MizinNus_copy

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

評価: 0+x
blank.png
1280px-GLOCK_19.JPG

イベント時にSCP-XXXX-JP内に出現する拳銃と同一種類の物。

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPの付近██m以内には防護柵を設置し、実験時を除いて人間が立ち入らないよう監視と侵入の阻止を目的とした機動部隊を配備するようにしてください。

説明: SCP-XXXX-JPは広さ26.6mの小型の建造物です。基本的に内部には入口付近に置かれている箱(SCP-XXXX-JP-1と呼称)を除き、物品は設置されていません。

SCP-XXXX-JP内に人物が侵入後、SCP-XXXX-JP-1に1000円以上の金銭を投入すると、内部に自殺に使用される道具や家具が出現し、侵入した人物は自殺への恐怖感が薄れ、死への肯定感が増すようになります。侵入した本人が自殺を望んでいた場合、出現する物品は侵入した人物の希望している自殺方法に沿ったものが多くなると考えられています。

内部に侵入した人物がそれらの物品を使用して自殺を遂行すると、後述の実験記録などで示された精神影響などの異常性が消失し、その後およそ█分後に内部に設置された物品と、自殺した人物の遺体が消失します。

また、自殺を制止して強制的に対象をSCP-XXXX-JP内から搬出した際、██分間は再度SCP-XXXX-JP内に戻ろうとするなどといった抵抗の意志を見せますが、その後は気絶又は放心状態となり一切の反抗を示さなくなります。

以下は実験記録の抜粋です。

SCP-XXXX-JP実験記録(抜粋)

対象: D-93234

結果: D-93234がSCP-XXXX-JP-1に1270円を投入した直後、SCP-XXXX-JPの天井に輪の形で結ばれた縄が、床にキャスター付きの椅子が出現。D-93234は躊躇なく椅子に登って縄に首を掛けた後、椅子を蹴って首を吊った状態となり死亡した。

補足: D-93234が首を吊ると同時にが百日紅さるすべり研究員が内部に侵入し調査を行ったが、外見的な異常は一切見つからなかった。その後D-93234が死亡後、百日紅研究員がD-93234の遺体を縄から抜き取り、椅子に登り自らの首を掛けようとしたためエージェント・更科さらしなが麻酔銃を用いて強制的に外へ搬出させた。

以上の実験以降、SCP-XXXX-JPの実験は人的資源の消費を抑えるため無期限停止となっています。


ERROR

The MizinNus's portal does not exist.


エラー: MizinNusのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6353466 ( 28 Apr 2020 01:49 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License