SCP-ZH-282「グルメ」

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x
1Tycc1F.jpg

SCP-ZH-282の画像、回収中のエージェント███のヘッドマウント・カメラによって記録された。

アイテム番号: SCP-ZH-282

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-ZH-282は、サイト-ZH-16の収容エリア4の非人型生物収容室に収容されています。アイテムの継続的な収容を確実にするため、基本的な調理技術を持つDクラスの人員を3日に1回、オブジェクトに提供する必要があります。週に一度、「調理技術指導講座」を開催し、管理に用いる消耗品要員を補います。収容室の血痕や排泄物は、2週間に一度、清掃されます。

収容ユニットには、研究員によるオブジェクトの研究、監視、通信、交換を容易にするために、カメラと音声通信機器を備えます。 収容室のすべての音声通信機器は遮断されるべきです。そのため収容室の壁は、防音材料と吸音スポンジで作ります。必要に応じて人員が格納容器に出入りする場合は有害事象の再発を避けるため、標準的な防音イヤーマフを着用します。

説明: SCP-ZH-282は、身長2.26メートルの片腕と2本の指を持つ人型生物です。頭部に食物の注入口があるだけで、大きく開くことができます。脚の大きさは、右腕に比べて不均衡です。人間を餌とし、右腕の2本の指で被害者の腹部を挟み、固定して捕食します。

SCP-ZH-282には言語能力があり、簡単な福建台湾語と北京語でコミュニケーションをとることができます。このオブジェクトは自らを「こだわりのグルメ」と称し、「最高の美味」を味わうことが生存の動機と目的となっています。特筆すべきは、複数の人間から標的を選択できる場合、SCP-ZH-282は常に料理の腕前を持つ人間、もしくは比較的優れた料理の腕前を持つ人間をターゲットとして選びたがるということです。

SCP-ZH-282が長い間食事をしていない場合1や危険に遭遇すると、口腔内から異常効果を持つ音波を発します。 この音波を3分以上浴びると、生物は異食症2および人肉食の衝動に駆られます。音波の異常な影響は、完全に遮断することはできず、防音壁や吸音スポンジ、防音イヤーマフなどによって、わずかに緩和することができるだけです。したがって、オブジェクトにこのような音波を発生させないように努力することが必要があります。



補遺 ZH-282.1: 発見

SCP-ZH-282は、2016年2月から4月にかけて、台湾の台南市で複数の連続した殺人事件や行方不明事件が発生したことで、財団の注目を集め、財団の捜査官と地元の法執行機関が合同捜査チームを結成しました。SCP-ZH-282は、5月13日に中華路にある████弁当店で発見・回収されました。最初に接触した際、オブジェクトはアルバイトの店員の頭と背骨を身体から引き抜いているところでした。作戦終了後、目撃者や状況を知っている一般人に対して、記憶処理や情報操作が行われました。



補遺 ZH-282.2: インタビュー記録

インタビュアー: 周堯研究員、サイト-ZH-16
対象: SCP-ZH-252
日時: 2016/6/27
序文: このインタビューの目的は、SCP-ZH-252のコミュニケーション能力を確認し、その動機を理解することです。

《記録開始》

SCP-ZH-282: ……蕃茄炒蛋3、鍋焼き意麺、小籠包…. へへ、ほほ、はは……。

周研究員: こんにちは、SCP-ZH-282。

SCP-ZH-282: (頭を声がする方向に向ける)…五目炒飯? へへへ。

周研究員: そうですか、必要ないとは思いますが。この指示は、私があなたにインタビューを行うべきであることを示唆しています。(ページをめくる音) これまでの記録によると、あなたは自身を「食べ物好き」だと主張しているようですね。

SCP-ZH-282: (勢いよくうなずく) がはは! デビッド! 食べ物好き! 食いしん坊グルメ!

周研究員: では、自らの攻撃や人肉食についての説明をしていただけますか?

SCP-ZH-282: デビッドは美味しい食べ物を食べてる! げげ! デビッドは最高級の食べ物を食べたいと思ってる! (手のひらをヒラヒラと踊らせる)

周研究員: あなたの食べ物の定義は人肉ですか?██魚粥の店員?██肉燥飯4の調理人?██熱炒5の主人?それらが、いわゆる最高級の食べ物なのでしょうか?

SCP-ZH-282: (大声で笑う) はははは! 手羽先の豆乳揚げ! 鯖の塩焼きl! サクサクいい匂い! とても美味しいはははは!

周研究員:もう十分に聞きました。 (マイクから口を離す) インタビューを終了します。

SCP-ZH-282: 冰糖醬6のローストダック! ヘビのスープ! 醬香乾鍋7! はは! あははは!

《記録終了》



補遺 ZH-282.3: 実験記録

SCP-ZH-282の収容は、利用可能な資源の過剰消費につながる可能性があることを考慮し、他の可能な代替手段を見つけることを目的として、人間以外の肉に対象が受け入れられるかどうかを確認するための一連の実験が行われました。

実験記録 ZH-282.3-a

日時: 2016/9/30

実験目的: SCP-ZH-282が人間以外の生物を受け入れ、反応する可能性を観察する。

実験過程: Dクラス職員は、2人の捜査官の監視下で肉牛を収容ユニットに誘導した。

実験結果: SCP-ZH-282はDクラス職員を直接攻撃し、そのまま飲み込んだ。

付記: 「どうしてDクラス職員を先に食べてしまうと考えられなかったのか。とりあえず、牛を入れたので、次はお腹が空くまで待って、その牛を食べるかどうかを確認しよう」 — 周堯研究員

実験記録 ZH-282.3-b

日時: 2016/9/30

実験目的: ZH-282.3-a実験記録の継続。

実験過程: SCP-ZH-282の次の食事まで待ち、SCP-ZH-282と収容室に残された肉牛との相互作用パターンを観察する。

実験結果: SCP-ZH-282は以前の行動パターンを維持し、期間中、肉牛を完全に無視していた。観察は4日目まで続き、SCP-ZH-282は異常な音波を発し始めた。エージェントは、あらかじめ用意しておいたDクラス職員を消費のために格納庫に送り込み、肉牛を格納庫から退避させた。

付記 1: その後の動物実験の結果は、実験ZH-282.3-bの結果とほぼ一致している。SCP-ZH-282は、人間以外の生物の肉にはそれ以上の興味を示さなかった。

付記 2: 「この対象は通常、様々な料理の名前を何度も復唱しているが、適切に調理された料理に反応を示すかどうかが気になる」— 周研究員

実験記録 ZH-282.3-f

日時: 2016/10/23

実験目的: 調理された食品に対するSCP-ZH-282の反応をテストするため。

実験過程: 調理された料理は、リモコン付きのダイニングカートを介して格納室に送られる。ダイニングカートには、麻婆豆腐、カレーライス、鉄板焼きそば、ベーコンスモークチキンピザ(12インチ)、カ仔煎8、貢丸湯9などが載っている。

実験結果: SCP-ZH-282の行動は変わらず、格納庫内を彷徨う間にダイニングカートを倒したり、予定された時間に異常な音波を発したりした。

付記: 「くそっ、食い物を無駄にしやがって」 — 周研究員

実験記録 ZH-282.3-g

日時: 2016/11/7

実験目的: 料理のスキルを持たないDクラス職員が、専門技術を持つDクラス職員の人員資源を節約するための収容手段として使えるかどうかを検証する。

実験過程: SCP-ZH-282は、Dクラス職員を摂取した後、突然激しく咳き込み、嘔吐し始め、頭を上げて異常な音波を発した。

実験結果: この異常音波により、サイト-ZH-16の収容エリア4にいた人員は直ちに共食いや異食症の衝動に駆られ、間接的にエリア内の複数のEuclidクラス非人間生物の収容違反を引き起こした。SCP-ZH-282は収容室を突破し、エージェント███と周堯研究員を飲み込んだ後、異常な音波を発することはなくなった。この収容違反の再収容任務を行ったのはMTF-常陳-9「官將首」である。

原文(INT):http://scp-int.wikidot.com/scp-zh-282

タグ euclid scp zh サイト-zh-16 人型 自我 捕食 肉食

ERROR

The ban-tarou's portal does not exist.


エラー: ban-tarouのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6353549 ( 08 Nov 2020 02:05 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License