MizinNus-31--000f

[[collapsible show="+ 回収文書2330-JP" hide="- 閉じる"]]

偉業を成そう。このメモは我々が残す轍だ。奇跡に至るまでの足跡だ。
我々の目的は神をこの地に降ろすこと、これだけだ。最終的には全能神を降ろしたいところだが、まあ今のところはパンテオンの末端に位置する神で良いだろう。降神によって、世界を救済する。我々はこれに執着する。
とはいえ今は我々は同じ意思の下集まった段階だ。実際のところ、具体的な手段は決まっていない。そこはおいおい決めて行こう。

—世界を救うため集いし者達の1人、小早川 幸紀

降神はたやすくない。意思を持つ概念を定義し、再現することは不可能に近い。今回我々が取るアプローチは権能を人に降ろすことによる擬似的な神格の降臨だ。憑依に近いかもしれない。
失敗したら、また別の方法を取ればいい。人間は何度でもやり直せる。今はこの路線で行こう。
今は理論を構築する段階だ。行き当たりばったりだが、我々はある程度の知識を有している。儀式の概形はある程度想定できている。

—天才であり秀才であり神懸かった降神家、小早川 幸紀

理論の構築が完了した。後は素体を回収すれば良い。検討はついている。
日奉一族。彼らは代々"神をその体に降ろす"という偉業を成していた。彼らと我々とでは降神の先にある目的に相違が存在するが、その躰の持つ特性は我々の目的に合致している。
我々は、先日ようやく日奉の末裔を発見した。名を、日奉 彩[イサナギ アヤ]という。
回収方法は言って終えば誘拐である。身寄りがなく児童養護施設で生活している彼女にとっては、降神によって救済を行うことは幸福であるに違いない。

—救済のために罰を背負う者、小早川 幸紀


ERROR

The MizinNus's portal does not exist.


エラー: MizinNusのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6353466 ( 28 Apr 2020 01:49 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License