」ということなのです。その解釈は、心温まる親切なものから、 とんでもなくひどいもの、あるいは少なからず勘違いしているものまで様々です。彼らの意図や世界観がどのように受け取られようとも、彼らは間違いなく子供や子供らしい行動と結びついています。

ワンダーテイメント博士についてどう書くの?信じてください、馬鹿げていると思うかもしれませんが…楽しんでください。そう、何を書くにしても楽しんだほうがいい、それでは何のために書くのか?ワンダーテインメントに限って言えば、うまく書くための第一の方法は、ロジックを気にしないことだと思います。ワンダーテインメントのおもちゃを書くなら、めちゃくちゃ面白くないといけない。読者がそのおもちゃを欲しがるように。物語を書くなら、大げさに書け。たくさんのコーギーを登場させろ。お菓子を支配する独裁者が出てくるように。暗くなっても、楽しさの皮をかぶせておけばいい。

気まぐれが失敗しても、それは気まぐれです。そしてワンダーテイメント博士は、100%の気まぐれを貫いています。それがワンダーテイメントなのです。もし、あなたがワンダーテイメント博士のライターを目指しているなら、 夢中になることです


-お伽噺-


タイトル 著者

-社会事業-


タイトル 著者

-チャプターブック-


タイトル 著者

-おもちゃ達-


タイトル 著者

-その他-


ストーリー 著者

ERROR

The ban-tarou's portal does not exist.


エラー: ban-tarouのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6353549 ( 08 Nov 2020 02:05 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License